弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

キューバと中国の米大使館職員に軽度外傷性脳傷害を起こした #気象兵器フクイチ の音響攻撃から脳神経細胞損傷を軽減できるのは、なんと、マリファナ(大麻)だw。高樹沙耶GJw update8

【大麻】国連薬物委員会、「大麻は有効性があり、比較的安全」と宣言…国際的な規制に大きな影響を与える可能性★4

1ニライカナイφ ★2018/06/19(火) 09:55:03.87ID:CAP_USER9
◆大麻宣言は大麻が効果的な「比較的安全な薬物」であると宣言している
 ~その結果は大麻の国際的な管理に影響を与える可能性がある

先週、世界保健機関(WHO)は先週、大麻の安全性を再検討した。
国連の麻薬委員会は、マリファナは「安全性の高い薬物」であり、世界中の何百万人もの人々がすでに多数の病状を管理していると指摘しています。

調査結果は、代理店が大麻に対して「国際的統制の必要性とレベル」について国連に準備している勧告に影響を与える可能性がある。
マリファナの禁止は、もともと1961年にさかのぼる国際的な薬物条約の下では、ほとんど世界中で実施されています。

報告書によると、世界的に推定される1815万人の大人が2015年に大麻を使用した。
ウィードは135カ国で栽培されており、「世界で最も広く作られた薬物である」。

国連機関は31カ国の953人の医療マリファナ患者の調査を行った。
彼らの大部分は、何年も大麻ベースの医薬品を使用していると言いました。

大半は医師の監督下にあった。
しかし大多数は医師の勧告を受ける前に大麻を試みたと述べた。

■痛みに最も頻繁に使用される

大麻は様々な形で、背痛、睡眠障害、不安、うつ病、傷害後の痛み、多発性硬化症をコントロールするために最も頻繁に使用されています。
大麻で最も一般的に治療される3つの条件は、痛み、睡眠障害、および不安であった。

米国で220万人の推定患者が薬用に大麻を使用している。
痛みは、最も頻繁に引用される条件である。イスラエルとカナダの大麻患者の痛みも高い。

一方、英国の大麻患者の30%が、多発性硬化症の治療にハーブを使用したと報告しています。
(Cannabis注入Sativexスプレーは一般に英国のMSに処方されています)

委員会は、興味深いことに、「癌細胞の増殖を低下させる」と阻害カンナビノイドを示す「前臨床文学の豊かさ」を指摘し、「数多くの癌細胞型における癌細胞の遊走および血管新生」これがあると思われる偉大な約束の面積以上で、研究来る。
その後、レクリエーション大麻のユーザーがいます。

国連報告によると、全世界の人々の3?5%が非医学的理由でマリファナを試みたと推定されている。
興味深いことに、この報告書で調べられた2つの研究では、大麻を医学的に使用する者と非医学的な使用者との間に有意差がないことを見出した。

しかし、1つの研究では、レクリエーション用の消費者よりも大麻を毎日多く使用していたことが医療従事者には分かりました。
医療従事者は、レクリエーション利用者よりも健康状態が悪い可能性が高い。
しかし、この研究では、アルコール依存症と非処方薬の両方の使用も低かったことが分かった。

写真:看護師は2011年3月9日イスラエルのキブツ・ナーンで、ハダリム老人ホームで患者のために大麻のタバコを点灯させます。
イスラエルの保健省と協力して、ティクン・オラム社は現在、イスラエルの1800人以上の人々に薬用目的の大麻を配布しています。
https://cdn.herb.co/wp-content/uploads/2018/06/UN-Drug-Committee-Finds-Cannabis-an-Effective-%E2%80%98Relatively-Safe-Drug%E2%80%99-800x400.jpg
写真:アントニオ・グテレス国連事務総長
https://cdn.herb.co/wp-content/uploads/2018/06/the-UN-Drug-Committee-Finds-Cannabis-an-Effective-%E2%80%98Relatively-Safe-Drug%E2%80%99-800x400.jpg
Herb 2018年6月14日(英語)
https://herb.co/marijuana/news/un-drug-committee-who-cannabis-safety-report
■前スレ(1が立った日時:2018/06/17(日) 21:50:13.32)
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529277592/

※続きます


2ニライカナイφ ★2018/06/19(火) 09:55:28.49ID:CAP_USER9
※続きです

■研究の遅れ

国連報告は、大麻に関する科学的研究は不十分であると指摘した。
多くの公衆の関心が寄せられていますが、ほとんどの場合、禁止されている法的な制約により、臨床試験はほとんど行われていません。

