弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【心愛ちゃんの呪い】なぜ沖縄観光コンベンションビューローは首里城祭イベント設営時に漏電事故を起こさなければならなかったのか… update15

【参院選2019】フェイスブック開発者は2019年11月の時点で本番データベースにアクセス可能だったw(2019年11月7日)

【世界遺産✕聖なる火】白川郷の駐車場にある合掌造りの小屋が大炎上…

4日後に白川郷で起きた火災が、首里城の説明になっている…

首里城DEW(Directed Energy Weapon)放火説の検証…w

【スマートメーター✕漆】首里城がヘヤシュみたいに燃える…

首里城火災 焦げた分電盤 火元とされる正殿1階の北側で発見 2019年11月3日 11時53分
那覇市にある首里城で起きた火災で、火元とされる正殿1階の北側の焼け跡から焦げた分電盤が見つかっていたことが警察などへの取材で分かりました。警察は今回の火災との関連を調べるとともに、現場の検証を続けるなどして詳しい出火原因などの特定を急ぐことにしています。
先月31日に那覇市にある首里城で起きた火災では、城内の建物に次々と火が移り、11時間にわたって燃え続け、正殿など城の主要な建物が全焼しました。
火災発生の直後、警備員が正殿の裏手にある1階の北寄りの窓から煙が激しく出ているのを目撃していたことなどから、警察は正殿1階の北側が火元とほぼ断定しています。
現場では警察と消防が3日も合同で検証を行っていますが、これまでに、正殿1階の北側の焼け跡から焦げた分電盤が見つかっていたことが警察などへの取材で分かりました。
分電盤は各階やフロアに電気を分配する設備で、3日、現場から分電盤とみられる設備を運び出しました。
警察は、分電盤の鑑定を進めて今回の火災との関連を調べるとともに、今後も現場の検証を続けるなどして詳しい出火原因などの特定を急ぐことにしています。

首里城正殿1階、火元とほぼ断定 防犯カメラに発生時映像
2019/11/2 17:55 (JST)11/3 10:15 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
実況見分が行われた首里城=2日午前11時42分、那覇市(共同通信社ヘリから)
 那覇市の首里城で木造3階建ての正殿などが焼失した火災で、発生直後に正殿1階で炎が噴き上がる映像が防犯カメラに記録されていたことが2日、分かった。沖縄県警は、警備員らの証言も踏まえ、正殿1階が火元とほぼ断定。炎が上がっていた北側を中心に実況見分を進め、出火原因の特定を急ぐ。
 正殿1階の北側付近に配電設備が設置されていることも関係者への取材で新たに判明。県警は火災との関連の有無を慎重に調べる。捜査関係者によると、正殿内に外部から侵入した形跡はなく、県警は放火の可能性は低いとみている。

【首里城火災】火元は正殿内部か…イベント会社が正殿前の「御庭」で 1時間前まで照明機材設営「内部には一切立ち入っていない」 ★5
2019.11.02 この記事は約4分で読めます。

■1時間前まで機材設営
消防によりますと、首里城では琉球王国時代の儀式を再現する「首里城祭」の準備のため、31日の午前1時すぎまでイベント会社が「正殿」の前の「御庭(うなー)」と呼ばれるスペースで、照明などの機材を設営していました。
そして午前1時半までにはスタッフは作業を終えて現場から撤収したということです。
それからおよそ1時間後の午前2時34分、異常を検知するセンサーが「正殿」で作動したため、警備員が駆けつけたところ、「正殿」の中で煙が充満していたということです。

主催:首里城祭実行委員会  事務局:(一財 ) 沖縄美ら島財団  共催:(株)沖縄タイムス社・首里振興会

後援
内閣府沖縄総合事務局、沖縄県、那覇市、(一財)沖縄観光コンベンションビューロー、(一財)沖縄美ら島財団、沖縄県市長会、沖縄県町村会、琉球新報社、NHK 沖縄放送局、沖縄テレビ放送(株)、琉球放送(株)、琉球朝日放送(株)、(株)ラジオ沖縄、(株)エフエム沖縄、(株)エフエム那覇

