弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

東海道新幹線「のぞみ265号」新横浜―小田原間で再びテロ。「鉈(なた)」で乗客の首の付け根付近を切り付ける。)葛西敬之(かさいよしゆき) update5

仏で酒鬼薔薇聖斗みたいなテロ、チュニジア、クウェート、ソマリア、台湾でも同時多発テロ。取りは日本

2015年の東海道新幹線「のぞみ225号」の新横浜―小田原間で再びテロ。
日産車が徳洲会病院の駐車場からJRの線路に突っ込んだ翌日。
フェイスブックは日産などホワイトリスト企業に電話番号や友人情報を提供していた。そして野崎徳洲会病院の駐車場からJR西日本の線路に日産車?が突っ込んだ

なんだそれ。精神薬テロだわ。

2018.6.10 13:01 【新幹線3人殺傷】死亡男性は兵庫県の38歳会社員 
小田原駅構内を行き来する警察官=10日、神奈川県小田原市(吉沢良太撮影)
 神奈川県警は10日、東海道新幹線の車内で9日夜、刃物で刺されて死亡した男性は、兵庫県尼崎市、会社員、梅田耕太郎さん(38)と明らかにした。

女性をかばい刺されたか 新幹線で刺され男性死亡(2018/06/10 11:46)
 9日夜、東海道新幹線の車内で男が刃物で乗客を刺し、男性1人が死亡して女性2人がけがをしました。容疑者の身柄がある小田原警察署前から報告です。
 (社会部・金井誠一郎記者報告)
 逮捕された22歳の男は現在、小田原署の留置施設で休んでいて、10日午後にも取り調べが再開される方針です。自称、愛知県岡崎市の無職・小島一朗容疑者は9日午後9時45分ごろ、新横浜駅を出発した東海道新幹線の車内で乗客の男性を刃物で切り付けるなどした疑いで現行犯逮捕されました。捜査関係者によりますと、自由席の切符を購入した小島容疑者は、指定席である12号車の通路側の席に座っていて、突然、隣に座っていた女性を刃物で刺したことが分かりました。さらに、止めに入った男性ともみ合いになった際に刺したということです。また、病院で死亡が確認されたのは兵庫県に住む38歳の男性であることが新たに分かりました。同じ車両に乗っていた女性2人も頭などを切られ、軽傷です。警察は10日も取り調べを行い、事件に至った詳しい理由を調べる方針です。

逮捕の男「この世はいや 死にたい」 新幹線殺傷(2018/06/10 11:48)
 9日夜、東海道新幹線の車内で男が刃物で乗客を刺し、男性1人が死亡して女性2人がけがをしました。逮捕された小島一朗容疑者(22)の親族が取材に応じ、小島容疑者が普段から「死にたい」と口にしていたと語りました。
 小島容疑者の祖母:「(小島容疑者は)『この世は嫌だ』と『死にたいんだ』『俺は自由に生きたいんだ。それが許されないなら死ぬんだ』とそういう話ばかりしていた」
 小島容疑者の伯父:「今年の1月に出て行った。『俺は旅に出るんだ』と。『俺はこんな所にいてもしょうがない』と」
 親族によりますと、小島容疑者は一時期、松山市の会社で働いていましたが、数年前から愛知県岡崎市の祖母の家で暮らしていました。何度か家出を繰り返し、親族によりますと、電話連絡はあるものの1月から家に帰っていなかったということです。

中日→(2018年6月10日)

