弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

九州の養女を解読… update1

「もう、うそをつかなくていい」裁判長の異例の10分間の説諭の解読…(2020年4月1日)

おまいらも「ちゃんこ」禁止だからなw

1審で無罪 養女への性的暴行事件 福岡地裁で審理やり直しへ 2020年9月12日 18時55分
同居する養子の14歳の女の子に性的暴行をしたとして、福岡県の30代の保護者が起訴され、1審で無罪が言い渡されたものの、2審で取り消された裁判で、最高裁判所は被告側の上告を退ける決定をしました。今後、福岡地方裁判所で審理がやり直されることになります。
福岡県内に住む30代の男の被告は、おととし、同居していた当時14歳の養子の女の子に保護者の立場で性的暴行をした罪に問われ、無罪を主張しています。
1審の福岡地方裁判所は去年7月、「被害者の証言には信用性があると言えない」などとして、無罪を言い渡しました。
一方、2審の福岡高等裁判所はことし3月、「被害者の証言はほかの客観的な証拠や医師の証言などから裏付けられているとみるほうが合理的である可能性が高い。1審の審理は未成年の被害者に対する配慮に欠け、判決には事実誤認の疑いがある」として無罪判決を取り消し、1審で審理をやり直すよう命じていました。
これに対し被告側が上告していましたが、最高裁判所第3小法廷の林道晴裁判長は、12日までに上告を退ける決定をし、今後、福岡地裁で審理がやり直されることになります。
性暴力をめぐる裁判では去年、全国の裁判所で無罪判決が相次いだことから、刑法の改正を要望する動きが広がり、法務省で検討が進められています。

佐賀新聞→監護者わいせつ、懲役1年8月 11日、佐賀地裁判決

監護者わいせつ、懲役1年8月 11日、佐賀地裁判決 6/12(金) 17:48配信
佐賀新聞
 同居する養女にわいせつな行為をしたとして、監護者わいせつの罪に問われた、佐賀市に住む会社員の男性被告(43)に、佐賀地裁は11日、懲役1年8月(求刑2年6月)の判決を言い渡した。
 西村彩子裁判官は判決理由で「父親として信頼してきた被害者の心を深く傷つけ、今後の心身の健全な発達にも深刻な影響を及ぼしかねない点は強い非難に値する」と指摘した。
 判決の前には、弁護側が離婚や離縁したことを示した戸籍謄本と示談書を提出し、改めて執行猶予付きの判決を求めた。検察側は求刑懲役3年を2年6月に変更した。
 判決によると、男性被告は2019年11月中旬、自宅で当時15歳の養女に対し、胸を触るわいせつな行為をした。

2019年の事件は43才で、2018年は38才、年齢が合わないので養女事件は2件同時進行してる…w

佐賀県が知的障害者を養女として引き取っているのは下村まなみちゃんと同じ理由だな…たぶん知的障害者に需要があるのは同化とカニバリズム症状を回避するためだ。 ) 味の素の正田芙美子w

人肉が「味の素」の味だというツイがたくさん見つかるけど、あれって味濃すぎじゃね?

たぶんあべちんは高級レストランで毒味役をやってるのだろう…

困った国だわ、正田美智子が深い鬱になって当たり前…

香港ルートはつぶれた。なのでもう喰らう必要はない。菜食主義を何ヶ月かやってどれくらいで健康に戻ることができるのか世界にアピールすべき…

監護者性交等罪で1審無罪事件、福岡高裁が差し戻し 「被害者供述の審理不足」
会員限定有料記事 毎日新聞2020年3月11日 17時50分(最終更新 3月11日 23時11分)
福岡高裁などが入る庁舎=平川昌範撮影
 2018年に軽度の知的障害がある当時14歳の養女と自宅で性交したとして、監護者性交等罪に問われた男(38)に対する控訴審判決が11日、福岡高裁であった。鬼沢友直裁判長は被害者証言の信用性に疑問があるとして無罪とした1審・福岡地裁判決(2019年7月)を破棄し、「供述を適切に評価する審理が不足していた」として審理を地裁に差し戻した。被告側は即日上告した。
 1審判決は養女の供述について「具体性や迫真性が認められない」と指摘していた。
「軽度の知的障害がある当時14歳の養女」…

正田ふみこも養女…

【正田富美子さんは、明治42年(1909)、中国の上海で生まれた。旧姓は副島(そえじま)。佐賀の士族の出身である。富美子さんが生まれたとき、父の綱雄さんは、当時の三大綿花商社の一つ「江商」の上海支社長であった。】…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。