弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

SMBC日興証券の電源障害が前田泰宏を仄めかして何か基本設計が完成したらすいw update3

三井物産系の「りらいあ」がコールセンターでディープフェイクなブルー・ホエールにチャレンジしてしまうw(2020年6月11日)

前田泰宏(まえだやすひろ)研究…(2020年6月7日)

人身売買のためのSalesforce…(2020年6月3日)

どうやらSMBC(三井)のブルー・ホエール・チャレンジ・アーキテクチャが完成したらすい… )前田泰宏w

SMBC日興証券でシステム障害 売買注文の予約などできず 2020年6月14日 17時54分
証券大手「SMBC日興証券」のシステムに障害が発生し、投資家が株式などをオンラインで売買する注文の予約ができないなどの影響が出ています。
SMBC日興証券によりますと、データセンターで行われていた電源工事の作業に不備があり、14日午前5時すぎに電源が停止した影響でシステムに障害が発生しているということです。
14日は日曜日で株式の取り引きは行われていませんが、15日に再開される株式など金融商品をオンラインで売買する注文の予約や、ATMでの入金や出金ができなくなっているということです。会社では、復旧に向けた作業を急いでいますが、今のところ復旧のめどはたっていないとしています。
SMBC日興証券は「お客様にご迷惑をおかけし、心よりおわび申し上げます」と話しています。

SMBC日興のシステム障害、大半が復旧 2020/6/14 15:10 (2020/6/14 18:46更新)
SMBC日興証券は14日、同日朝からオンライン注文などのシステムで障害が発生していた問題について、この日の午後5時50分にオンライン注文や入出金など大半が復旧したと明らかにした。
データセンターで電源工事作業に不備があり、14日早朝からシステム障害が発生。オンライントレード「日興イージートレード」や「日興フロッギー」からの注文ができないなど、取引や各種手続きを受け付けできない状況になっていた。

doda.jp→日興システムソリューションズ株式会社(SMBC日興証券グループ)(2013/05/19()

仕事内容
SMBC日興証券のデータセンター部門における各種インフラの構築・運用管理
具体的な仕事内容
―――――――――――――――――――――――――――――――――
SMBC日興証券のデータセンター部門の強化拡充を図るための求人です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

【具体的には……】
■ネットワーク・DBMSの構築
■データセンターの運用管理(事業計画の企画立案なども含む)など
―――――――――――――――――――――
データセンターの運用エンジニアのミッション
―――――――――――――――――――――
サーバ、ネットワーク、データベース、アプリケーションなど、
あらゆる分野のナレッジとノウハウを駆使し、SMBC日興証券に
最適な情報システムと、情報ネットワークの形成を実現している当社システム。

【データセンターの運用管理業務】
お任せする業務はデータセンター部門における上流工程と言える「運用管理業務」。 メンテナンスなどの実業務については、協力会社に依頼して行っています。 深夜などの勤務は基本的に発生せず、安定的にご勤務いただける環境です。
対象となる方
ネットワークの構築設計・運用経験/メインフレームの運用経験 など(詳細は以下)
【対象となる方/以下のいずれかのご経験・スキルをお持ちの方】
■ネットワークの設計構築・運用経験
■データセンターでのインフラ構築・運用経験(DB/SQL/サイベースに精通している方)
■メインフレームの運用業務を行っている方

【歓迎スキル】
■証券・金融業務に関する知識があり、証券業務システムの開発経験があること。
■様々なシステムユーザー、システム開発者からの要求を受け、
高品質なシステムインフラ、開発フレームワークの構築に取り組んだ経験があること。
勤務地
本社(神奈川県横浜市鶴見区大東町)
詳細は当社ホームページにてご確認いただけます。
※鶴見駅・川崎駅、両駅の利用が可能です。

■JR線「鶴見駅東口」よりバス
(横浜市営バス「15系統」に乗車、「向井町4丁目」下車徒歩1分、
または「128系統」に乗車、「京三製作所前」下車徒歩1分)
■JR線「川崎駅東口バスターミナル」よりバス
(臨港バス「川29系統」に乗車、「京三製作所前」または「向井町4丁目」下車徒歩1分)
勤務時間8:40~17:10 (所定労働時間/7時間30分)雇用形態
神奈川県横浜市鶴見区大東町つか、サイベース(Sybase)だわw

