弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

パソナは日本のブラックウォーター社なのか update4

淡路島の平野達彦が集団ストーカーに報復連続殺人

パソナが淡路島東海岸に進出へ 12月に本契約 10/23(火) 7:57配信 神戸新聞NEXT
パソナが淡路島東海岸に進出へ 12月に本契約


パソナが進出する見通しとなった淡路市岩屋の空き地=淡路市提供
 人材派遣大手パソナグループ(東京)が、兵庫県淡路市岩屋の市有地約2万平方メートルを取得する方向で市と調整を進めていることが22日、分かった。同社はこれまで、島北部の西海岸でカフェ、レストランを展開してきたが、東海岸にも進出を果たす。飲食店を含む複合施設を建設する見通し。(西井由比子、内田世紀)
【地図】のじまスコーラ、ハローキティスマイル…淡路島のパソナ施設
 同社は農業を軸に地方活性化を目指すとして、2008年に淡路島に進出。その後、淡路市野島蟇浦、野島小学校跡地での「のじまスコーラ」開設を皮切りに、ミエレ、クラフトサーカス、オーシャンテラス、ハローキティスマイル-と、同市の西海岸でカフェ、レストランを次々にオープンさせてきた。
 カフェ、レストランはいずれも海に面した場所で眺望が良く、集客施設が従来少なかった西海岸へ観光客を呼び込むことに成功。17年夏には県立淡路島公園(淡路市楠本)にアニメのテーマパーク「ニジゲンノモリ」を開設し、今年5月には宿泊棟も整備した。日帰りが多いとされる淡路島で、宿泊棟を拠点にしたネットワーク型の観光活性化に乗り出している。
 今回取得を計画している土地は、同市の文化施設「アソンブレホール」の隣接地。明石海峡大橋を降りてすぐ、大橋も見える好立地ながら、未利用のままだった。交流人口の増加、雇用の創出などにつながる土地活用を目指し、同市が6月下旬に土地利用事業者の公募を開始。期限内に応募したのはパソナ1社で、住民代表らでつくる選定審議会を経て8月中旬、同社と土地売買の仮契約を締結した。
 その後の台風20、21号襲来で、護岸が計約40メートルにわたって崩壊したが、条項に基づきそのまま引き渡す。本契約は、市会12月定例会で承認を得た後に締結する予定。同社は「西海岸に限定せず事業を展開し、観光客を呼び込み島の活性化に貢献したい」としている。

wikileaks.org→Blackwater, Total Intelligence Solutions and the Terrorism Research Center(2010年9月16日)

In November 2007 officials from Prince's companies developed a pricing structure for security and intelligence services for private companies and wealthy individuals. One official wrote that Prado had the capacity to "develop infrastructures" and "conduct ground-truth and security activities." According to the pricing chart, potential customers could hire Prado and other Blackwater officials to operate in the United States and globally: in Latin America, North Africa, francophone countries, the Middle East, Europe, China, Russia, Japan, and Central and Southeast Asia.
2007年11月のブラックウォーター社の取引先国に日本もあがってる。

パソナw マジに傭兵ハケンとかやりそーな雰囲気。日本のブラックウォーターを目指してるのか。


CIAのハニートラップ機関なんじゃねw →パソナグループ南部靖之代表に群がった本当のワル
F35を売りつける為に小野寺をハメたよーな。

ミンスの前原誠司の女房がパソナ南部の秘書で 「防衛庁の人材派遣を通した利権に一枚かんでいる」とか。 これ

派遣会社で防衛庁の人材派遣ってw パソナはブラックウォーター社みたいな事業やるのか。 集団的自衛権を閣議決定したばかりと思ってたらそこまで決めてるとは。

自衛官は公務員みたいな意識なので戦場には逝きたくない。そこで派遣会社登場。 傭兵の人材派遣となると、ものすっごく儲かるでしょうな。

どこでそんな傭兵の訓練やるんだ?淡路島か?

