弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【追証ファンドw】禿の衛星通信会社OneWebが自己破産を検討… update9

「ジャパンデミック(JAPANDEMIC)」禿のVANKの追証ファンド向け仕手戦がはじまるw

ソフトバンクG出資の英衛星通信企業、破綻申請へ ソフトバンク ネット・IT ヨーロッパ 北米 2020/3/28 6:27
【ニューヨーク=大島有美子】ソフトバンクグループ(SBG)が出資する衛星通信スタートアップ企業の英ワンウェブが経営破綻し、米東部時間27日夜にもチャプター11(米連邦破産法11条)を申請することが分かった。安価なインターネット通信網の提供を目指し小型の衛星を打ち上げてきたが、資金繰りに行き詰まった。市場環境が厳しくなるなか、SBGは金融支援は困難と判断したとみられる。
ワンウェブの衛星(19年2月、フランス)=ロイター 画像の拡大
関係者が明らかにした。SBGはこれまでに合計19億ドル(約2千億円)を投資し、ワンウェブ株式の5割近くを握る筆頭株主だ。SBGは「コメントを控える」としている。
ワンウェブは2012年設立。衛星通信を使って携帯電話や固定回線より安く広範囲なネット通信網を提供すべく、衛星を打ち上げてきた。19年2月に初めて6基打ち上げ、これまでに70基超を軌道に乗せてきた。21年の商用化を目指し、今後10年で6000基を打ち上げる計画を明らかにしていた。ただ通信衛星ビジネスには米アマゾン・ドット・コムなども参入する計画で、競争環境の厳しさが増していた。

ソフトバンクG、上場廃止を一時検討 株価急落で「あらゆる選択肢」 英紙 3/25(水) 8:34配信時事通信
2019年9月中間連結決算で質問に答えるソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=19年11月、東京都中央区  【ニューヨーク時事】英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は24日、ソフトバンクグループが先週、自社株の上場廃止を一時検討していたと報じた。
 最終的に計画は見送られたが、新型コロナウイルス問題で株価が急落する中、孫正義会長兼社長が「あらゆる選択肢を検討していたことの表れだ」としている。
 同紙によると、「物言う株主」として知られる米ヘッジファンドのエリオット・マネジメント幹部が急落したソフトバンクG株を買い増す意向を示したことを受け、孫氏が投資家連合による会社買収と上場廃止の検討を開始。実際にソフトバンクG幹部らが、エリオットやアブダビ政府系ファンドと協議した。 

London-based OneWeb makes so-called low-Earth orbit satellites that provide high-speed communications, and it has raised approximately $3.3 billion in debt and equity financing from shareholders including SoftBank, Airbus SE and Qualcomm Inc. since its inception, according to filings.

It faces high-profile competition, including from Elon Musk’s SpaceX Starlink project and Jeff Bezos’s Amazon-linked Project Kuiper effort, while incumbents in the space include Inmarsat, Intelsat SA and Eutelsat Communications SA. And while the technology is in its early stages, the business is subject not only to high startup costs but an uncertain regulatory environment.

禿とエアバスとクアルコム。ライバルはイーロン・マスクとジェフ・ベゾスw

テクノロジー2020年3月20日 / 13:09 / 4時間前更新 ソフトバンクG出資のワンウェブ、自己破産を検討=BBG Reuters Staff 1 分で読む
[19日 ロイター] - ソフトバンクグループ(9984.T)が出資する衛星ベンチャー企業ワンウェブが資金繰り難のため自己破産の可能性について検討していると米ブルームバーグ・ニュース(BBG)が19日、複数の関係筋の話として報じた。
報道によると、破産申請を検討する一方、それ以外の選択肢も引き続き模索しているという。
ソフトバンクGの報道担当者はコメントを控えた。ワンウェブは現時点でコメントに応じていない。
衛星ベンチャー企業w

「Soyuz2.1b」w

34個の人工衛星w

追証w

ソフトバンク、ビジョンファンド補強で100億ドル調達目指す-関係者 Giles Turner、Gillian Tan、Peter Elstrom 2020年3月20日 4:36 JST
ソフトバンク・グループは、ビジョンファンド向けに100億ドル(約1兆1000億円)の追加調達を目指している。新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けたポートフォリオ企業の支援が狙い。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。
 同関係者らによれば、ソフトバンクGはビジョンファンドへの50億ドル出資について外部の投資家と協議を進めている。ソフトバンクGも50億ドル拠出するという。関係者らは、協議が非公開だとして匿名を条件に語った。
 ただ原油価格の急落で中東の政府系ファンドが大きな痛手を被っていることもあり、ソフトバンクGは投資家から十分な資金を確保できない可能性がある。
 届け出によれば、986億ドル規模のビジョンファンドは昨年12月31日時点で805億ドルを投資している。
 関係者の一部によればビジョンファンドは、サウジアラビアのパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)の出資に関連したクーポンの支払いに充てるため、残りの資金の一部を留保しておく計画。追加で調達する資金については、経営難にあるポートフォリオ企業の支援や、バリュエーションが大きく低下した規模の小さめなライバルの買収に利用するという。
 ソフトバンクGと、ビジョンファンドを運営するソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズの担当者はコメントを控えた。 
原題:SoftBank Seeks $10 Billion to Supplement Vision Fund Amid Crisis(抜粋)
ビジョンファンドが追証ファンドにw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。