弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

NTTデータジェトロニクスと三井住友銀行の日銀ネット接続コードの一部がGitHubにアップロードされたとかw update13

Dominion投票システムのSmartmatic社のオリジナル投票機を製造したのは伊Olivetti社でNTTデータジェトロニクス、NECアルゼンチン…w(2020年11月15日)

↑の続きらすい。なんて奇っ怪な…

2021年2月4日1:12 午後UPDATED 4時間前
住友商事、シェール事業から撤退 昨年10─12月に米国の権益売却
By Reuters Staff 1 MIN READ
 2月4日、住友商事は、米テキサス州のイーグルフォード地域でのシェールオイル事業の権益を昨年10─12月に売却し、米国での同業から撤退したと明らかにした。写真は都内で2018年4月撮影(2021年 ロイター/Toru Hanai)
[東京 4日 ロイター] - 住友商事は4日、米テキサス州のイーグルフォード地域でのシェールオイル事業の権益を昨年10─12月に売却し、米国での同業から撤退したと明らかにした。この売却により、同社はシェール事業から完全撤退したことになる。
住商は2018年に、米社からイーグルフォード地域のタイトオイル権益の100%を取得。ピーク時には、日量3000バレルを生産していた。

読売→赤字1200億円予想の住友商事、全執行役員の賞与ゼロ

赤字1200億円予想の住友商事、全執行役員の賞与ゼロ
2021/02/04 16:50
 住友商事の兵頭誠之社長は4日、2021年3月期連結決算(国際会計基準)の業績予想で、最終利益が大幅な赤字となっていることへの経営責任として、40人を超える執行役員全員の今年6月の賞与をゼロにすることを明らかにした。
 兵頭社長ら経営会議に加わる9人については、4月から6か月間、報酬も減額する。兵頭社長の場合は4割カットとなるという。
 同社は2021年3月期に1200億円の最終赤字を見込んでいる。

SMBCのマネロンルートが絶たれた合図だったのかw

各社の対応は?
 こうした一連の騒動に対し、各社が対応に追われている。
 SMBCは「ソースコードが公開されていたことは事実」とした上で「流出したのは行内の事務系システムのプログラムの一部。顧客情報の流出やセキュリティに影響がないことを既に確認している」とコメントした。
 NTTデータ ジェトロニクスも同様に委託先からの流出を認めたものの、「流出したものは開発途中の(システムの)一部で、当社が納品を受けたものとは異なり、当社環境からの流出ではない」と回答。流出したプログラムも「単独では悪影響を与えるものでないという確認が取れた」と説明した。ソースコードについても「SMBC向けではないという確認も取れた」という。
【編集履歴:2021年1月29日午後10時40分 NTTデータ ジェトロニクスのコメントを加筆しました。】
 この他、金融システム事業などを手掛けるProfit Cube(東京都品川区)の個人信用情報の照会・審査システムに関わると思われるソースコードも複数見つかっている。

SMBCは認めて、NTTDGは違うと言ってるw

GitHub上に三井住友銀の一部コードが流出、「事実だがセキュリティーに影響せず」
玄 忠雄 日経クロステック/日経コンピュータ 2021.01.29
 三井住友銀行(SMBC)が行内で使っている業務システムのソースコードの一部が流出していたことが2021年1月29日、明らかになった。Twitterなどのソーシャルメディアで、2021年1月28日の夜ごろから流出の可能性が指摘されていた。三井住友銀行が1月29日に事実関係を調査し、行内システムのソースコードの一部と一致したことを確認した。
 一部のソースコードが公開されていたのは米ギットハブが運営する「GitHub」。日本在住で三井住友銀行のシステム開発に関係した人物が投稿した可能性が浮上している。三井住友銀行は日経クロステックの取材に対し、「当行が利用しているシステムのソースコードが公開されていたのは事実。顧客情報の流出はなく、セキュリティーに影響を与えるものではないことは確認済み」(広報部)と説明している。
 三井住友銀行によれば、公開されていたコードは複数ある事務支援系システムの1つに含まれるエラーチェック処理の一部という。行員が行内で使うもので、流出したコードは顧客情報などを扱わず、セキュリティーにも影響はないとしている。流出の経路は現在も調査中だが、行内からでなくシステム開発の委託先から流出したとみている。
 三井住友銀行は、流出したコードは1月29日午前の時点ではGitHub上で非公開になっているとしている。ただし非公開になる前にコードを格納したリポジトリーが複製(fork)されたと見られ、流出したとみられるコードの一部が引き続き公開中になっているものもある。
 NTTデータ子会社のNTTジェトロニクスと見られる文字列が含まれる一部コードなども公開されている。NTTデータが「当社グループが開発に関わったコードかどうかを確認中」(広報部)だ。
 流出が起きたのは、ソーシャルゲームサービス「艦隊これくしょん-艦これ-」をめぐる、Twitter上などでの口論からと見られている。流出に関わった可能性がある人物のTwitterのアカウントは現在、すべての投稿が一般ユーザーには非公開の状態になっている。

