弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

床に向かってムーンウォークする肺ペストを使って臓器の流通ルート(サプライチェイン)を追跡する… update9

香港と京都と中野坂上で突然倒れて痙攣する人々…(2020年2月22日)

ウイルス自体が全身に広がるのではなく「サイトカインストーム(免疫の暴走/Cytokine storm)」を起こし、床に向かってムーンウォークさせるゴッドデバイス…(2020年2月21日)

WHO調査報告書 症状の特徴・致死率など詳しい分析明らかに 2020年2月29日 22時55分
新型コロナウイルスの感染が広がっている中国で、WHO=世界保健機関などの専門家チームが行った共同調査の報告書が公表され、感染者の症状の特徴や致死率などについて詳しい分析を明らかにしました。
この報告書は、WHOが派遣した各国の専門家や中国の保健当局の専門家らによるチームが現地で調査にあたり、2月20日までに中国で感染が確認された5万5924人のデータについて分析しています。
それによりますと、感染者からみられた症状は
▽発熱が全体の87.9%、
▽せきが67.7%、
▽けん怠感が38.1%、
▽たんが33.4%、
▽息切れが18.6%、
▽のどの痛みが13.9%、
▽頭痛が13.6%などとなっています。

また、感染すると平均で5日から6日後に症状が出るとしています。
感染者のおよそ80%は症状が比較的軽く、肺炎の症状がみられない場合もあったということです。
呼吸困難などを伴う重症患者は全体の13.8%、呼吸器の不全や敗血症、多臓器不全など命に関わる重篤な症状の患者は6.1%だったということです。
重症や死亡のリスクが高いのは60歳を超えた人や高血圧や糖尿病、それに、循環器や、慢性の呼吸器の病気、がんなどの持病のある人だということです。
逆に子どもの感染例は少なく、症状も比較的軽いということで、19歳未満の感染者は全体の2.4%にとどまっていて、重症化する人はごくわずかだとしています。
子どもの感染について報告書では多くが家庭内での濃厚接触者を調べる過程で見つかったとしたうえで、調査チームが聞き取りを行った範囲では、子どもから大人に感染したと話す人はいなかったと指摘しています。
一方、5万5924人の感染者のうち死亡したのは2114人で、全体の致死率は3.8%でした。
致死率は高齢になるほど高く、80歳を超えた感染者の致死率は21.9%と5人に1人に上っています。
特に、合併症の患者は致死率が高く、
▽循環器の病気がある人は13.2%、
▽糖尿病が9.2%、
▽高血圧が8.4%、
▽慢性の呼吸器の病気が8.0%、
▽がんが7.6%となっています。

また、感染拡大が最も深刻な湖北省武漢は、致死率が5.8%なのに対し、その他の地域では、0.7%と大きな差が出ています。
さらに、ことし1月1日から10日までに発病した患者の致死率は17.3%となっているのに対し、2月1日以降に発病した患者の致死率は0.7%と低く、感染拡大に伴って医療水準が向上した結果だと分析しています。
おかしいなぁ…、痙攣や吐血、床に向かってムーンウォークの記述がないぞw

北京で肺ペスト発生 感染力強く致死性も 2019年11月14日 0:15 発信地:北京/中国 [ 中国 中国・台湾 ]
マダガスカルで肺ペストを含むペスト感染が発生した際の消毒作業の様子(2017年10月10日撮影、資料写真)。(c)RIJASOLO / AFP
【11月14日 AFP】中国・北京市の病院で、患者2人が肺ペストと診断された。病院のある区の当局が12日、ウェブサイトで明らかにした。肺ペストは発生こそまれなものの感染力が強く、治療を怠れば死に至る。
【関連記事】中国北西部で2009年に発生した肺ペストの様子
 当局によれば、患者らは同国北部の内モンゴル(Inner Mongolia)自治区の出身で、現在は北京市内の病院で治療を受けている。当局はまた、すでに「予防・管理措置が取られている」と説明した。
 北京市の人口は2100万人を超える。AFPは市当局にコメントを求めたが、回答はなかった。ただし世界保健機関(WHO)は、中国の当局から肺ペスト発生の報告があったことを確認している。
 肺ペストは一般的な腺ペストよりも危険性が高い。WHOによると、「ペストの中で最も悪性の形態」で、患者は24~72時間で死に至る可能性がある。また、極めて感染力が強く、「人から人へ飛沫(ひまつ)感染し、深刻な流行を引き起こす可能性がある」という。症状としては、発熱、悪寒、嘔吐(おうと)、吐き気などが見られる。(c)AFP

中国北西部、肺ペストで2人死亡 中露の国境監視強化 2009年8月4日 14:24 発信地:北京/中国 [ 中国・台湾 中国 ]
中国北西部、肺ペストで2人死亡 中露の国境監視強化
中国北東部・黒竜江(Heilongjiang)省Suifenheでロシアとの国境に立つ国境警備官(2006年7月7日撮影、本文とは関係ありません)。(c)AFP/GOH CHAI HIN
【8月4日 AFP】中国北西部青海(Qinghai)省の保健当局は2日、海南チベット族自治区(Hainan Tibetan Autonomous Prefecture)Ziketanで肺ペストに感染した男性2人が死亡したため、同地区を封鎖する隔離措置をとったと発表した。
【関連記事】肺ペスト感染源は最初の死者の飼い犬か、住民は相次ぎ脱出 中国
 保健当局および国営新華社(Xinhua)通信によると、死亡したのは牧畜業を営む32歳の男性と、その近隣に住む37歳の男性。このほか、前日の検診で11人が肺ペストに感染していることが分かったという。
 当局は、同地区内には当面、封鎖が続いても自給自足に十分な物資があるとしているが、封鎖解除の時期については、明らかにしていない。
 中国と国境を接するロシアも、青海省での肺ペスト感染をうけて3日、中露国境での監視強化を発表した。
 ロシア通信(RIA)によると、ロシア保健当局のゲンナジー・オニシチェンコ(Gennady Onishchenko)局長は、肺ペスト感染の発生地から国境までの距離はかなりあるとしながらも、国境を通過する中国人、ロシア人の双方に対し、感染有無の確認を強化すると語った。
 肺ペストは空気感染するため、ノミによって感染する腺ペストよりも、人を通じて拡大しやすい。また、腺ペストの致死率は60%だが、肺ペストの場合は、適切な治療を施さなければ致死率は100%に至ることもある。(c)AFP

