弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

NRCは2008年に地震リスク評価が欠落してること認識 update5

「2007年のSOARCAで地震のPRA(確率論的リスク評価)が全く欠落していることが判明。すべてのイベントやシナリオやモデルなどの想定が地震で破綻することに気付いた。」と2010年のSOARCAのミーティングでのみんなの認識。何これw ML11363A110 24/317ページ

「原子炉を構成する部品それぞれのモデルは存在しない。しかし原子炉全体の不確実性はそんな部品の不確実性の蓄積だ。 MELCORにしろMACCSにしろシミュレーションする為にパラメータを設定をするが、それでは統合リスク評価をしてることにならない。」23/317ページ。STETKAR面白杉


NRCがモデルに地震の想定が欠落していて大恥掻いたとか頬っぺた引っぱたかれたと言ってたのは中越地震の柏崎刈羽の事故のことだった。→ SOARCA Seismic Issue 2008/12/17 ML11228A229

猿のタイムライン。

2004年10月23日新潟中越地震が起き柏崎刈羽が壊れた。
2005年8月不正発覚以来、東京電力の「やらせ」安全確保対策
2007年NRCはSOARCAのシナリオを選択(地震想定のPRAがなかった)
2008年3月経産省はフクイチ、2F、柏崎刈羽の地質調査完了をNRCに報告。
2008年11月2日ACRS in an October 2,2008 public meeting identified a potential LERF seismic event for Surry from NUREG-1150
2009年6月経産省はフクイチの地震対策完了をNRCに報告。
2010年6月21日TINKLERが2007のSOARCAで地震想定のPRAがなかったことを発言。
2011年3月11日フクイチ1号機のイソコン配管が地震で破断し炉心損傷後水素爆発。

ML11228A229から地震想定のPRA(確率論的リスク評価)は今でも課題になっている。 今現在、地震想定のPRAは誰もやってない。日米ともにやってない。これでは日本の原発はマジにヤバいことになる。


ML080590445の8/26ページ。 経産省はフクイチの地質調査を2008年8月に完了報告。地震対策を2009年6月に完了報告。なぜかNRCに進捗報告。 この対策は役にたたなかった。結局何が完了してたのだろう。 つか経産省は書類だけで本当は何もやってない。経産省にカネと時間をいくら与えても全くの無駄だ。

GE日立がリトアニアのABWRで免震基礎(Seismic Isolation System)を初めて提案してるのだから当たり前か。

規制委の田中が言ってるのはどうもこれの事らしい。 原子力発電所における確率論的安全評価(PSA)の品質ガイドライン(試行版) 平成18年4月 原子力安全・保安院 原子力安全基盤機構

この原発における確率論的安全評価(PSA)読んで思い出すエピソード。
開発会社「その障害が発生するのは1万分の1くらいですよ。大したことありません。」
証券会社「毎朝取引所が開いて2万件の約定トランザクションが動く。障害に遭遇するユーザが毎朝2人も発生するということか。」
開発会社「…」

しかしNRCの議論のタイプスクリプトを読んだ後に、猿のPSAを読むをガッカリするな。 日本では確率や統計というのは人を騙すときに使うものだ。そんなので安全性を確保できるのか。 数値目標を設定しない作文で安全性をテスト検証できるのか。作文がうまいと安全と言えるのか。

東電、05年にも「やらせ」か 福島の公聴会に40人動員

内閣府の原子力委員会が2005(平成17)年8月に福島市で開いた原子力政策大綱案についての公聴会で、東京電力が関連企業を含め出席者135人の約3割に当たる約40人を動員していたことが4日、分かった。発言者23人のうち、東電側から6人が発言し、原子力利用の着実な推進を打ち出すとした大綱案の内容に賛成したとみられる。東電は「事実関係を調査中」として、詳細を明らかにしていない。

 公聴会は、05年から10年間にわたる国の原子力政策の基本方針となる大綱案の策定に向け、国民の意見を反映させる趣旨で福島市を含む全国5カ所で開催。近藤駿介委員長も出席した。

 福島市での公聴会議事録によると、「(電力の)将来の安定供給に向け原子力は必要」「不正発覚以来、東京電力の安全確保対策が確実に行われていることを評価している」などと大綱案に賛成する発言が記録されている。また、一部の発言者からは「きょうは事業者関連の方がだいぶお見えでございますし…」など、東電関係者が多数出席していることをうかがわせる発言もあった。 (2013年4月5日 福島民友ニュース)

まずは安全対策なしのカミカゼな推進をやめさせないと。



経産省なんて最初から存在しなかったんだ。 まぁ確かに役人なんて作文と誤字脱字とかページ番号のチェックしかできないからな。 少し専門的になると原発メーカーからの出向者に丸投げなんだろ。 これでは何回も核爆発は起きてしまうわな。陰謀論以前の問題。

結局、単純な癒着問題だったのか。そしてこの状態がバレないように 宗主国がーとかユダヤがーとかマグナBSPがーとかHAARPがーって霞ヶ関から スピンやってたのか。あほだなー。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。