弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

新型肺炎(SARS)向けの日本政府の特殊なマスクw update2

武漢封城と日産と陸自小平学校と防衛大卒の関潤(せきじゅん)副COOの電撃退社w

新型肺炎の感染「中国で既に5500人」北大教授が推計 武漢の新型肺炎
杉浦奈実
2020年1月24日 20時10分
写真・図版 交通が途絶えた武漢市内の道路。近くに住む住民は「普段はバスや乗用車であふれているのに」と話した(2020年1月23日、同市の住民提供)
 中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、中国での感染は5500人規模に広がっているとする推計結果を、北海道大医学研究院の西浦博教授(理論疫学)らが24日、医学専門誌に発表し
た(https://www.mdpi.com/2077-0383/9/2/330#別ウインドウで開きます)。中国で患者の診断や報告システムが十分機能していない可能性があるという。
 西浦さんらは、日本やタイ、米国など、24日朝までに中国本土以外で報告された計13人の感染者のデータと、武漢市からそれらの地域への渡航者数などから、統計的に中国本土での感染者数を導き出した。
 中国政府は24日時点で、感染者は計830人としている。西浦さんは「実際の感染者数は数百人ではなく数千人のオーダーで、感染元が明らかでない感染者がかなりの数いるだろう」としている。(杉浦奈実)
北大教授…w

周庭(Agnes Chow Ting)は2019年10月1日から北大公共政策大学院のフェロー(研究員)だったw

新型肺炎、日本で初確認 中国・武漢への渡航歴 2020.1.16 01:55
 原因不明の肺炎の患者が多く出た中国湖北省武漢市内の海鮮市場=2019年12月(共同)
 中国中部の湖北省武漢市で原因不明の肺炎の発症が相次いでいる問題で、武漢市への渡航歴がある人が日本国内で肺炎の症状を訴え、国立感染症研究所のウイルス検査で同じ肺炎の陽性反応が出ていたことが16日、関係者の話で分かった。日本国内での患者の確認は初めてで、政府は同日中にも関係省庁との間で対応を協議するとみられる。

日本政府の特殊なマスクw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。