パソナ島の施設名がSCUOLA(スコラ) w
ブラックウォーターはXeに名称を変えて今はアカデミ(Academi)だけど
両方とも学校って意味ですなー。


nikkan-gendai.com→新たな利権か…パソナを喜ばせる予備自衛官の雇用優遇制度

2014年7月29日
人材派遣会社「パソナ」にまた新たな“利権の構図”が生まれそうだ。きっかけは、防衛省が予備自衛官を雇用する企業の優遇制度の導入を決めたことだ。

 予備自衛官とは、ふだんは別の仕事に就き、有事の際に後方任務を担当する自衛隊OBを指す。防衛省は、この予備自衛官を雇った企業が発注工事などの入札に参加した場合、他の業者よりも「評価点数」を加点し、落札しやすくするという。予備自衛官が定員の7割にも満たないための苦肉の増員策というが、合法的な“官製談合”みたいなものだ。

 だが、この制度導入でオイシイ思いをするのは入札業者だけじゃない。自衛隊OBの再就職先を“斡旋”する人材派遣会社もウハウハなのだ。

「電気や機械などの設備業務、大型車両運転、航空機操縦……と、自衛隊員が取得できる技術は多様です。その上、入札優遇となれば、予備自衛官を雇う企業は増えるでしょう。LCC(格安航空会社)のパイロットに再就職する自衛隊OBは予備自衛官が義務付けられている、との話も聞きました。引く手あまたの自衛隊OBを専門に扱う人材派遣業者が出現する可能性は高いでしょう」(軍事ジャーナリストの神浦元彰氏)

「防衛省・自衛隊」と「人材派遣」と聞いて、真っ先に名前が挙がるのが「パソナ」だ。パソナの南部靖之代表は過去に国家公務員の再就職について、「人気があるのは防衛省。彼らは知的な戦略家」などと雑誌のインタビューに答えていたし、グループ会社の「パソナキャリア」はすでに防衛省から任期付き若手隊員の再就職支援業務を請け負っている。過去に自衛隊員26万人の福利厚生やカウンセリング業務を防衛省共済組合から受託していたのもグループ会社の「ベネフィット・ワン」や「セーフティネット」だった。

「『セーフティネット』は、ASKAと一緒に覚醒剤事件で逮捕され、現在公判中の栩内香澄美被告が勤務していた会社。社長は海自幹部OBです。栩内被告がASKAと知り合ったパソナの迎賓館『仁風林』には、小野寺防衛相も過去に出入りしていました」(司法記者)

 次々と明るみになる防衛省とパソナのズブズブの関係。すでに予備自衛官の「囲い込み」営業も始まっているのではないか。

okinawatimes.co.jp→集団的自衛権で辞職 元自衛官インタビュー
2014年7月14日 04:55
命は惜しい―。政府が集団的自衛権の行使を容認するために、憲法解釈を変える閣議決定をしてから約2週間。海外での武力行使が現実になろうとしています。自衛隊が「軍隊」化することを危惧し、3月に辞職した20代の元自衛官に、集団的自衛権について、どう考えているのか、聞きました。

 ―いつ入隊しましたか。
 18歳で自衛隊に入って、沖縄県内の基地に配属されました。

 ―なぜ自衛官を辞めたんですか。
 今回の集団的自衛権容認の閣議決定で、海外の「戦闘」に加わることが認められるようになります。自衛隊は、人を殺すことを想定していなかったのでまだ、「仕事」としてやれましたが、今後はそうはいきません。昇任試験も合格したばかりで、自衛官を続ける道もありましたが、戦争に加わって命を落とすかもしれません。命は大事です。

 今後、自衛隊が軍隊化されて、辞めることを決断するのが例えば40代だった場合、社会に出たとしても、通用しないと思いました。自衛隊の組織内のことしか知らず、世の中のことが分からないから。それなら、自衛隊以外の社会で、自信を持って生きていきたかったです。