ジオポリティカルなセキュリティー(安全保障)問題に発展するのかすらなどと思ってもみたけど、Githubにアップロードされたのはたいしたコードじゃないw

これバッチだな。常駐するアプリケーション・サーバでは使えない。スレッド・セーフじゃない。なんかコネクション・リークかメモリー・リークを起こしてボツになったコード?w

無関係のプログラムのパッケージ名をjp.co.nttdg.bfepとかcom.smbcに書き換えただけのファブリックかもw

//		dataListMap.put("$OFFENSE[]", new String[] { "道路交通法違反", "恫喝","薬物取り扱い法違反", "銃刀法違反" });
これもテストデータの作成コードに使った文字列なので警視庁や埼玉県庁とは無関係なのでは?w

		String target = "日産㈲自動車㈱"; // 文字コードは0x878f
「日産㈲自動車㈱」テストデータ文字列なので日産とは無関係なのでは?w

$ for i in *; do nkf -w $i|grep -a "jp.co."; done
package jp.co.profitcube.eacris.report.attribute.judgement.normalization;
package jp.console.main;
package jp.co.profitcube.eacris.web.bridge.util;
package jp.co.core.ddm.pack.sbti.excel.poi.data;
package jp.co.nttdg.bfep.stp.bean.hub;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpException;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLogger;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLoggerFactory;
    private static final String PARAMETER_NAME_ERROR_TSUCHI_ERROR = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.error.tsuchiError";
    private static final String PARAMETER_NAME_ERROR_CONDITION = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.error.condition";
package jp.co.profitcube.eacris.report.attribute.judgement.normalization;
package jp.co.nttdg.bfep.stp.bean.hub;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpException;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLogger;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLoggerFactory;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.ByteArrayUtil;
    private static final String PARAMETER_NAME_FTP_DELETE_PATHS = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.ftp.deletePaths";
package jp.co.nttdg.bfep.stp.bean.hub;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpException;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLoggerFactory;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpTestLogger;
    	exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.ftp.deletePath", filePathList);
        	assertFalse("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.ftp.ClientError");
    	exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.ftp.deletePath", filePathList);
        	assertFalse("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.ftp.ClientError");
    	exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.ftp.deletePath", filePathList);
        	assertFalse("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.ftp.ClientError");
    	exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.ftp.deletePath", filePathList);
        	assertTrue(exchange.getIn().getHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.ftp.ftpClientError"));
package jp.co.profitcube.eacris.web.bridge.util;
package jp.co.core.ddm.pack.sbti.excel.poi.data;
package jp.co.nttdg.bfep.stp.bean.hub;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpException;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLogger;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLoggerFactory;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpMain;
package jp.co.profitcube.eacris.report.attribute.judgement.normalization;
package jp.console.main;
OpiSample: No such file or directory
1.java: No such file or directory
package jp.co.core.ddm.pack.sbti.localMain;
import jp.co.core.ddm.pack.sbti.logic.StaticsPOILogic;
import jp.co.core.ddm.pack.sbti.poi.data.DetailsData;
import jp.co.core.ddm.pack.sbti.poi.data.HeaderData;
import jp.co.core.ddm.pack.sbti.poi.data.ReportData;
import jp.co.core.ddm.pack.sbti.poi.dto.Scr0005Dto;
package jp.co.nttdg.bfep.stp.bean;
package jp.co.nttdg.bfep.stp.bean.hub;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpException;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLogger;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLoggerFactory;
    private static final String PARAMETER_NAME_FILE_TSUBAN = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.fileTsuban";
    private static final String PARAMETER_NAME_FTP_DELETE_PATHS = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.ftp.deletePaths";
    private static final String PARAMETER_NAME_TODAY = "jp.co.nttdg.bfep.stp.today";
package jp.co.nttdg.bfep.stp.bean.hub;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpException;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLoggerFactory;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpMain;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpTestLogger;
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom", "03");
            exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfepstp.today", "20140422");
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.ftp.deletePaths");
                            "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.fileTsuban"));
            exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfepstp.today", "20140425");
            exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfepstp.today", "20140425");
            exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfepstp.today", "20140422");
            exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfepstp.today", "20140422");
            exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfepstp.today", "20140422");
            exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfepstp.today", "20140425");
            exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfepstp.today", "20140425");
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom", "03");
            exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfepstp.today", "20140422");
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.ftp.deletePaths");
                            "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.fileTsuban"));
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom", "03");
            exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfepstp.today", "20140422");
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.ftp.deletePaths");
                            "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.fileTsuban"));
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom", "03");
            exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfepstp.today", "20140422");
            // "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom", "03");
            // exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfepstp.today",
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.ftp.deletePaths");
                            "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.fileTsuban"));
            exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfepstp.today", "20140422");
            exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfepstp.today", "20140425");
package jp.co.nttdg.bfep.stp.bean.hub;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpException;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLogger;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLoggerFactory;
    private static final String PARAMETER_NAME_FILE_TSUBAN = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.fileTsuban";
    private static final String PARAMETER_NAME_CD_FROM = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom";
    private static final String PARAMETER_NAME_FILE_NAME = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.fileName";
    private static final String PARAMETER_NAME_FTP_DELETE_PATHS = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.ftp.deletePaths";
    private static final String PARAMETER_NAME_RECEIVE_ERROR = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.receiveError";
    private static final String PARAMETER_NAME_TODAY = "jp.co.nttdg.bfep.stp.today";
package jp.co.nttdg.bfep.stp.bean.hub;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpException;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLogger;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLoggerFactory;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.ByteArrayUtil;
    private static final String PARAMETER_NAME_FILE_TSUBAN = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.fileTsuban";
    private static final String PARAMETER_NAME_FILE_NAME = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.fileName";