2018年6月10日 朝刊 新幹線で男性刺され死亡 岡崎の22歳容疑者逮捕
新大阪行きのぞみ265号車内で乗客が刺される事件が発生し、騒然とするJR小田原駅の構内=9日夜(乗客提供)
写真
 九日午後十時ごろ、神奈川県の東海道新幹線新横浜-小田原間を走行していた東京発新大阪行きのぞみ265号で、男が複数の乗客を刺し、三十代男性が死亡した。二十六歳と二十七歳の女性二人も重傷を負ったが、いずれも意識はあり、命に別条はない。神奈川県警は殺人未遂容疑で、愛知県岡崎市蓑川町、無職小島一朗容疑者(22)=住所、氏名などは自称=を現行犯逮捕した。「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」と供述しているという。
 小島容疑者は「新幹線内で殺意をもって人を刺したことは間違いない」と容疑を認めている。死亡した男性については「知らない」と供述、車内でのトラブルは確認されていない。なたで、男性の首の付け根付近を切り付けたとの情報がある。
 現場には少なくとも二本の刃物があり、県警は事件があった車両を静岡県三島市のJRの車庫に搬送後、実況見分して詳しい状況を調べる。JR東海や乗客によると、事件が起きたのは十二号車とみられる。車内では午後九時四十七分ごろに非常ブザーが鳴った。事件との関連は調査中としている。
 県警によると、死亡したのは大阪市にある会社に勤務する男性とみられ、確認を急いでいる。首の右側に、致命傷とみられる深い傷があった。東海道新幹線は事件発生を受け、東京-小田原間の下りで一時、運転を見合わせた。
 JR東海によると、のぞみ265号は十六両編成で、乗客は約八百八十人だった。
写真
◆容疑者親族「3年ほど前に家を出た」
 自称小島一朗容疑者の親族の女性は十日未明、愛知県岡崎市内で取材に応じ、小島容疑者について「三年ほど前に『おれは自殺するんだ。生きている価値がない』と言って(岡崎市内の)家を出て行った」と話した。
 家にいた頃の様子については「引きこもっていて、靖国神社や出雲大社などの神社の本をよく読んでいた」と説明。事件については「警察から連絡が来ていない」と言葉少なに話した。
「三年ほど前に『おれは自殺するんだ。生きている価値がない』と言って(岡崎市内の)家を出て行った」
「引きこもっていて、靖国神社や出雲大社などの神社の本をよく読んでいた」

おーぃ。葛西敬之(かさいよしゆき)。犯人が何か伝えてるぞw。

新幹線車内の殺傷事件 逮捕の男「誰でもよかった」 2018年6月10日 1時12分
9日夜、新横浜駅と小田原駅の間を走行中の東海道新幹線の車内で乗客が相次いで刺され、警察によりますと、男性1人が死亡、女性2人がけがをしました。車内にいたところを殺人未遂の疑いで逮捕された22歳の男は、「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」などと供述しているということです。
9日午後10時ごろ、新横浜駅と小田原駅の間を走行していた東京発・新大阪行きの東海道新幹線「のぞみ265号」の12号車で乗客が相次いで男に刃物のようなもので刺され、男女3人がけがをして病院に運ばれました。
警察によりますと、このうち30代くらいの男性1人は首を切りつけられていて、9日夜、搬送先の病院で死亡が確認されました。
ほかに愛知県内に住む女性2人がけがをしているものの、意識はあるということです。
事件を受けて、新幹線は小田原駅で停車し、駆けつけた警察官が車内にいた自称・愛知県岡崎市の無職、小島一朗容疑者(22)を殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。
亡くなった男性と面識はなかったと見られ、調べに対し「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」などと供述しているということです。
警察は、静岡県三島市にあるJRの施設に新幹線を移して検証を行うとともに、小島容疑者が無差別に乗客らを切りつけたと見てさらに調べています。
事件当時、新幹線にはおよそ880人が乗っていましたが、ほとんどの乗客がその後、三島駅で別の新幹線に乗り換え新大阪に向かいました。

車内では警察官が規制線の中を調べる
事件が起きた新幹線に乗り合わせていたNHKの職員によりますと、新幹線は午後11時半ごろもJR小田原駅に停車していて、11号車からは警察官が規制線が張られたデッキを調べている様子が確認できたということです。
また車内では、12号車の乗客に対し、警察に協力するよう求める放送が流れ、JR小田原駅のホームでは、複数の乗客が警察官から話を聞かれていたということです。
また事件のあった12号車の隣の11号車の中では、乗客のお弁当が散乱したり、座席の一部が壊れていたりしているのが確認できたということです。

