弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

2016年10月12日のJAXA「いぶき」管制とソフト開発をしていた社員の過労死と高橋まつりの類似点…update27

電通24歳東大卒女過労死の怪。彼氏はNASAジェット推進研究所(JPL)。ミサイルつかリモートセンシングだと電通アジアファンドから判明。中国語ツイで女子力を要求される? w

2019年04月03日 12時42分
JAXA「いぶき」管制、過労自殺を認定 夜勤16時間「達成困難なノルマ」
会見に参加した男性の母・佐藤久恵さん
JAXA筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で人工衛星の管制業務をしていた男性(当時31)が2016年10月に自殺したのは、長時間労働や上司とのトラブルが原因だったとして、土浦労働基準監督署が労災認定していたことが、4月3日分かった。認定は4月2日付。
遺族代理人を務める川人博弁護士らが厚労省記者クラブで会見を開き、明らかにした。
会見に参加した男性の母・佐藤久恵さんは「息子を失ってしまい、私の人生も終わってしまったと感じています。可能な限り息子を死に至らしめた真実にたどりつきたい」と話した。

●管制業務と開発業務「達成困難なノルマ」
亡くなった男性は、佐藤幸信さん。佐藤さんは大学卒業後の2010年4月、独立系SI企業の株式会社「SCC」(東京都中野区)に入社。2015年10月にグループ会社の「宇宙技術開発株式会社(SED)」(中野区)に出向し、JAXA筑波宇宙センターで温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」の管制業務をしていた。
佐藤さんは「いぶき」が日本の上空を飛んでいる間に、指令を送って「いぶき」を制御していた。人工衛星は24時間365日途切れることなく精密に制御する必要があり、佐藤さんは「いぶき」の膨大なデータ処理や評価に加え、障害や緊急事態に常に備えていた。
また、2016年2月ごろからは、管制業務をしながら、「いぶき」が日本列島上空を通過して地球を一周して戻ってくるまでの約100分を利用して、人口衛星のスケジュール管理システムのソフトウェア開発も任されていた。
2016年10月12日の朝、自宅で亡くなっているのを上司が発見した。前日にはソフトウェア開発に関して、上司から30分ほど叱責されたという。
労基署は、佐藤さんが2016年9月ごろに適応障害を発病したと認定。管制業務と開発業務の2つの業務を課されたことが「達成困難なノルマが課された」に該当するとし、上司との軋轢やトラブルがあったこと、管制業務で担当変更があり1カ月あたりおおむね45時間以上となる時間外労働があり発症直前には70数時間になったことなどから、心理的負荷の強度は「強」と評価した。

●「環境省やJAXA、改善に取り組むべき」
佐藤さんは亡くなる1カ月前、母親の久恵さんに対して「指導を仰ぎたいと思ってもスルーされて、何も教えてくれない」「仕事だけ増やされるけど、何をしていいのか分からない」などと初めて職場に関する悩みを打ち明けたという。
久恵さんは「システムエンジニアとして順調に暮らしているばかりと思っていた息子の身にいったい何が起きたのか。当初混乱し、途方にくれるばかりでした」と話した。
管制業務は交代制で、月に7回ほど17時20分〜午前9時50分までの夜間勤務があった。
川人弁護士は「いかに公共性の高い仕事であっても、労働者が過労死でなくなることはあってはならない」と指摘。約16時間連続勤務を含む深夜労働が常態化していることから「環境省やJAXAは速やかに改善に取り組むべきだ」と訴えた。

●SED「真摯に丁寧に対応」
SEDは弁護士ドットコムニュースの取材に、「厳しく受け止めております。真摯に丁寧に対応させていただきます」とコメントした。
(弁護士ドットコムニュース)

【2015年10月にグループ会社の「宇宙技術開発株式会社(SED)」(中野区)に出向し、JAXA筑波宇宙センターで温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」の管制業務をしていた。 】

