弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【バイデンの東インド会社(De la Rue)】インド人の生体情報を台湾のデータベースに登録した電子投票機(EVM)を #Smartmatic が開発ちうw update3

【東インド会社】2013年のインド訪問時に次期大統領は言った「インドのムンバイに5人のバイデンがいる」w

米軍幹部、異例の台湾訪問 インド太平洋軍所属の海軍少将
2020年11月23日14時11分
マイケル・スチュードマン米海軍少将(米海軍ホームページより)
 【台北時事】ハワイを拠点とする米インド太平洋軍の幹部が、22日から台湾を電撃訪問していることが23日、分かった。ロイター通信の報道によると、訪台したのは海軍少将のマイケル・スチュードマン氏。インド太平洋軍で情報部門トップを務める。現役の米軍幹部が訪台するのは異例で、台湾周辺で軍事活動を活発化させる中国への対応を協議する目的とみられる。<下へ続く>
 米海軍の公式ホームページによると、スチュードマン氏は中国情報の収集を専門にしている。台湾では、蔡英文政権や軍の幹部らと中国情勢などについて情報交換するものとみられる。中国の反発は必至だ。

「22日から台湾を電撃訪問している」w

対中国とゆーか、バイデンの東インド会社体制の件…、極東はいつからこんなに引き金が軽くなったんだ?w

まさかフランクフルトに続いて台湾のSmartmaticのデータベースも押収するのでは?w

The Controversies 

The case gets more sensitive since it involves the smuggling of biometric and demographic data of Indians by the company which also provides end-to-end Election Management Platform and is infact marketed as The Elections Company.

De la Rue

Following the 2004 Venezuelan recall election, Smartmatic acquired Sequoia Voting Systems, one of the leading US companies in automated voting products from the British company De La Rue in 2005. De la Rue was the official Crown Agent of the British Empire who still prints banknotes for the Bank of England. Crown Agents ran the day-today affairs of the Empire. 

In his book Managing the British Empire: The Crown Agents author David Sunderland explains how the Crown Agents printed the stamps and banknotes of the colonies; provided technical, engineering, and financial services; served as private bankers to the colonial monetary authorities, government officials, and heads of state; served as arms procurers, quartermasters, and paymasters for the colonial armies. In effect, Crown Agents administered the British Empire, which at one point in the 19th Century, encompassed over 300 colonies and nominally “independent countries” allied to the British Crown.

De La Rue is banned and blacklisted in India for supplying substandard paper for printing Indian currency notes and also for its involvement in the Fake Indian Currency Notes (FICN) with Pakistan, posing a threat to India. De La Rue’s role in printing Indian currency notes was exposed by GreatGameIndia in 2016 following the announcement of Demonetization in India.

インド人の生体情報を台湾のデータベースに登録した電子投票システムでUKがインドで東インド会社みたいな植民地ビジネスをはじめていたw

臓器狩りでしょ。台湾のデータベースに生体情報を登録すると書いてあるじゃないか。

生体情報のマッチングと臓器売買。香港ルートをツブしたと思ったら、バイデンが東インド会社を再開するとは思わなんだわ…

そだ、IBMもマイクロソフトもGoogleもアドビもインド人CEOになったんだったw

バイデンは東インド会社体制のアイコンだ…

世界で進行してる闇は底なしだな…、@GreatGameIndia の情報はスゴい。カンドーしたw

産業界が実在するとまだ思っているとこが笑える。バイデンはIBM、Google、マイクロソフトのインド人CEOたちと「東インド会社」体制に移行する。それがいったい何を意味するのか、産業界の者たちではまったく理解できないだろう…w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。