弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

何がサウジのMbSをそこまで怒らせたのか。@Hagexの呪いが安田純平を経由してMbSにかかるw update6

2003年2月中旬安田純平がイラク軍に拘束される。
2003年イラク警察に拘束
ハッカージャパン2003年11月号創刊w。サイバーテロ最前線 第3回 わが国の情報戦対策 Part2(Vlad)
ハッカージャパン2004年1月号サイバーテロ最前線 第4回 内閣情報調査室(Vlad)
ハッカージャパン2004年3月号サイバーテロ最前線 第5回 科協と朝鮮コンピューターセンターを結ぶ線(Vlad)←あ、これが「朝鮮人」と言った理由だw
特集1 ストップ・ザ・スパム スパムをめぐる仁義なき戦い(Vlad、はまもと@常時接続の宴、編集部)←「仁義なき戦い」w
2004年4月14日バグダッド西方アブグレイブで地元住民の自警団にスパイ容疑で拘束
2004年5月10日阿波拓洋が京都府警生活安全企画課長になって47氏逮捕。 「Winnyはすばらしい技術。開発したことだけで立件したわけではない」←あ、「仁義なきキンタマ」ウイルスw
ハッカージャパン2007年7月号・サイバー北朝鮮 Vlad #18 イスラムテロリストと共闘する北朝鮮
ハッカージャパン2007年11月号・サイバー北朝鮮 Vlad #20 カナダによる北朝鮮への「コンピューターグラフィックス教育」
ハッカージャパン2008年7月号・サイバー北朝鮮 Vlad
#24 タリバン指導者ムラー・ムハマド・オマルは平壌の「姜健総合軍官学校」の出身なのか?

オマル違いか?w。いやいや同じフィクションを使いまわしてるだけかもw。
ハッカージャパン2012年1月号・謀略のインターネット Vlad
第14回 中国の「対テロ」戦争のいかがわしさ 東トルキスタン・イスラム党は実在するのか?「40人くらいの日本人メンバーがイスラム国にいる」
2014年5月20日「チャイナ・ハッカーズ」ウラジミール(Vlad)が出版。「米国政府は14年5月に、中国人民解放軍サイバー部隊の幹部を起訴しているのですが、実はウラジミール氏は、これにも一役買っていました。ハッキングの手口を熟知する彼が、中国サイバー部隊の所在地と実行者を特定していったのです。」w
2015年3月20日埼玉県警刑事部長に阿波拓洋氏起用
2015年5月遼寧省で神奈川県の元パチンコ店員55歳男性が拘束される。元脱北者。母親が日本人で父親は北朝鮮出身。中朝国境を頻繁に往来。
2015年5月浙江省で愛知県の会社員男性51歳が拘束される。地元の中国人が経営する調査・人材派遣会社に所属
2015年6月北京市で札幌市の団体役員60代男性が拘束される。元航空会社職員。定年退職後、日中交流の仕事に従事す「日中友好人士」
2015年7月5日HackingTeam社のサーバーのデータ400ギガバイトがネットに公開される。
2015年8月末Vlad氏が自宅で死体で発見される。「警視庁公安部です。ご主人のパソコンを提供していただけませんでしょうか?」w
2016年7月北京市で日中青年交流協会鈴木英司理事長が拘束される。日中交流イベントに参加するため北京に渡航後に拘束。今年6月に起訴。
2017年3月山東省と海南省で地質調査会社社員ら男性6人「日本地下探査」などの社員で、中国の温泉開発会社の依頼で調査実施。2人が起訴、4人は釈放。
2017年5月遼寧省で男性1人が拘束される。詳細不明。「国家安全に危害を加えた疑いで調査」(中国外務省)
2018年6月24日Hagexがセミナーで24垢/月で噛み付くバイトの「低能先生」こと「ネット弁慶」にスピン刺殺されるw。同調圧力がエスカレート?福岡県警高木勇人本部長は和大興行のリアルHagexか?w
2018年7月6日シリアの安田純平がメディアに再登場w
2018年7月24日イヴァンカ・トランプが手がける服飾ブランド「イヴァンカ」を終了させると発表
2018年7月26日アメリカ政府で人権問題担当カリー大使は26日、議会の公聴会で「習近平政権が去年の4月からテロとの戦いを名目にイスラム教徒に対する抑圧を強めている」
2018年7月27日トランプ政権が中国がウイグル族を不当に収容している非難
2018年7月28日中国外務省「中国への中傷だ」「アメリカは、中国政府が法に基づいて社会の治安を維持していることを故意にわい曲するとともに、民族政策を中傷しており、断固たる反対を表明する」
2018年7月31日安田純平「わたしの名前はウマルです。韓国人です。今すぐ助けて下さい」←ウマル(オマル)とはイスラム国™のカリフ統治者の意味w。

