弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

レムデシビル(Remdesivir)、ラムズフェルドの昔の会社でタミフルと鳥インフルエンザで仕手戦w update6

新型コロナ感染者が急回復 米社の抗ウイルス薬 報道 4/17(金) 9:08配信 時事通信
 【ニューヨーク時事】米医療関連ニュースサイトのSTATは16日、米バイオ医薬品メーカーのギリアド・サイエンシズが開発した抗ウイルス薬「レムデシビル」の臨床試験(治験)で、新型コロナウイルスに感染した患者が急速に回復していると報じた。
 STATによると、重症の113人を含む125人の新型コロナ患者を対象としたシカゴ大医学部による治験で、レムデシビルを毎日投与したところ、発熱や呼吸器症状が著しく改善し、1週間以内にほぼ全ての患者が退院した。死亡したのは2人のみだったという。
 ギリアドはSTATに対し、「進行中の治験のデータが利用可能になることを楽しみにしている」と述べた。
 トランプ大統領は先月、レムデシビルについて「非常に良い結果が得られたようだ」と述べ、有望な治療薬になり得るとの見方を示していた。

エボラ薬「見込みあり」 コロナ重症者の7割が改善 [2020年4月11日13時2分]
エボラ出血熱の治療薬候補だった抗ウイルス薬「レムデシビル」を新型コロナウイルスの重症感染者に投与した初期研究結果を日米欧などの国際研究チームが米医学誌に10日、発表した。投与したのは53人と小規模だが7割近くに症状の改善がみられ、チームは「決定的な結論は出せないが、見込みはある」との見解を示した。
今回は未承認薬を医師の判断で投与した研究で、日本の国立国際医療研究センターも参加した。比較対照群を設けて有効性と安全性を調べる正式な臨床試験も日本や米国、中国などで進んでおり、実用化に向けて今月以降順次発表されるそれらの成果が注目される。
1~3月、日本と欧米、カナダで入院し、酸素を補給されている重症者に、静脈注射で10日間、決められた量を投与した。53人のうち9人は日本で入院していた。大半は持病のある、60歳超の男性だった。
68%に当たる36人が酸素の補給状況が改善し、半数近い25人が退院した。7人(13%)が死亡したが、中国・武漢で入院患者の死亡率が2割強だったのに比べると低い割合だった。4分の1に腎機能低下などの重い副作用がみられた。
レムデシビルは米製薬会社ギリアド・サイエンシズが開発。目指していたエボラ熱への有効性は確認されず、世界でまだ承認されていない。(共同)

2020年4月11日 12時44分 コロナにエボラ薬「見込みあり」 国際チーム、重症者の7割改善
 【ワシントン共同】エボラ出血熱の治療薬候補だった抗ウイルス薬「レムデシビル」を新型コロナウイルスの重症感染者に投与した初期研究結果を日米欧などの国際研究チームが米医学誌に10日、発表した。投与したのは53人と小規模だが7割近くに症状の改善がみられ、チームは「決定的な結論は出せないが、見込みはある」との見解を示した。
 今回は未承認薬を医師の判断で投与した研究で、日本の国立国際医療研究センターも参加した。比較対照群を設けて有効性と安全性を調べる正式な臨床試験も日本や米国、中国などで進んでおり、実用化に向けて今月以降順次発表されるそれらの成果が注目される。

イベルメクチン(抗寄生虫薬)w、これって犬フィラリア用の劇薬…w

武漢は封鎖解除になってドローン祭りw

<米国>ギリアドが大幅安、コロナ治療薬の治験結果に懸念の声 2020/4/8 1:31
【NQNニューヨーク=戸部実華】(米東部時間12時25分、コード@GILD/U)7日の米株式市場でバイオ製薬大手のギリアド・サイエンシズが大幅安となっている。一時は前日比6.7%安の72.50ドルを付けた。同社のエボラ出血熱治療薬「レムデシビル」が新型コロナウイルスにも効くと期待されているが、まもなく出る臨床試験(治験)の結果に「懐疑的だ」との見方が相次ぎ、売りを誘った。
レムデシビルの治験結果は中国では4月中に、米国は5月にも出る見通し。ロバートWベアードは7日付リポートでエボラ出血熱と新型コロナでは薬が体内で浸透すべき組織が違うなど「複数の要素で新型コロナで効果を出すのは難しい」と指摘した。バークレイズは6日付リポートで軽症から重症患者を含めた中国の治験結果の成功確率は20%との予想を示した。「リスクと投資収益は下振れ方向に傾いている」という。
治療薬への期待で株価は上昇基調が続き、年初から6日までの上昇率は20%近くになっていた。


鳥インフルエンザもラムズフェルドw

中国湖南省でニワトリが「H5N1型」鳥インフルに感染して次はサリンとエボラだと予想…(2020年2月2日)

豚コレラはペンタゴンの「昆虫兵器」のフェイズ2コミュニティレベル実験だったのか?w

ジカ熱による「小頭症」とは脳の発達障害のこと。エボラの時と同じようにIAEA登場。ウィルスがデング熱に似てると

アフリカの放射能被害をエボラと呼び、それを揉み消すボコハラム

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。