弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕、釈放された元静岡県湖西市議が練炭自殺。

自殺か 元湖西市議、児童ポルノ容疑で逮捕後釈放 毎日新聞2018年1月22日 12時11分(最終更新 1月22日 12時16分)
 神奈川県警に児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕され、その後釈放された島田正次元静岡県湖西市議(70)=同市新居町=が、浜松市内に止めた車内から遺体で見つかっていたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。死因は一酸化炭素(CO)中毒で、現場の状況から練炭自殺とみられる。
 捜査関係者によると、島田元市議は21日午前、浜松市北区三ケ日町の駐車場に止めた車の中で発見された。遺書の有無は明らかになっていない。
 島田元市議は昨年3月、当時14歳で中学3年だった横浜市の少年に下半身を露出させた写真を撮影させ、無料通信アプリLINE(ライン)で送信させたなどとして今月10日、神奈川県警に逮捕された。17日に処分保留で釈放されていた。
 湖西市議会事務局によると、2010年4月に初当選し3期目だった。逮捕後に辞職願を出し、今月17日に許可されていた。(共同)

見れば70才の爺様だ。

中日→島田湖西市議が辞職 わいせつ容疑で逮捕

 児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で神奈川県警に逮捕された湖西市議の島田正次容疑者(70)=湖西市新居町中之郷=が、湖西市議長宛てに辞職願を出し、十七日に受理された。
 辞職願は十六日、島田容疑者から郵送で受け取った家族が議会事務局に届けた。議会事務局によると、辞職理由は「一身上の都合」としており、逮捕については触れていない。受理した二橋益良議長は「大きな問題と捉えている。今後ほかの各議員には、議員としての責任をしっかり果たしてもらうことを周知する」と話した。
 市選管によると、公職選挙法の規定により、来年四月の統一地方選まで定員より一人少ない十七人で議会を運営し、補欠選挙は行わない方針。
 影山剛士市長は「極めて遺憾なことであり、大変重く受け止めている。より一層市議会と連携し、市政の信頼回復に努めていく」とコメントした。
 逮捕容疑は、昨年三月、当時中学三年だった横浜市の男子生徒(15)に自宅で下半身を露出させた写真を撮影させ、無料通信アプリLINE(ライン)で送信させたとされる。昨年十二月には、横浜市のホテルで高校二年の男子生徒に現金を渡してわいせつ行為をしたとされる。県警によると、容疑を認めているという。
 島田容疑者は中京大陸上部のコーチを務めていたが、同部によると三月末に退任予定で、昨年十二月以降は指導していなかった。また、浜松市と湖西市の市議で構成する浜名湖競艇企業団議会の議長も十七日付で退任した。
「島田容疑者は中京大陸上部のコーチを務めていたが、同部によると三月末に退任予定で、昨年十二月以降は指導していなかった。また、浜松市と湖西市の市議で構成する浜名湖競艇企業団議会の議長も十七日付で退任した。」
浜名湖競艇w、笹川w。

4つめの顔の為に消されたのではないかと思っている。
ジミー・サビル、横浜市立中学校の高島雄平校長と同じ臭い。
児童性的虐待はジミー・サビルへの報酬だったのではと思っていた。
しかし、それがどんな「仕事」の報酬なのかわからなかった。いまやっと判明w。
3つめの顔は4つめの顔の報酬だったのさw。
伊佐地純二と伊佐治純次

市議会議員と大学陸上部のコーチを兼ねていていた。
社会的地位がヒントになる。
4つめの顔の仕事はフリーメイソンみたいな裏稼業だったのでは?w
少年ばかりを狙っていたこともヒント。
ジミーサビルみたいな変態をスカウトして手先に使っているのだ。

英政治家の児童虐待疑惑、報告書144点が行方不明 2014年7月7日 18:37 発信地:ロンドン/英国
英政治家の児童虐待疑惑、報告書144点が行方不明
英議会が置かれているウェストミンスター宮殿(Palace of Westminster)の時計台ビッグベン(Big Ben)。(c)AFP/MIGUEL MEDINA
【7月7日 AFP】英国で、1970年代~80年代の政治家による児童虐待疑惑をめぐる告発関連文書114点の行方が分からなくなっていることが発覚し、政府主導の疑惑調査を要求する声が高まっている。
 この疑惑は当時の英議員らが組織的な児童虐待を行っていたというもので、1983年に児童虐待問題に取り組んでいた保守党の故ジェフリー・ディケンズ(Geoffrey Dickens)議員が内務省に提出した文書が焦点となっており、テリーザ・メイ(Theresa May)内相が7日の議会で説明を行う予定だった。
 ところが、内務省は6日になって、この児童虐待疑惑に関するファイル114点が「破棄されたか、行方が分からなくなっているか、見つからない」と発表した。内務省の監視委員会は「大々的な紛失問題」だと指摘している。
 この発表を受け、当時内相を務めていたレオン・ブリッタン(Leon Brittan)氏は「ディケンズ議員のファイルを適切に扱い、関連する情報は全て捜査のために当局に渡した」と釈明する羽目になった。

