弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【カニバリズム・ノーベル賞街道】撤去された杉原千畝の記念碑を外務省がイスラエルに再び設置w update16

イスラエル 杉原千畝をたたえる植林 代替地用意して再建へ 2019年11月1日 4時53分
第2次世界大戦中、いわゆる「命のビザ」を発給して多くのユダヤ人を救った日本の外交官、杉原千畝をたたえて、イスラエルで植林された木々が無断で伐採された問題で、イスラエル側は新たな代替地を用意して再建に向けて調整を進めていることがわかりました。
杉原千畝は第2次世界大戦中、リトアニアに駐在していた日本の外交官でナチス・ドイツの迫害から逃れるユダヤ人にビザを発給し、6000人の命を救ったとされ、イスラエル側はその功績をたたえ1985年にエルサレム近郊で植林を行い、記念碑を設置しました。
しかし、ことし2月、植林された木々が伐採され、記念碑も撤去されて宅地になっていたことがわかり、ビザで助かった人たちの間で反発が広がりました。
関係者によりますとイスラエルの政府系機関は先月31日までに、無断で伐採された場所に近い、ホロコーストの犠牲者を追悼するために植林された森の一角に新たな代替地を用意する計画を息子の杉原伸生さんに提案したことがわかりました。
政府系機関は伸生さんの承諾が得られれば、再建に向けて調整を進め、来年1月の国連が定める「国際ホロコースト・デー」に合わせて現地でセレモニーを開く意向です。
杉原伸生さんは「前向きな対応だと思います。父が発給したビザで助かった人や子孫の方々が満足できるような形で再建されることを期待します」と話しています。
フィクションのゴリ押しw

フィクションをゴリ押ししないと選挙で敗けるのかw。なんてわかりやすい…

杉原千畝、スウェーデン、香港、パプアニューギニア、スリランカ…

カニバリズムにチャレンジするとプリオンに起因する病気(パーキンソン病、アルツハイマー、多発性硬化症、狂牛病、ALS、クールー病など)を発症する。

カニバリズムのハードルを乗り越えるべく、臓器売買、人工知能、マネロンと仮想通貨、遺伝子解析(HPC)、iPS細胞、ジェフリーエプスタイン、ロリータエクスプレス、MRJ、ソニー、吉本興業などなどに拡大、人さらいは世界最大のビジネスになった。

優秀な頭脳を持ったユダヤ人が真っ先に狙われている。2019年の今でも、これが現実…。

以前エコノミックヒットマンの作者のジョン・パーキンスがイスラエルを中東に建国したのは陰謀だと言っていたが、 まさにその通りだと思う…

「人肉宴席」と「食人宴席」研究…



カニバリズムのスリランカの話など聞いてしまった後なので、杉原千畝が導いたユダヤ人はほんとうに助かったのだろーか?などと考えてしまう。

「スリランカのカニバリズムが生き残った鍵は、恐怖を乗り越えたからではなく、同化(assimilate)する能力のためだ。」

この話がずっと気になっている。日本人が韓国人や中国人と比べて性質がちょっと違う理由なのでは?。 杉原千畝が導いたユダヤ人の中には米にたどり着いた者もいるのだろう。 しかし毎年5000人くらいが行方不明になる外国人技能実習生みたいに、 ほとんどは高山あたりで喰われてしまって、日本人にユダヤ人の人肉の同化(assimilate)が起きたのではないかと考えているw。まさに「命のビザ」だったのだ。

とくに第二次世界大戦では日本とドイツとイタリアは同盟国だった。アウシュビッツと高山とカトリック教会の目的も同じだったのではないかと考える。 ユダヤ人がアウシュビッツを回避するためにドイツと同盟国の日本に来るというストーリーに矛盾を感じるのだ。 つまり杉原千畝はユダヤ人たちを喰うために日本にミスリードしたのではないのか?w


「千畝(ちうね)」なのに「ちぬえ」になってる。

東海ディアスポラの杉原千畝のストーリーて実在するの?w

記念碑にする者の名前を間違うなんてありえるのか?と思っていたのだけど、たぶんここにイスラエル人の本音が表現されているのでは?w

「千畝ルート」と「ノーベル賞街道」が一致している。まさにこれが喰われたユダヤ人の痕跡なのだw。



モサドが考えたストーリーすげーw

杉原千畝の出生地伝えたCBCテレビの「杉原千畝命のビザ」 BPO「名誉毀損でない。放送倫理上の問題もない」
 第2次世界大戦中に多くのユダヤ人を救った外交官・杉原千畝の出生地について伝えたCBCテレビ(名古屋市)の報道番組「イッポウ」の特集で名誉を傷つけられたとして、NPO法人「杉原千畝命のビザ」と理事長らから申し立てを受けていた放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は7日、放送は名誉毀損(きそん)にはあたらず、放送倫理上の問題もないとする見解を公表した。一方で同局の取材のあり方についての要望も盛り込んだ。
 審理の対象は、2016年7月~17年6月、東海圏で平日夕に放送された報道番組「イッポウ」で計10回放送された特集など。岐阜県八百津町が、杉原の手記などをユネスコの「世界記憶遺産」(当時)に登録申請したのを受けて放送された。杉原が自らの出生地などについて記した手記が、本人の自筆ではない可能性が高いことを筆跡鑑定士の見解として伝えるなどした。
 これに対し、手記を保管するNPO法人側は、「法人の副理事長2人が手記を偽造したなどと伝えた放送内容によって名誉を毀損された」として、委員会に申し立てていた。
 審理を続けてきた放送人権委は見解で、一連の放送はNPO法人の関係者が手記の作成に関与した事実などは示していないと認定。番組は出生地に関する疑問を提示し、八百津町の対応を問う内容だと視聴者には受け止められるとして、「申立人の社会的評価を低下させるものではなく、名誉毀損とはならない」と結論づけた。
 一方で放送人権委は見解で、CBCテレビに対する要望も盛り込んだ。筆跡鑑定で浮上した疑問点について「申立人の反論や説明を聞くことが望ましかった」とし、今後の取材・報道にあたって参考にするよう求めている。
 見解を受けてCBCテレビは、「弊社の主張がほぼ受け入れられたものと考えています。指摘された要望などについては真摯(しんし)に受け止め、今後の番組制作に生かして参ります」とコメントした。
2018年11月7日18時01分 朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASLC74GYCLC7UCVL00K.html
「法人の副理事長2人が手記を偽造した」w

これって転がる方向によっては偽造だった方がよくね? モサドがくるよw。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。