弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

OracleRemExecServiceV2

PRVG-1901 : ノード"hoge"でのCVUリモート実行フレームワーク・ディレクトリ"C:\Users\hoge\AppData\Local\Temp\CVU_12.2.0.1.0_hoge\"の設定に失敗しました
Installation failure of Oracle database 12c - error [INS-30131]
Is this WIndows Home edition ? If so, see
https://docs.oracle.com/database/121/NTDBI/reqs.htm#NTDBI2698
マニュアル→3.2 Oracle Database Software Requirements
Windows 10 x64 - Pro, Enterprise, and Education editions
そんなバナナw。

Cannot Install Oracle 12.2 Client 32-bit
Cannot Install Oracle Client 11.2 64 Bit And Oracle Client 32 Bit On Same Windows 64 Bit Server (1530206.1)

Unset ORACLE_BASE and install 64 bit or 32 bit client.
OR
set ORACLE_BASE to a different location and install 64 bit or 32 bit client.
こんな環境変数はない。

Oracle 12c Installation failed to access the temporary location
Tempの場所が悪い?

Go to the Windows 'Services'
Stop OracleRemExecServiceV2
あ、これが原因。


32ビットと64ビットのクライアントを評価しようとしたら、OracleRemExecServiceV2 なるOracle社のスパイウェアが残骸プロセスになり、scコマンドでも止められない。リブートが必要になるw

C:\の管理共有を有効にしろとか、Win10 Pro以上じゃないと使えないとか、悪質なスピンがネットにバラまかれている。何やらOracle社が昔のCIA部隊に戻った感じは否定できないw。
#Vault7 が潰されてしまったからなぁ。インストーラで遠隔操作サービスを導入するスタイルに変えたのか?w

とにかくWin10のHomeエディションでOracleのクライアントはつながって問題なく動作したw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。