 ―今回の集団的自衛権行使容認をどう捉えていますか。
 戦争への参加宣言で、自衛隊の軍隊化だと思っています。自国が攻撃されていないのに、他国の争いに参加して、相手を撃つことになり、日本がテロの標的になる恐れもあります。

 今は容認に反対意見が多いですが、政府が容認してしまったことで、仕方ないと考えた国民の支持が少しずつ広がっていくのではないでしょうか。今後は、さらに憲法解釈が拡大していくと考えています。

 去年の終わりごろ、秘密保護法が成立して、友人関係や家族についての調査がありました。国に管理されることに違和感がありました。統制のために政府が強引に法案を通したようにしかみえませんでした。

 秘密保護法の成立で、集団的自衛権の行使容認への流れはできていたと思います。日本が主体となる戦争が今後、起こることも否定できません。

 ―自衛官になった経緯は?
 小学生のころから、かなりの貧困生活でした。働きながらスポーツをしていた時、「自衛官募集」のポスターをたまたま見かけました。衣食住を保証するとの趣旨の内容が書かれていたので、すぐに飛びつきました。給料は家族に仕送りしました。

 ―辞める直前まで、元同僚たちと集団的自衛権についてどんな話をしていましたか。
 話題にも出ませんでした。自衛官は死ぬことは考えていません。自衛官も一生活者。先輩たちからは、「定年まで国に面倒を見てもらえるよ」と何度も言われましたし、ある先輩は「自分たちが自衛隊にいる間は何も起きないよ」と言っていました。

 でも、そんなに楽観的に考えられませんでした。政権や世界情勢によって、自衛隊の立ち位置は変わります。10年後、どうなっているのか分かりません。定年まで無事という言葉は信用できませんでした。仕事としての自衛官なので、全ての自衛官が、24時間、国を守るという気概があるかは疑問が残ります。

 ―訓練内容は、入隊したころと辞める直前で変わりましたか。
 安倍政権になってから、内容が大幅に変わりました。人を標的とする訓練が始まりました。これまでは、相手を捕獲することが基本でしたが、もう今までと違います。軍隊としか思えません。

 1年に2回だった実戦訓練は実際、増えました。人殺しは嫌です。これからは、自衛隊をやめる人がもっと増えるかもしれません。

 ―集団的自衛権の行使で懸念することは。
 元自衛官を政府がどう扱うかという点です。

 今は、自衛隊を辞める時に、予備自衛官や即応予備自衛官になるか、何の関わりも持たないかを選びます。でも、集団的自衛権の行使で、自衛官のなり手が少なくなっていった場合、予備自衛官にならなかった人も有事の場合は召集されるのではないかと考えています。

 もう自衛官は、安定した仕事ではありません。

 ―集団的自衛権の行使で、自衛隊はどう変わると考えていますか。
 仲の良い国から要請があれば、多くの自衛官が紛争地域に行くことになります。でも、今の自衛隊は人を殺すことを基本的には想定していません。

 米軍との共同訓練が、年に数回あるが、余りにも米軍と力に差があると思いました。防衛が主の日本は、大勢の自衛官が犠牲になる可能性があります。

 米兵でも、イラク戦争に行った人が、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しんでいます。集団的自衛権が行使されれば、自衛官たちは精神的にも大きな影響が出ると思います。

 亡くなった場合の弔慰金も気になります。イラク復興で派遣された時は、殉職した場合、政府は家族に最大で1億円給付するとしていました。でも、集団的自衛権の行使で多くの人が亡くなった場合、税金で全てを賄うことは難しくなって、額も減るのではないでしょうか。

 2年前、自民党は自衛隊を「国防軍」や「防衛軍」に名前を変えることを議論した経緯もあります。そうなると、もう軍隊です。政府は、秘密保護法、集団的自衛権を強行してきています。自衛隊が軍隊に変わる日は、そう遠くないと思います。

仁風林てCIAの拠点なのかw


しかし「パソナ」で検索するだけででるわでるわ。なんなんだ。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。