「2016年10月12日の朝、自宅で亡くなっているのを上司が発見した。」

出向して1年きっかりで死亡。発見したのは上司…。

ゲーマーと専門学校程度のスキルで2016年2月からの約半年で人工衛星を追跡するプログラム開発ができると思うか?
厄所がよく使う過労死テロだな。つまり臓器狩り殺人だった…
その理由は会社の背景から容易に推察できるだろう。

朝日の言ってるとおり、達成不可能な仕事を与えて過労死に追い込んだ。 でも発見したのは上司だったのだからふつうにやっちゃったのかも。

人工衛星、管制で男性が過労自殺 残業や上司叱責、労災認定
2019/4/3 13:104/3 13:15 updated ©一般社団法人共同通信社
 人工衛星の管制業務を担当し、2016年に31歳で自殺した男性について、土浦労働基準監督署(茨城県)が、原因は過重労働や上司とのトラブルとして労災と認定していたことが3日、分かった。遺族や弁護士が東京都内で記者会見して明らかにした。認定は2日付。
 遺族側によると、男性は都内のシステム会社社員だった佐藤幸信さん。15年10月、人工衛星のシステム開発などを手掛ける「宇宙技術開発」(東京都中野区)に出向し、茨城県つくば市のJAXA筑波宇宙センターで、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」の管制業務などを担当していた。16年10月、自宅で自殺した。

人工衛星管制、残業減らせと叱責も…過労自殺
13:22
 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で人工衛星の管制業務に従事し、2016年に自殺したシステム会社の男性社員(当時31歳)について、土浦労働基準監督署(同県土浦市)は2日、自殺は長時間労働などで精神疾患を発症したことが原因と労災を認定した。
 遺族の代理人弁護士によると、男性は佐藤幸信ゆきのぶさんで、15年10月から「宇宙技術開発」(東京)で勤務。同社は、大気中の温室効果ガスを観測する人工衛星「いぶき」の管制業務をJAXAから請け負っており、佐藤さんは管制業務をしながら、人工衛星のスケジュール管理システムの開発にも携わっていた。16年10月、自宅で自殺し、遺族が17年6月に労災申請していた。
 佐藤さんの残業時間は多い時で月70時間以上だったうえ、上司からは残業の申請を減らすよう叱責しっせきを受けていたという。同労基署は、長時間労働や叱責などにより佐藤さんが適応障害を発症し、自殺したと判断したという。
 母親の久恵さん(60)は3日に開いた記者会見で「ただ真面目に仕事に向き合っている人が命を失うなどあってはならない」と訴えた。
 同社は「厳しく受け止めており、真摯しんしに対応する」とのコメントを出した。

人工衛星管制、残業減らせと叱責も…過労自殺
4/3(水) 11:59配信 読売新聞
 宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で人工衛星の管制業務に従事し、2016年に自殺したシステム会社の男性社員(当時31歳)について、土浦労働基準監督署(同県土浦市)は2日、自殺は長時間労働などで精神疾患を発症したことが原因と労災を認定した。
 遺族の代理人弁護士によると、男性は佐藤幸信(ゆきのぶ)さんで、15年10月から「宇宙技術開発」(東京)で勤務。同社は、大気中の温室効果ガスを観測する人工衛星「いぶき」の管制業務をJAXAから請け負っており、佐藤さんは管制業務をしながら、人工衛星のスケジュール管理システムの開発にも携わっていた。16年10月、自宅で自殺し、遺族が17年6月に労災申請していた。
 佐藤さんの残業時間は多い時で月70時間以上だったうえ、上司からは残業の申請を減らすよう叱責(しっせき)を受けていたという。同労基署は、長時間労働や叱責などにより佐藤さんが適応障害を発症し、自殺したと判断したという。
 母親の久恵さん(60)は3日に開いた記者会見で「ただ真面目に仕事に向き合っている人が命を失うなどあってはならない」と訴えた。
 同社は「厳しく受け止めており、真摯(しんし)に対応する」とのコメントを出した。

北海道情報大学

scc-kk.co.jp→ eDCグループ | 株式会社SCC
「産・学・研」北海道情報大学と電子開発学園なる専門学校の集団…うーむ。このスキルで人工衛星監視システムの開発?