日本人男性 旅行中に北朝鮮で拘束される 2018年8月11日 18:32
北朝鮮を旅行していた日本人の男性が、当局に拘束されたことが分かった。
複数の日本政府関係者によると、拘束されたのは自称・映像クリエーター、39歳の日本人男性。
男性は13日帰国予定の旅行会社のツアーで北朝鮮に入ったが、その後連絡がとれなくなっていた。男性は北朝鮮西部の南浦で、軍事施設を撮影したため拘束されたという情報があるが、安否など詳しいことは明らかになっていない。
日本政府は情報収集を急いでいて、政府関係者によると、11日にも男性が北朝鮮から出るという情報もあったが、これまでに北朝鮮当局からの連絡はないということで、長期化するとの見方も出ている。
一方、国際会議などを終え、経由地の中国に滞在していた北朝鮮の李容浩外相は、問いかけには答えず、無言のまま空港を後にした。
「拘束されたのは自称・映像クリエーター、39歳の日本人男性。」w
MbSがカナダに対して怒り狂った件だわw
ハッカージャパン2007年11月号・サイバー北朝鮮 Vlad #20 カナダによる北朝鮮への「コンピューターグラフィックス教育」

翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事殉職に設定された分離テストの結果

@Hagexのハッカージャパンの記事以前に北朝鮮とイランがつながってることはWikiLeaksでわかっていた。 その北朝鮮にカナダがCGの技術供与していたのだ。 さらにイスラムテロリストと北朝鮮が共闘してるとなると、サウジのMbSが怒り狂うのは当たり前だのクラッカーw

JOGOと遥菜のCG動画技術は2007年11月のカナダによる北朝鮮への「コンピューターグラフィックス教育」がルーツw。 しかも「科協(文京区)と朝鮮コンピューターセンター(北朝鮮)を結ぶ線」があるのだ。

Anonymous Coward→日本人ハッカーVladimir氏が死去と報じられる(2015年10月07日)

日本人ハッカーVladimir氏が死去と報じられる
ストーリー by hylom 2015年10月07日 07時00分
どこ情報だ 部門より 65コメント
あるAnonymous Coward 曰く、 ロシアンなハンドルでハッキングに関する著作や活動をやっていた日本人ハッカーのVlad(Vladimir)氏が死去していたとのニュースが流れている(ビジネスジャーナル、FACTA ONLINE)。
すでに休刊になってしまっているが、かつてはハッカー・ジャパン誌でも何度か記事を目にしていた。あの時代にあれだけ各国のハッカーたちと独自に交流して、そちらの世界の情報をもらたしてくれた存在は稀有で貴重だったと思います。ご冥福を祈ります。

それで死因は? (スコア: -1)
by Anonymous Coward 2015年10月07日 07時11分 (2895322)
事故死なのか病死なのか、はたまた自殺なのか。
最近だとタバコ/マッチの火の不始末で焼死というのも笑えないネタになってるか。

ネタ的には某国の逆鱗に触れて暗殺されたとか、彼のスキルを恐れた政府が表向き死んだことにして
現在も特別に作られた檻の中で、ハッキング作業に従事させられてるとかの方が面白いかな?
#『死んだ後』までデスマーチ。これぞ日本人ITエンジニアの鑑。orz

Re:それは違うだろ (スコア: 0)
by Anonymous Coward 2015年10月07日 13時06分 (2895590)
二人ばかし、中国でスパイ容疑で拘束されてるけどな。
日本政府は知らぬ存ぜぬを決め込んで見捨てるか、やばい情報を自白する前に何とかするか検討中なのかもしれないが。

Re:それは違うだろ (スコア: 0)
by Anonymous Coward 2015年10月07日 22時05分 (2895973)
拘束されているのは3人で、2人はすでに自白しているとかなんとか。