SAPジャパンがDB市場に本格参入 サイベースとのシナジー効果を
SAPジャパンはデータベース事業の戦略説明会を開催。SAPとサイベースの両社社長が登壇し意気込みを語った。 2012年05月09日 17時37分 公開 [伏見学,ITmedia]
 SAPジャパンは5月9日、データベース事業に関する戦略説明会を開催した。インメモリデータベースソフトウェア製品「SAP HANA」と、一昨年夏に買収完了したSybaseのデータベース製品群を組み合わせた新たなデータベース基盤を武器に、データベース市場に本格参入していく。
「ビッグデータの時代と言われるが、今やデータベースそのものが巨大で複雑化している。データベースをいかに簡素化して、リアルタイム経営を実現していくかが重要だ」
SAPジャパンの安斎富太郎社長
 SAPジャパンの安斎富太郎社長はこう意気込む。「標準化」と「簡素化」――。これは独SAPが40年前の創業以来から掲げるキーワードであり、Sybaseとの経営統合によってデータベース事業を成長させていく上でも不可欠な取り組みであるという。
 それに向けて、SAPジャパンは2012年4月1日付で、データベース・テクノロジー営業統括本部を設立。これは同社におけるHANAおよびテクノロジーの営業部門と、サイベースおよび、その子会社でモバイルと組込型のデータベース事業を展開してきたアイエニウェア・ソリューションズの営業部門を統合した新チームである。安斎社長の直下にある組織で、同統括本部長はサイベース社長の早川典之氏が兼任する。なお現在、SAPとSybaseは別会社だが、今回の営業部門の一体化を皮切りに、グローバルでは7月を目途にサービスやサポートといったバックヤード部門を統合し、将来的にはすべてを経営統合するという。「まずはデータベース製品の統合を進めていき、シナジー効果で売り上げを伸ばしていく」と安斎氏は述べる。
 具体的な製品として、ERPを含むSAPの業務アプリケーションスイート「SAP Business Suite」やミドルウェア「NetWeaver」を、Sybaseのデータベース管理システム「Sybase Adaptive Server Enterprise(ASE)」に搭載する「SAP Business Suite & NetWeaver on SAP Sybase ASE」を4月から一般提供開始する。加えて、ASEやカラム型データベース「Sybase IQ」、モバイル用データベース「Sybase SQL Anywhere」、リアルタイムデータ分析システム「Sybase Aleri Event Stream Processor(ESP)」などのデータベース製品群をすべてHANAのプラットフォームに実装し、データベースの統合基盤としていく。
サイベースの早川典之社長
 「これまで企業は個々のデータベース製品を用途別に購入していたが、今後はHANAという基盤に一元化して、その上でいろいろなデータベース(コンポーネント)の選択肢を持つことができる」と早川氏は強調する。
 性能や機能面では、HANAとSybaseのデータベースを組み合わせることで、ユーザーはどのようなメリットを享受できるのか。例えば、HANAとSQL Anywhereでは、高度なデータ同期機能によっていつでもどこでもリアルタイム検索が可能になる。HANAとIQでは、大規模なデータウェアハウスに対してもインメモリコンピューティング技術を活用できるようになる。
 そのほか、SAPジャパンでは、データベース事業の推進に向けて、グロバールで約270億円規模のSAPデータベース採用支援ファンドを創設した。これは既存のデータベースを根本的にリプレイスしたいという企業に対して移行時の支援などを行う。また、アプリケーション開発などのスタートアップ企業に対してHANAを提供するファンド(約125億円規模)を創設した。
なんと! SAP HANA のデータベースは Sybase だったw

2010年5月12日SAPがSybaseを買収w。ぶへー、まったく知らなかったし、気付かなかったw

AI活⽤投資サービス開始へ SMBC⽇興 SMBC⽇興証券は、AIの技術を提供する「HEROZ社」と共同開発した「AI株式ポートフォリオ診断」を今⽉29⽇から開始する。
記事全⽂
SMBC⽇興証券が、AI(=⼈⼯知能)による株価予測を活⽤した投資サービスを始めると発表した。 SMBC⽇興証券は、AIの技術を提供する「HEROZ社」と共同開発した「AI株式ポートフォリオ診断」を今⽉29⽇から開始する。 顧客が複数の銘柄を購⼊する際、AIが資⾦やリスクの許容度などに応じて効率的な組み合わせを提案するほか、既に購⼊している株式について過去の株価の推移と決算などのデータを基にAIが1か⽉後の収益性を予測し、銘柄の⼊れ替えなどを提案したりする。 SMBC⽇興証券は、AIを活⽤することで幅広い顧客に対してより⾼度な情報分析を提供できるとしている。

