弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【ブルーグループの起源】大村秀章愛知県知事と山口組弘道会w update23

【ラザラスなオギャ】Joi Itoの六本木のナイトクラブ「XY Relax」と後藤組w

Jeffery Epsteinの日本側窓口は後藤組とか弘道会とかふつうに山口組なんだろw

事件のスケールがでかくなりすぎた。山口組と言っても相対的にローカルな話題に聞こえてしまうw

ハクブンがおしえてくれたブルーグループの話が世界一周してジャニー喜多川、吉本興業、京アニにまで周回して愛知県に戻ってきたかんじw

オレはいまでも(2019年8月末)ハクブンと嫁の今日子とアッキーのGJだと思っているw

上野宏史(うえのひろし)厚生労働政務官が外国人労働者の在留資格をめぐって口利き汚職で辞任w



記事が消されてるw

愛知県の大村知事が刑事告発 贈賄側とされたのは柳川御嵩町長襲撃事件で、山口組弘道会元ヤクザにカネ渡していた、寿和工業元役員、清水利康だと告発状入手!
2019/01/26 13:42
まいど、いまにしです。昨日、お届けした、愛知県の大村秀章知事が最高検に贈収賄容疑で刑事告発された事件。贈賄側が、なんと柳川町長襲撃事件で、疑惑が浮上した寿和工業元役員の清水利康氏、妻の清水沙由里氏と知りびっくり


告発人の川上さんから、訴状を見せてもらったらが、清水利康氏が、名進研小学校の理事長になり、その存続が反社会的勢力との関係でヤバいと、大村知事にすがって、便宜を図ってもらった。その見返りに、政治献金に化けさせて150万円を二回、渡したというもの。


川上さんによると「清水利康は、名進研小学校存続、反社会的勢力決別の記者会見の前日に、妻、清水沙由里名義で150万円を寄付。わかりやすい。いずれ、検察に聞かれるだろうからその時に詳しい情報を提供する。清水利康氏は、海外にいるらしい。日産、ゴーンさんのように空港に着いて、ガチャんとされんかな?」大村知事も反社会的勢力、六代目山口組弘道会との関係が裁判で明らかになっている、寿和工業、清水利康氏、清水沙由里氏からカネをもらうとは、ワキが甘い。知事公邸に招くというのは、反社会的勢力との「謀議」と思われても仕方ない。今後の捜査に注目だ。
Blog URL:http://www.imanishinoriyuki.jp/archives/54792338.html

名進研w。ふつうに元祖「ブルーグループ」かぁ…

nippon-times.net→「元組員に4000万円」 寿和工業・名進研・としわ会、清水氏一族の「行状」を”ブツ”で研究(その3)(2019年7月)

「元組員に4000万円」
寿和工業・名進研・としわ会、清水氏一族の「行状」を”ブツ”で研究(その3)
本紙5月号の記事は大きなインパクトがあったようだ。
「さすがタイムズだ」
という声もちょうだいした。
清水氏の知人が意を決して、本紙に提供してくれた〈業務提携基本契約書〉という「極秘文書」。2011年9月14日に、学校法人名進研学園と寿和工業株式会社の間で結ばれたものである。
岐阜県多治見市の産廃処分場に名進研小学校の関連施設を建設するという、とんでもない計画が記され、「それを実現するには、大村知事の力が必要」という意向を清水氏が示していたというのだ。
そのために、本紙川上が刑事告発した「賄賂」が大村知事に渡されたのではないのかと思えてならないのだ。

そして、今回、新たに入手した資料が清水氏の“肉声”である。2015年7月に学校法人名進研学園の理事長に就任した清水氏。2016年3月に退任した。名進研小学校は、2016年2月13日、保護者会を開催。その席上で清水氏は何を語ったのか。
保護者の一人は当時をこう振り返る。
「清水氏に理事長が変わってから、一口50万円で寄付を募り、金額が多い人はその名前を掲示するとか、成金のような金集めをはじめて、反発した保護者が独自のグループを結成するなど、学校と軋轢が生じていた」
最初に、挨拶に立った理事長の清水氏。中学入試の実績について語り、その後、名進研小学校創立者の豊川正弘氏が作った教育理念、校訓について、「なにひとつ継承する気はありません」。名進研小学校や児童の保護者に「怪文書」が送られたことがあったとして、「保護者の皆様の住所録を不正に入手した」と根拠を示さず語る清水氏。
「この学校に巣くっていた、害虫を退治する過程での最後の悪あがきだ」「学校の大掃除」となど述べ、怪文書については名誉毀損で愛知県警にも相談をしていると、話した。
だが、参加していた保護者からすかさず、質問が飛び出した。清水氏が理事長になって以後、校訓の変更、反社会的勢力とかかわらない誓約書の提出、高額な寄付金などに不満の声があがった。
「校訓は学校の憲法」「誓約書、普通に暮らしていれば暴力団とかかわることはない」
「言うことを聞かなかったら学校をやめろというのか」
などと質問が飛び出すと、大きな拍手に包まれた。
清水氏は予想外のことだったのか、うろたえるような表情だったそうで、「お約束したいのは、よりよい学校、よりよい人間教育を行っていくということ」「非常に問題があった経営陣であったので刷新してよりよいものに」と訴える。