「12号車で緊急事態とアナウンス」乗客
事件が起きた新幹線に乗り合わせたという愛知県に住む44歳の男性は「仕事のため東京駅からこの新幹線に乗車していました。2号車に乗車していましたが、横浜を過ぎたあとにほかの車両から乗客が走って入ってきたため、何ごとかとたずねたところ、乗客の女性が『誰かが刺されたようだ』と話していました。『12号車で緊急事態が起きている』というアナウンスが流れてきた。新幹線はいつも使っていますが、こんな事件は初めてなので驚いています」と話していました。

「けが人が運ばれるのを見た」小田原駅で待っていた女性
小田原駅で娘の到着を待っていた50歳の女性は「改札の外で待っていたら、シートをかけられたけが人が運ばれてきて、手で首の辺りを押さえていました。血が出ているようでした。ふだんから利用する駅で、新幹線の中で事件が起きて驚きました」と話していました。
小田原駅に娘を迎えにきていて、けがをした人が運ばれていくのを見たという52歳の男性は「最初に運ばれていった男の人はかなり出血が激しかった」と話しました。
男性は「事件が起きた列車のすぐあとの新幹線に娘が乗っていたので、もし容疑者が乗っていたらと思うと怖い」と話していました。

「一瞬の出来事でみんなパニック」近くの車両の乗客
事件が起きた「のぞみ265号」は午前1時すぎ、静岡県三島市の三島駅に到着し、乗客らを別の列車に乗せ替えました。
事件が起きた車両から2両離れた14号車に乗っていたという49歳の男性は「新横浜駅を出て5分ほどして別の車両から悲鳴が聞こえました。その後、首の辺りから血を流した女性が泣きながら14号車に走り込んできました。そのほかに逃げてきた乗客の中にも服に血が付いた人がいました。一瞬の出来事でみんなパニック状態になり、泣き出す人もいました。新幹線の中でこのような事件が起きるとは信じられません。きょうは疲れたので三島のホテルに宿泊してあす、京都に帰ります」と話していました。

新幹線の安全対策は
東海道新幹線では、3年前の平成27年6月に、神奈川県を走行中の車内で、男がガソリンをかぶって火をつけ、この男と乗客の女性が死亡する事件が起きています。
この事件を受けて、鉄道の車内を監視する防犯カメラの導入が進み、このうち、JR東海によりますと東海道新幹線では、9割以上の列車に設置されています。
また東海道新幹線では警備員は同乗していませんが、車掌と車内販売などを担当する「パーサー」と呼ばれる乗務員が、不審者がいないかなど車内の見回りも担当しています。
今回、事件が起きた16両編成の列車では、車掌2人とパーサー2人の合わせて4人が乗務していました。
一方、乗客の手荷物検査をめぐっては、3年前の放火事件を受けて、新幹線でも航空機のような検査を行うべきだという意見もありましたが、運行に影響が出るおそれがあることから、行われていません。
JR東海は、当時「多くのお客様が利用する東海道新幹線で、一人一人の荷物をチェックするのは現実的ではなく、利便性を著しく損なうため、航空機のような検査は難しい」とコメントしていました。

新幹線の車内で男性刺され死亡 男を逮捕 2018年6月10日 0時26分
9日夜、新横浜駅と小田原駅の間を走行していた東海道新幹線の車内で相次いで人が刺され、警察によりますと、男女3人がけがをして病院に運ばれ、このうち男性1人の死亡が確認されました。警察は、車内にいた22歳の男を殺人未遂の疑いでその場で逮捕し詳しい状況を調べています。
9日午後10時ごろ、「新幹線の車内で人が刺された」と警察に通報がありました。
警察によりますと、新横浜駅と小田原駅の間を走行していた東京発・新大阪行きの東海道新幹線「のぞみ265号」の12号車の車内で乗客が相次いで刃物のようなもので刺され、男女3人がけがをして病院に運ばれました。
警察によりますと、このうち30代くらいの男性1人の死亡が確認されたということです。ほかの女性2人についてはけがの程度は分かっていないということです。
警察は、小田原駅に停車中の車内にいた自称・愛知県岡崎市の無職、小島一朗容疑者(22)を殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。
調べに対し「殺意を持って人を刺したことは間違いない」などと供述しているということで、警察が当時の状況や動機などを調べています。