「eスポーツ」てゲーマーのことやんw
PS4のチャネルでイスラム国™ファイターのスカウトとかも?

ゲーマーとプログラマーは違うw。JAXAは何か大きな勘違いをしているw

北海道だけどホリエモンのHIUとは無関係w

scc-kk.co.jp→ 沿革 | 株式会社SCC
sed.co.jp→ 沿革 | 宇宙開発と共に 宇宙技術開発株式会社
sed.co.jp→ 宇宙開発とSEDのあゆみ 1950~1970年代
「1956年度 宇宙開発の歩み 科学技術庁発足(5月)」w

sed.co.jp→ 宇宙開発とSEDのあゆみ | 宇宙開発と共に 宇宙技術開発株式会社(SED社沿革。2010年から2018年まで…)

【H-IIA 40号機:H30年10月29日打ち上げ 温室効果ガス観測技術衛星2号「いぶき2号」(GOSAT-2)と「観測衛星ハリーファサット」(KhalifaSat)】w

あー、UAE発の国産ロケット。ドバイとここでつながるんだ。ゴンの日産も?w
国土交通省が日産をシャットダウン。海自のシースパロー?w

$ diff sed_2015.txt sed_2016.txt
5d4
< 追跡運用設計/準備支援
9,10c8,11
< 射点/射場系設備保全/ネットワークおよび打上関連情報システム運用支援
< HTV再突入監視ソフトウェアの運用/HTV実運用支援
---
> 飛行安全管制システムソフトウェア維持改修/プロセスアセスメント
> HTV関連システム技術支援
> はやぶさ2運用計画支援業務
> イプシロンロケットシステム維持設計・射場設備運用支援/飛行安全解析
15,16d15
< 飛行安全管制システムソフトウェア維持改修/プロセスアセスメント
< イプシロンロケットシステム設計解析/飛行安全解析
18,19c17
< 宇宙機等汚染解析業務
< はやぶさ2運用計画管理手順の作成
---
> 射点/射場系設備保全/ネットワークおよび打上関連情報システム運用支援
21d18
< 広報用模型製作・設置
23d19
< 文部科学省研究委託事業「はやぶさの成果を活かす宇宙探査体験学習教材の開発と実証」
24a21,22
> はやぶさシミュレータの展示・貸し出し
> 広報用模型製作・設置
25a24
> 周波数国際調整対応支援

「はやぶさ2」と文科省かぁ…つか文科省(科技庁)の闇の核武装の大陸間弾道ミサイル「イプシロン」…
4号機は製造炉(production reactor)

中止か?発揮されるチーム力
出鼻をくじかれたプロジェクトのメンバー。
しかし、ここから津田さんも驚いたという、チームの力が発揮されていくことになります。

トラブルの原因は担当のチームがすぐに突き止めました。
「はやぶさ2」が、高度を実際より低く取り違えていたため、カメラが作動してしまったのです。 プログラムの設定のしかたに問題があったと分かりました。 このまま降下を開始すると、失敗するおそれがあります。 難しい判断を迫られた津田さん、一瞬、中止も頭をよぎったと言います。しかし…。 「まだあきらめるのは早い。まずはやれることをちょっと考えてみましょう」 津田さんには勝算があったというのです。
原因判明を受けて、まず取りかかったのは3000項目におよぶ、はやぶさ2のプログラムの再設定です。 修正したうえで再度、電波ではやぶさ2に送ることが必要です。 ここから存在感を見せたのがメーカーから参加しているメンバーでした。