問題があるというのは、創立者の豊川氏が反社会的勢力とかかわりがある人物と関係があった報道を指す。
岐阜県御嵩町長だった柳川喜朗氏らこれまで、あちこちで指摘されてきた、寿和工業、清水氏一族と反社会的勢力との深い関係。今更、何をいうのか。怒りを通り越し思わず、笑ってしまう。

援護射撃のように清水氏の「腹心」の理事はこうも話す。
「清水利康の父親が経営していた会社(寿和工業)が暴力団、反社会的勢力と関与した事実はない」。
寿和工業の創業者で、清水氏の祖父、韓鳳道氏は1998年10月に岐阜の法務局で作成した「供述書」において柳川氏の自宅を盗聴、逮捕されたH元被告に、
〈仕事は御嵩開発で沢山出る。地元優先でやらなければならないが一部はいいですよ〉
〈4千万円を貸してあげた〉
元組員という反社会的勢力のH元被告に資金提供したこと、仕事を提供することを約束。寿和工業と暴力団とのかかわりであること「自白」しているのだ。
ちなみに、H元被告は寿和工業から借りた4000万円について、「借用書はない。返済はって? 向こう(寿和工業)は私の連絡先を知らない」という趣旨の証言を法廷でしている。寿和工業は元組員に4000万円を提供した。
この例だけでも、当時、寿和工業の取締役だった清水氏らこそ暴力団、反社会的勢力と深い関係があったことは明白ではないか。次号も追及。

【〈業務提携基本契約書〉という「極秘文書」。2011年9月14日に、学校法人名進研学園と寿和工業株式会社の間で結ばれたものである。岐阜県多治見市の産廃処分場に名進研小学校の関連施設を建設するという、とんでもない計画が記され、「それを実現するには、大村知事の力が必要」という意向を清水氏が示していた】w

ぶっへーw。2011年9月14日にブルーグループは多治見に産廃処分場(エコフィード)を計画。 「それを実現するには、(農水官僚の)大村知事の力が必要」w

名古屋中心地をぐるっと回って多治見の産廃処分場(エコフィード)に向かってるよーなw
やっぱ多治見の産廃処分場の先にあるのは土岐の核融研かすら?

(その2)がふつうに欠落しているw

nippon-times.net→寿和工業・名進研・としわ会、清水氏一族の「行状」を”ブツ”で研究(その1)(2019年5月)

「襲撃」に「賄賂」と「疑惑」まみれ
寿和工業・名進研・としわ会、清水氏一族の「行状」を”ブツ”で研究(その1)
柳川喜朗元町長 清水利康元理事長 大村秀章知事
本紙川上が寿和工業元取締役、学校法人名進研学園元理事長、医療法人としわ会元理事長、学習塾名進研のオーナー、清水利康氏から(大村知事の贈収賄疑惑記事で)民事提訴されたことは、本紙2019年3月号で報じた。
1996年10月、御嵩町の町長であった、柳川喜郎氏が襲撃された。この民事提訴をきっかけに柳川氏から、
「子供、教育に医療、それは公益だ。怪しい連中が入り込んではいけない」
と聞かされた。
寿和工業が御嵩町に計画していた東洋一という産業廃棄物処理施設と襲撃事件、盗聴事件について柳川氏が書いた「襲われて」(岩波書店)を改めて読み返す。これまで、本紙川上も教育や医療には高度な清廉性が不可欠と述べてきた。柳川氏も同じ思いであったのだ。
清水氏と愛知県の大村秀章知事の疑惑や清水氏一族、寿和工業の疑惑を報じたことについて、間違いではなかったと意を強くした。