あー、中国で捕まったスパイの件かぁ。

2017.12.24 06:47 中国拘束の8邦人全員起訴 地質調査の2人も

中国で拘束、起訴された日本人
 今年3月に中国当局が拘束した地質調査会社などの日本人社員2人が起訴されていたことが23日、分かった。中国の測量法違反のほか、スパイ行為に関わったとして国家安全法や反スパイ法違反で訴追された可能性がある。これで中国当局による情報公開もないまま拘束されている日本人8人全員が起訴されたことになる。複数の日中関係筋が明らかにした。
 新たに起訴が判明したのは、今年3月に中国の山東省と海南省で当局に拘束された「日本地下探査」(千葉県船橋市)の社員と「大連和源温泉開発公司」(遼寧省大連市)の社員。9月に逮捕されていた。2人とともに拘束された4人は7月に帰国した。
 関係者によると、起訴された日本地下探査の社員は現場責任者だった。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は、両社が無許可で違法な測量を行っていたとし、2人のパソコンなどから80点近くの「機密にかかわる地図」が見つかったと主張している。
 中国当局が起訴した日本人8人のうち、昨年7月に拘束、今年6月に起訴された日中青年交流協会の鈴木英司理事長は、8月に非公開で初公判が開かれた。
 政府は日中首脳会談や外相会談などで釈放を働き掛けているが、事態に進展はない。24日からは自民党の二階俊博幹事長らが日中与党交流協議会に出席するため訪中する。与党内からは中国側の信頼が厚い二階氏に事態打開に向けた役割を果たすよう求める声が上がっている。

【CIA情報源20人殺害】スパイ容疑日本人6人中国で拘束。核廃棄場候補地(温泉)を探してたら中国当局に捕まったw。 #日本地下探査

Re:それで死因は? (スコア: 1)
by namaedayo 2015年10月07日 10時51分 (2895475)
私にモデ権があったら「フレームのもと」をつけますね。


なおFACTA曰く


自宅に帰った家族が遺体を発見したという。司法解剖せずに荼毘に付した模様で、今のところ死因は定かでない。
なので、事故死や焼死ではないようです。(利用価値があるかぎり暗殺はされないでしょう)

Re:それで死因は? (スコア: 1)
by sick of it all 2015年10月07日 10時57分 (2895481)


FACTAによれば、


自宅に帰った家族が遺体を発見したという。司法解剖せずに荼毘に付した模様で、今のところ死因は定かでない。

ただし、こんなことも書いてある(有料会員しか読めないけど :P)。

運営資金の出所は常に中国情報を求めている米国と見られていたが、サイト運営で資金提供者と揉めていたとの情報もある。
死亡推定時間帯にネットでなりすましがあったとの噂もある不審死
Vlad死亡の真相がふつうにコメント欄に書き込まれてるw。

