弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

UAEから帰国中のローマ法王がフランスの司祭が修道女を性奴隷にしていたことを認めたw update6

【ドナーの起源】カルロスゴーンとカトリック教会マロン派。レバノン首相のリヤドでの強制辞任会見とマロン派大司教のリヤド訪問w

Francis praised his predecessor, Pope Benedict, for dissolving one congregation of nuns “because slavery had become part of it – even sexual slavery on the part of priests or the founder.” A Vatican press director confirmed the pontiff was referring to the Community of St. Jean in France, which was dissolved during Benedict’s first year as Pope after he was blocked from investigating the order as a cardinal. That was in 2005.

ローマ法王、フランスの司祭が修道女を性奴隷にしていたと認める 2019年02月6日
フランシスコ法王は神父による性暴力を中東訪問中に認めた。写真はアブダビを訪れた法王
ローマ法王フランシスコ1世は5日、男性聖職者が修道女を性的に暴行する問題が継続中で、性奴隷扱いしていたケースもあると認めた。フランシスコ法王が、司祭による修道女の性的暴行を公に認めるのは、これが初めてと思われる。
訪問先のアラブ首長国連邦(UAE)から帰国中の法王は、専用機内で同行記者団に対し、フランスにあった修道会で神父たちが修道女たちを「性奴隷」扱いしていたため、前任者の法王ベネディクト16世が修道会を閉鎖させたことを認めた。
「ベネディクト法王は勇気をもって、女性修道会を解散した。というのもこの修道会の女性たちは、修道会を創設した神父たちによって性的奴隷と言える状態に置かれていたので」と法王は述べた。
フランシスコ法王はその上で、カトリック教会として問題に取り組み続けているものの、司祭による修道女の暴行は「今も続いている」と話した。法王によると、修道女の性的虐待は「特定の、主に新しい修道会」で行われているという。
法王庁のアレッサンドロ・ジソッティ報道官はこの後、米CBSニュースに、この問題の修道会はフランスにあったと明らかにした。
昨年11月にはカトリック教会の修道女が集まる国際組織が、自分たちの発言を食い止める「沈黙と秘密の風習」を非難していた。
法王庁の女性向け雑誌は2月号で、司祭に暴行された修道女が人工中絶を余儀なくされるケースもあると告発していた。カトリックの教義は人工中絶を禁止している。
この雑誌記事によると、2017年秋にアメリカを皮切りに世界的に広まった性暴力被害者を支援する「#MeToo(私も)」運動によって、前よりも多くの女性聖職者が虐待の経験を明かすようになっているという。
(英語記事 Pope admits clerical abuse of nuns including sexual slavery)

Just days ago the Vatican's women's magazine, Women Church World, condemned the abuse, saying in some cases nuns were forced to abort priests' children - something Catholicism forbids.

The magazine's editor, Lucetta Scaraffia, said Pope Francis's acknowledgement of the abuse "can be of some help", but warned that the Church needs to act.

【ちょうど前日にバチカンの女性雑誌「Women Church World」が虐待を非難した。それによると堕胎はカトリック教義(Catholicism)では禁止されているが、いくつかのケースで修道女が司祭の子供を堕ろすことを強制されていた。】

【雑誌の編集長の Lucetta Scaraffia によるとフランシスコ法王は、教会は行動する必要があると警告せずに、虐待が「何らかの救済になるかもしれない」と言ったようだ。】w

ぐはは。これがMbSが国連で非難されてる理由かぁw。どうやらカトリック教会はいまも墓穴を掘ってる最中らすい。まぁ教会が墓穴を掘るのは仕事なんだろうけどw。

thetablet.co.uk→Vatican women's magazine condemns sexual abuse of nuns by priests

Editor Lucetta Scaraffia writes that the issue “reflects on the theme of abuse, that is, perverse use of touch”.

The article explains that Pope Francis’ understanding of abuse “can be of some help” in understanding how abuse against religious sisters comes about.

“If you point to power, to clericalism, the abuse against religious sisters takes on another aspect and can finally be recognised for what it is: that is an act of power in which touch becomes a violation of one's personal intimacy," it says.

