弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

仏アルプスの町 #pontdebeauvoisin で結婚パーティーのさなかに9歳の少女が行方不明。ブザンソン事件の意味と目的がやっと判明する。 update6

ISERE / SAVOY
Maëlys case: the autopsy of the body is finished, the remains will be given to the parents The forensic expertise, carried out on the body of the little Maëlys, is completed nearly three months after the discovery of the child in the forest at the foot of Mount Grêle in Attignat-Oncin (Savoie).
THE 21/05/2018 AT 10:25 UPDATED THE 21/05/2018 AT 10:27
The autopsy of the body of little Maëlys, 8 years old, is finished according to the information of our colleagues of Dauphiné libéré.
Three months have been necessary for the experts of the IRCGN, Criminal Investigation Institute of the National Gendarmerie, to examine the bones of the girl whose body was discovered February 14 in the forest at the foot of Mount Hail Attignat-Oncin (Savoie).
It was Nordhal Lelandais, suspected of the murder of the child, who had led the magistrates to the places where he had abandoned the body.

Funeral in June
During his last interrogation, Nordahl Lelandais had confessed to accidentally killing Maëlys by slapping him in the car between Pont-de-Bauvoisin (Isère) and his home in Domessin (Savoie).
The parents of Maëlys will soon recover the remains of their daughter and organize his funeral that will take place in early June.
「検死に3ヶ月。遺族に遺体が引き渡される。」 「葬式は6月のはじめ。」 「遺体は2月14日にHail Attignat-Oncin (Savoie)山の麓で発見された。 犯人のNordahl Lelandais はPont-de-Bauvoisin (Isère)から自宅の and his home in Domessin (Savoie)に向かう途中の車内で引っ叩かれたので誤って殺してしまったと自白。」

independent.co.uk→Maelys de Araujo: French police arrest man over missing girl 'kidnapped' from Alpine wedding(2017年8月31日)
結婚式のゲストだった34才の男が拘留された。 式の途中で去ったので「マリエスの失踪に関連してる可能性がある」とか。

ぐはは。ダメだわ。黒崎愛海のときみたいにグズグズになってる。

「マイリスの失踪。34才を拘留中。5日が経過。」 「今朝、私たちは34歳の男性が拘束されたことを知りました。 その人物はすでに取り調べ中と聞かされている。彼の言葉にはいくつかの "矛盾"があるとか、詳細は不明。」

結婚パーティーのさなかに9歳少女が行方不明、誘拐の恐れ 仏 2017年08月30日 10:52 発信地:ポンドボーボアザン/フランス
【8月30日 AFP】フランス・アルプス(Alps)の町で、結婚パーティーのさなかに9歳の少女が行方不明となり、48時間以上たっても発見されていない。29日にはヘリコプターや警察犬も投入した大規模な捜索活動が行われた。
 マイリース・ド・アロジョ(Maelys de Araujo)さんの行方が分からなくなったのは27日午前3時(日本時間同10時)ごろ。両親や他の親族と共にフランス・アルプスのシャンベリ(Chambery)近郊の町ポンドボーボアザン(Pont-de-Beauvoisin)で行われた結婚式に出席していた。
 地元紙の報道によると、アロジョさんがいなくなったことを会場にいたDJが告げると、来場者は結婚式を打ち切り、必至になって捜索活動を行ったという。
 地元の警察当局は、警察犬3頭がアロジョさんのおもちゃのにおいで足取りを追跡したが、結婚式場前にある駐車場の「同じ場所」で痕跡が途切れたと明らかにしている。検察当局は記者会見で「あらゆる手掛かりを捜している」と語った。


ブザンソン、ジュネーブ、ポン=ド=ボーボアザン(Pont-de-Beauvoisin)w
IBMチリのニコラスはブサンソンからジュネーブ、マドリードを経由してチリに帰国したんだったな。

あ、ジュネーブてWHO本部があるんだ。

WHOインターンで臓器移植分野を希望した筑波大の医学生w
■WHOインターンで臓器移植分野を希望した経緯■
大学医学部での授業を通じて、小さな臓器でありながら、全身を映す鏡ともいわれるほど生命維持に重要な役割を果たす腎臓に魅せられました。その後大学4年次に学生団体の交換留学でスペインの大学病院の腎臓内科に留学しました。スペインは移植大国であり、留学中に“Modelo Espanol (スパニッシュモデル)”と呼ばれる世界に先駆けて確立された移植コーディネートのシステム、および腎臓内科的な腎移植管理に関心を持ち、臨床と国際保健の両方の観点から臓器移植について知識を深めたいとの思いが強くなりました。その後、上記のように紆余曲折を経て、ようやく大学6年次の春にWHOインターンを実現することが決定しました。
ぐはは。そうなのか。しかもスペインに留学したか。

あ、これだ。国連(WHO/ジュネーブ本部)は既にイスラム国™に対する人質交換スキームを確立してる。もちろん人質交換なんて成立しないわけで、それに備えて執行されるのが臓器狩りなんだ。

イスラム国™はボコハラムのスピンだった。これで世界で起きている全体像が説明できるのでは?

やっとブザンソンで黒崎愛海に起きた事件の目的と意味がわかったよ。)前川喜平文科省事務次官。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。