    private static final String PARAMETER_NAME_TODAY = "jp.co.nttdg.bfep.stp.today";
    private static final String PARAMETER_NAME_CD_FROM = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom";
package jp.co.core.ddm.pack.sbti.excel.poi.data;
package jp.co.nttdg.bfep.stp.bean.hub;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLogger;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLoggerFactory;
    private static final String PARAMETER_NAME_MESSAGE_NO = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.log.messageNo";
    private static final String PARAMETER_NAME_MESSAGE_PARAM = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.log.messageParam";
package jp.co.nttdg.bfep.stp.bean.hub;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.bean.hub.RouteLogger;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpException;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLoggerFactory;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpTestLogger;
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.log.messageNo",
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.log.messageParam",
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.log.messageNo",
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.log.messageParam",
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.log.messageNo",
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.log.messageParam",
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.log.messageNo",
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.log.messageParam",
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.log.noMessageNo",
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.log.messageParam",
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.log.messageNo",
                "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.log.noPropertyParam", targetList);
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.log.messageNo",
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.log.messageParam",
package jp.co.nttdg.bfep.stp.bean;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpException;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLogger;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLoggerFactory;
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.routingError", false);
                .setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.fromMessageFormat", "");
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.toMessageFormat", "");
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.sendQueues",
                "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom") != null) {
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom"));
                "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.kessaiDt") != null) {
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.kessaiDt"));
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom") != null) {
                        "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom"));
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.tsuban") != null) {
                        "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.tsuban"));
            exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.routingError",
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.fromMessageFormat",
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.toMessageFormat",
                exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.sendQueues",
                exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.sendQueues",
package jp.co.nttdg.bfep.stp.bean;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpException;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLogger;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLoggerFactory;
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.routingError", false);
                .setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.fromMessageFormat", "");
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.toMessageFormat", "");
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.sendQueues",
                "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom") != null) {
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom"));
                "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.kessaiDt") != null) {
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.kessaiDt"));
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom") != null) {
                        "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom"));
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.tsuban") != null) {
                        "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.tsuban"));
            exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.routingError",
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.fromMessageFormat",
        exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.toMessageFormat",
                exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.sendQueues",
                exchange.getIn().setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.sendQueues",
package jp.co.core.ddm.pack.sbti.poi.dto;
package jp.co.core.ddm.pack.sbti.dto;
package jp.co.nttdg.bfep.stp.bean.hub;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpException;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLogger;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLoggerFactory;
    private static final String PARAMETER_NAME_CD_FROM = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom";
    private static final String PARAMETER_NAME_FILE_TSUBAN = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.fileTsuban";
    private static final String PARAMETER_NAME_FILE_NAME = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.fileName";
package jp.co.nttdg.bfep.stp.bean.hub;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpException;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLogger;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLoggerFactory;
    private static final String PARAMETER_NAME_MESSAGE_BODY_START = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.body.start";
    private static final String PARAMETER_NAME_SPLIT_ERROR = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.splitError";
    private static final String PARAMETER_NAME_MESSAGE_BODY_END = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.body.end";
    private static final String PARAMETER_NAME_FILE_NAME = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.fileName";
    private static final String PARAMETER_NAME_CD_FROM = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom";
    private static final String PARAMETER_NAME_FILE_TSUBAN = "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.fileTsuban";
package jp.co.core.ddm.pack.sbti.logic;
import jp.co.core.ddm.pack.sbti.poi.data.ReportData;
package jp.co.core.ddm.pack.sbti.logic;
import jp.co.core.ddm.pack.sbti.framework.exception.DevelopRuntimeException;
import jp.co.core.ddm.pack.sbti.poi.data.ReportData;
package co.jp.console.sample;
package jp.console.main;
package jp.console.main;
package jp.co.nttdg.bfep.stp.bean;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpException;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLogger;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.BfepStpLoggerFactory;
import jp.co.nttdg.bfep.stp.framework.ByteArrayUtil;
        in.setHeader("jp.co.nttdg.bfep.stp.translateError", false);
                "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom") != null) {
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom"));
                "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.kessaiDt") != null) {
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.kessaiDt"));
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom") != null) {
                        "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.systemCdFrom"));
                    "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.tsuban") != null) {
                        "jp.co.nttdg.bfep.stp.hub.message.tsuban"));
                        "jp.co.nttdg.bfep.stp.translateError", true);
package jp.console.main;
package jp.co.profitcube.eacris.web.bridge.util;
package jp.co.profitcube.eacris.report.util;

