弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

いまさらながらサカキバラの関電解体を復習… update2

東京新聞→高浜原発で男性会社員重傷 脚立から転落、配管の点検中

高浜原発で男性会社員重傷 脚立から転落、配管の点検中
2020年4月12日 08時19分
 11日午後4時15分ごろ、関西電力高浜原発1号機(福井県高浜町)のディーゼル発電建屋内で、配管の点検をしていた協力会社の会社員今泉真一郎さん(61)=おおい町=が高さ1・4メートルの脚立から転落した。今泉さんは骨盤の骨を折る重傷。
 小浜署と関電によると、建屋内では当時、安全対策工事が行われていた。同署が詳しい状況を調べている。
 県内にある関電の原発では昨年9月以降、トンネル内で作業員が一酸化炭素(CO)中毒になるなど労災事故が相次いでおり、先月には高浜原発で作業員が車両にひかれ死亡する事故もあった。
(共同)
「骨盤の骨を折る重傷」…

「失った信頼取り戻すのは容易ではない」関西電力の新会長に榊原氏が内定 03/30 21:54
「利益追求よりも法令遵守を重視」と述べる
関西電力の金品受領問題を受けて空席となっていた会長に、榊原定征・前経団連会長が内定し、会見を開きました。
【榊原定征 前経団連会長】
「一度失った信頼を取り戻すのは決して容易ではありません。私に寄せられた期待、責任の重さに、まさに身が引き締まる思いです」
関西電力の会長に内定した榊原定征・前経団連会長(77)は、会見で「利益の追求よりも法令遵守などを重視する」などと述べました。
関西電力の会長をめぐっては、一連の金品受領問題で八木誠前会長が去年10月に辞任して以降、空席となっていました。
関西電力は30日、新たに82人の処分などを盛り込んだ業務改善計画を経済産業省に提出していて、榊原氏はガバナンス体制の強化などに努める方針です。
「私に寄せられた期待、責任の重さ」w

日経→原発で作業員はねられ死亡 福井、関電が工事中断

原発で作業員はねられ死亡 福井、関電が工事中断 2020/3/13 23:45
13日午後4時10分ごろ、福井県高浜町田ノ浦の関西電力高浜原子力発電所1、2号機の敷地内にある掘削中のトンネルで、協力会社の会社員、浜元宏一郎さん(43)=同町西三松=が別の協力会社の男性社員(38)=同町西三松=の運転するトラックにはねられた。浜元さんは病院に運ばれたが、約3時間後、骨盤骨折などで死亡が確認された。
事故を受けて、関電は県内にある美浜、高浜、大飯の3原発で実施中の安全対策工事や廃炉作業を全て中断した。再開時期は未定という。
小浜署によると、現場はテロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特重施設)を建設するための作業用トンネル内。浜元さんは掘削作業の監視中、後退してきたトラックにはねられた。
高浜原発では3号機が定期点検中で、4号機は運転中。1、2号機では原則40年の運転期間延長が認められ、特重施設の工事が進んでいる。〔共同〕
骨盤骨折などで死亡…

被害者も加害者も高浜町西三松…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。