afpbb.com→肺ペスト感染源は最初の死者の飼い犬か、住民は相次ぎ脱出 中国

肺ペスト感染源は最初の死者の飼い犬か、住民は相次ぎ脱出 中国 2009年8月6日 14:32 発信地:北京/中国 [ 中国・台湾 中国 ]
肺ペスト感染源は最初の死者の飼い犬か、住民は相次ぎ脱出 中国
中国・青海(Qinghai)省の省都西寧(Xining)の南西約250キロにある幹線道路(2009年3月9日撮影、資料写真)。(c)AFP/Frederic J. BROWN
【8月6日 AFP】(一部更新)中国北西部の青海(Qinghai)省海南チベット族自治区(Hainan Tibetan Autonomous Prefecture)の興海(Xinghai)県Ziketanで発生した肺ペストで6日、初期検査の結果、最初に死亡した牧畜業の男性の飼い犬が感染源とみられることが明らかになった。中国国営新華社(Xinhua)通信が、地元当局の情報として報じた。
【図解】中国チベット自治区で肺ペスト
 報道によると、飼い犬がペスト菌に感染したマーモットを食べて死亡し、この犬を埋葬する際に飼い主の男性に感染した可能性が高いという。男性は、犬を埋葬した3日後に死亡した。
 肺ペストは空気感染で感染が拡大しやすく、当局は厳しい隔離措置を取って住民の移動を禁じ、道路に検問所を設けて監視している。ただ、5日の新華社報道によると、興海県では感染を恐れる住民らが相次いで町を脱出しており、AFPの電話取材によると、検問を避けて徒歩で避難しているという。実際に隔離地域を脱出した住民がいるかどうかは不明。また、町中は大半の店がシャッターを下ろし、住民は家にこもっており、ゴーストタウンのようだという。
 これまでの感染状況は、1人が重体、ほかに7人の感染が確認されている。感染者の多くは最初の死者の親族だという。興海県は省都西寧(Xining)から南西に約200キロ。(c)AFP
あー、犬肉だわw、韓国の大邱(テグ)もw

武漢に神殿を建てていた「新天地」から新型コロナウィルスが拡散してルートが表面化するw

中国で2人が肺ペストに感染、危険性高い劇症型 2019.11.14 Thu posted at 10:04 JST
中国で2人が病原菌によって引き起こされるペストに感染した/ National Institute of Allergy and Infectious Diseases
(CNN) 中国でこのほど2人が肺ペストと診断され、北京の病院で治療を受けている。当局が12日に明らかにした。
この地域でペストの患者が確認されたのは、今年に入ってこれで2度目。5月にはモンゴル人の夫婦が現地で療法食とされるマーモットの腎臓を生で食べ、腺ペストのため死亡していた。
新華社通信によると、今回感染が確認されたのは内モンゴルから来た2人の患者で、北京の病院で肺ペストと診断された。現在は北京の朝陽区にある病院で治療を受けており、当局は感染予防のための対策を講じた。
ペストは病原菌によって引き起こされる感染症で、ノミや動物を通じて感染する。症状は3種類に分類され、腺ペストはリンパ節が腫れ、敗血症型ペストは血液に感染、肺ペストは肺に感染する。
世界保健機関(WHO)によると、今回中国で患者が発生した肺ペストは特に危険性が高く激しい症状を伴い、治療しなければ確実に死に至る。
中世の欧州ではペストの流行で5000万人が死亡した。その後抗生剤が開発され、早期に治療を受ければほとんどは回復が見込めるようになった。それでもペストが消えることはなく、ここ数年は再び台頭する傾向にある。
WHOによると、2010~15年にかけて世界で報告された症例は3248例を超え、うち584人が死亡した。感染報告が多かった国の筆頭はコンゴ民主共和国(旧ザイール)、マダガスカル、ペルーの順だった。
米疾病対策センター(CDC)米国でも年間数人から数十人の症例が報告されている。


「WHOの2010~2015年データをもとにCDCが作成したペスト発生症例の世界分布図。」 コンゴ、ウガンダ、タンザニアとマダガスカル…、 うーむ、そーいえば火事になった中古車パーツの会社あったよなw。 そして南米のペルーとボリビアw、ゴンの南米ルートかぁ…

豚コレラやCOVID19と同じだ。臓器の流通ルートを追跡するのに肺ペストを使ったのか、やるなーw

東アフリカ向けの中古車部品と中古車流通ビジネスのセントパーツ(saintparts)が大炎上…(2019年5月2日)

またしても吉本興業GJ…w

つまり、被曝した中古車を追跡することで流通ルートが表面化したw

ウラジオストク税関「21日午後に日本から到着したトヨタ自動車のプリウス1台から基準値を超える放射性物質(ベータ線)が検出された」w(2020年1月21日)

世界が注視してたのかぁ、すっげーw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。