弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

中学生殺虫剤火炎放射器「オザワ繊工」放火事件の解読… update3

【独自】愛知の工場火災 中学生が“殺虫剤”で火遊び
2020年8月11日 17時54分 FNNプライムオンライン
【独自】愛知の工場火災 中学生が“殺虫剤”で火遊び 写真拡大
8月5日、愛知・一宮市の「オザワ繊工」で、工場と倉庫あわせておよそ3,400平方メートルが燃える火事があった。
捜査関係者によると、市内に住む12歳と13歳の中学1年の男子生徒2人が、出火に関与したとみられることが新たにわかった。
ハチの巣を駆除しようと噴射した殺虫剤に火をつけ、火炎放射器のように使用したところ工場に燃え広がったとみられ、2人は行為を認めているという。
14歳未満の少年は刑事責任を問われないため、警察は、少年2人を児童相談所に通告する方針。
FNNプライムオンライン
8月5日の火事が中学生の殺虫剤火炎放射器だったと判明したとか…w

「子供たちがやったことなんで」
「オザワ繊工」小沢俊夫社長の向けに「ノースフェイス(THE NORTH FACE)」のロゴw

ozawa-senko.co.jp→会社方針 | オザワ繊工株式会社

会社方針
昭和23年に創業して以来、60年を超える長きにわたり、オザワ繊工は皆さまの信頼にこたえてまいりました。
国内繊維産業会の活性化を目標に、これからもオザワ繊工は、「ばか正直 くそ真面目」にたゆまぬ努力を続けてまいります。

ozawa-senko.co.jp→企業概要 | オザワ繊工株式会社

従業員数 85人(ベトナム人実習生15人含)

ベトナム人実習生…、あー、やっと何が起きているのか見えてきたw

【731部隊】「たすけてください」ベトナム人技能実習生が今治タオル731部隊の自爆スイッチを押してしまう…(2019年6月26日)

福井県永平寺町の「パタゴニア」や「ノースフェイス」向けの繊維工場で火災。4人死亡…(2019年6月20日)

「パタゴニア」が新疆ウイグル自治区からの素材調達をストップ
海外事業社会情勢 20時間前 JASMIN MALIK CHUA
訳・ WWD STAFF
KRISTOFFER TRIPPLAAR / SIPA USA VIA AP IMAGES (C) FAIRCHILD PUBLISHING, LLC  パタゴニア(PATAGONIA)は、中国による新疆ウイグル自治区への人権侵害が文化的大虐殺にあたるとして、当該地域からの素材調達をやめることを明らかにした。
 中国当局は、180万人のウイグル人、カザフ人、その他トルコ系ムスリムの少数民族などを、当局がモデルとしている「北京語を話し、中国共産党を支持する市民」に変えるため、大規模収容所で再教育および強制労働を行うことで民族性を抹殺する計画を実行しているとされている。新疆ウイグル自治区では2017年中ごろから新たな収容所の建設や既存の収容所を拡張する動きが見られ、中国当局によるウイグル族の言語や文化、宗教的な慣習を取り締まる動きが顕在化していた。
 「ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)」や「ウォール・ストリート・ジャーナル(The Wall Street Journal)」の過去の調査リポートでは、「パタゴニア」を含む多くのアパレルブランドが、新疆ウイグル自治区で事業を展開する企業や、中国政府の助成金を受けている施設、または当局が派遣する抑留者を低賃金で働かせている施設と関わりのある企業との取引があることが明らかにされている。
 パタゴニアのキャラ・チャコン(Cara Chacon)ソーシャル/エンバイロメンタル・レスポンシビリティ担当副社長は、「この問題に深い悲しみを覚えるとともに憂慮に堪えない。原材料の供給源を明確にするのは難しいが、重要な仕事だ。パタゴニアは公正労働協会(Fair Labor Association)のガイダンスに従って新疆ウイグル自治区から撤退し、人権侵害のない、環境負荷を限りなく削減した形で製品を作っていく」との声明を発表した。
 同社は当該地域で完成された素材を受け入れないことと、人権侵害が行われていない場所のみを供給源とする旨の声明を3月に発表しており、今回の決定でさらに踏み込んだ動きを見せた。また当該地域のサプライヤーに撤退の旨をすでに通告しており、世界中のほかのサプライヤーに対しても新疆ウイグル自治区での原材料調達および製造を禁止したことを伝えている。
 米ワシントンD.C.の戦略国際問題研究所(Center for Strategic & International Studies)によると、中国産コットンの80%以上が新疆ウイグル自治区で生産されている。現在中国による繊維原料、糸、生地、衣服などの生産量は世界一で、専門家は新疆ウイグル自治区で生産された糸がバングラデシュやカンボジアといった国々に輸出され、中国国外のサプライチェーンに紛れ込む可能性があることを指摘している。しかし実際には、世界に流通しているコットン製品の5分の1に新疆ウイグル自治区原産の繊維や糸が含まれているという。
 ブランドがこのような搾取から利益を生み出さないためには、当該地域からの撤退、そして中国当局による弾圧の事実上の支えとなっているサプライヤーとの関係を断ち切ることが重要だといえる。

同時にパタゴニア…w、ノースフェイスとパタゴニアかぁ…

一宮のオザワ繊工も、永平寺も、新疆ウイグル自治区がアイコンになってるアパレル業界と思われてるので燃えたのか…

ウィグル文書のタグ…

【Uyghurs for sale:】三菱重工、ボンバルディア事業取得して新会社MHIRJを設立…(2020年5月7日)

【ウルサン・ルート】クルマに興味も運転免許もない益子修が「パジェロ製造」を閉鎖して健康上の理由で辞任…(2020年8月7日)

日立、スペインの鉄道車両を受注 23編成、998億円
2020/8/12 11:02 (JST)8/12 11:15 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社
日立製作所は12日、イタリアの鉄道運営会社トレニタリアと、鉄道の高速車両「フレッチャロッサ1000」を受注する契約を結んだと発表した。カナダのボンバルディアのグループ会社と協力して、23編成を計約8億ユーロ(約998億円)で供給する。2022年9月に最初の車両を納入し、22年中にスペインで運行が始まる予定。
 日立とボンバルディアのグループ会社はイタリアで設計、製造する。フレッチャロッサ1000の1編成の全長は約200メートル、乗車定員は約460人で、営業最高時速は360キロ。同じモデルの車両は15年にイタリアで導入されている。
「カナダのボンバルディアのグループ会社と協力して」w

【スペインのロリータエクスプレス・グループ】Comlux Aviation Group m9( ゚Д゚) ドーン!(2020年8月12日)

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。