弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

菅原久興(すがわらひさおき)復興庁参事官補佐w update3

薬混ぜた酒を飲ませ少女に乱暴、復興庁職員の男を逮捕 2020/07/19 22:33
 睡眠作用のある薬を混ぜた酒を飲ませた少女に乱暴したとして、警視庁池袋署は19日、埼玉県新座市新堀、復興庁職員、菅原久興容疑者(46)をわいせつ略取と準強制性交の疑いで逮捕した。
 発表によると、菅原容疑者は5月27日夜、東京都豊島区のJR池袋駅近くの居酒屋で、10歳代後半の少女に睡眠作用のある薬を混ぜた酒を飲ませて気を失わせた上、ホテルに連れ込んで性的暴行を加えた疑い。
 意識を取り戻した少女が、池袋署に被害を届け出た。調べに対し、菅原容疑者は「何もしていない」と容疑を否認している。2人はツイッターを通じて知り合ったという。

復興庁官僚を準強制性交容疑で逮捕 少女に薬混ぜた酒飲ませ暴行か 警視庁 毎日新聞2020年7月19日 20時56分(最終更新 7月19日 22時40分)
警視庁=米田堅持撮影
 10代の少女に薬を混ぜた酒を飲ませて性的暴行をしたとして、警視庁池袋署は19日、埼玉県新座市新堀1の復興庁参事官補佐、菅原久興容疑者(46)をわいせつ目的略取と準強制性交等の疑いで逮捕した。
 逮捕容疑は5月27日夜、東京都豊島区内の居酒屋で少女と食事中、睡眠作用のある薬を混ぜた酒を飲ませて意識を失わせ、近くのホテルに連れ込んで暴行したとしている。菅原容疑者は「ホテルで少女に何もしていない。薬も飲ませていない」と容疑を否認しているという。
 池袋署によると、菅原容疑者は、食事やデートに付き合う見返りに金銭を受け取る「パパ活」の相手を募集していた少女とツイッターを通じて2週間ほど前に知り合い、食事のみの約束で初めて会った。ホテルを出た後、タクシーの車内で気がついた少女が不審に思って池袋署に相談した。【田中理知】

NHK→復興庁参事官補佐 10代少女への性的暴行疑いで逮捕 容疑を否認

復興庁参事官補佐 10代少女への性的暴行疑いで逮捕 容疑を否認 2020年7月19日 22時43分
食事やデートをする代わりにお金をもらう「パパ活」の相手として知り合った10代の少女に、睡眠作用のある薬物の入った酒を飲ませ、意識を失ったところで豊島区内のホテルに連れ込んで性的暴行を加えたとして、復興庁の46歳の職員が逮捕されました。調べに対して容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、復興庁の参事官補佐、菅原久興容疑者(46)です。
警視庁によりますと、ことし5月、豊島区内の居酒屋で、10代の少女に睡眠作用のある薬物入りの酒を飲ませ、意識を失ったところで豊島区のホテルに連れ込んで性的暴行を加えた疑いが持たれています。
菅原容疑者は、少女が食事やデートをする代わりにお金をもらう「パパ活」の相手をツイッターで募集していたことから知り合ったということで、ホテルを出た後に目を覚ました少女が警視庁に被害を訴えていたということです。
警視庁によりますと、調べに対し「何もしていない。睡眠薬も飲ませていない」などと容疑を否認しているということで、警視庁が当時の詳しい状況を調べています。

所属が内閣府課長補佐から復興庁参事官補佐に変わるw

国連アジア極東犯罪防止研修所(UNAFEI) unafei.or.jp→GROUP 2 EFFECTIVE MEASURES IN INVESTIGATION OF CORRUPTION IN THE AREA OF PUBLIC PROCUREMENT (PDF)

GROUP 2
EFFECTIVE MEASURES IN INVESTIGATION OF CORRUPTION IN THE AREA OF PUBLIC PROCUREMENT
Chairperson Mr. Wael Mohamed Khorshid (Egypt)
Co-Chairperson Mr. Rabizoda Ravshan Rabi (Tajikistan)
Co-Chairperson Ms. Claudia Maria Solis Hoffmann (Honduras)
Rapporteur Ms. Lillian Vevara (Papua New Guinea)
Co-Rapporteur Mr. Sengoka Geofrey Mndambi (Tanzania)
Co-Rapporteur Mr. Yuasa Kenta (Japan)
Members Mr. Sibounzom Bounlom (Lao PDR)
Ms. Diana Mayra Paico Guevara (Peru)
Mr. Pramod Kumar Shrestha Vaidya (Nepal)
Mr. Sugawara Hisaoki (Japan)
Adviser Prof. Yukawa Tsuyoshi (UNAFEI)

unafei.or.jp→所長からのメッセージPDF)

この研修所は,昭和36年に国連と日本国政府との間で締結された協定に基づき,翌37年に設置された機関で,通称「アジ研」と呼ばれています。その主な活動は,国際研修・セミナーであり,これは,複数の国の刑事司法実務家を同時に我が国に招いて,国連や我が国を含む国際社会が関心のある刑事司法分野の諸問題について研修を行うものです。 ところで,アジ研は,設立以来,東京都府中市に所在し,地元の皆さんとの交流などを通じ,海外からの研修参加者からは,アジ研すなわち Fuchu と認識してもらっていました。

JICA ✕ UNAFEI(Fuchu) ✕ CyberCrime …

三合会?w

JICAの国際犯罪研修所w

「ちくび」あいさわ一郎

逢沢一郎の「ちくび」はクールジャパンとミャンマーの「けいおん!」と吉本興業w(2019年8月7日)

佐久間達哉w

検察の吹き溜まりw

警視庁職員をひき逃げ容疑で逮捕 「人と思わなかった」 21歳男性死亡 2020.7.20 00:09
警視庁外観
 東京都北区で19日早朝、路上に横たわっていた男性が車にひかれ、死亡する事件があり、警視庁は同日、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、同庁留置管理1課主事の五味丈士(ごみ・たけし)容疑者(54)=東京都足立区=を逮捕した。調べに対し「交通事故を起こしたが人(をひいた)と思わなかった」と供述している。
 逮捕容疑は同日午前4時5分ごろ、北区上十条の環七通りを乗用車で走行中、路上に横たわっていた板橋区西台の会社員、小栗佑亮(おぐり・ゆうすけ)さん(21)をひき、そのまま走り去ったなどとしている。小栗さんは搬送先の病院で死亡確認された。
 警視庁によると、五味容疑者は事故直後、近くに車を止め現場に戻り、119番通報。その後の捜査でひき逃げの疑いが判明した。警視庁は事故前後の詳しい状況を調べる。
 五味容疑者は勤務に向かう途中だったが、許可を得ず車で通勤していた可能性があり、事情を聴く方針。警視庁警務部の宮島広成参事官は「被害者のご冥福を祈るとともに、ご遺族に深くおわび申し上げる。捜査を尽くし、判明した事実に基づき厳正に対処する」とコメントした。
「警視庁留置管理1課主事の五味丈士容疑者(54)=東京都足立区千住大川町=を…逮捕…五味容疑者は1999年に警察職員として採用され、2006年から留置管理1課で勤務していた。」が消えた?w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。