「米国での研究の障壁には、前述のDEA、FDAを含むいくつかの連邦機関、研究倫理委員会、地方および州の監督上の懸念などをナビゲートすることの難しさが含まれている」と同報告書によると、興味深いことに、国連の報告書はまた、米国における科学研究のための大麻の現在の単一源からの品質管理における問題を指摘した。 すべての連邦大麻は、ミシシッピ大学のオックスフォード大学キャンパス内のある農場で栽培されています。

「大麻使用に関する現在の国際的な政策は時代遅れであり、米国および世界各地の患者に有害な影響を及ぼしている」とセーフ・アクセス(ASA)のアメリカ人のエグゼクティブ・ディレクターであるSteph Sherer氏は語った。
「これらの政策は、医療大麻の法律を通過した世界30カ国以上の現実を反映していない」

国連事務総長はすべての薬物をデクリメントしたい
3月のAntonioGuterres国連事務総長は、すべての薬物の非犯罪化を支持する演説を行った。彼の発言は、国連のトップ麻薬関係者に反するものでした。彼らは同じ週の早い時期に世界中の大麻の合法化を批判する報告書を発表した。

「現行の取り組みは、不法薬物市場を排除するという目標には至っていない」とグテアレス氏はビデオメッセージで語った 。
「組織犯罪を阻止し、人権を保護し、権利ベースの治療と支援を発達させ、確保する努力を推進することができます。
私は約20年前に首相に就任したときにポルトガルで導入した改革の成果を特に誇りに思います。

ポルトガルの首相であったグテーレスは、2001年にその国のすべての薬物の非犯罪化を導入しました。
この政策は成功と見られ、世界中の支持者から高く評価されています。
過剰摂取、HIV感染、さらには全体的な使用さえも、国のデムリム下では 減少している。

※おわり〆 

「Mild Traumatic Brain Injury Produces Neuron Loss That Can Be Rescued by Modulating Microglial Activation Using a CB2 Receptor Inverse Agonist」
「軽度外傷性脳傷害が引き起こす脳神経細胞損傷は、CB2(カンナビノイド受容体タイプ2、)受容体逆作動薬(inverse agonist)を使用して小膠細胞(Microglial)の活性化を調節することによって救える可能性がある。」w

カンナビノイドは大麻草に含まれる化学物質の総称w。

キューバと中国の米大使館職員に軽度外傷性脳傷害を起こした #気象兵器フクイチ の音響攻撃から脳神経細胞損傷を軽減できるのは、なんと、マリファナ(大麻)だわw。

おい。岐阜薬科大学の出番が来たみたいだぞ。

キューバと中国の音響攻撃対策でMKULTRAの実験予算をペンタゴンから貰って
岐阜薬科大学と東レの工場でマリファナ成分を抽出w。)野田聖子

「パーキンソン病のリスクは軽度外傷性脳傷害とともに増加する。」
ぐげ。やはり放射能か。

2018.5.24 10:15 米中外相、広州の「音響攻撃」協議 中国は調査約束、関与は否定
会談した王毅・中国外相(左)とポンペオ米国務長官=23日、ワシントン(AP)
 【ワシントン=加納宏幸】ポンペオ米国務長官は23日、訪米中の中国の王毅国務委員兼外相と国務省で会談し、中国広東省広州市の米国総領事館の職員がキューバで発生したのと同様の「音響攻撃」を受けた可能性が疑われる問題で対応を協議した。会談後の共同記者会見で、ポンペオ氏が「懸念」を表明したのに対し、王氏は中国の組織や個人の関与を否定し、調査への協力を約束した。
 総領事館の職員は「異常な音と圧力」を感じ、体調不良を訴えた。米メディアによると、昨年後半から今年4月にかけて起き、職員は軽度外傷性脳損傷と診断されたという。国務省は中国に滞在する米国民に注意を呼び掛けている。
 ポンペオ氏は共同記者会見で、王氏に原因の特定と再発防止を求めたと説明した。これに対し、王氏は「中国は法にのっとり、外交官ら外国人の合法的な権利や利益を保護する」と強調した。一方で、過剰反応により個別事案を政治化させないよう求めた。
 キューバでも2016年秋以降、首都ハバナの米国大使館職員ら24人が聴覚障害などの体調不良を訴える問題が発生し、米国は「音響攻撃」を疑っている。
ストロンチウム90か。汚染が惑星全体に広がってる。