「まさか新幹線の中で」 小田原駅利用客
JR小田原駅の新幹線の改札口付近は、一時騒然とした雰囲気に包まれました。
停車した新幹線の反対側のホームにいたという40代の会社員の男性は、「本来は小田原駅に停車しないのぞみが止まったので、何が起きたのかとみていたら、12号車に人が誰もいなくなっていて、警察官が中で写真を撮っている様子が見えた。乗客とみられる人たちは11号車や13号車に移されていた。ニュースで事件を知り、新幹線でこんなことが起きるなんてと非常に驚いた」と話していました。
新幹線で帰る友人を見送りにきた女性は「まさか新幹線の中でこんなことが起こるとは思わないので非常に驚いた。搬送されたあとに血が点々としていたので大変なことが起きたのではないかと思った」と話していました。

「男は騒がず連れていかれた」駅利用者
駅に居合わせた高校1年の男子生徒は、「午後10時すぎに大勢の警察官や消防関係の人が急いで改札の中に入っていき、10分後ぐらいに手錠をかけられた男の人が10人くらいの警察官に囲まれて出てきた。男は何も話しておらず、騒ぐ様子もなかった。手や腰にたくさんの血がついていて、そのまま改札を通って連れていかれた。普段利用する駅なので、何があったのかと本当に驚いた」と話していました。

「13号車の非常ボタンが押された」JR東海
JR東海によりますと、事件が起きた東京発・新大阪行きの「のぞみ265号」は16両編成で、先頭が1号車です。
東京駅を午後9時23分に出発し、新大阪駅に11時45分に到着する予定でした。
新横浜駅と小田原駅の間を走っていた、午後9時47分ごろに13号車の非常ボタンが押されたということです。

むしゃくしゃしてやった」と逮捕の男
 神奈川県警によると、新幹線の切り付け事件で逮捕した男は「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」と供述しており、乗客を無差別に襲った疑いがあるとみて調べている。
2018/6/10 00:14
むしゃくしゃしたからといって、 JR東海の東海道新幹線に「鉈(なた)」を持ち込み、「新横浜ー小田原」間になるのを待って、 乗客の首の付け根付近に切り付けたりはしないだろ。

東海道新幹線の車内で人刺される 1人重体2人けが 容疑者逮捕 2018年6月9日 23時50分
9日夜10時ごろ、新横浜駅と小田原駅の間を走行していた東海道新幹線「のぞみ265号」の車内で相次いで人が刺され、警察によりますと、男女3人がけがをして、このうち30代の男性が意識不明の重体だということです。警察は、小田原駅に停車中の車内にいた22歳の男を殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。
9日夜10時ごろ、「新幹線の車内で人が刺された」と警察に通報がありました。
警察によりますと、新横浜駅と小田原駅の間を走行していた東京発・新大阪行きの東海道新幹線「のぞみ265号」の車内で乗客が相次いで刃物のようなもので刺され、男女3人がけがをしたということです。
このうち30代の男性が首付近を切られ、意識不明の重体だということです。 また、ほかの2人についてはけがの程度は分かっていないということです。
警察は、小田原駅に停車中の車内にいた22歳の男を殺人未遂の疑いでその場で逮捕し、身柄を小田原警察署に移して取り調べています。

車内では犯人確保とアナウンス
この新幹線に乗り合わせていたNHKの記者によりますと、午後10時すぎに車内には「犯人は確保されました。ご安心ください」といった内容のアナウンスが流れたということです。

車内では前方の車両に避難
この新幹線に乗り合わせていたNHKの職員によりますと、東京を出発し新横浜駅を通過したあとの午後10時ころ、後方から前方の車両に向かって複数の乗客が逃げてきたということです。
乗客たちは「後方の車両に刃物を持った人がいる」と話していたということで、NHKの職員も前方の車両に避難したということです。
この職員によりますと、その後、新幹線は小田原駅に停車しましたが、ドアは閉まったままで、午後10時半すぎ、車内には「警察がけがをした人がいないか確認しているため、すべてのドアを開けることができません」という内容のアナウンスが流れたということです。

東海道新幹線 下り 運転見合わせ
JR東海によりますと、この影響で現在、東海道新幹線の下り線は各駅で運転を見合わせているということです。
午後10時55分の時点で運転再開の見込みは立っていないということです。