プログラムを書き換えろ
そのチームリーダー、NECの大島武さん。
JAXAと協力して、はやぶさ2の設計を担当、機体に精通しています。
「はやぶさ2については、熟知していますので細かい技術的なことをこちらから提案したり、JAXAからの提案を評価したりしてきました。一つ一つ確実に裏付けを取っていくのは私たちの作業になります」
大島さんたちは、大勢のメンバーが見えるよう管制室のホワイトボードに修正すべきプログラムを書き出して、再設定にどのくらいの時間がかかるか検討していったといいます。
翌日の午前8時の着陸の予定時間をずらすことはできません。 リュウグウは自転していることから、その時間を逃すと狙っている狭い範囲への着陸が難しくなるからです。 しかも、すでに降下開始の時間は過ぎていました。
大島さんらは時間を短縮するため、最低限、書き換えが必要なプログラム項目をピックアップ。修正にかかる時間を5時間とはじきだしました。
「どうしても予定に間に合わせたかったです。いろいろディスカッションする中で、最終的にはやれると」 その日の午後1時までには再設定を終えられると津田さんに伝えました。

次なる課題 倍速への挑戦
プログラムの再設定にめどがついた津田さんたち。 しかし、次の課題が待ち受けていました。
5時間の遅れを取り戻すためには、「はやぶさ2」の降下速度を予定の倍に上げる必要があります。
しかし、津田さんは、この変更の決断に時間はかからなかったと言います。
これは長く取材をしてきた私たちにとって、意外なものでした。 それまでの記者会見で津田さんは幾度となく「運用は機体の安全が優先です」と口にしていたからです。
リュウグウ上空で行った事前の演習でも速度を変える訓練は行っていません。それが本番でいきなりの速度変更です。

判断の裏付けは“周到な準備”
私たちはこの疑問を津田さんに問いました。すると答えは、意外なものでした。
「リュウグウの上空ではやっていませんが、実は事前のほかの訓練で、倍の速度で降下することはやった事がありまして。これでちゃんと成功してるんで、うまくいくはずという経験がみんなの頭の中にありました。それをベースに判断できましたね」
いったいどこで訓練をしていたのか。
それは管制室がある神奈川県相模原市の施設にありました。
「はやぶさ2」と同じ動きを再現できるコンピューターのシミュレーターです。人の背丈より少し高いほどのラックに載ったコンピューター。仮想のトラブルを設定し、実際に近い形で「はやぶさ2」の操作訓練ができるといいます。
チームは、2014年に「はやぶさ2」を打ち上げたあと、50回以上、このシミュレーターを使ってトラブル対応の訓練を繰り返していたのです。
そのやり方もユニーク。「神様」と呼ばれる担当を何人か決めて、その「神様」が毎回発生させるトラブルを設定します。どんなトラブルが起きるかはわからない管制室のメンバーは本番さながらに原因を究明し、解決方法を相談しながら乗り越えていくことになります。
プログラムの書き換えも、速度を変える訓練も、ここで何度も行っていたというのです。
「実は、はやぶさ2のもともとの降下速度は今回行った倍速を想定していたんです。しかし、途中であまり速度が早いと燃料を消費するなどの理由で、少し遅くてもいいということになりました。そういうこともあって倍速の訓練も4、5回やっているんです」(津田さん)
ここに津田さんの確信があったのです。
アジャイルな人工衛星管制プログラミングw

なにこの「カプリコン1」みたいなニュースw
カプリコン・1 (Capricorn One)←ウィキ

「カプリコン1」かぁ。ならば巨大な予算と人員をつぎ込んでいる「裏稼業」があるわけで、その闇に関連してJAXA筑波宇宙センターで人工衛星の管制業務をしていた男性(当時31)が2016年10月に自殺してしまう…

そのとおり。類似点が多すぎる…。

筑波のJAXAで2016年10月に職員が過労で自殺。 電通の高橋まつりが過労で自殺したのは2015年12月25日。 高橋まつりの彼氏も筑波の関係者でジェット推進研究所だった。

JAXAは毎年1人生贄をささげてるのかね?また何か転がりはじめた…

いぶき2号

「いぶき2」てTHAADの地上監視衛星?w

電通。GPSセンサーと大画面と間接照明のウォールームでミサイルをモニター監視?

