弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

イラクのバクダット空港でイラン革命防衛隊のガーセム・ソレイマニ(Qassem Soleimani)を空爆で暗殺… update3

アサドがジェフリーエプスタインの自殺を語る。トルコでホワイトヘルメット創設者も自殺していた…

「これは驚愕。イラク首相は米兵は去るべきだと米政府に伝えた。トランプは彼にイランとの仲裁を頼んで、ソレイマニへのドローン爆撃命令をだした。ソレイマニが攻撃されたとき、サウジ主導の緊張緩和の返信を運んでいる途中だった。」

特にアラムコは、わざわざIPOさせて、その後にイランと揉めて暴落させた…w
トランプ流w


サウジ…w


アラムコ…w


クウェート…w


ドバイ…w


カタール…w


エジプト…w

ソレイマニにとってのイスラム国™掃討作戦はバグダットの米大使館を攻撃することだったw
なんだそれw。バカ同志とことんやれよw

イラン国連大使 “司令官はIS掃討作戦遂行”と反論 2020年1月4日 14時25分
イランの司令官が殺害されたことを受けて、イランの国連大使は国連事務総長に書簡を送り、司令官はテロ組織の掃討作戦に当たってきた人物だと主張して、アメリカの外交官などを標的にした攻撃を計画していたとするトランプ政権の主張に反論しました。
アメリカ軍が、イラクの領内でイランの精鋭部隊、革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害したことを受けて、イランのラバンチ国連大使は3日、国連のグテーレス事務総長と安全保障理事会の議長に対して書簡を送りました。
この中でラバンチ大使は、「ソレイマニ司令官が国際法と国連安全保障理事会の決議に沿う形で、周辺国家の要請に基づいて過激派組織IS=イスラミックステートなど最も危険なテロ組織の掃討作戦に従事してきたことは関係国が広く知るところだ」と主張し、ソレイマニ司令官がアメリカの外交官や軍人を標的にした攻撃を計画していたとするトランプ政権の主張に反論しました。
そのうえで、「国連の安全保障理事会はアメリカによる不法な犯罪行為を非難する責任がある」として、書簡を安保理のすべての理事国に回覧するよう求めています。これに対して、安保理内からは具体的な反応や臨時の会合を要請する動きは出ていませんが、イランとしては、国連を通じて主張を展開し、国際社会の支持と理解を得たいものとみられます。

「司令官はテロ組織の掃討作戦に当たってきた人物だと主張して、アメリカの外交官などを標的にした攻撃を計画していたとするトランプ政権の主張に反論しました。」w

イランがイラクでイスラム国™を退治してたら、なんとそれは米の外交官だったというコメディw、そして米はイランに報復してしまうw

【三菱 vs CIA】国華産業「なぜわれわれの船が」それはね、あべちんがイラン訪問ちうだかーらw

アラムコ(aramco)のIPO担当銀行を決めたらイラン・イラク国境方面からドローンで誘導する巡航ミサイルが飛んできて、イエメンのフーシ派が犯行声明w。ベタ杉な神保玲子シーケンスw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。