$ for i in *; do nkf -w "$i"|grep -a "com\."; done
package com.smbc.jimuwf.saimu.jisutil.commonstatuscheck.ap;
import com.nec.jp.fs1.bpmg.bcc00.util.CmMessageUtil;
import com.nec.jp.systemdirector.ent.apfrw.BusinessLogicException;
package com.smbc.jimuwf.saimu.jisutil.commonstatuscheck.ap;
package com.smbc.jimuwf.saimu.jisutil.commonstatuscheck.ap;
package com.smbc.jimuwf.saimu.jisutil.commonstatuscheck.ap;
package com.smbc.jimuwf.saimu.jisutil.commonstatuscheck.ap;
                "com.sun.org.apache.xalan.internal.xsltc.trax.TransformerFactoryImpl");
package com.smbc.jimuwf.saimu.jisutil.commonstatuscheck.ap;
package com.smbc.jimuwf.saimu.jisutil.commonstatuscheck.ap;

日経→三井住友銀、システムのコードが流出 顧客情報漏洩なし

三井住友銀、システムのコードが流出 顧客情報漏洩なし
経済・金融 2021/1/29 14:10
三井住友銀行は29日、事務手続きで用いるシステムのソースコードが流出していたと明らかにした。システムは銀行内でのみ使われており、顧客情報の漏洩やセキュリティー上のリスクにつながることはないとしている。
システムの開発を委託した企業から流出したという。同行は今後、警察とも相談して対応する予定だ。

40代プログラマー(年収300万円)、日銀ネット・三井住友銀行(SMBC)のソースコードをgithubに上げて流出させてしまう ★2 [かも★]
レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
1かも ★2021/01/29(金) 11:02:14.90ID:umo9scGn9
さぶれ @sabure320
@Asu_kagi 何でも良いよ

年収300万で満足は、してないけど、 副業は、基本的に禁止だから、 契約先増やすか転職しょうか考えていますよ
あと、人の事言えた義理は、ないけど、意味が判らないような

