弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【COVID-19自爆テロの動機】南極から北極にオゾンホールが移動した。大気のイオン化をスピン… update16

【ACE I/I(ACE2)遺伝子型はアジア人に多い】アンジオテンシン酵素の違いを人種ターゲットのバイオテロ兵器に応用…

彼らがバイオテロ兵器である新型コロナウィルス(COVID-19)を撒いて自爆テロを起こさなければならなかった理由…。

フクイチの排気筒解体工事の完了とほぼ同時に北極に開いたオゾンホールが閉じるw

2020.05.15 19:10 オゾンガスで「コロナウイルス無害化」確認
 奈良県立医科大学は、オゾンガスを使った新型コロナウイルスの無害化を、世界で初めて確認したと発表した。
 奈良県立医科大学の矢野寿一教授「新型コロナに対しても、不活化する能力を確認したのが世界初」
 奈良県立医科大学の研究グループは、培養した新型コロナウイルスが入ったアクリルの箱の中で、オゾンガスを発生させる実験を行った。その結果、条件次第では感染力を持つウイルスの数が、1万分の1程度にまで減ったという。
 現在、医療機関での消毒作業は手作業が中心となっていて、オゾンガスの活用で作業の負担軽減が期待される。矢野教授は「病棟や診察室での応用を期待している」と話している。
 研究グループは、実用化を目指し実験を続けるとしている。


アメリシウム241の上昇グラフはオゾンホールとの関係を考慮してなかった。 そしてトリチウム水で過激化した気象がオゾンホールを南半球から北半球に移動させてしまうこともわからなかったw。 まさに地獄のはじまりだ。

3月のfoF2…

【仮説①】南半球にあったオゾンホールが北半球に移動。遮断されていた宇宙線が大気中のプルトニウムをアメリシウム241に変えて武漢肺炎が発生した…

【仮説②】この状態で落雷があるとレイヨウみたいに肺が焼けて突然大量死するのか…

【仮説③】地球は巨大な遠心分離器だ。濃縮された放射能の上空に突然オゾンホールが開いたときどんな化学反応が起きるのか…

2014年9月ごろから北半球の大気のイオンが始まっていた…
【気象兵器フクイチ】オランダでオーロラ目撃報告(2014年9月)

北極上空に異例のオゾンホール、記録的大きさに 2020.04.16 Thu posted at 16:00 JST
北極上空のオゾン量が1年前から激減したことを示す図。青色が量の少ない状態を表す/NASA
(CNN) 北極上空のオゾン層が破壊され、巨大なオゾンホールが出現する異例の現象が観測された。北極圏で観測されたオゾンホールとしては史上最大になる可能性もある。欧州宇宙機関を通じてドイツ航空宇宙センターが発表した。
同センターの研究者によると、北極のオゾンホールは2月に初めて観測され、大きさは160万平方キロを超えている。この地域では2月~3月にかけ、オゾン量が急減していた。
北極圏でオゾンホールが発生するのは極めて稀。北極に比べて気温が低い南極では毎年発生しているが、北極では2011年以来、大きなオゾンホールは観測されていなかった。
今回のオゾンホールを最初に発見した欧州連合(EU)の地球観測プログラム「コペルニクス計画」の研究者も、なぜこんなに大きくなったのか分からないといい、「この層のオゾンはほぼ完全に消滅した」と話している。
オゾン層は地球の15~35キロ上空にあり、皮膚がんなどの原因となる紫外線から人を守る役割を果たしている。しかし人工化学物質が原因でこの層に穴があくようになり、南極では1985年に観測されて以来、毎年オゾンホールが発生している。
一方、北極では標高の高い山が連なる地形のために、オゾンホールの形成を促進させる極渦が発生しにくく、勢力も持続しにくい。しかし記録的なオゾンホールの発生は、北極でもそうした条件が整ったことを意味する。
ただしオゾンホールは持続するものではなく、早ければ来週にも小さくなり始めると研究者は予想している。

