弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

札幌国税局「泣く子も黙る資料調査課(りょうちょう、コメ)」のマリファナ・ビジネスw update15

【GoTo(後藤)財源と基幹産業育成資金とM資金】しゃぶしゃぶ温野菜を木っ端微塵に爆破してヒント…(2020年7月30日)

「しゃぶしゃぶ温野菜」はヘヤシュ爆破だったんだ…

まもなく岡本至恩がスピン逮捕される。りょうちょうのマリファナ事件はなかったことに…w

元国税局職員ら逮捕 大麻栽培、密売容疑 北海道警 8/1(土) 11:22配信
時事通信
容疑者らが札幌市内のマンションで栽培していた大麻草(北海道警提供)
 マンションなどで大麻を栽培し密売したとして、北海道警は1日までに、大麻取締法違反(営利目的譲渡など)容疑で元札幌国税局職員の無職遠藤恵介容疑者(45)=札幌市豊平区旭町=ら2人を逮捕し、大麻草約1000株を押収した。
 いずれも容疑を認めているという。
 他に逮捕したのは、無職大崎翔太郎容疑者(22)=大阪府寝屋川市上神田=。容疑は3月ごろ、共謀して札幌市内のマンションなどで栽培した乾燥大麻約30グラムを、北海道旭川市の男性に数万円で販売したなどの疑い。
 道警は6月、国税当局から「職員が大麻を栽培している疑いがある」と通報を受け捜査。同24日、遠藤容疑者が管理していたマンションを捜索したところ、大麻草や栽培に使用する照明器具などが見つかった。
 遠藤容疑者は税務調査などを行う資料調査課に勤務。同国税局は7月22日付で懲戒免職とした。札幌市内で記者会見した秋元秀仁総務部長は「公務員としてあるまじき行為で、深くおわびする」と謝罪した。 
最終更新:8/1(土) 16:24 時事通信

【道警は6月、国税当局から「職員が大麻を栽培している疑いがある」と通報を受け捜査】w

【遠藤容疑者は税務調査などを行う資料調査課に勤務。】w

「泣く子も黙る資料調査課」w

元国税職員ら大麻譲渡の疑いで逮捕 北海道警 会員限定有料記事 毎日新聞2020年8月1日 15時52分(最終更新 8月1日 15時52分)
北海道警察本部=貝塚太一撮影
 北海道警薬物銃器対策課は1日、営利目的で大麻を譲渡したとして、大麻取締法違反(営利目的譲り渡し)の疑いで札幌市豊平区旭町7丁目の元札幌国税局職員、遠藤恵介容疑者(45)ら2人を逮捕したと発表した。
 ほかに逮捕されたのは大阪府寝屋川市上神田2丁目の無職、大崎翔太郎容疑者(22)。
 逮捕容疑は共謀の上、旭川市の男から大麻…

三宅雪子暗殺も絡んでるのか?w )アソーw

あら?三宅雪子暗殺のタグの関連が馴染むなぁ…、なんか不味くね? )アソーw

東芝の不適切会計問て「n気筒ぐるぐる取引エンジン」か?w

なんか、財務省は花火みたいに終わったな…

ゆうちょ銀行本店と朝鮮総連前で第5機動隊の警官が拳銃自殺した件…

【SPECTRE】朝鮮総連中央本部の警戒勤務中だった警視庁第5機動隊の男性巡査長(25)が黄色いバケツが乗った郵便ポストの横で拳銃自殺した事件の解読w(2020年7月8日)

たぶんパナマ文書に登場するUNICEFとアグネス・チャンのマネロンを考えたのは資料調査課(りょうちょう、コメ)だ。橿考研、黒柳徹子、緒方貞子…。「n気筒ぐるぐる取引エンジン」がバレて森友で財務省の資料が改ざんされ、破壊されてしまう、報復だったのだ…

【香港肉まん革命✕UNICEF】いまさらながらアグネス・チャンをデコードちうw(2020年7月28日)

たぶん台湾の李登輝元総統の死去も絡んでいる…、おいおい、今回の勉強代はちょっと高すぎなんじゃね? )アソーw

台湾の李登輝元総統死去。不審な事故と事件と火災が多発、スピン地震速報まで起きる理由w(2020年7月30日)

日本のマネロン・スキームを考えてるのはふつうに「りょうちょう」だな…w、財務省はとんでもないおバカなことをやらかしちゃったみたい…w

やっぱり文科系なのが致命的だったのかすら?

人工知能とデータマイニングの時代に三合会で立ち向かえると思ったのかすら?

きっとそーだわw

1箱490円から540円に値上げw、どうせならマリファナと同じ値段にしたら?

マリファナを簡単に解禁できないのは既に裏社会では解禁されていて、どこかの省庁の利権になってしまっているからw。ピエール共産党のコカインと同じかなどと思ってたら、国税庁だわ、専売公社の筆頭株主は財務省w

山形県警男性巡査が大麻 「20~30回吸った」懲戒免職 地検が起訴
毎日新聞2020年8月1日 13時34分(最終更新 8月1日 14時19分)
山形県警本部=山形市松波2の山形県警で2019年2月24日17時18分、的野暁撮影
 山形県警は7月31日、大麻取締法違反(有償譲り受け)の疑いで同13日に逮捕した村山地方の警察署地域課に所属していた交番勤務の男性巡査(20)を、懲戒免職処分にした。山形地検は同日、元巡査を麻薬特例法違反の罪で起訴した。
 県警監察課によると、4月下旬ごろ、知人男性に乾燥大麻を注文。数日後に、山形市内のパチンコ店の駐車場で1万2000円で約3グラムの大麻を譲り受けたとしている。
 同課によると、元巡査は高校2年の冬ごろに知人男性の先輩に勧められて大麻を吸い始めた。警察官になってから20~30回ほど使用。今回譲り受けた大麻は、友人らの家や自宅で吸ったという。元巡査は「同じ音楽の趣味を通じて知り合った同学年の仲間と一緒に吸うためだった」と話しているという。
 水田潔首席監察官は「県警察の信用を失墜させた行為であり、厳正に処分した。組織として重く受け止め、再発防止に努める」と陳謝した。【日高七海】
財務省と警察庁で大麻が流通してるw、なにこれw、経産省の合成覚醒剤みたいな…

ドゥテルテ✕CIA…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。