弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【補聴器】パリ警視庁本部のDRPP(諜報部門に20年勤続のカリブ海出身の難聴のIT職員が4人を刺殺してコントロール不能(perd le contrôle)になり銃殺される…update14

【香港肉まん革命】18歳の高校生が至近距離から香港警察に銃で左胸を撃たれる…(2019年10月1日)

パリ警視庁襲撃、容疑者は「イスラム過激思想」に固執 2019年10月6日 12:31 発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ ]
フランスのパリ警視庁で警官ら4人を刃物で殺害した後、射殺されたIT職員のミカエル・アルポン容疑者(2019年10月5日提供)。(c)AFP PHOTO
【10月6日 AFP】フランスのパリ警視庁で職員が刃物で警察官ら4人を殺害した事件で、検察のテロ対策部門は5日、容疑者の男が「イスラム教の過激思想」に固執していたと発表した。
 対テロ検察官のジャンフランソワ・リカール(Jean-Francois Ricard)氏は記者会見で、警視庁情報部のIT職員ミカエル・アルポン(Mickael Harpon)容疑者(45)がイスラム教スンニ派(Sunni)の分派で超保守的なサラフィー主義(Salafi)の信者らと接触し、「イスラム教の名の下で行われる残虐行為」を擁護していたと明らかにした。
 事件は3日の昼食時に発生し、男性警察官3人と女性事務職員1人が死亡した。アルポン容疑者は、警視庁で研修中だった警察官に射殺された。現場となったパリ警視庁は、歴史的建築物が集まる市中心部に位置し、すぐそばにはノートルダム大聖堂(Notre Dame Cathedral)がある。
 この事件は、士気の低さなど多くの問題を抱えるフランス警察に衝撃を与え、セキュリティー手続きに深刻な懸念をもたらした。
 リカール氏によると、アルポン容疑者はカリブ海(Caribbean Sea)の仏領マルティニク(Martinique)島生まれで、約10年前にイスラム教に改宗。逮捕歴はないが、2009年にドメスティックバイオレンス(DV)の疑いで取り調べを受けた。
 情報筋によると、アルポン容疑者はイスラム過激派に関する情報収集を担当する部署に所属。国防に関する機密情報を扱う権限を有していたため、定期的に厳しいセキュリティーチェックを受けていた。(c)AFP/Eleonore DERMY / Gregory DANEL

【仮説】イスラム国™、ボコハラム、そして下村まなみちゃん。聴覚障害なのでカトリック教会に優先順位で狩られてしまうと思ってイスラム教に改宗。その兆候を女性上司から感じ取って発狂した。出世できないとかはあまり無関係w

読売→パリ警官殺害、テロ視野に捜査…イスラム過激思想に傾倒か

パリ警官殺害、テロ視野に捜査…イスラム過激思想に傾倒か
2019/10/06 09:17
 【パリ=作田総輝】パリ警視庁本部で職員の男が警察官ら4人を刃物で殺害した事件で、AFP通信は4日、男がイスラム過激思想に傾倒していた可能性が浮上したため、フランス検察当局がテロの疑いを視野に入れた捜査を開始したと報じた。
 仏紙フィガロなどによると、45歳の男は仏海外県のマルティニク島出身で、約1年半前にイスラム教に改宗した。
 警視庁では、諜報(ちょうほう)部門の職員として、イスラム過激派に関する情報収集にあたっており、仕事の過程で過激思想に染まった可能性が出ている。
 一方、男には聴覚の障害があり、複数の仏メディアは、「容疑者は障害があるために昇進できないと不満を漏らしていた」という関係者の証言を報じている。

dailymail.co.uk→Deaf 'Islamic convert' is named as Paris police HQ attacker: IT worker who fell out with supervisor 'over dealing with women' slaughters four colleagues, including female officer, with a knife before being shot dead

Harpon had recently been reprimanded by his female boss over his refusal to interact with women, Actu17 reported.
Harpon, who was deaf since childhood, was originally from the Caribbean island of Martinique – a French overseas territory.
The suspect was described in Le Figaro as a computer scientist born in Martinique who had a hearing impairment.
「カリブ海のフランス領マルティニーク出身の子供時代から耳が聴こえないコンピュータ科学者」がセラミックのナイフで女の上司を刺殺したw

はぁ?エプスタイン島?w

lefigaro.fr→Attaque au couteau à la préfecture de police de Paris : ce que l'on sait

Attack with a knife at the police headquarters of Paris: what we know
Four people were killed. The perpetrator, who is an administrative officer of the prefecture, was also shot dead.
By Writing

What happened
A man armed with a knife attacked five people at the police headquarters in Paris, this Thursday "between 12:30 and 13h," said the Minister of the Interior Christophe Castaner at a press point in front of the prefecture around 16:45. The attack took place on the premises of the Directorate of Intelligence of the Prefecture of Police (DR-PP), said a police source in Figaro .
Equipped with a ceramic kitchen knife, undetectable at security gates, the attacker, an administrative officer of the DR-PP, first attacked three police officers of the DRPP, in two offices on the first floor of the building, according to a source close to the survey, says AFP. He then went upstairs to two women: one at the Department of Local Security of Greater Paris (DSPAP), the other at the Directorate of Human Resources (HRD).
He then went to the courtyard of the building. After several summons, a police officer from the Directorate of Public Order and Traffic (DOPC) finally neutralized with his service weapon. Hit on the head, the assailant is killed.

