弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

ポーランド当局がファーウェイ幹部をスパイ容疑で逮捕。フランス・テレコムのオレンジ・ポルスカも捜索 update3

チェコがファーウェイとZTEを禁止w。そしてこの騒動の理由と背景が明確になる

嫌がらせで従業員が相次ぎ自殺 フランス通信大手、旧経営陣の公判始まる 2019.05.07 Tue posted at 11:46 JST
仏オランジュで従業員の自殺が相次いだ問題に関し、旧経営陣の公判が始まった/PATRICK BERNARD/AFP/Getty Images
ロンドン(CNN Business) フランスの通信大手オランジュ(旧フランステレコム)で2007~10年にかけて相次いだ従業員の自殺や自殺未遂に関連して、同社のディディエ・ロンバール元最高経営責任者(CEO)ら当時の経営陣の責任を問う裁判が、6日からパリの裁判所で始まった。
ロンバール被告らは、従業員の不安をあおって自殺や自殺未遂に追い込んだとして、精神的ハラスメントや共謀の罪に問われている。
検察側によると、当時の経営陣は会社の戦略として不安をあおるような職場環境をつくりだし、従業員の尊厳を踏みにじったとされる。
オランジュの従業員組合によれば、2007~10年にかけて自殺した従業員は19人、自殺未遂は12人に上る。検察は09年から捜査に乗り出していた。
公判はおよそ2カ月にわたる見通しで、有罪になれば禁錮や罰金が言い渡される可能性がある。起訴された経営陣のうち1人は今もオランジュに籍を置いている。
自殺者が相次いだ当時のフランステレコムは、民営化に伴う大規模なリストラのさ中にあり、ロンバールCEOの下、3年間で2万2000人の削減を目指していた。
組合側は、従業員を脅して退職に追い込むため、経営陣が暴力的なやり方で組織的なハラスメントを行ったと主張している。
オランジュは6日の時点で取材に応じていない。同社は一貫してハラスメントの罪を否定してきた。
メディア各社の報道によると、ロンバール被告側も、職場環境と従業員の自殺との関連を否定している。

NTT、仏通信大手オレンジと5Gなど共同で研究 ネット・IT AI IoT 2019/2/21 10:00
NTTと仏通信大手のオレンジは次世代通信規格「5G」やネットワーク、人工知能(AI)、サイバーセキュリティーなどの研究開発分野で協業に合意したと発表した。両社の研究開発成果を共有したり、相互利用したりすることを想定する。アジアと欧州の大手通信事業者が組むことで、研究開発を応用したサービス開発でリードしたい考えだ。
両社は2022年までの期間、研究開発分野で協業するという合意書を締結した。
協業を検討する分野は多岐に渡る。ネットワーク分野では、5Gや、ホワイトボックスと呼ばれるソフトウエア部分を自由に選択できる通信機器の展開などが対象。このほか通信事業におけるAIの活用や、つながる車(コネクテッド・カー)の分野でも協力する考えだ。NTTグループ全体が研究開発分野で協業するのは初めてだという。

ファーウェイ社員ら2人逮捕=ポーランド、スパイ容疑で 2019年01月11日22時07分
 【ベルリン時事】ロイター通信などが11日報じたところによると、ポーランド当局は、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)のポーランド法人社員と同国治安当局の元関係者の計2人をスパイ容疑で逮捕した。最高で10年の禁錮刑を科される可能性があるという。
ファーウェイ、社員2人処分=iPhoneによる投稿で-中国
 ポーランドのメディアによると、ファーウェイの社員は中国人で、治安当局元関係者はポーランド人。2人は8日に拘束された。当局は、ファーウェイや仏通信会社オレンジの現地事務所などを捜索したという。(2019/01/11-22:07)
「ファーウェイや仏通信会社オレンジの現地事務所などを捜索した」w
仏通信会社オレンジw、フランスだわ。

え?ポーランドのファーウェイのスパイ逮捕と竹田恒和起訴が関連してる?w
竹田恒和JOC会長をフランス検察が起訴 東京オリンピック招致に関連する贈賄容疑w

Orange PolskaはFrance TelecomのOrange Brand Services Ltd.のポーランド支社

カメだわ。大阪府警ラザラス本部長辞任w
【年末年始の風景】ビンゴx7な大阪府警広田耕一(ラザラス)本部長が2019年1月10日付で辞職w

カルロス・ゴーン事件は中東やインドにまで広がっている。フランス検察はJOC竹田恒和を起訴して、ポーランドではフランステレコム配下のオレンジ・ポルスカで公安警察とファーウェイの幹部がスパイ容疑で逮捕された。

グローバル企業は攻略しやすい国家を組み合わせてボコ・ハラム・ビジネスを推進している。それがグローバルな事件で表面化した。 日産の業績がV字回復したのはカルロス・ゴーンのコストカットではなくマネロンだったのだ…w

カルロス・ゴーンの捜査が進むと、裏では近畿財務局みたいなのが必死で公文書の改ざんするのかすら?w

札幌のアパマンが大爆発したとき、京セラの稲盛和夫の「盛和(せいわ)塾」 で「1983年に発足し、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長もかつて学んだ。」のを思い出した。

君たちは本当に経営者なのか?それとも財務省とニチギンのマネロン部隊なのか?w
「除菌消臭スプレー100本以上を処分するため、店内で缶の中身を抜く作業をしていた。手を洗おうと湯沸かし器をつけたら爆発した」w「アパマンの中でお兄さん2人が消化器を店舗内に撒いてるのを見た」w

お父ちゃんと息子が巻き込まれたグローバルで悪質な犯罪をこの親子のインテリジェンスで理解するのは難しいかもw。

「アクセンチュアのCEOが辞任。健康上の理由」w
2011年からアクセンチュアを率いていた。2016年に結腸がんと診断されていた。

象徴的なニュースが続くなぁw

ゴーン逮捕とJOC竹田恒和起訴とフランステレコム配下のオレンジ・ポルスカでのファーウェイ幹部逮捕は関連してるw。
ヒントはブルーグループと長野五輪だなw。

辞任したはずの高橋道和(みちやす)前文科省初等中等教育局長が東京五輪・パラ組織委入りw

日本の日産だけを見ても何もわからないだろう。カナダと中国のHuawei、アフリカ、ドバイとオマーンとレバノンとフランスとポーランドとチェコ。米司法省w

「柳瀬氏は昨年12月1日、シャープが買収した東芝のパソコン事業会社「東芝クライアントソリューション」(現ダイナブック)の非常勤取締役に就任。」w
え?ダイナブックか?司法取引?レノボとムッシュ出井w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。