弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

米露スパイ逮捕合戦w。カナダ生まれで英国籍、英米アイルランドカナダのパスポート。アイルランド外務省に支援要請w update3

【7つのパスポート】孟晩舟(Wanzhou Meng)は2009年にバンクーバーに家を購入。家族とともに永住市民(permanent residency status)で、イランとの取引は2013年、逮捕状の発行日は2018年8月22日w

The New York Times said that CIA almost never sends its officers into Russia without diplomatic protections, while John Sipher, former clandestine CIA operative who worked in Moscow, insists that Whelan does not fit the profile of a spy, according to NPR.
NYTによるとCIAが外交特権なしにロシアに職員を送り込むことはほとんどありえない。NPRによると、元CIA秘密情報員でモスクワで活動していたJohn Sipherはウェランはスパイのプロファイルに当てはまらないと主張w
パスポートをたくさん持ってるからと言ってスパイというわけではないとCIA w

スパイ疑いの米男性、四重国籍か 英、ロの「外交チェス」に警告 2019年1月5日 7:00 発信地:ロンドン/英国 [ 英国 ヨーロッパ 米国 北米 ロシア ロシア・CIS ]
【1月5日 AFP】ロシアで米国人元海兵隊員のポール・ウィラン(Paul Whelan)被告(48)がスパイ行為の疑いで逮捕・起訴された問題で、英政府は4日、ロシアに「外交チェスゲーム」をしないよう警告した。ウィラン被告については、米英に加えアイルランドとカナダの国籍も保持する四重国籍者だと報じられている。
 ジェレミー・ハント(Jeremy Hunt)英外相は英BBC放送とのインタビューで、英領事とウィラン被告との面会は今のところ実現していないと説明。「われわれは彼にあらゆる支援を行っているが、個人が外交チェスゲームに使われることには同意できない」と述べた。
 ロシア連邦保安局(FSB)によると、ウィラン被告は先月28日、モスクワで「スパイ行為に及んでいる途中」に逮捕された。一方の家族はウィラン被告がスパイであるとの疑いを否定し、モスクワを訪れていたのは米国人の友人とロシア人女性との結婚式に出席するためだと説明している。
 当局関係者がAFPに明らかにしたところによれば、ウィラン被告はアイルランドのパスポート(旅券)も保持しているが、ロシアには米国のパスポートを使い入国した。アイルランド外務省は、「支援の要請を受け、ロシアで現在拘束されているアイルランド国民と領事との面会を要請した」と述べた。
 米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)は、ウィラン被告が出生国であるカナダのパスポートも保持していると報道。関係筋の話として、きょうだいと一緒にどちらがより多くの国のパスポートを取得できるかを競っていたと伝えた。(c)AFP
カナダ生まれで英国籍の元米海兵隊で英米アイルランド、カナダのパスポートw。 支援要請したのはアイルランド外務省w。 そーいえば海兵隊出身の国防長官が辞任したよなw。

カナダ人13人拘束。中国が本気で捜査してるらすい

アメリカとロシアが“拘束の応酬” 両国関係の悪化に拍車も 2019年1月6日 6時10分
アメリカ人の男性がロシアで先月、スパイ活動をした疑いで拘束されたあと、今度はロシア人の男性が、アメリカのサイパンでFBIに拘束されていたことがわかりました。相次ぐ拘束で、米ロ関係の悪化に一層拍車がかかることも予想されます。
ロシアでは先月28日、アメリカ人のポール・ウィラン氏がスパイ活動をしていた疑いでモスクワ市内で身柄を拘束されました。
ロシア外務省によりますと、その翌日の29日、今度はロシア人のドミトリー・マカレンコ氏がアメリカの自治領サイパンを家族で訪れた際、空港でFBI=連邦捜査局に拘束されたということです。
マカレンコ氏の容疑は明らかになっていませんが、アメリカのメディアは防衛関係の物資を違法に輸出しようとした疑いがあると伝えています。
これについてロシア外務省は「アメリカ政府は容疑を明らかにせず、国際的な義務を軽視している」と非難しました。
アメリカでは去年7月、ロシア人の女がロシア政府の指示を受けてスパイ活動をした疑いで逮捕され、先月、司法取引で罪を認めましたが、ロシア側は「脅されて応じたものだ」と反発しています。
アメリカとロシアの関係はクリミア併合やいわゆるロシア疑惑をめぐり悪化の一途をたどっており、相次ぐ拘束で米ロ関係の悪化に一層拍車がかかることも予想されます。
「防衛関係の物資を違法に輸出しようとした疑い」w
サイパンw。米はポンコツTHAAD関連だと勘違いしてるw
中国・四国地方4か所に自衛隊がPAC3部隊配備へ。THAADは4発同時に発射されると対応できないw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。