The balance sheet and the profile of the victims
Of the five people attacked, four were killed, said the police source. These four people killed were "officials of two directions of the police headquarters, the direction of the intelligence and the direction of the security of proximity", indicated the Paris prosecutor Rémy Heitz during a press point before the prefecture, at the end afternoon. They are "three men, one woman, three police officers and one administrative officer," he added.
Another person was evacuated "in absolute urgency" to the Percy Army Training Hospital, according to another source close to the case. The assailant was shot dead in the prefecture court.

The current investigation
The police prefecture remains extremely cautious on the terrorist track. It could be a settlement of an account. There would be no other attacker. According to our information, a search is currently underway at the abuser's home in Gonesse (Val d'Oise).
The Paris prosecutor said he had "opened an investigation, entrusted to the Criminal Brigade of the Regional Directorate of the Judicial Police, counts of homicide on a person depositary of public authority, and attempt of intentional homicide on person custodian of public authority ".
He confirmed that a search was under way in the abuser's home and indicated that "further investigations" will be conducted in the coming hours. "For the moment, the parquet floor of Paris is still seized," he added.
The wife of the assailant was placed in custody, said the prosecutor of Paris to AFP late afternoon.

The profile of the attacker
The assailant, aged 45, was born in Fort-de-France in 1974 and has a disability of deafness. He had converted to Islam, says Le Figaro a police source.
He had done 20 years of service to the DR-PP's IT department, several police sources told Le Figaro . "Category C employee" - the lowest level of responsibility and compensation in the public service - he had been employed since 2003, the interior minister said at the press briefing in front of the police headquarters. Category C of the civil service corresponds to the execution functions, requiring, for certain trades, specialized vocational qualifications of the BEP / CAP type.
According to our information, the perpetrator was also married to a woman who was also Muslim by neighborhood, and also deaf and dumb. She was therefore placed in custody at the end of the afternoon.
"This man is known in the service, the IT department" and "never presented behavioral difficulties" or "the slightest sign of alertness," said Christophe Castaner.

The reactions of the authorities
Interior Minister Christophe Castaner, who was due to visit Turkey, postponed his visit and went to the scene. He was accompanied by Secretary of State Laurent Nuñez. Prime Minister Édouard Philippe is also on the spot, says AFP. The President of the Republic Emmanuel Macron also went to the scene of the tragedy to "show his support and solidarity to all staff of the police headquarters," said Le Figaro a source at the Elysee. The mayor of Paris Anne Hidalgo also quickly went on site.
During the press briefing at the police headquarters Christophe Castaner spoke of an event of "exceptional gravity" and expressed his support for the victims. He also had a thought for "all police officers in France who every day track down criminals".
The National Assembly observed a "moment of meditation" standing by opening its afternoon session to pay tribute to the victims of the attack. The Keeper of the Seals Nicole Belloubet took the floor to "assure the victims and their families of all our thoughts" and "tell agents and officials of the police headquarters that they can be assured in these extremely traumatic, painful and our most total support. "
The attack took place the day after a "march of anger" police, which had gathered 27,000 people on October 2 according to the organizers, amid unease of the institution, rising suicides and pension reform.

The security perimeter
The metro station "Cité" on line 4 is closed. The perimeter around the police headquarters, located in the historic center of the capital, was cordoned off and relief was on hand, AFP journalists said. A dozen fire engines were on site.
In the middle of a lawsuit called "bonbonnes" , at the Assises court of Paris, located near the police headquarters, a special message was broadcast: "Important message: an attack occurred at the police headquarters . The situation is under control. The Cité sector remains under surveillance. "

犯人は情報局(the Intelligence Directorate of the Police Prefecture, DR-PP, 公安警察部門)に勤める障害者で、奥さんも障害者。イスラム教に改宗。DR-PPのIT部門に20年勤務。Category Cなる最下層クラスの職員。セラミックの料理ナイフで入口を通過。

