弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

DNAを細工してブタの肺でヒトの血液を浄化する。これが「いじめ自殺」を偽装して中高生が大量に殺害されている理由 update4

nVidiaのCUDAを使ったDNA高速解析がボコハラムの違法臓器売買闇市場を創出w
から切り出し。

ヒトの臓器もった動物の出産、解禁 文科省が指針改定
戸田政考 2019年3月4日06時50分
 動物の受精卵が成長した胚(はい)に、ヒトの細胞を注入した「動物性集合胚」の取り扱いについて、文部科学省は1日、より幅広い研究ができるように指針を改定した。禁じられていた動物性集合胚の動物への移植や、この胚を使った出産が可能になる。動物の体内でヒトの臓器を作る研究が国内でも本格化するとみられる。ヒトの子宮への移植や、この方法で生まれた動物の交配は禁じる。
 改定で、例えば膵臓(すいぞう)ができないようにしたブタの胚にヒトのiPS細胞を注入後、胚をブタの子宮に移植し、ヒトの膵臓を持つ子どものブタを作れる。
 将来的には、この方法で作った臓器を取り出し、治療目的でのヒトへの移植も検討されている。ヒトと動物の外見が混じった個体が生まれる可能性は、極めて低いとされる。
 これまで動物性集合胚を作るの…

加計学園は、これまでの獣医学部にはない、最先端のライフサイエンス研究のために「バイオセーフティーレベル3」の施設をつくるとしている。これは、細菌やウイルス、微生物などを厳重な管理下で研究するものだ。専門家によれば、

「鳥インフルエンザ、HIVウイルスなどが研究対象です。最高のレベル4だとエボラ出血熱のウイルスなどになります。レベル3や4は非常に高度でかつ厳重な管理が必要で、それに対応できる施設でなければいけません」

鳥インフルでもHIVでもないだろう。だぶん研究対象はこれだ。

気象兵器フクイチで大気中の放射能濃度は上昇する一方だ。DNAを改ざん、修復する技術が欲しいのだろう。ドクターモローの愛媛県w。

安倍政権は窮地などではない。あべちんはよくやってると思うw。

リアル「ドクターモローの島」w
ナショナル・ジオグラフィック→ Human-Pig Hybrid Created in the Lab—Here Are the Facts


「実験室で豚の肺でヒトの血液を浄化」メリーランド州立薬科大学のラーズ・バードフf研究室ではヒトの血液が豚の肺で浄化されている。毎年何千人もの人々が移植臓器が足りなく死亡。科学者はCRISPRという技術で豚の臓器のヒトを攻撃するウィルスを騙す実験をしている。

「それは現実に一歩近づいた。Salk機関が主導するチームがCell紙に投稿。 チームは科学でキメラとして知られている2つの異なる種の細胞を持つ臓器の生成に成功。」w
はぁ?

要するに豚の細胞ですらDNAを細工して拒絶反応を抑えヒトの細胞と共存できるわけ。全国の子供がいじめ自殺に見せかけて大量に殺害されてる理由はこれだ。そりゃぁ自治体が競争で人さらいやるわけだ。中高生がひとり数千万円に見えるのさ。

ボコハラムって731部隊のことだ。中高生やナイジェリアの女子供は丸太(マルタ)なのだ。

文科省(731部隊、ボコハラム)がいじめや同調圧力で社会から疎外した「ニート」の目的は臓器在庫(マルタ)のつもりなのかもw。

ついに「人さらい」対策としてDNA情報の暗号化技術が登場。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。