弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【佐賀県庁の新行政棟8階のベランダ】佐賀県職員が相次ぎ自殺するタイムラインが2つ計4人自殺… update6

2件の岐阜市職員の自殺に共通するのは過労とパワハラで高橋まつりと同じだった。職員や社員を合法的に始末する土人のテロ手法
福島県警捜査2課の3人死亡で不正選挙捜査に圧力をかけーた

NHK→県 職員自殺で和解金支払いへ

佐賀 NEWS WEB 県 職員自殺で和解金支払いへ 02月14日 12時03分
佐賀県は、長時間の時間外勤務などで精神疾患を発症して自殺し、公務災害に認定された県職員2人に対し、安全配慮への義務を怠ったことを認め、遺族に合わせて9000万円を支払って和解することになりました。
県によりますと、和解することになったのは、平成24年に自殺した当時30代の男性と平成25年に自殺した当時50代の男性のそれぞれの遺族です。
当時30代の男性は、県庁の本庁に異動後、長時間、残業をするようになり、精神疾患を患ったのちに平成24年に自殺しました。
亡くなる前の1か月間の時間外勤務時間は、133時間だったということです。
また、当時50代の係長だった男性は、周囲から信頼される仕事ぶりで業務が集中しがちなうえ、部下の業務を補助せざるを得ない状況が続く中で精神疾患を発症し、亡くなる前の1か月間の時間外勤務時間は、97時間だったということです。
2人については、平成29年までに公務員の労働災害にあたる公務災害が認定されています。
去年8月にそれぞれの遺族が県に対し損害賠償を請求し、話し合いを続けてきた結果、今月、当時30代の男性の遺族に5836万円、当時50代の男性の遺族に3121万円を支払い、和解することで合意したということです。
県は議会の承認を得たのちに和解金を支払う方針で、「公務で負担を与え勤務時間の管理が適切にできていなかったことは、県として責任を負うべきで大変申し訳なかったと考えています」としています。

県職員2人相次ぎ自殺、長時間労働が原因 佐賀県賠償へ 杉浦奈実 2019年2月14日11時57分
 佐賀県職員2人が相次いで自殺し、地方公務員災害補償基金が、長時間労働などによる精神疾患が原因と認めていたことが14日、分かった。県は、損害賠償計約9千万円を遺族に支払う方針。
 県人事課によると、職員は30代だった男性副主査と、50代だった男性係長。所属部署は別という。
 副主査は2012年、自宅で自殺。本庁で事務を担当し、亡くなる約1カ月前の時間外勤務時間は月133時間だった。同基金は16年、業務による強い精神的・肉体的負荷が精神疾患とその後の自殺につながったと認めた。初めての本庁勤務で慣れない業務が多く、長時間労働につながったと考えられるという。
 係長は13年、自宅で自殺した。本庁で事務に携わり、亡くなる約1カ月前の時間外勤務時間は月97時間だった。職場の組織管理の面でも負担がかかっており、精神疾患を発症。同基金は17年、自殺との因果関係があると認めた。
 いずれの遺族も18年、県に損害賠償を請求。県は14日に開会した県議会2月定例会に和解のための関連議案を提出した。県は再発防止策として、時間外勤務が月80時間を超えた職員の所属長面談や、業務配分の見直しに取り組んでいるという。
 藤原俊之総務部長は「職員の自死との間に因果関係があるような精神的・肉体的負担を与えたことや、勤務時間の管理が適切にできていなかったことは、県として責任を負うべきであり、遺族に対して大変申し訳なかったと考えている」とのコメントを出した。(杉浦奈実)
2012年の副主査と2013年の係長は自宅で自殺してる。なので、佐賀県庁の「屋上」や「新行政棟8階のベランダ」から飛び降り自殺した職員とは別人w。

blog.livedoor.jp→県職員の死亡事故に、冷たい対応の古川知事

2012年06月29日
県職員の死亡事故に、冷たい対応の古川知事 2012.06.29.(金)
昨日の総務常任委員会質問で、平成23年度、平成24年度の二ヵ年立て続けに県庁職員が、県庁舎から転落事故が発生した問題を取り上げて古川知事に質問いたしました。
一人の職員は本庁者の屋上から、もう一人の職員は新行政棟8階のベランダからの転落死亡事故であり、警察本部も事件性のない死亡事故として処理をしていたものであります。
県庁の中では、二人の職員は自殺であったとの認識が一般的になっておりますが、何故か、古川知事や経営支援本部長、職員課長は自殺でもない事故でもないような曖昧な答弁に終始いたしました。
私が、「事故死であるならば、公務災害が適用されるのではないのか」と問うと、古川知事は答弁につまり答弁終ずじまい、職員課長が「公務災害は、遺族が申請するもので、遺族から公務災害は申請されていない」と答弁し、だからこの間も放置していることを明らかにしました。
県庁職員の中には、「残業をしても、サービス残業であり、とても残業時間をを付け出す言おうな雰囲気でない」「うつ病になっても、知らん顔をしている」「職場の環境がとても、仕事にがんばろうという雰囲気ではない」等々のコメンとが寄せられています。
公務災害が適用されないということは、自殺であるということでありますが、何故か、古川知事も経営支援本部長は認めません。何故でしょうか。
県庁舎から飛び降り死亡したということは、死亡した職員は何故、県庁舎を選ばれたのか、彼等が県庁舎を選んだということは古川知事や職員に対して『何かを訴えたかった』もので、古川知事に何を訴えたかったのか、県庁職員に何を訴えたかったのか。
職場間同士で何故、気付かなかったのか、古川県政となって、10年間に7名の自殺者が出ています。その理由は、「職員が500人削減され、役職員ばかり増えて、仕事量が増えた」「職員間でのコミュニケいションが、取りにくい」「仕事量が増えて残業が、多くなった」「トップダウンでの指示が多く、とてもやりにくい」等々の以遠が出されています。
しかし、古川知事や経営支援本部では、アンケート調査をするぐらいで、本格的な職員の精神的なケアーはしていないのが現状であり、職員の疲労、精神的な負担等が解消されないままで、相当の精神的な負担が積もっているためであることは明らかであります。
古川知事は、県庁舎からの職員の飛び降り自殺について認め、遺族に謝罪をして、これからの職場での職員間のコミュニケいションが取れる職員研修、トッダウン方式をやめ、職員の健康管理に十分な配慮し働きやすい職場環境をを早急改善にする責任があるものであります。