犯人は難聴。奥さんも聾唖者。補聴器かぁ…京アニの「聲の形」経産省のゴッドデバイスだわ。

関西 NEWS WEB 京アニ放火 入院治療の1人死亡 10月05日 10時40分
ことし7月、京都アニメーションのスタジオが放火された事件で、病院で治療が続けられていた20代の女性が昨夜死亡し、この事件で亡くなった人は36人になりました。
ことし7月18日、京都市伏見区の京都アニメーションのスタジオが放火された事件で、警察は、重いやけどを負って入院している青葉真司容疑者(41)を、けがの回復を待って、放火や殺人などの疑いで逮捕する方針です。 この事件で警察は、昨夜8時すぎ、20代の女性が死亡したと発表しました。 女性は京都アニメーションの社員で、当時はスタジオの1階にいて、玄関から外に避難したところを救助されましたが全身にやけどを負い、病院での治療が続いていたということです。 警察は女性の氏名の公表について、これまでと同様、遺族や会社などと調整して対応するとしています。 今回の放火事件で亡くなった人は、36人になりました。 また重軽傷を負ったのは33人で、このうち5人が今も入院しているということです。 京都アニメーションは先月下旬、亡くなった人を悼む会を開き、遺族や社員、けがをした被害者など、およそ250人が参加したということです。 来月3日と4日には、京都市で、一般の人を対象にした追悼行事も開くとしています。
【ことし7月、京都アニメーションのスタジオが放火された事件で、病院で治療が続けられていた20代の女性が昨夜(2019年10月4日)死亡し、この事件で亡くなった人は36人になりました。】…

Ceramic knife but Le Figaro dares to write: "The assailant, an administrative agent of the DR-PP would have obviously lost control of himself and distributed stab wounds around him." It is premeditated to bring a ceramic knife but one "loses control".

セラミックのナイフを持ったときはコントロール不能(perd le contrôle)になっていた…

補聴器をハックして洗脳。イスラム教に改修させた。セラミックの料理用ナイフを持ち込んだので計画的。 パリ警視庁内のLANに侵入。IT部門に所属していた犯人の補聴器を攻略して刃物スイッチを入れた…。

とんでもない時代が来たな…

2回目の攻撃かぁ。犯人はイスラム教に改宗していた。メッセージになってる…

ノートルダム寺院の尖塔が象徴的に燃える。たぶんベネディクト16世へのメッセージw

パリ警視庁襲撃で4人死亡 2019/10/3 22:04 (JST) ©一般社団法人共同通信社
 【パリ共同】ロイター通信などによると、パリ警視庁で3日、ナイフを持った男が警官らを襲撃し、4人が死亡した。襲撃した男は警察職員とみられ、死亡したという。

自殺者急増の仏警察官らがデモ 労働条件の改善を要求 2019年10月3日 20:49 発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ ]
自殺者急増の仏警察官らがデモ 労働条件の改善を要求❮ 1/11 ❯‹ › 仏パリで行われた、警察官らによる「怒りの行進」(2019年10月2日撮影)。(c)MARTIN BUREAU / AFP
【10月3日 AFP】フランス首都パリに2日、警察官数万人が集結し、労働条件の改善を求めて抗議デモを行った。その背景には、同国警察官の自殺が急増していることに加え、警察が過度の武力行使に及んでいるとする疑惑の目が向けられ、士気の低下につながっていることがある。
 デモ主催者は、全国の警察職員15万人のうち、2万7000人が参加したと推計しており、警察によるデモとしては近年最大規模となった。
 同国では、政府の政策に抗議する「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト、gilets jaunes)」運動がここ1年ほど毎週続いており、そのデモは暴力行為に発展することも多い。
「怒りの行進」と銘打たれたこの警察によるデモは、ジレ・ジョーヌ運動との対峙(たいじ)を強いられてきた警察官らの間に募るいら立ちを反映したものとなった。
 バスチーユ広場(Bastille Square)に私服で集まり、パリ東部を歩いた警察官の多くが、政府と国民のいずれからのねぎらいも支持もないと不満を訴えた。
 警察労働組合は「これは政府と大統領に対する厳しい警告だ。われわれは今すぐ、回答と具体的な行動を求める」としている。
 同日のデモは、今年に入ってから自ら命を絶つ警察官の数が急増している問題にも主眼を置いていた。
 内務省の統計では、昨年自殺した警察官は35人だったが、警察組合によると今年に入ってこれまでに52人が自殺したという。
 中部オーセール(Auxerre)の機動隊に所属する勤続20年という男性警察官はこの自殺急増の傾向について、「肉体的・精神的疲労」に加え、目標達成を求める上司からの圧力が原因になっているという見方を示した。(c)AFP/Clare BYRNE, Gregory DANEL
「内務省の統計では、昨年自殺した警察官は35人だったが、警察組合によると今年に入ってこれまでに52人が自殺したという。」

スペイン方式のストレスで自殺するフランスの警官が報道されてから2年、 ジェフリーエプスタインと京アニと香港肉まん革命を経て、再びパリに到達した。

毎年5千人以上の失踪外国人の輸送方法と逝く場所が判明。14年間通って200年鳴らなかった世界最古のパイプオルガンを修復した辻宏(2017年11月11日)

バンクーバーの老人アパートで銃撃。1人死亡…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。