車内では現場検証などのアナウンス
「のぞみ265号」の3号車に乗っていたNHKの職員が、午後10時すぎに車内の様子を撮影した映像では「ただいま警察官が車内に入り、犯人は確保されています。車内から外に出ています。ご安心ください。ただいまから現場検証などの作業があるかと思いますので、申し訳ございませんが、避難されたお客様は、元の車両には戻らないようにお願いします」というアナウンスが流れている様子が確認できます。

乗客「車内は混乱 目撃して怖くて泣いている人も」
新幹線の別の車両に乗っていたという乗客は、ツイッターを通じてNHKの取材に応じ、「後ろの車両からたくさんの人が走って逃げてきたので事件を知った。刃物を持った男がいるという話で、乗客は混乱していた。男が誰かの体の上に乗って刺し、さらに前の車両に移動したと聞いた。事件を目撃した人は怖い思いをしたようで、泣いている人もいた。今は私は小田原駅で停車した車内にいて、周りの乗客も落ち着いている。事件があった車両の乗客は車外に集められて事情を聞かれているようだ」と答えました。

乗客には毛布など配られる
同じ新幹線の前から5両目の5号車に乗っていたNHKの関連会社の社員によりますと、新横浜駅を通過したあと、数人の乗客が後方の車両から逃げてきて、「よくわからないが、刃物を持った人がいる」と話していたということです。
逃げて来る乗客は最終的には20人以上になったということです。
しばらくすると、車内には乗務員どうしが特別な用語で連絡を取り合うようなアナウンスが流れましたが、乗務員らしき人の声で「車掌、ちゃんとアナウンスしてください」という声が聞こえるなど、混乱した様子だったということです。
乗客の中には、「テロではないか」と不安そうに話す人や携帯電話で誰かと話す人、さらに、取り乱したり、泣き出したりする人もいたということです。
午後10時すぎに「犯人の身柄を確保した」という内容のアナウンスが流れると、車内の雰囲気はやや落ち着いたということです。
午後11時現在、列車は小田原駅に停車中でドアも閉まったままで、運転再開に関する案内はなく、乗客には毛布などが配られているということです。
各車両には警察官が順番に回ってきてけがをした人がいないかどうかや、事件の状況を見た人がいないかなどを尋ねているということです。

9号車乗客「突然たくさんの人が走り、泣きながら緊迫した様子」
新幹線の別の車両に乗っていたという44歳の男性は、ツイッターを通じてNHKの取材に応じ、「自分は9号車に乗っていて、事件が起きたとみられる12号車のほうから突然、たくさんの人が走ってきました。みんな泣きながら緊迫した様子だったので、ただならぬことが起きたと思った。中には座席のシートの一部を取り外し、刃物からの盾にするように構えながら逃げている乗客も何人かいた。その後、小田原駅で停車し、犯人は確保されたと聞いたが、2人ほどブルーシートに覆われて運ばれた人がいたので、深刻なけがをしているという印象を受けた。乗客は混乱して、落ち着くまでかなりの時間がかかった。新大阪に帰る予定だったが、これからどうなるか分からない」と答えました。
東海道新幹線「のぞみ265」と「のぞみ225」、 「新横浜駅と小田原駅の間」がキーワードになってる。 )葛西敬之(かさいよしゆき)
葛西敬之(かさいよしゆき)のテロ

2018.6.9 22:43 新幹線内で刺傷、なたで切り付けか 1人意識不明、2人けが 神奈川、男の身柄確保
新大阪行きのぞみ265号車内で乗客が刺された事件が発生し、騒然とするJR小田原駅の構内=9日夜(乗客提供)
 9日午後10時ごろ、神奈川県内を走行していた東京発新大阪行き東海道新幹線のぞみ265号で、30代の男性が刺されたと同県小田原市の消防に県警から通報があった。小田原駅で下車させて搬送したが、意識不明の重体という。鉈(なた)のような刃物で首の付け根付近を切り付けられたとの情報がある。他に男女1人ずつが負傷した。
 県警小田原署員が、小田原駅に停車した新幹線の車内で、20~30代とみられる男の身柄を確保。現場は新横浜-小田原間とみられ、同署が殺人未遂などの容疑で男から事情を聴いている。
 東海道新幹線では平成27年6月、新横浜-小田原間を走行していた東京発新大阪行きのぞみ225号の車内で、男がライターでガソリンに着火し焼身自殺。横浜市の女性=当時(52)=が死亡し、多数の負傷者が出た事件が起き、車内を防犯カメラで録画する対策が取られていた。

