弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【H5N1】岡田晴恵の報酬は922枚✕単価なのでは?w update7

【仮説①】岡田晴恵の報酬は922枚✕単価なのでは?w

千葉工業大学w、ハギウダ?w

なぜ千葉工大を消すのか?w

wikipedia.org→岡田 晴恵(おかだ はるえ)

「元国立感染症研究所ウイルス第三部研究員。専門は感染症学、公衆衛生学、児童文学です。」w

なんで児童文学?w

【一躍時の人となった岡田晴恵・白鷗大教授(57)。その岡田氏が、国立感染症研究所の研究員時代に執筆した論文に「データ捏造」の疑いがあり、当時の感染研所長から論文の取り下げを要求する文書を出されていた】w

鳥インフルの時にも登場したのだとかw、たぶんこれが状況証拠なってるw

wikipedia.org→岡田 晴恵(おかだ はるえ)

  • 『H5N1―強毒性新型インフルエンザウイルス日本上陸のシナリオ』ダイヤモンド社、2007年9月14日。ISBN 978-4478002407。
  • 『H5N1型ウイルス襲来―新型インフルエンザから家族を守れ!』角川・エス・エス・コミュニケーションズ〈角川SSC新書〉、2007年11月。ISBN 978-4827550139。
  • 『新型インフルエンザの学校対策 ―H5N1型ウイルスから子どもたちを守る基礎知識と指導資料』東山書房、2008年8月1日。ISBN 978-4827814606。
  • 『新型インフルエンザ対策ハンドブック―強毒性H5N1型ウイルス襲来に備える!命を守る、篭城生活の実践マニュアル』角川・エス・エス・コミュニケーションズ、2008年11月。ISBN 978-4827531305。
  • 『≪H5N1型にも対応≫高齢者、乳幼児、妊婦・・・・・・ 家族を守るための新型インフルエンザ対策』幻冬舎、2009年12月22日。ISBN 978-4344017689。
  • 『新型インフルエンザ対策自治体マニュアル―ブタ由来H1N1型を教訓に、トリ由来H5N1型の流行に備える』サンライフ企画、2010年8月。ISBN 978-4904011218。
  • 田代眞人 共著『新型インフルエンザH5N1』岩波書店〈岩波科学ライブラリー〉、2007年12月20日。ISBN 978-4000074797。
  • 田代眞人 共著『インフルエンザから命を守るための本―H5N1型パンデミック・フルー対策』TBSサービス、2010年12月24日。ISBN 978-4904345160。

過去の著作物や論文のすべてが墓穴になってしまう瞬間w

中国湖南省でニワトリが「H5N1型」鳥インフルに感染して次はサリンとエボラだと予想…(2020年2月1日)

H5N1鳥インフルエンザもジカ熱、エボラ、マラリア、新型コロナみたいなWHOフィクションだったのでは?w

そろそろ沖田浩之に「おまえにマラリア」されて「ペルソナ・ノン・グラータ」になるのでは?w

【おまえにマラリア】ジカ熱、エボラ、マラリア、新型コロナ、WHOフィクションが崩壊。ブルンジ(Burundi)がWHOの高官4人を「ペルソナ・ノン・グラータ」w(2020年5月12日)

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。