弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

吉本興業所属女芸人でDJのSNOBゆか(54)が6月14日に滞在先ジャマイカで死亡していた…w update3

誰なのかわからないけど吉本興業に対話を迫っている。プーチンの言葉を借りれば、力の言語に対する妥当な報復("reasonable response" to "the language of force")…

対話を迫っている相手はたぶん猫組長の言ってた幹部だな。関テレみたいに降伏する?w ジャニーズもセットなのか?w

これってさぁ。豚コレラみたいに「謎掛け」を解読できるまで継続すると思うんだよね…

2019年3月18日カンボジアで元自衛官がカランビットナイフで運転手を殺害バンコクからポイペト経由で陸路でカンボジアへ入国した元自衛官4人組のうち2人がカランビットナイフでタクシー運転手を殺害して逮捕される…
2019年3月19日武田康祐(たけだこうすけ)厚労省賃金課長が韓国の金浦空港で暴れて逮捕される厚労省は統計データ改ざんを韓国(国情院/GALILEO)に外注してたんだろw。武田康祐(たけだこうすけ)厚労省賃金課長が私用で韓国に行って空港で暴れて更迭されるw
2019年6月6日【G20向けリアル吉本新喜劇】吉本興業がカラテカ入江を解雇「闇営業」の記事から宮迫博之、ロンブー田村淳の名前が密かに消えてロンブー田村亮に差し替えられるw…
2019年6月14日吉本興業の女芸人DJがジャマイカで死亡w
2019年6月16日関テレ役員の息子で元自衛官の飯森裕次郎が警官刺して拳銃を奪う元海自自衛官(別班/DIT)の飯森裕次郎の動機を3月18日にカンボジアで元自衛官が起こした殺人事件と比較して解読…
2019年6月18日住友商事がフィリピンのバナナ生産撤退を発表。「甘熟王」バナナ農園労働者のストライキが放火、銃撃や暴行で鎮圧されて1人死亡…

吉本所属女性芸人が滞在先ジャマイカで死去 54歳 [2019年6月26日23時39分]
お笑いコンビ、SNOB(スノップ)ゆか(本名・橋本由可)が今月14日に、循環器疾患のため滞在先のジャマイカで亡くなっていたことが26日、分かった。54歳だった。所属する吉本興業が発表した。
発表によると、SNOBは漫才のほか、DJコンビとして活躍しており、毎年ジャマイカでDJ修行を行っていたという。今年も4日から現地に滞在していたが、体調を崩し、そのまま帰らぬ人となった。通夜・告別式は大阪市内で執り行われるという。
SNOBゆかは、大阪出身。87年に吉本新喜劇に入団し、91年にコンビを結成した。レゲエ番組をプロデュースするほか、本場のジャマイカでDJプレイや、音楽番組に出演するなど、グローバルに活躍していた。

ジャマイカでDJかぁ…、吉本興業もいよいよテンパってきたなw

スリムクラブが無期限謹慎処分 反社会的勢力の誕生日パーティー出席で 2019.06.27.
 スリムクラブ・真栄田賢(左)と内間政成 1枚 拡大
 吉本興業は27日、同社所属のお笑いコンビ・スリムクラブを無期限謹慎処分にしたと発表した。3年前に飲食店オーナーの誕生パーティーに出席したが、そこに反社会的勢力が参加しており、金銭も受け取ったとされる。この様子は28日に発売される写真週刊誌「FRIDAY」でも報じられる。
 吉本に再び激震が走った。カラテカ入江慎也が所属芸人を反社会的勢力の忘年会に会社を通さず仲介し、芸人が金銭を受け取っていた問題で、同社所属の芸人11人が処分されたばかり。今度は反社会的勢力が参加した誕生日パーティーに、スリムクラブが出席したことが発覚し、吉本もすぐさま処分を下した。
 吉本のFAXによると、スリムクラブは3年ほど前に知人である他社所属芸人を通じ、飲食店オーナーの誕生日パーティーで芸をしてほしいと依頼され、参加。その際、金銭を受け取ったという。このパーティーは反社会的勢力が参加していたが、FAXには「スリムクラブにおいては、認識はございませんでしたが」と記されており、反社会的勢力が関係していることを知らなかったとしている。
 吉本は「関係各位、ファンのみなさまには、多大なる御迷惑をおかけしておりますことを、深くお詫び致しますとともに、改めて当該芸人以外のタレントにもヒアリングを実施し、これを機に社員・タレントが一丸となってコンプライアンス遵守の再徹底、再構築を図ります」と謝罪した。
 スリムクラブは05年2月に結成。「M-1グランプリ」に09年、10年と2年連続で決勝に進出。真栄田はピン芸人ナンバーワンを決める「R-1ぐらんぷり」でも11年に決勝進出するなど、活躍している。

「スリムクラブ」無期限謹慎の真相は、『稲川会幹部に闇営業』 6/27(木) 16:01配信 FRIDAY
関西の名物番組『探偵ナイトスクープ』にレギュラー出演する真栄田。”闇営業”の影響は広がりそうだ
6月27日、吉本興業は人気コンビ「スリムクラブ」の真栄田賢と内間政成を無期限謹慎処分にしたと発表した。吉本が、報道各社に送ったファックスによると、「飲食店オーナーの誕生日パーティへの演芸提供を直接依頼され」とあるが、実際には、指定暴力団幹部の誕生日パーティへの参加だった。
スリムクラブの乱痴気騒ぎぶりはコチラ
FRIDAY6月28日発売最新号では、「まだまだ出てくる吉本興業の『闇芸人』スリムクラブ 稲川会幹部の誕生会で『闇営業』」と題し、その時の様子を詳しく報じている。今回スリムクラブが行った「闇営業」の相手は、Sという有名ヤクザ。指定暴力団「稲川会」の大幹部である。
「Sは稲川会の最有力団体の本部長(ナンバー3)を務めている人物で、今年4月に稲川会の六代目に就任した内堀和也会長の側近中の側近。年は40代半ばですから、若手の出世頭ですよ。10代後半から稲川会に所属するバリバリのヤクザですが、Sの一番の”ウリ”は経済力。川崎(神奈川県)の繁華街をシマ(縄張り)にしており、さまざまな”ビジネス”でメチャクチャ儲けていると聞きます」(暴力団関係者)
本誌では、これまで「雨上がり決死隊」宮迫博之や「ロンドンブーツ1号2号」田村亮らの詐欺グループへの闇営業を報じてきたが、その営業先は指定暴力団の幹部にまで及んでいたことになる。
今回の件で、吉本興業に取材を申し込んだが、これまでと同じく「無回答」だった。
6月28日発売のFRIDAY最新号では、彼らが暴力団幹部の横で、上半身裸の状態で「札びら」を首に巻いて乱痴気騒ぎをする様子などを掲載し、パーティの様子を詳報している。
稲川会かぁ…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。