在キューバ米大使館職員に「音響攻撃」か、聴覚障害で帰国も 2017.08.10 Thu posted at 10:28 JST
キューバにある米大使館の職員が「音響攻撃」を受けたという
(CNN) キューバのハバナにある米大使館に勤務する職員数人が、音波装置を使った「音響攻撃」を受け、少なくとも2人が深刻な健康被害に見舞われて治療を受けるため米国に帰国したことが10日までに分かった。複数の国務省高官がCNNに明らかにした。
国務省のナウアート報道官は9日、在キューバ大使館に勤務する米政府機関の職員数人が、勤務中の事案に起因する「身体症状」を訴えていることを確認した。ただ、事案の性質や原因については明らかにしなかった。
ある当局者によると、複数の職員は回復不可能な聴覚障害が残る可能性がある。被害に遭った場所や時刻はまちまちだが、いずれも2016年末以来、脳震とうのようなさまざまな身体症状を発症しているという。
国務省は数カ月前からキューバ政府に懸念を伝え、医師をハバナに派遣するなどの対応を取ってきたが、事実関係を把握することはできていない。 当局者によれば、この問題については米連邦捜査局(FBI)も捜査に乗り出した。
ある当局者は「症状はさまざまなので、原因もさまざまかもしれない」と述べ、「まだ分からないことがたくさんある」と話している。
ハバナ駐在の米外交官は何年も前からキューバ当局者による嫌がらせの被害を訴え、自宅や車に侵入される被害も多発していた。ただ、2015年に米国とキューバが国交を回復してからは、嫌がらせはやんでいたという。
ナウアート報道官によると、被害に遭った職員のうち数人は米国に帰国。これを受けて米政府は今年5月、在米キューバ大使館の外交官2人を国外追放処分とした。 キューバ政府はこの問題への関与を否定、外交官の追放は「過剰反応」だと反発している。
当局者の1人はCNNの取材に対し、「我々は何が起きているのか見つけだそうとキューバの人々と協力した。彼らは知っていることはないと主張した」と述べた。
ナウアート報道官は、「ジュネーブ協定の下、キューバ政府は米国の外交官を保護する責任と義務がある」と語った。ナウアート報道官によれば、こうした症状を訴えているのは国務省の職員だけで、民間人の中にはいないという。
米国は、オバマ前政権時にキューバとの国交回復を実現していた。15年に国交を回復し、16年にはオバマ前大統領が米大統領としては88年ぶりにキューバを訪問していた。

音響兵器←ウィキ
Sonic weapon←ウィキ

これってほんとうに音響兵器か?ストロンチム90の影響を音響兵器にスピンしてるよーなw。
夏から秋にかけて大気中のストロンチウム90は最大になる。そして熱中症で内臓が溶ける。

これって放射能由来の急性白血病なんじゃね?

ラウンドアップは有害だと思うけど、これも大気中に放射能濃度の上昇と「がん」増加をモンサントでスピンするパターンですな。 大気中核実験の影響をベトナムの枯葉剤でスピンしたのと同じ。歴史は繰り返すw。
モンサント遺伝子組み換え食品反対スピンデモとブラックウォーター社のスピンスポンサー

インドの病院で子どもが大勢突然死 警察が本格的捜査 8月14日 17時04分
インドの病院で、日本脳炎の症状で治療中の大勢の子どもが突然、死亡した問題で州政府の調査で、この病院で死亡した子どもは先週だけで63人に上っていたことが明らかになり、警察が病院の本格的な捜査に乗り出しました。 インド北部ウッタルプラデシュ州の都市ゴラクプールにある公立病院で、10日から11日にかけて、日本脳炎の症状で治療を受けていた子ども30人が突然、死亡し、州政府が調査に乗り出しました。
これまでの調査の結果、この病院で死亡した子どもの数はその後さらに増えて、先週だけで、入院中の生後数か月から11歳の63人に上ったことがわかりました。 またこの病院では患者の酸素吸入器に使われる液化酸素の納入が、業者への支払いが遅れて止まり、病院内での酸素の供給が、先週、数時間にわたって数回停止していたことも明らかになりました。
州政府は、酸素の供給の停止と子どもたちの死亡との関連はわからないとしていますが、病院に重大な過失があったとして、病院の責任者を解任するとともに、警察が病院の本格的な捜査に乗り出しました。
日本脳炎。これもだな。
ジカ熱による「小頭症」とは脳の発達障害のこと。エボラの時と同じようにIAEA登場。ウィルスがデング熱に似てると

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。