大村秀章知事の告発状
清水氏一族、寿和工業、医療法人としわ会は周辺では、様々な「闇」が見え隠れする。清水氏やその一族が、学校法人や医療法人を運営するのに、適格性はあるのか。過去の記録から、たどってみる。
柳川氏が町長在任中、自らの手で書いたという公文書がある。<御嵩産業廃棄物処理場計画への疑問と懸念>というもので、1996年1月に公表された。その中に当時、清水氏が取締役で、実父が社長、祖父が会長であった寿和工業が、
<寿和工業会長自らが暴力団と認めるグループとの間で、御嵩産廃処理場従業員の雇用契約を結んでいる〉
と公文書は指摘している。グループの一員がマルゼンハウス(本社・岐阜県郡上市)と「濃飛環境保全センター」。マルゼンハウスには、寿和工業の役員の鈴木元八氏が取締役に就任していた。「ヤクザ」と指摘されている代表者は、後に産廃処分を巡って、恐喝未遂容疑で逮捕されている。
寿和工業は、当時、従業員は100人ほどの会社で、法人登記では取締役が11人。自社の役員が、別の会社で取締役に就任するという事情は知っていて当然だ。
鈴木氏は、寿和工業と反社会的勢力を結ぶ「接点」になっていた人物でもある。柳川氏の襲撃事件後に明らかになった、自宅の盗聴事件。六代目山口組弘道会の「外郭団体」とされる右翼団体「司政会議」の向井幹人氏(実刑判決確定)が逮捕された。
鈴木氏は、寿和工業から命じられて向井氏に現金を渡している。それは、盗聴事件で録取された鈴木氏の供述調書から明らかだ。寿和工業の会長から、
<会長から電話で、私に、経理から貰って向井に持っていってくれ>
<右翼である向井に現金の入った包みを渡した>
と述べている。向井氏も鈴木氏から現金を受け取ったことを認めており、寿和工業に宛てた領収書も刑事記録には添付されていた。
そして、鈴木氏は向井氏から、柳川氏の自宅を盗聴した録音テープを聞かされたとも語っており、
<盗聴行為は犯罪です>
とその違法性を供述している。
だが、向井氏に盗聴をやめるように説得したり、自首を勧めたりしていない。反社会的勢力の違法行為を黙認。おまけに、寿和工業の指示で現金まで供与しているのだ。
鈴木氏は寿和工業の役員だけではなく、後に御嵩町議まで務めている。現金を渡したのは公職である、町議在任中だ。
柳川氏が指摘したように、まさに清水氏一族や寿和工業の反社会性が「実証」されているのだ。
柳川氏によれば、寿和工業や清水氏一族から、公文書について削除を要請されたことはなかったという。この公文書は現在もインターネットで閲覧できる。寿和工業や清水氏一族は暴力団との関係を認めているのだ。
だが、清水氏の本紙への訴状には<(清水氏が)密接交際者との印象を与える>ことが社会的評価を低下させると記載がある。

清水利康からの訴状
反社会的勢力と密接であると公文書に書かれ、認めているのだ。まったく、あきれた主張であることはいうまでもない。
暴力団関係者や反社会的勢力にカネを渡して付き合い、密接な関係にあった寿和工業や清水氏一族ら。それは柳川氏の盗聴事件の刑事記録からもはっきりしている。被告人もその供述調書を認めている。
清水氏の訴状にはたびたび、「社会的評価を低下させる印象を与える」
という主張が記されている。反社会的勢力にカネを渡すことが自身の社会的評価を低下させていることを理解しているのか。 それが、どう評価が下がってしまうのか。本紙川上は不思議でならなない。
これからも、寿和工業や清水氏一族らが、暴力団や反社会的勢力とどんな関係にあったのか。それが、どう医療法人や学校法人につながってゆくのか、リポートしてゆく。

nippon-times.net→大村知事の名古屋地裁証人出廷を求む 名進研の清水利康元理事長が本紙を民事提訴(2019年3月)

大村知事の名古屋地裁証人出廷を求む
名進研の清水利康元理事長が本紙を民事提訴
本紙・川上が追及している、愛知県の大村秀章知事と名進研小学校の元理事長、産業廃棄物処理会社寿和工業の元取締役、清水利康氏とのグレーなつながり。
柳川喜朗元町長 清水利康元理事長 大村秀章知事
本紙・川上は、大村知事の政治資金管理団体「秀成会」に清水氏の妻、清水沙由里氏から2015年と2016年、個人献金上限の150万が2度に渡り献金されていることと、名進研小学校の背景事情から、贈収賄に当たると刑事告発した。
愛知県大村知事の告発状
すると、2月23日、名古屋地裁から訴状が届いた。清水氏が日本タイムズを民事提訴してきたのだ。 本紙の報道が「名誉棄損にあたる」と主張し、550万円の支払いを求めている。
3月中旬には初公判が控えているので、詳述はさけるが清水氏が反社会的勢力と関係があると指摘したこと、大村知事に提供された清水氏の300万円に疑義があると刑事告発したことなどを、SNSで書いたことなどが清水氏の社会的評価を下げるというのだ。