反面教師でも、誰かの役にたつなら、それで結構 世の中には、反面教師に すらなれない人は山ほどいる。
2021-01-28 20:26:11 https://twitter.com/sabure320/status/1354752631088902146
@keynon2525 なんかgitにコードをアップすると それから推定年収を計算してくれるサイトがありまして、 転職する準備のために、現在あるコードをチェックせずに すべてアップしました。
2021-01-28 22:38:19 https://twitter.com/sabure320/status/1354785880817377283
@keynon2525 公開はしていましたね。 だけど、それがあったからどうしたのでしょうか さっき、github非公開にしたので、今以上の流出はないとおもいます。 あとは、SMBCからなにか言われるまでは、動けない その時しかるべき判断がされるとおもいます。 まぁおらが逮捕されたらうれしいのでは?
2021-01-28 22:22:10 https://twitter.com/sabure320/status/1354781817832763393
今、在宅勤務を考えています。 プログラマーをはじめ、 20年。現場でプログラムするメリットを感じません。 もし、現場でプログラムするメリットがあるなら教えて下さい
2018-12-26 10:38:15 https://twitter.com/sabure320/status/1077740342609211392
■備考
ジェトロさん謹製の日銀ネット接続用ゲートウェイと、バックに繋ぐSTPプログラムの一部ですね。。。
https://twitter.com/ostrichminister/status/1354954221179736065?s=21
★1 :2021/01/29(金) 10:10:51.52
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1611882651/ https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

さぶれ @sabure320
横須賀市に住んでます。 スタンプは当面自粛します。
神奈川県横須賀市2010年9月からTwitterを利用しています
1,460 フォロー中 4,547 フォロワー

nttdata-getronics.co.jp→三井住友銀行向け新日銀ネット第2段階対応プロジェクトをスタート(2013年4月23日)

三井住友銀行向け新日銀ネット第2段階対応プロジェクトをスタート
ニュースリリース 2013年4月23日
NTTデータ ジェトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:前川雅俊、以下NTTデータ ジェトロニクス)は、三井住友銀行がシステム企画・開発・運用管理を全面委託している株式会社日本総合研究所(本社:東京都品川区、代表取締役社長:藤井順輔)との協業により、同行の新日銀ネット第2段階対応プロジェクトに着手しました。両社は今後、同システムの新日銀ネットへの移行まで一貫したサービスを提供していきます。
三井住友銀行向けの日銀ネット中継システムにはNTTデータ ジェトロニクスの日銀ネット接続ゲートウェイパッケージ「B-FEP」が採用されています。「B-FEP」は1996年に旧住友銀行のシステムで稼動を開始し、日銀ネットRTGS対応、次世代RTGS第1期、2期対応を経て、これまで安定稼動を続けています。今回のプロジェクトでも、新日銀ネット第2段階の接続仕様等に対応した「B-FEP7.0」を提供することにより、三井住友銀行の決済システムの安定稼動を支援していきます。
日銀ネット(日本銀行金融ネットワークシステム)とは、日本銀行と金融機関との間の資金や国債の決済をオンライン処理することを目的として構築されたネットワークです。決済インフラのネットワーク化や金融取引のグローバル化、今後の金融サービスの内容やさまざまなニーズの変化に対応できるよう、システムの柔軟性やアクセス利便性を高め、将来の発展性を確保するために、2013年度以降、2段階に分けて新日銀ネットが稼動を開始する予定です。
2015年度の第2段階稼動開始に際しては、CPU接続(注1)をしている金融機関において、通信制御の変更や電文フォーマットのXML形式対応(注2)が必要となります。また新日銀ネットの決済方式に準拠した当座預金、国債の流動性管理が必要となるため、各金融機関のシステムにおいて、新日銀ネットに対応するためのシステム改修が必須となっています。

「B-FEP」および「B-FEP7.0」について
「B-FEP」はNTTデータ ジェトロニクスが開発した日銀ネット接続機能に特化したゲートウェイパッケージであり、取引量の多い金融機関でも十分に利用可能な処理性能を持つ信頼性の高いパッケージ製品です。現在開発を進めている「B-FEP7.0」では、新日銀ネット第2段階の接続仕様への対応に加え、オープン・プラットフォーム化、災害対応(バックアップセンターへの切り替え)の自動化などの機能強化を行います。

(注1)CPU接続
日本銀行のホストコンピューターと金融機関のコンピューターを専用回線にて直接接続し、決済データの送受信を行うこと。CPU接続以外には、専用接続端末を用いる方法もある。

(注2)XML形式対応
XMLとは、文書やデータの意味や構造を記述するためのマークアップ言語の一つであり、従来の電文フォーマットがこの言語形式で規定され、これに対応すること。
※ 「ビーフェップ」は、国内におけるNTTデータ ジェトロニクス株式会社の登録商標です。
※ その他の製品名、会社名は、各社の商標または登録商標です。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。