弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「車両のドアに貼り付けたQRコードをホームの天井に取り付けたカメラで読み取ることで、ホームドアの開け閉めを行います」w update2

QRコード使いホームドア開閉 都営浅草線 全駅に設置へ 2019年6月8日 5時52分
東京都は、民間企業と共同で開発したQRコードを使って開け閉めを制御するホームドアを、2023年度までに都営地下鉄浅草線のすべての駅に導入することになりました。
東京都の交通局は、ホームからの転落事故などを防ぐため都営地下鉄でホームドアの設置を進めていますが、設置にあたっては相互乗り入れをしている鉄道会社の車両の改修が必要になることが課題となっていました。
このため都の交通局は産業用ロボットなどを手がける「デンソーウェーブ」と共同で、QRコードを活用してホームドアの開け閉めを制御するシステムを開発しました。
このシステムでは、車両のドアに貼り付けたQRコードをホームの天井に取り付けたカメラで読み取ることで、ホームドアの開け閉めを行います。
この技術を使えば車両側のシステムの改修が必要でないことから、コストの削減や工期の短縮につながるということです。
都の交通局は、このシステムを使ったホームドアを都営地下鉄浅草線に順次導入する予定で、来年の東京オリンピックまでに新橋駅や大門駅など4つの駅に先行して設置し、2023年度までにすべての駅に導入することにしています。

車両が停止するドア位置の上に少なくともカメラが1台設置される。

窓ガラスに貼ったQRコードも読み取れるのだろうけど、人身事故を起こすヒトの挙動も機械学習できるのだろうし、顔認証で誰がどの車両に乗ったのかもリアルタイムに把握することもできる。 乗客を識別したあとに特定の位置のホームドアだけを閉まらないようにもできるだろう。

さて、都営浅草線で何が起きるのだろうか?w

この研究チームは、鬱病の病理を解明する目的で自殺者の脳を集め始めた。自殺者は鬱に悩まされていた可能性が高いと考えてのことだった。ところが遺族に話を聞くと、意外なことが分かった。自殺者の約半数は鬱病ではなかったのだ。

しかし、自殺者に共通する主要な脳の異常(例えば神経細胞が少ないことや皮質が薄いことなど)が見られた部位は、扁桃体ではなかった。そのような違いが見られた部位は、脳の前部帯状皮質と背外側前頭前皮質だった。これらは、自らのストレスの度合いを主観的に判断するプロセスに関係する部位だ。

「客観的に見た症状の深刻さは同じでも、この人たちは主観的に感じる鬱症状がはるかに深刻だったのだろう」と、マンは言う。「このような人たちは、感情をコントロールすることが苦手なように見える。彼らが主観的に感じているストレスは、自殺行動のリスクがない人より大きい。自分が鬱状態にあることを感じ取るセンサーが過度に鋭敏だと言ってもいいだろう」

自殺者の脳は、意思決定に関わる部位にも異常が見られた。自殺リスクの高い人たちは、意思決定が必要な課題を与えられたとき、リスクの高い選択をする傾向がある。

自殺する者の半数はウツではなかった。ウツに過敏な者が自殺していたのだw。

マイカー通勤がないのでアクセルとブレーキを踏み間違えさせる手法は都会では使えない。 脳をBMI兵器でウツに過敏させ、サイバー兵器でウツになるような情報を送り、都営浅草線に飛び込んでしまう手法にチャレンジしてるのさw。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。