「ラブライブ!」イベント爆破予告? 容疑の高校生逮捕 2018年6月9日21時49分
 埼玉県警所沢署は9日、岡山県瀬戸内市の男子高校生(17)を威力業務妨害容疑で逮捕し、発表した。
 署によると高校生は7日、SNS上に、埼玉県所沢市のメットライフドームで9、10日に開かれているアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のコンサート名や「500連発」「無限に爆発させることも出来る」などと書き込み、爆竹のようなものをテープでまとめた写真や動画を投稿。運営会社に警備を強化させるなどした疑いがある。「イベントを爆破すると受け取られても仕方がない」などと、容疑を認めているという。

トランプがG7反関税公式声明への署名を拒否。トレドを弱く不誠実だと攻撃w。

自由主義経済学者のジェフリー・タッカーは問題は深くなったと信じている。
「G7、G8、G20、G200と、世界経済の分散化が進み、誰のコントロールも受けない統合が進んでいる。」
「将来これらの団体が世界経済の運営に大きな影響を与えるとは考えにくい。」

G7に中国もロシアもBRICs諸国も参加していない。世界経済は暗号化通貨を使った中央政府(銀行)を必要としない状態に移行している。メルケルはEUのジャン・クロード・ジャンカーを連れてきてる。あべちんもアソーをG7に連れて行って人類にシンギュラリティが訪れたことを説明すべきなのかもw。

米、プルトニウム削減を日本に要求核不拡散で懸念 政府、上限制で理解求める 2018年6月10日 2:00 [有料会員限定]
米政府が、日本が保有するプルトニウムの削減を求めてきたことが9日分かった。プルトニウムは原子力発電所から出る使用済み核燃料の再処理で生じ、核兵器の原料にもなるため、米側は核不拡散の観点から懸念を示す。日本は保有量の増加を抑える上限制(キャップ制)を導入し理解を求める。プルトニウムを再利用する核燃料サイクルを進める日本の原子力政策に影響を与えそうだ。
プルトニウムの製造は核兵器への転用を防ぐため原
「プルトニウムは原子力発電所から出る使用済み核燃料の再処理で生じ、核兵器の原料にもなるため、米側は核不拡散の観点から懸念を示す。」

発電に使った使用済み核燃料は核兵器には使えない。なので核爆弾用途で低燃焼率で燃やして貯め込んだ兵器級プルトニウムを減らせという意味になる。

北朝鮮は非核化に向かう。そして米はイラン核合意から離脱。そして日本にプルトニウムを減らせと言ってきた。プルトニウム製造利権はイランに移るのだから日本はプルトニウム減らせと…。おぉぉ、なんかスジが通っているw。

しかし兵器級プルトニウムをMOXに燃料して原発で燃やしても原子炉級プルトニウムが発生するだけでプルトニウム総量は減らないw。それを燃やすには軽水炉では無理で高速炉が必要になる。しかし「もんじゅ」は解体中wで核燃料サイクルは途切れたままだ。いやいや、その前に発電に使った使用済み燃料から原子炉級プルトニウムを再処理するなんて爆発リスクしかない。核燃料サイクルはフィクションなのだw。

新幹線のぞみ緊急停止 上下線で一時運転見合わせ 毎日新聞2019年1月28日 20時14分(最終更新 1月28日 20時15分)
 28日午後6時45分ごろ、愛知県稲沢市下屋町を走行中の東京発新大阪行き下り東海道新幹線「のぞみ243号」で車両の異常を示す表示灯が点灯し、緊急停止した。これに伴い、上り線が新大阪―名古屋間、下り線が東京―岐阜羽島間で運転を見合わせた。上下線とも、その後、運転を再開している。【三上剛輝】

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。