弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

フィリピンで製造されている密造拳銃「パルティック(Paltik)」とミニチュア拳銃と人民解放軍の電磁石銃(coilgun)w update2

八王子の高1の方がもっといいのを持ってた、銃弾も60発w

元暴力団組員、自室に密造拳銃と銃弾所持し逮捕 2日 11時53分
 東京・荒川区の自宅に拳銃1丁と実弾9発を所持したとして61歳の元暴力団組員の男が警視庁に逮捕されました。
 銃刀法違反の疑いで逮捕されたのは、元暴力団組員の鎌田昭正容疑者(61)です。鎌田容疑者は先月、荒川区の民家の部屋で回転式拳銃1丁と実弾9発を所持した疑いがもたれています。
 警視庁によりますと、鎌田容疑者は民家2階の1部屋を間借りしていて、警視庁は先月23日に「男が拳銃を持っている」という情報をもとに鎌田容疑者の部屋の捜索を実施。かばんの中から、通称「パルティック」と呼ばれ、主にフィリピンで製造されている密造拳銃が見つかったということです。かばんの中には、他にも小銭入れに入った実弾や手入れに使うとみられるブラシも入っていました。
 取り調べに対し、鎌田容疑者は容疑を認めた上で「がんを患っていて、自殺するために持っていました」と供述していますが、警視庁は動機などについてさらに調べを進めています。

殺傷能力あるミニ拳銃2丁所持 男を逮捕「護身用」 銃刀法 事件事故 神奈川新聞  2020年07月01日 19:26
県警が押収した殺傷能力のあるミニチュア拳銃(手前は500円玉)=県警本部
 殺傷能力のあるミニチュア拳銃を所持したとして、県警薬物銃器対策課と旭署などは1日、銃刀法違反(拳銃複数所持)などの疑いで、東京都練馬区、自称無職の男(54)を逮捕した。
 逮捕容疑は、昨年10月3日、同区の飲食店駐車場で弾数個を装てんした回転弾倉式拳銃2丁を所持した、としている。「トラブルがあり、護身用に持ち歩いていた」と供述しているという。
 同課によると、2丁はともに全長約75ミリ、重さ60グラム前後、口径約3ミリで、発射速度は22口径などの拳銃と同程度という。同容疑者は「1、2年前にロシアからインターネットで購入した」と供述。当初から発射能力があったかどうかなど経緯を詳しく調べている。
 昨年9月に米国から送られた同容疑者宛ての国際郵便を税関で検査したところ、口径4ミリの空包123個が見つかった。10月に容疑者宅を捜索した際、別のミニチュア拳銃1丁なども押収しており、余罪も調べる。

やはりS&Wの正規品M60は国内では手に入らない…

つか、火薬が爆発して弾丸が飛び出す仕掛けがいまどきダサい…

人民解放軍がドローンにも搭載可能な電磁石銃(coilgun)を公開w

もうちょっとするとHuaweiのスマホに搭載されるのかすら?

もうちょっと生きてれば八王子の高1はS&W M60の代わりに護身用のHuaweiのスマホが欲しくなっただろうに…

富賀見俊道(ふかみとしみち)住職がフューチャートリガーを電磁石銃にバージョンアップするはず…。八王子の高1はどうして富賀見俊道住職に出会えなかったのだろう…

富賀見俊道(ふかみとしみち)住職のフューチャートリガーw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。