sed.co.jp→ 衛星画像データサービス概要 | 宇宙開発と共に 宇宙技術開発株式会社
sed.co.jp→ 宇宙と都市計画 宇宙開発と共に 宇宙技術開発株式会社 衛星画像データサービスTOP 地球観測衛星画像・衛星写真・映像・素材 衛星データ解析と販売

胡散臭い北朝鮮のミサイル基地の衛星写真の出処はこいつらだw

CSISの液体燃料ミサイル特撮部隊wとNBCのCourtney KubeとかNPRのKoko Nakajimaとか…

ホリエモンの電柱ミサイル発射を北朝鮮のサンダーバード1号の特撮で牽制w。泊原発の西200キロに着弾

電通アジアファンドのていねいな説明を桜井俊が「大野くんの夏休み」で開始w

「電通アジアファンド」と同じ仲介会社で「アジアの核国際取引社」とハイロックス社のマイクロ・デジタル・スコープとC9メディアの衛星を使って北朝鮮の核をリモート・センシングするってTHAADそのものじゃまいかぁ。電通と経産省

電通と経産省のレーザー濃縮とMOXチーム(31-OCT-2008)を発見。10日前(21-OCT-2008)の部隊にモッズヘアがw

「電通アジアファンド」と同じ仲介会社で「アジアの核国際取引社」とハイロックス社のマイクロ・デジタル・スコープとC9メディアの衛星を使って北朝鮮の核をリモート・センシングするってTHAADそのものじゃまいかぁ。電通と経産省

リモートセンシングとミサイルの関係。NTTとNICTがリモートセンシングを研究する理由

電通に天下った桜井俊の「大野くんの夏休み」作戦…
桜井俊(さくらいしゅん)研究ちうw #大野くんの夏休み

「みちびき」

mm~cm単位の高精度な計測が可能なGPS衛星「みちびき」をMKULTRAに使う。遠隔脳外科手術みたいに進化する電磁波ストーキングw

国産人工衛星はJAXAが運営してるのでNICTにも関連…

sed.co.jp→ 宇宙開発とSEDのあゆみ | 宇宙開発と共に 宇宙技術開発株式会社(SED社沿革。2010年から2018年まで…)

さくらインターネットw

電通と経産省のレーザー濃縮とMOXチーム(31-OCT-2008)を発見。10日前(21-OCT-2008)の部隊にモッズヘアがw

前川喜平文科次官、「トビタテ!留学JAPAN」、黒崎愛海、ブザンソン、佐野太文科省局長、東京医大、川端和明国際統括官、JAXAの宇宙飛行士の講演会、JAXAの災害事業、リモートセンシング、NTTドコモ、NICT、高橋まつり、彼氏のジェット推進研究所、電通。

インド

sed.co.jp→ インドによるEMISAT他28機の打ち上げ

インドによるEMISAT他28機の打ち上げ 最終更新 2019.04.02
日本時間2019年4月1日(月)午後0時57分に、インドのインドのEMISAT他、超小型衛星28機を搭載したPSLV C45ロケットが、サティシュ・ダワン宇宙センターから打ち上げられました。打ち上げは順調に推移し、打ち上げ約17分後にEMISATが切り離されました。その後PS4を利用して軌道制御を行い、打ち上げ約110分後から115分後に28機の超小型衛星が投入されました。
EMISATはインドの小型衛星バスIndian Mini Satellite 2 (IMS-2) を基本として構成されている重さ436kgの衛星で、太陽電池パネルで800Wの発電能力があります。無線信号の偵察受信技術のための衛星です。軌道高度は749km、軌道傾斜角は98.376度の予定です。
相乗りした28機の超小型衛星の内訳は、米国プラネットラボ社の地球観測衛星でこれまで打ち上げられてきたものの次世代機となるFlock-4A20機、米国SpireGlobe社のAISを使った船舶の追跡と気象観測データの取得を行うLEMUR-2を4機、スイスのインターネット衛星Astrocast-2、リトアニアのインターネット衛星M6Pと通信衛星Blue Walker 1、スペインのAIS搭載船舶航空機追尾技術のAistechsat-3となっています。
SED社のホームページでもニュースが公開される。JAXAはインドと中国とどんな関係?