The article says that reports of priests sexually abusing nuns in Africa were filed to the Vatican in the 1990s. Yet, nothing changed. Now, as part of the #Metoo movement, and as the sexual abuse of minors comes to the fore, women are beginning to publicly denouce their abuse.

"If the church continues to close its eyes to the scandal — made even worse by the fact that abuse of women brings about procreation and is therefore at the origin of forced abortions and children who aren't recognised by priests — the condition of oppression of women in the church will never change," Scaraffia wrote.

テンパってるフランシスコ法王w。このローマ法王は信用してもいいのではないか?w

テレ朝→記者殺害「身の毛のよだつ音声」 国連がサウジ批判

2019年2月8日 16時20分 テレ朝news 記者殺害「身の毛のよだつ音声」 国連がサウジ批判
 去年10月にサウジアラビア政府に批判的だったジャマル・カショギ記者が殺害された事件に関し、国連が殺害時の音声記録を聞いたと明かしたうえで、サウジ側の対応を批判する声明を出しました。
 国連の人権機関は7日、「調査チームはカショギ記者殺害時の身の毛のよだつ音声記録にアクセスした。殺害はサウジの政府高官によって事前に計画され、実行されたことを証拠が示している」との声明を出しました。また、「トルコの公平で透明性のある捜査がサウジによって妨害されている」とも述べ、サウジ側の対応を批判しています。カショギ記者は去年10月、トルコのイスタンブールにあるサウジ総領事館で政府関係者らによって殺害されました。サウジ政府による真相の隠蔽を恐れたトルコ側の求めに応じ、国連の特別報告者が先月末、トルコを訪れて調査を実施していました。調査結果は6月の国連人権理事会で報告される予定です。

サウジ皇太子、殺害1年前にカショギ氏を「銃弾で」狙うと発言 2019年2月8日 12:11 発信地:ワシントンD.C./米国
サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子。アルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれた20か国・地域(G20)首脳会議にて(2018年11月30日撮影)。(c)Ludovic MARIN / AFP
【2月8日 AFP】サウジアラビア人ジャーナリストのジャマル・カショギ(Jamal Khashoggi)氏が殺害された事件で、米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は7日、サウジのムハンマド・ビン・サルマン(Mohammed bin Salman)皇太子(33)が事件の1年前に側近との会話でカショギ氏を「銃弾で」狙うと発言していたと報じた。米情報機関からの情報だという。
 同紙によれば米情報機関はこの発言について、文字通りの「射殺する」との意味ではなかった可能性はあるものの、いつでもカショギ氏を殺害できるという意思表明だったと受け止めている。
 皇太子に批判的な記事を書いていたカショギ氏は2018年10月2日、トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館内で殺害された。今回報じられた皇太子の発言は、その約1年1か月前の2017年9月に側近との間で交わされた会話の中に登場したという。
 皇太子は側近に対し、カショギ氏が帰国の誘いに乗らないなら強制的に連れ戻す必要があると発言。そのいずれも不可能な場合は、同氏を「銃弾で」狙うと述べていた。
 ニューヨーク・タイムズによると、この会話は米情報機関が傍受したもので、皇太子とカショギ氏殺害事件を結び付ける決定的な証拠を求めて捜査を強化した結果、最近になって書き起こされたという。国家安全保障局(NSA)をはじめとする米情報機関は、同盟国を含む世界各国の指導者の通信を日常的に記録・保存している。
 サウジ当局は当初、カショギ氏失踪への関与を全面否定していたが、その後、総領事館内で暗殺チームによって殺害されたことを認めた。しかし、皇太子の関与については強く否定している。(c)AFP


どうやらCIAからの圧力に屈せずカトリック教会のタブーを摘発してるのはこの3人みたいだなw。

全世界の女性の守護神になってしまったイスラム教スンニ派のゲーマー王子w。 そーいえば、今のCIAは初めての女性長官なんだっけかw。

「公聴会によると、駐英バチカン大使は、主なローマカトリック私立学校での数十年の性的虐待の公的調査の証拠の受け取りを拒否した。 」w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。