■隠ぺいか、労働党は徹底調査要求
 一方、80年代に閣僚を歴任した保守党の重鎮で、故マーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher)首相に最も近い側近の1人といわれたノーマン・テビット(Norman Tebbit)氏は、英BBC放送に対し「恐らく隠ぺいされたのだろう」との見方を示した。「当時は権力層、つまり支配体制とは守られるべきものだという考えが大半で、何か誤った事態が起きても、問題に深く分け入るより体制を守るほうが重要だったと思う」
 この発言で、当時の児童虐待疑惑について広範な調査を求める声が勢いを増している。野党・労働党の「影の内相」、イベット・クーパー(Yvette Cooper)氏は「児童保護の専門家が主導する包括的な再調査が必要だ」とする公開書簡をデービッド・キャメロン(David Cameron)首相率いる現内閣に送り、「隅々まで調べ尽くさない限り、組織的な病理や隠ぺい工作が放置されているとの懸念は払しょくできない」と指摘した。
 だが、慎重な声もある。80年代に内相を務めた保守党のデビッド・メラー(David Mellor)議員は、過去の疑惑の掘り起しは「中傷」につながる恐れがあると警告。また、ニック・クレッグ(Nick Clegg)副首相は、新たな調査を行わなくても警察の捜査で十分だと述べた。

■英国で相次ぐ児童虐待スキャンダル
 小児性愛者の強大なネットワークが英政府上層部にまで食い込んでいたとする疑惑は、1980年代に初めて露呈した。2012年にBBCテレビの元人気司会者、故ジミー・サビル(Jimmy Savile)氏が児童性的虐待の常習犯だったとする警察の捜査報告が発表されたことから、再び疑惑に注目が集まっている。
 英国ではサビル氏のスキャンダル発覚を受けて、著名人による性的虐待に関する捜査「ユーツリー作戦(Operation Yewtree)」が立ち上げられ、5月には著名広報コンサルタントのマックス・クリフォード(Max Clifford)受刑者に、また今月4日には芸能人のロルフ・ハリス(Rolf Harris)被告に有罪判決が出た。
 また、首相経験者の側近議員が大規模な小児性愛者ネットワークに属していたとの疑惑を追及するため、2013年に「ファーンブリッジ作戦(Operation Fernbridge)」と呼ばれる捜査も開始され、これまでに数人が逮捕されている。(c)AFP/Naomi O'LEARY
ジミーサビルの児童虐待疑惑報告書144点が行方不明になっていた。 警察組織内部のメイソンが暗躍してるのは明らかだw。 児童虐待でもフリーメイソンの生贄の儀式でもなく、ふつうに西側核武装推進の為の臓器狩りなのだろう。

聖職者による性的虐待、ローマ法王が公式謝罪 2014年4月12日 9:54 発信地:バチカン市国
聖職者による性的虐待、ローマ法王が公式謝罪
イタリア・ローマ(Rome)のサン・グレゴリオ(San Gregorio)教区で、赤ちゃんを抱き上げるローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王(2014年4月6日撮影、資料写真)。(c)AFP/Filippo MONTEFORTE
【4月12日 AFP】数千人が被害を訴えているローマ・カトリック教会の聖職者による児童への性的虐待について、フランシスコ(Francis)法王は11日、自ら許しを求めるとともに、対応の強化を約束した。この問題については、バチカン(ローマ法王庁)が隠ぺいを繰り返し、加害者への処分も甘すぎるとの批判が相次いでいる。
 バチカン放送によると、世界中の子どもたちの権利や尊厳の擁護に取り組む国際カトリック児童事務局(International Catholic Child Bureau, BICE)のメンバーらと面会した法王は、「私個人として、許しを乞いたい。そうしなければならないと思っている」と述べた。昨年の就任以来、法王がこの問題で公に謝罪するのは初めて。
 報道によると法王は、「聖職者の人数が全体でどれだけになるかを考えれば、比較にはならない数」だとしながらも、「相当数の」聖職者が罪を犯したと認め、「カトリック教会は、この問題がもたらした損害を承知している」と述べた。
 バチカンはいかなる違反も許容しないとする断固とした措置の導入を約束しており、アイルランドの被害者をメンバーに含む担当委員会を立ち上げるなど、発見と防止を通じた虐待の根絶に向け、すでに対策に着手している。
 しかし、各国のカトリック司教協議会(Catholic Bishops Conference)による対応はそれぞれに大きく異なるほか、アフリカとアジアではこれまでに報告されている以外にも、多くの被害者がいるとみられている。
 先月にはイタリアのカトリック教会が、聖職者らは性的虐待の疑いを認識した場合、警察に通報する「道徳的義務」はあるものの、法的義務はないなどとする指針を示し、米国を拠点とする「聖職者による虐待被害者ネットワーク(Survivors Network of those Abused by Priests、SNAP)」などから厳しい批判を浴びた。(c)AFP/Dario THUBURN
【先月にはイタリアのカトリック教会が、聖職者らは性的虐待の疑いを認識した場合、警察に通報する「道徳的義務」はあるものの、法的義務はないなどとする指針を示し、…厳しい批判を浴びた。】w
カトリック教会も組織的にやってるw。

これも。原子力と臓器狩りがセットであることが表面化しかけると「悪魔教」だの必死なスピンが飛ぶ理由を考えるべきなのかもw。

まぁこれ。女性宮司を認めることができない神社本庁の裏稼業と同じことをやっているのだろうw。
【パラダイス文書?】庁が付くが官公庁ではない神社本庁。不可解な不動産取引。原発推進派の民間の宗教法人w。神社本庁から離脱する富岡八幡宮に精神薬テロを仕掛ける。

性犯罪者に社会的地位を与えて工作員として使っているというのが正確な表現かも。)萩生田
ひょっとしてジミーサビルと同じ理由で総理大臣になれた?)ハゲイ

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。