どーりで、カレーに一服盛られるわけだわw。
河野太郎が外務省ディープステイトに暗殺される…

ゴンも関連してるw。ヒントは「シースパロー」と「筑波」だな…

テンパってきたディープステイトw
2019-04-04 11:25:28 "弁財天: 2016年10月12日のJAXA「いぶき」管制とソフト開発をしていた社員の過労死と高橋まつりの類似点…update25" http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/ja_JP/entry/sato-yukinobu-jaxa 133.56.195.32 日本 JP Kanagawa Takatsu Ward usr032.tksc.jaxa.jp [ASN3488 Information Systems Department, Japan Aerospace Expl 133.56.0.0/16] Win10 IE11
2019-04-04 11:25:26 "弁財天: 2016年10月12日のJAXA「いぶき」管制とソフト開発をしていた社員の過労死と高橋まつりの類似点…update26" /entry/sato-yukinobu-jaxa 133.56.195.32 日本 JP Kanagawa Takatsu Ward usr032.tksc.jaxa.jp [ASN3488 Information Systems Department, Japan Aerospace Expl 133.56.0.0/16] Win10 IE11 *
2019-04-04 11:33:24 "弁財天: 2016年10月12日のJAXA「いぶき」管制とソフト開発をしていた社員の過労死と高橋まつりの類似点…update26" http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/ja_JP/entry/sato-yukinobu-jaxa 133.56.195.32 日本 JP Kanagawa Takatsu Ward usr032.tksc.jaxa.jp [ASN3488 Information Systems Department, Japan Aerospace Expl 133.56.0.0/16] Win10 IE11
2019-04-04 11:33:22 "弁財天: 2016年10月12日のJAXA「いぶき」管制とソフト開発をしていた社員の過労死と高橋まつりの類似点…update26" /entry/sato-yukinobu-jaxa 133.56.195.32 日本 JP Kanagawa Takatsu Ward usr032.tksc.jaxa.jp [ASN3488 Information Systems Department, Japan Aerospace Expl 133.56.0.0/16] Win10 IE11 *
2019-04-04 12:01:29 "弁財天: 2016年10月12日のJAXA「いぶき」管制とソフト開発をしていた社員の過労死と高橋まつりの類似点…update26" http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/sato-yukinobu-jaxa 133.56.195.32 日本 JP Kanagawa Takatsu Ward usr032.tksc.jaxa.jp [ASN3488 Information Systems Department, Japan Aerospace Expl 133.56.0.0/16] Win10 Chrome/73.0.3683.86
2019-04-04 12:01:28 "弁財天: 2016年10月12日のJAXA「いぶき」管制とソフト開発をしていた社員の過労死と高橋まつりの類似点…update26" /entry/sato-yukinobu-jaxa 133.56.195.32 日本 JP Kanagawa Takatsu Ward usr032.tksc.jaxa.jp [ASN3488 Information Systems Department, Japan Aerospace Expl 133.56.0.0/16] Win10 Chrome/73.0.3683.86 *
2019-04-04 13:22:30 "弁財天: 2016年10月12日のJAXA「いぶき」管制とソフト開発をしていた社員の過労死と高橋まつりの類似点…update26" http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/ja_JP/entry/sato-yukinobu-jaxa 133.56.195.32 日本 JP Kanagawa Takatsu Ward usr032.tksc.jaxa.jp [ASN3488 Information Systems Department, Japan Aerospace Expl 133.56.0.0/16] Win10 IE11
2019-04-04 13:22:28 "弁財天: 2016年10月12日のJAXA「いぶき」管制とソフト開発をしていた社員の過労死と高橋まつりの類似点…update26" /entry/sato-yukinobu-jaxa 133.56.195.32 日本 JP Kanagawa Takatsu Ward usr032.tksc.jaxa.jp [ASN3488 Information Systems Department, Japan Aerospace Expl 133.56.0.0/16] Win10 IE11 *

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。