清水から本誌への訴状
本紙・川上はこれまで数々の事件で刑事告発、民事提訴をしている。告発の段階で報道されたものは、数多くある。告発は粗製乱造しているものではない。民間人としてできることを尽くして、事件性があると判断した場合、告発をしている。
2017年7月、森友学園の籠池康博被告と諄子被告が逮捕された。それは本紙・川上が告発したもので今も、検察庁から届いた「起訴」と記された公文書が手元にある。
清水氏が取締役だった、寿和工業(岐阜県可児市・現在はフィルテック)が1996年10月、岐阜県御嵩町の柳川喜郎町長(当時)の襲撃事件に絡んだ盗聴事件で、暴力団と関係する2つの盗聴グループに資金提供していたのは、刑事事件の法廷で判明している。暴力団関係者に土地買収や、「裏」の仕事をさせていたこともわかっている。 そういう人物と大村知事が直接、会うこと、政治献金を受けるのは反社会的勢力の関係が疑われ、道義的にも問題だと指摘しているのである。
清水氏の訴えには不思議な点がある。直接寄付した、妻の清水沙由里氏は入っていないのだ。訴状が名古屋地裁に受理されたのは愛知県知事選が終わった2月4日。届いたのは2週間以上も後。
寿和工業で、顧問だったという森朴繁樹氏が愛知県庁と岐阜県庁の記者クラブに、 〈清水利康及び森朴繁樹は、本日、愛知県弁護士会の浅井正弁護士会を訴訟代理人として株式会社日本タイムズ社に対して名誉毀損の不法行為に基づく賠償請求を求める訴えを名古屋地方裁判所に提起しました〉というペーパーを配布した。
だが、原告には森朴氏の名前はどこにもない。森朴氏は虚偽の情報を記者クラブにまき散らした。これこそ名誉毀損ではないのか?
名誉毀損行為に及んでいるのは、清水氏、森朴氏、あなたたちだ。
本紙・川上の思いは、大村知事と清水氏、妻の沙由里氏を法廷に呼び、傍聴者がいる前で、証人調べを求めたい。大村知事は反社会的勢力と極めて密接な関係が疑われ、 300万円資金提供をした清水氏と会ったのか。300万円の趣旨はどういうものか、尋ねてみたい。
そして、柳川氏の盗聴事件にかかわった人物も呼びたい。清水氏や寿和工業と反社会的勢力の関係を改めて聞き、襲撃事件解決のきっかけになればと思う。
本紙は、間もなく、もう一つ刑事告発を予定している。清水氏がオーナーとみられる、学習塾の名進研。別の学校法人名進研学園が創設者の豊川正弘氏の長女で、理事長だった池田実結子氏の裁判で「名進研小学校の保護者が法廷に傍聴に来ているか、探偵を使って尾行をした」
「探偵の費用は、学習塾の名進研が支払った」ということが明らかになった。
学校法人名進研学園の費用を、学習塾の名進研を運営する、名進研ホールディングスが支払うというのは、明らかに背任行為。
学校法人は、私学助成で税金から補助を受ける。高度な清廉性が必要だと本紙・川上は考える。探偵に尾行させることも問題だが、それ以上に関係ない負担を進学塾の名進研にさせるというのは、看過できない。
本紙・川上は清水氏のコンサルトという、名進研ホールディングスの石岡崇社長に加え、下島一峰取締役、学校法人名進研学園の森田圭介理事長を刑事告発して、真相解明を司直にゆだねる。しっかりと調べてほしい。



「ブルーグループ」の起源ですなw。これに介護(スペイン方式)も加わる。
【進学塾✕風俗✕介護(スペイン方式)】

Jeffery Epsteinの話のあとに山口組弘道会といわれても愛知県ローカルな勢力にしか見えないw。

国家を超えたボコハラムとグローバル企業の時代になってしまったからなぁ。メタレイヤから下を眺めると自治体がどんなに隠蔽しても何を目的にそんなことをやっているのかはバレバレになる。

「あいちトリエンナーレ2019」協賛w


「愛知県警の3人の警察官が複数の容疑者に電話で連絡を取っていた」フィリピンの自動車税とカジノを使ったマネロン・ルートを潰されてしまったので、こんどは金塊の密輸でマネロン。なんてわかりやすい警察庁w

【オギャ48】吉成夏子(よしなりなつこ)解読。AKSは名古屋の京楽産業の子会社だった…


「あいちトリエンナーレ2019」協賛に「麻生グループ」w。福岡県警と愛知県警と吉本興業の金塊強奪事件でマネロンして開催w


文化庁の下にスペイン方式をヒントする駐日スペイン大使館のマークw

文化庁(特高警察)と駐日スペイン大使館と「麻生グループ」協賛の「あいちトリエンナーレ2019」で「ガソリン携行缶を持って行く」荒療治みたいな津田大介のステマw

CoCo壱番の廃棄カツはエコフィードw

やっとわかった。インドの上院副議長はCoCo壱のカレーをヒントしてたんだw

河野太郎が外務省ディープステイトに暗殺される…

元農水官僚の大村秀章愛知県知事と、愛知県本社のCoCo壱、廃棄カツのエコフィード…ビンゴだわw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。