平成23年度(2011年)本庁者の屋上から、平成24年度(2012年)新行政棟8階のベランダから飛び降り自殺

2011年6月16日県土づくり本部の男性主査(38)が県庁本館内側にある自転車置き場の屋根へ転落死

日本自殺研究所→自殺DB12 平成20年代
「2011年1月5日佐賀県職員、建設・技術課の46歳男主査が同県庁新行政棟8階ベランダから飛び降り自殺」

2ch.live→県庁8階から職員が転落死 事故と自殺両面で捜査

114 名無しさん@毎日が日曜日 2011/01/06(木) 02:41:27 ID:Mn20Kq/x
県庁8階から職員が転落死 事故と自殺両面で捜査
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1798772.article.html

 5日午前8時35分ごろ、佐賀県庁職員から「県庁新行政棟から人が落ちた」と119番が あった。駐輪場付近に男性職員(46)が倒れており、搬送先の病院で約3時間後に死亡が確認された。現場の目撃情報などから男性は高さ約30メートルの8階ベランダから転落したとみられ、佐賀署は事故と自殺の両面で調べている。
 県などによると、男性は同日午前8時25分ごろ、8階の所属課に出勤したが、10分後に予定していた打ち合わせに姿がなかった。ベランダは喫煙スペースで高さ約1・1メートルの手すりがあった。男性は前日の業務で変わりはなく、家族によると、当日朝も普段通りに出勤したという。

311の前後に佐賀県庁の屋上と新行政棟8階のベランダが飛び降りたのか?w。ありえないだろ。自殺じゃない。突き落とされたよーな。他殺?


LINEやメールにキュレーターで介入されたよーな…。

bakusai.com→県庁職員の自殺 - 佐賀雑談総合掲示板|爆サイ.com

NO.3317806 2014/06/11 21:35
県庁職員の自殺
数年前、何人かの県庁職員さんが自殺しました。

おそらく、常にやりたい放題の船津悦子氏(現在は退職2年目)が絡んでいると思います。
ここを読んでいる人で、県庁職員、その他の人でもいいので船津悦子氏の情報を掲載しましょう。
決して嘘は書かないでください。
[匿名さん] 
なにそれ?w
#88 2015/01/24 11:26
イスラエル国にいるんですよね?県庁職員毒独婆
なんで わざわざ 殺されに行くようなアホな書き込みをしているん?
命を助けるボランティア?
あんた自身の身を まず 守ったら?
そうやって書き込みして 県庁職員と結婚するのが狙いなんだよね?
ヒッシで笑えます
はぁ?イスラエル?…セレブライト?w

佐賀新聞→知的障害への理解訴え 県手をつなぐ育成会フェスタ

知的障害への理解訴え 県手をつなぐ育成会フェスタ 懐の深い地域づくりを  2018/11/5
「あび」という一言でコミュニケーションを試みる体験を行う参加者=佐賀市のアバンセ
 知的障害への理解を深めてもらおうと「佐賀県手をつなぐ育成会フェスタ」が10月27日、佐賀市のアバンセで開かれた。寸劇や講演などを通して、障害の特性への理解やそれを受け入れる懐の深い地域づくりを訴えた。
 フェスタ冒頭では、今年9月県議会で可決された障害者差別解消条例を、県障害福祉課の岸川啓介課長が説明。分かりやすい言葉で県民の行動を促し、障害の当事者からのアプローチを呼びかけている条例の特徴を解説した。
 「広島県手をつなぐ育成会・ひろしまあび隊」は、寸劇などで知的障害を分かりやすく伝えた。来場者に「あび」という一言でコミュニケーションを試みてもらう体験では、伝えることが苦手な特性に対し、ゆっくり丁寧に理解する大切さを表現。「知的障害を理解して、温かく見守ってもらえたらありがたい」と訴えた。
 県内の知的障害者の家族たちでつくる「佐賀県手をつなぐ育成会」(村岡洋会長)が主催。県内の9施設による手芸品などの販売もあった。
 障害者の雇用水増しなどが話題になる中、同会の船津悦子事務局長は「社会への理解は少しずつ進めるしかない。地道に訴えを続けていきたい」と話していた。
船津悦子事務局長…ひるがの高原キャンプ場で行方不明になった下村まなみちゃんみたいなことが起きてたのだと勝手に推察する…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。