「新宿駅に近い賃貸マンションの一室で男性が倒れているのを、その妻が発見したのは(2015年)8月末」w
Business Journal > ジャーナリズム > 天才ハッカー死去、公安が証拠隠滅
2015.09.30
天才ハッカー死去、公安当局が極秘裏に証拠隠滅の怪
文=編集部
『スーパーハッカー入門』(ウラジミール/データハウス)
「警視庁公安部です。ご主人のパソコンを提供していただけませんでしょうか?」
 新宿駅に近い賃貸マンションの一室で男性が倒れているのを、その妻が発見したのは8月末のことだった。急ぎ病院に運ばれたものの、ほどなく医師により死亡が確認されたという。
 公安が妻のもとに現れたのは、それから間もなくのこと。本来、裁判所の押収令状なしに警察が私人の所有物を押収することはできない。しかし、なぜ公安は彼の家にやってきたのか。週刊誌記者は次のように話す。
「死亡した男性は、『天才ハッカー』のウラジミール(Vladimir)氏だったのです。同氏は、表向きにはウェブデザイン会社の経営者でしたが、実際には内閣情報調査室や米国防情報局(DIA)の依頼を受けて、中国や北朝鮮の情報を集めていたといわれています。公安は、この証拠隠滅のためにパソコンを回収しに来たのです」
「ウラジミール」とは、あくまで彼が原稿を執筆した際のペンネームだ。同氏はれっきとした日本人である。経歴は公にされていないが、10代からコンピュータ・プログラミングを独学し、英語や中国語、韓国語など5カ国語を操りながら、世界中のハッカーと交流していたといわれている。そうして、インターネット黎明期には、日本人ハッカーの第一人者として、名の知れた存在となっていた。
 また、ウラジミール氏は『スーパーハッカー入門』(2000年/データハウス)や『チャイナ・ハッカーズ』(14年/扶桑社)などを上梓し、自身でも北朝鮮情報サイト「NORTH KOREA TODAY」を主催するなど、情報発信も積極的に行っていた。
 ウラジミール氏と交流のあったインターネットセキュリティ専門家は、同氏の“業績”について、こう付け加える。
「公安当局が彼に近づいたのは、1990年代のこと。彼のハッキング技術を目的に取り込もうとしたようですが、彼が提供していた情報は『検索』によるものでした。語学力とビッグデータ処理能力を使って、各国に散らばる情報を取りまとめていただけだったんです。
 もちろん、ウラジミールは確かに凄腕のハッカーでした。しかし、00年に不正アクセス禁止法が施行されてから、彼はハッキングを一切行っていないと思います。これは、本人が断言していますので、彼の名誉のために言っておきたい」
防衛省、警察庁にも技術提供
 しかし別の関係者は、「ハッキング自体を行わずとも、彼の影響力は絶大だった」と話す。
米国政府は14年5月に、中国人民解放軍サイバー部隊の幹部を起訴しているのですが、実はウラジミール氏は、これにも一役買っていました。ハッキングの手口を熟知する彼が、中国サイバー部隊の所在地と実行者を特定していったのです。
 そして現実主義者の彼は、早くから日本の安全保障政策に強い関心を向けていました。そのため、公安当局からの依頼も『日本のため』という気持ちで引き受けていたのでしょう。実際に、彼はハッカー集団アノニマスによる日本政府への攻撃をやめさせたこともあります。防衛省や警察庁のサイバーセキュリティ関係者も彼の下に日参して、対ハッキング技術を習得していたほどです」
 前出の週刊誌記者によれば、ウラジミール氏が保有していた公安当局とのつながりを示すデータは「すべて回収された」という。
 ウラジミール氏と公安当局との関係や、彼が日本のサイバー防衛に与えた功績は、今後も世に出ることはないのだろう。それが、情報の世界に生きてきた者の宿命だからだ。しかし、だからこそ、名もなき戦士には「名誉」という形で応えるのが、国の責務というものではないだろうか。
 ウラジミール氏の冥福を祈りたい。 (文=編集部)
「米国政府は14年5月に、中国人民解放軍サイバー部隊の幹部を起訴しているのですが、実はウラジミール氏は、これにも一役買っていました。ハッキングの手口を熟知する彼が、中国サイバー部隊の所在地と実行者を特定していったのです。」
amazon.co.jp→チャイナ・ハッカーズ 単行本 – 2014/5/20 ウラジミール (著)

これだな。Vladが死んだ原因w。 Vladは「チャイナ・ハッカーズ」を2014年5月20日に出版。 しかし@HagexのハッカージャパンにVladが寄稿していた記事と「チャイナ・ハッカーズ」のストーリーが噛み合わない。 北朝鮮フィクションが崩壊していた。それに中国が東トルキスタン独立運動(ETIM)を自作自演でやったりしないだろうw。 #ホラッチョ朝鮮戦争

Vladは中国に消された? )阿波拓洋(あわたくよう)w

いやいや、タイミング的にHackingTeam関連なのだからNTTデータか? )阿波拓洋(あわたくよう)w

サウジの@infographic_KSAなる垢がカナダに911テロ予告w。
infovladじゃなくて@infographic_KSAかぁ。
やはり@HagexのVlad(infovlad.net)の記事がトリガーになってるようだw。

サウジアラビア、カナダ大使追放=人権活動家釈放要求に激怒
サウジアラビアのムハンマド皇太子=4月15日、東部ダーラン(AFP時事)
 【リヤドAFP時事】サウジアラビア外務省は6日、カナダが「公然と内政に干渉した」と批判し、駐サウジ・カナダ大使の追放と、駐カナダ・サウジ大使の召還を発表した。カナダ外務省は3日、サウジで女性や人権活動家の逮捕が続いていることに「深い懸念」を表明。「直ちに釈放するよう求める」と訴えていた。
 サウジ外務省は「『直ちに釈放せよ』という物言いは極めて嘆かわしく、非難に値し、受け入れ難い」と指摘。「新規の貿易も投資も凍結し、さらに(対抗)措置を取る権利も維持する」と強調した。米国の中東専門家は「ムハンマド皇太子率いる今のサウジ内政への批判は絶対に許さないという姿勢の表れ」と分析している。(2018/08/06-16:49)

MbSとトレドが劇団型に何かを始めたのは間違いないw。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。