弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

シャミール常岡(@shamilsh)への旅券返納命令と日本から出国禁止とカルロスゴーンの機密費と安田純平の身代金w update6

広河隆一(ひろかわりゅういち)世界的人権派ジャーナリストの性暴力を7人の女性が証言w

落語家で人生相談するのか?w

やっぱ次は中東じゃなくてエリック・プリンスが再教育してるウィグル100万人収容所だろw。
トルコが非難する中国のウイグル100万人収容所で再教育を担当してるのは元ブラックウォーターのエリック・プリンスw

みんなの大活躍で「猿の惑星」の正体が表面化しているのは間違いない。

フリー記者常岡浩介さんが出国禁止に 2019/2/4 18:172/4 20:03updated ©一般社団法人共同通信社
 内戦が続くイエメンに渡航しようとしたフリージャーナリスト常岡浩介さんが外務省から旅券返納命令を受け、出国を禁じられたことが4日、分かった。(共同)

ジャーナリストの常岡浩介氏に旅券返納命令 本人は拒否 2019年2月4日21時05分
写真・図版 常岡浩介さん
 中東イエメンの取材を予定していたジャーナリストの常岡浩介さん(49)に、外務省が旅券の返納を命じていることがわかった。外務省は取材に「個別事案について回答は差し控える」としている。命令は2日付。常岡さんは命令を拒否している。
 常岡さんによると今月、羽田空港からカタール、スーダン経由でイエメン入りし、同国の飢餓問題を取材する予定だった。国連世界食糧計画(WFP)や国際NGO「国境なき医師団」への取材申請も済ませていたという。ところが2日午後の出国審査で「旅券の返納命令が出ている」と告げられた。
 常岡さんは1月半ばにイエメン取材を試みた際、経由地のオマーンで入国が許可されず、日本に帰された。旅券法は、渡航先の法律によって「その国に入ることを認められない者」には旅券の返納を命ずることができるとしており、返納命令書ではオマーンへの入国禁止の件が理由となっていた。
 常岡さんは「オマーンからの入…

オマーンで強制退去処分w

オマーン警察かぁ

またしてもアッキーだわw。ツイッターってなんでこんなにおもろいのだろーか?w

あー、ボコハラム(イスラム国™)のマネロンのグローバル捜査中なのでシャミール常岡の写真が問題になったのかw。

つまり安田純平の身代金もカルロスゴーンの機密費(CEOリザーブ)もマネロンだったのではないのかとw

2008年5月のカルロスゴーンの「日産GT2012」のジュファリとオマーンと2008年2月の孟晩舟のSkycomとイランとシリアw

なぜイスラム国™はハッサン中田ではなくNHKとコンタクトするの?

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。