南半球から北半球に移動した?w

wikipedia.org→ウラン

1951年にネプツニウム、1952年にプルトニウムが、ウラン鉱石の中からごく微量に検出されたことで、ウランは地球上に天然に存在する最も原子番号の大きな元素の座を譲った。ただし、それらは本当に微量しか存在せず、あくまでウランが宇宙線などが原因で発生する中性子線を吸収した結果、生じているに過ぎないと考えられている(もし、地球誕生時にネプツニウムやプルトニウムが存在していたとしても、これらの元素は半減期が短すぎるために、現在まで存在し続けているとは考えにくい)。

COVID-19の最初の患者は2019年11月に湖北省とイタリア北部で確認された。オゾンホールが大気をイオン化していかにも新型コロナウイルスみたいな症状を起こしたのだな…


南半球のオゾンホールが消えたと思ってたら大間違いw。北半球に移動して雷雨ぜんそくがCOVID-19になった。 豪の雷雨ぜんそくも今までのインフルエンザも新型コロナウィルスも同じ原因から派生したスピンなのでは?w

免疫で回復したウィルスに再感染するとか、WHOはあきらかにストーリーに失敗しているw。IAEAとWHOはいつまでホラを吹き続けるのかね?君たちはホラ話のゴリ押しのために人殺しまでやっていたのかね?w

2019年11月17日香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは新型コロナウイルスの最初の感染者は、湖北省で2019年11月17日に発症したと伝えた(2020年3月13日)。中国政府の非公表資料に基づくとしている。
2019年11月x日ミラノのマリオネグリ薬学研究所のジュゼッペ・レムッツィ所長(2020年3月19日)米国の公営ラジオ放送とのインタビューで「医師たちは昨年12月、また11月にも特に高齢者を中心にとても深刻で得体の知れない肺炎が発病したことを記憶している」と語った。ジュゼッペ・レムッツィ(Giuseppe Remuzzi)所長、2019年11月にイタリア北部で得体のしれない肺炎が発生していた…
2019年11月後半軍医学情報所(NCMI)が武漢で謎の肺炎が流行していると報告したとABCニュース「昨年11月に米中の首脳は知っていた」軍医学情報所(NCMI)が武漢で謎の肺炎が流行していると2019年11月後半に報告…
2019年12月1日武漢肺炎(コロナウィルス)第一号患者を確認。海鮮市場とは無関係とか

2018年と比較して2019年の北半球のオゾンホールが拡大。湖北省とイタリア北部でCOVID-19が発生した2019年11月のオゾン濃度は下がっていた。

2016年11月末に6人死亡した豪の雷雨ぜんそくは南半球のオゾンホールが起こしたのだろう…

雷雨ぜんそく(Thunderstorm asthma)で6人死亡。落雷が大気中の放射能をイオン化し致死性に変えて肺が焼ける現象。カザフのレイヨウ15万頭やイルカ同時大量死と同じ現象(2016年11月21日)

雷雨喘息の原因はオゾンホールだったのかw

チェルノブイリ事故のスピンのためにオルブライトが起こした戦争を思い出すべき…

チェルノブイリが起こした戦争と311が起こしたウクライナ紛争

MERSで窒息死した駐リビア米大使…

なんつかCOVID-19とSARSとMERSの正体がわかったとゆーか。陰謀論の背後にリアルな人類滅亡が進行していたとは…

ベンガジアタックとヒラリーとMERSの関係「ペンタゴン報告書によれば西側、湾岸諸国とトルコはイスラム国™台頭を予見していた。」ナフィーズ・アーメド @nafeezahmed(2012年9月11日)

なぜIAEAとWHOは発狂してるのか。オバマが気づいた時には既に世界80カ国に広がっていたテロのネットワーク(ハイテーブル)に気付くべきw

天野IAEA事務局長が辞意の5日後に死去…。昨年から体調を崩しており、職務に耐えられなくなった。オバマが気づいた時には既に世界80カ国に広がっていたテロのネットワークw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。