クレーム対応に2種類のAI、SMBC日興証券が新システム 斉藤 壮司 日経 xTECH/日経コンピュータ 2018.06.07
 6万件。SMBC日興証券が顧客と交わす電話に基づき、1日の間にまとめる通話履歴の総件数である。従来は同社の営業員やコンタクトセンターのオペレーターが手入力で業務システムに記録していた。クレーム(苦情や改善要求)対応の質や効率を高めるため、同社は2017年からこの膨大な業務を、2種類の人工知能(AI)技術の組み合わせで置き換える取り組みを始めた。2018年6月に実証実験を終える予定で、現在は効果の検証を進めている。今後、検証を基に実務への適用について検討するという。
 利用するAI製品の1つはネクストジェンの「U3COGNI(ユーキューブ コグニ)」。深層学習を利用した音声のテキスト化サービスだ。顧客と話す全ての通話をテキストデータに変換する。同社の中村哲也システム統括部ITイノベーション推進室長は「全ての通話記録をテキストに残して分析対象にしたかった一方で、省力化の必要もあった」と狙いを話す。
SMBC日興証券の中村哲也システム統括部ITイノベーション推進室長 [画像のクリックで拡大表示]
 同サービスは通話音声の分析に特化しているのが特徴だ。まず、音声の波形を切り出し、音響モデルから一致する文字を選び出す処理を施す。音響モデルは通話音声のサンプルを教師データとして深層学習により構築したものだ。得られた文字列を単語ごとに分割し、辞書から漢字を選び出すなどして音声をテキスト化する。
 SMBC日興証券が持つオンプレミスのサーバー45台がこれらの処理を実行する。「テキスト化の精度は75%ほど。通話環境や方言の有無で変わることもある」(中村室長)という。

営業の全通話をAIで文章化 SMBC日興、業務量を削減 2018.1.31 05:49
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】
 SMBC日興証券は30日、人工知能(AI)を活用し、営業職員の通話内容を自動でテキスト化し、チェックする取り組みを3月末までに開始すると発表した。これまでも、現場で無理な営業が行われていないかなど、通話内容の一部を聞き直すなどして確認していたが、AIの導入で全ての通話が確認できるようになる。同時に年間数万時間の業務量の一部も削減できる見通しだという。
 音声をテキスト化するソフトは以前から導入していたが、精度が60%程度と低く、職員が録音を聞き直して通話内容を確認する必要があった。それがAIの活用でテキスト化の精度は75%にまで向上。録音を聞き直す頻度を下げることが期待できるほか、「絶対」や「安全」など、無理な営業が行われている疑いがあるキーワードを自動的に検索できるようになり、確認作業も効率化されるという。
 業務の簡素化により、これまでは通話記録の一部をサンプル調査していたが、携帯電話も含めた全ての通話が確認できるようになる。将来は顧客対応の向上にも活用できる可能性があるという。

SMFGとSMBC日興証券、社内コンプライアンス業務にAIシステム 丸山篤 2018/01/30 12:38
三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)およびSMBC日興証券は、社内コンプライアンスの向上と全社的な「働き方改革」の実現に向け、ネクストジェンが提供する音声認識BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービス「U³ COGNI」を導入すると発表した。
SMBC日興証券はこれまで、社内コンプライアンスの強化に向けて通話録音内容の確認を実施してきたが、膨大な通話の中から問題となる通話を見つけ出すために多大な人員と時間を費やしていたことから、今後は「U³ COGNI」による通話テキスト化システムの導入によって、コンプライアンス管理業務の効率を改善する。
ネクストジェンの音声認識 BPO サービス「U³ COGNI」は、音声認識エンジンに深層学習型のAIを採用しており、精度高くテキストに変換できることのほか、BPO サービスとして提供されるため低コストで定期的にチューニングが実施できること、必要に応じて音声認識エンジンを他のエンジンへ交換できることなどが、メリットとしてあるという。

SMBC日興、コールセンターにAI導入-相談は合成音声で返答
(2016/6/8 05:00)
SMBC日興証券は、コールセンター業務の効率化と顧客サービス向上を目指し、人工知能(AI)導入の検討を始めた。2017年度以降の導入を目指す。経験の浅いスタッフのサポートとしてAIを使うほか、夜間など人が不在の時間帯の対応などで先行導入する見通し。将来は顧客からの電話を音声認識で...
(残り:572文字/本文:712文字)
(2016/6/8 05:00)
AIの合成音声で返答するコールセンターw。ふつうにビンゴだわw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。