弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「数字持ってない」視聴率を微妙に細工してプロパガンダと世論誘導とメディア統制w update3

【京郷新聞】「韓国叩きの構造」=東京特派員[08/28]
1ハニィみるく(17歳) ★2019/08/29(木) 09:17:22.16ID:CAP_USER 東京=キム・ジンウ特派員
(写真) http://img.khan.co.kr/news/2019/08/27/l_2019082801003082600249041.jpg
__________________________________
「最近何が一番売れてる?」
「もちろん “韓国叩き” だ」

今月の初め、東京の中心街で偶然耳に入った会話の内容である。日本政府が韓国をホワイトリスト(輸出手続きで優遇国)から除外することを閣議(閣僚会議)で決めて、韓日間の対立が悪化の一路をたどった時だった。会話の内容から推測すると、メディアや出版業界で働いている者のようだった。周囲を気にせず、このような会話をすることに驚いた。
今思えばそんなに驚くことではなかった。最近の日本メディアの『韓国叩き』は、叩く度数が全く衰えないからである。
一般世論に影響が大きい放送の態度が見られたものではない。最近韓国で公憤を買った化粧品企業DHCの子会社、『DHCテレビ』の歴史歪曲や韓国蔑視が地上波放送にまで広がった様子だ。
ニュースや芸能情報などを軽く扱う『ワイドショー』は、「韓国はけしからん」一色である。解説者として登場する『専門家』は、韓国について冷笑したり
801003082600249041.jpg
「最近何が一番売れてる?」
「もちろん “韓国叩き” だ」

今月の初め、東京の中心街で偶然耳に入った会話の内容である。日本政府が韓国をホワイトリスト(輸出手続きで優遇国)から除外することを閣議(閣僚会議)で決めて、韓日間の対立が悪化の一路をたどった時だった。会話の内容から推測すると、メディアや出版業界で働いている者のようだった。周囲を気にせず、このような会話をすることに驚いた。
今思えばそんなに驚くことではなかった。最近の日本メディアの『韓国叩き』は、叩く度数が全く衰えないからである。
一般世論に影響が大きい放送の態度が見られたものではない。最近韓国で公憤を買った化粧品企業DHCの子会社、『DHCテレビ』の歴史歪曲や韓国蔑視が地上波放送にまで広がった様子だ。
ニュースや芸能情報などを軽く扱う『ワイドショー』は、「韓国はけしからん」一色である。解説者として登場する『専門家』は、韓国について冷笑したり揶揄を含んだ言葉を述べる者が大半である。韓国政府や国民について「反日だ」、「幼稚だ」などと非難をする。「韓国人は感情的なので何をするか分からない」など、ヘイトスピーチ(特定集団に対する嫌悪発言)も躊躇なく登場する。一方で安倍晋三政権の経済報復措置の問題を指摘する者はほとんどない。日本の放送は韓国無しでは生きられないのかと問い詰めたいレベルだ。
ところが実際にそうらしい。日本の某民間放送社の関係者はこのように話した。「視聴率のためです。いつも視聴率グラフを見ています。視聴率が明確に落ちるまでは続けます」
ソース:京郷新聞(韓国語)
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201908271556001&code=990334

>>2につづく

2ハニィみるく(17歳) ★2019/08/29(木) 09:17:49.23ID:CAP_USER
>>1のつづき

つまり、『視聴率至上主義』が問題なのだが、逆に考えると『韓国叩き』をすれば、喜んでテレビを見る日本人がどれくらい形成されているのかということでもある。
このような流れは、安倍政権に入って明確になった歴史修正主義と、右傾化の動きが作用していることを忘れてはならない。殖民地支配と侵略戦争の歴史の責任を認めない安倍政権の動きが日本国民の『反韓』、『嫌韓』感情を煽り、テレビも遠慮なく『韓国叩き』を行うのである。
実際、中学校の歴史教科書から日本軍慰安婦問題に関する記述はほとんど無くなった。去る3日、愛知トリエンナーレで『平和の少女像』の展示が中止になったのは、過去の日本軍の戦時性暴行を否認する歴史修正主義に基づいた政治家の詭弁と、これに同調する人々の脅迫によるものだった。安倍政権は人権問題である強制徴用問題に対しても、韓国側の対応を圧迫し、事実上の経済報復措置を取った。
絶えない日本の歴史修正主義的な言動の根底には、最終的には過去植民地だった韓国・朝鮮人に対する差別意識があるものと見られる。「韓国のくせに(意訳)」という考えが根底にあるため、「一度思い知らせてやる(意訳)」という式に繋がったのではないだろうか。このような態度はコノ・タロ(河野太郎)外相が先月、ナム・グァンピョ(南官杓)駐日韓国大使に対し(・・・違います)、「無礼だ」と言ったことからも伺える。元外務省の官僚は、「この発言はその昔、侍に一般庶民が “無礼” を犯した場合、殺しても処罰されなかった “キリステゴメン(切捨御免)” の延長線からの言葉だ」と話した。『目上の者』が『目下の者』に言う言葉であるという。ある在日同胞は、「日本は敵視する相手がいてこそ、自分の存在を確認する国」と話した。
韓国政府の韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)終了決定で、韓日関係はより一層揺れ動くことになった。日本で『嫌韓』が今以上に猛威を振るうのは明らかである。こういう時こそ冷静になる必要がある。日本側からの『上から目線』で頻繁に使う、『スクスク(粛々)とタムタム(淡々)と』立ち向かうことが必要ではないだろうか。『嫌韓』に『嫌日』で対応するつもりでなければ・・・。
・・・おしまい☆

【最近韓国で公憤を買った化粧品企業DHCの子会社、『DHCテレビ』の歴史歪曲や韓国蔑視が地上波放送にまで広がった様子だ。】w

「視聴率のためです。いつも視聴率グラフを見ています。視聴率が明確に落ちるまでは続けます」

地上波は視聴率が取れるから韓国叩きを続けている。しかしその視聴率を不正選挙の投票率や51対49の得票数みたいにコントロールできればメディア統制が可能になるw

世の中意外と単純にできているw

不正選挙、細工された視聴率、ツイッターのRT数を細工したプロパガンダ手法で世論誘導を試みたとしても、 それはほんとうの世論ではないw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。