(一財)沖縄観光コンベンションビューローw

沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)の嘱託社員だった父親が千葉県野田市で小4娘を殺害。福岡県筑紫野市でも臓器狩り殺人が同時進行…

「首里城祭」の準備、未明まで正殿前で設営作業 2019/10/31 21:58
首里城火災
 31日午前2時40分頃、那覇市の世界文化遺産・首里城跡に立つ首里城から出火、木造3階建ての正殿せいでんを全焼するなど7棟計約4200平方メートルを焼いた。消防車両59台が出動、229人が消火作業にあたり、同日午後1時半に鎮火した。消防署員1人が脱水症状で病院に運ばれたが、命に別条はなかった。沖縄県警などは1日、実況見分を行う。
正殿(中央左)、北殿(左下)、南殿・番所(右)などが焼け落ちた首里城(31日午後、那覇市で、読売ヘリから)=川崎公太撮影
 同市消防局によると、正殿と北殿ほくでん、南殿なんでん・番所ばんどころが全焼し、奉神門ほうしんもん、書院しょいん・鎖之間さすのま、黄金御殿くがにうどぅん、二階御殿にーけーうどぅんが焼損した。正殿の北側付近から出火したとみている。正殿などに保管されていた収蔵物も焼けたとみられる。
 首里城では「首里城祭」が開かれており、31日午前1時過ぎまでイベント会社の担当者が正殿前で準備をしていた。火災を受け、首里城祭は中止となった。

あー、首里城が完成してしまったので燃やしたのかw。マネロンの為の放火だわ。心愛ちゃんかぁ…。気象兵器フクイチが台風15号と19号でNTT労組の千葉県に被害を与えた件にも関連がありそー

ブレーカーを落としたと言っているが、監視カメラや防犯センサーの電源と通信回線は生きていた。なので首里城全体で考えるとブレーカーは落ちてなかった…w

防犯センサーが検知できる大きさのブレーカーを上げることができるヤモリw

沖縄県知事玉木デニーは沖縄観光コンベンションビューローを連れて韓国にいた…


それは犯行当日に沖縄にいることができなかったから。その理由まで記事になってる⤵

たぶんデマじゃない。ガチだ…模造品の首里城を燃やすことで韓国と手打ちにしようとしたのだ。

「沖縄観光・韓国市場プロジェクト 訪韓ミッション 〜沖縄県・OCVB・JATA 沖縄支部〜」w

フジロックのアトミックカフェ(Atomic Cafe)がヒントになっている…
福田赳夫とか、西武の堤義明とか、…

フジロックのアトミックカフェ(Atomic Cafe)研究…(2019年7月29日)

沖縄・宮古島の自転車レースのゴール前で転倒して死亡「みんながラストスパートをかける位置。タイヤが接触して落車することはよくあるが、10年以上参加して人が亡くなる事故は初めてだ」(2019年5月26日)

首相搭乗の専用機でぼや すぐに消火、飛行は継続
2019/11/3 18:11 (JST) ©一般社団法人共同通信社
政府専用機
 安倍晋三首相が搭乗しタイ・バンコクに向かっている途中の政府専用機内の調理用オーブンで3日午後3時前、ぼやが発生した。すぐに消し止められ、けが人はいなかった。飛行に影響はなく、予定通りタイへの飛行を継続した。政府関係者が明らかにした。
 出火した調理用オーブンは専用機の後部にあり、機内食の調理をしていた。乗務員がすぐに消火した。専用機は、首相が東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議などに出席するため、午後1時41分に羽田空港を出発した。
 専用機はボーイング777―300ER。旧専用機ボーイング747の交代に伴い、今年4月から運航を開始した。
「出火した調理用オーブン」w

「ジャムコ」への業務改善命令の解読…

テロイベントが終わることなく周回してるw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。