弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

原子力は生命維持装置につながれた風前の灯火 update6

Nuclear Power is on Life Support in U.S.
原子力は生命維持装置につながれた風前の灯火

米の原子力復活の時になるはずだった。 米国エネルギー省は、新規に原発を建設する時の借金を数十億ドルコストをダウンさせる為 数百億ドルのローン保証プログラムを用意していた。これは米の原子力復活の時になるはずだった。 しかし建設ブームは始まる前に失速。今や建設ブームはすべて終了したようだ。

原発の増設と新規建設は事業計画からほぼなくなり、古い原発は廃炉に向かっている。 最悪なのは、全国の納税者が、原子力産業の崩壊の為の経費のほとんどを負担しようとしていること。

計画を表明したが決して開始されなかった

デュークエネルギー(NYSE: DUK)はフロリダのレビー郡の240億ドルの建設計画を8月始めに建設延期。コスト回収があやしくなってきたので中止した。

NRGエネルギー(NYSE: NRG)は2011年にサウステキサスの増設を中止。 4億8100万ドルの評価損を計上してキャンセル。 2基の既存原発に2基増設する計画だった。しかし経費が超過し当初計画より天然ガスのほうが経済的と判断した。 (このキャンセルされたUS-ABWRは東芝提案のものだった。)

仏電力(Electricite de France)はカルバートクリフ原発の増設がコスト爆発で頓挫し、原発の運転をエクセロン(NYSE: EXC)に売却するに至った。 制御棒が炉心に落下して1基がシャットダウンするトラブルに見まわれてるが原発は現在も稼働中。うげ。

ミネソタ州のプレーリーアイランドとイリノイ州のラセールとペンシルベニア州のライムリックでも増設計画がある。 しかし低価格の天然ガスと風力発電に押されて建設が開始されない。

これら新規プロジェクトは原発復活の基盤だった。しかし天然ガスと風力とソーラーが取って代わった。

古い原発は消えゆくのみ

古い原発が停止中とか、運転できないとか、経済コストとか、既存の発電力に注目することも重要。

エンタジ(Entergy/NYSE: ETR)は前月バーモントヤンキー原発を閉鎖することに決めた。 決定は何年も原発の危険性を訴えた地元の反対が追い風になっていたが、 最後にバーモントヤンキーの閉鎖の原因になったのはコストだった。 エンタジのCEOのレオ・デノートの言葉「原発はもはや経済的な魅力がない。」

カリフォルニア州のエジソン・インターナショナルのサンオノフレ原発は会社が廃炉を決める前の1年間放射能漏れで停止していた。 ウィスコンシン州のケワニー原発は今年始めシャットダウンした、ドミニオン(Dominion)によって廃炉になる。

米で最後に原発が新設されたのは1977年。その時が迫ってるのを理解するのは簡単だ。 原発は永遠に望まれてない。ゆっくり老朽化して前に述べたように廃炉になっていく。

新規原発はコストの女神

サザンカンパニー(Southern Company's/NYSE: SO)でボーグル3号機と4号機の増設が進行中。 プロジェクトは2010年DOEから83億3千万ドルのローン保証を受けた。しかし事故とコスト増加により暫定状態になってる。

サザンカンパニーの子会社のジョージアパワーがプロジェクトを推進している。当初予算は140億ドルだった。 設計変更を要求され7億3千700万ドルの予算超過を電気料金に転嫁することになるのでプロジェクトは延期になり訴訟になっている。

多くの州で原発を建設するメリットは原発が発電開始するまでのコストを地方納税者に転嫁できることだった。 もし原発が完成しなくても電力会社は知ったことではない。行き場所のない何億ドルは納税者の負担になる。 これがジョージアパワーが顧客との訴訟で現実に起きていることであり、ウォールストリートはサザンカンパニーの負債を理由に格下げした。 ローン保証の最終合意は行き詰まった。実際の予算は今では200億ドルになっていてプロジェクトの完了は疑問だ。

もし完成したら?200億ドルの投下資本の平均10%、KWH当たり0.104ドルのコストを燃料購入する前の稼働前の原発にカネを払うことになる。 資本コストだけを考えると天然ガスよりも、大規模ソーラー発電施設と比べても競争力がない。 原子力は発電で経済的ではないことを証明してしまった。これが米国内で継続できなくなった理由である。

原子力ではなく天然ガスが未来

原子力は20世紀のエネルギーの鍵だった、しかし米の未来は天然ガスに依存する。 このような理由からモトレイフールは3つの電力会社にエネルギー転換の包括的な提案をしてる。

3つの会社が翼を広げるまで無料のレポートを参照「米のエネルギー鉱脈の為の3つのストック」

今は期限限定。クリックして見てね。完全無料。

This was supposed to be a time for a nuclear revival in the U.S. The U.S. Department of Energy has a loan guarantee program with tens of billions of dollars that were earmarked to bring costs down for billions of dollars in debt to build new reactors. But the construction boom as stalled out before it ever got started. Now, the boom in nuclear construction appears all but dead.

Nuclear plant expansions and newbuilds have barely gotten off the drawing board, older plants are closing, and the worst part is that ratepayers across the country are going to foot most of the bill for the nuclear industry's demise.

Promising pojects that never got off the ground
Duke Energy's (NYSE: DUK  ) gave up on a $24 billion nuclear project in Levy County, Florida in early August because of delays and doubts it could recover costs.

NRG Energy (NYSE: NRG  ) gave up on expanding its South Texas Project in 2011, costing the company $481 million in a writedown. The project was to add two reactors to two existing reactors but cost overruns and low natural gas costs made it les economical than originally planned.

Electricite de France just reached a deal to potentially sell its nuclear operations to Exelon (NYSE: EXC  ) after the Calvert Cliffs Nuclear Power Plant expansion stalled and costs skyrocketed. The reactors that are currently operating are even running into trouble with one reactor shut down after a control rod dropped into the reactor . Oops!

There were also expansion projects in Prairie Island in Minnesota , LaSalle in Illinois, and Limerick in Pennsylvania that never got off the ground because of low cost natural gas and wind generation.

These new projects were the foundation of an industry revival but natural gas, wind, and solar have gotten in the way.

The old guard of nuclear is fading
It's also important to note that existing capacity is also being shut down, a sign that even older plants can't operate safely or cost efficiently. Entergy (NYSE: ETR  ) decided to shut down the Vermont Yankee nuclear power plant last month, a decision that was cheered by local residents who have argued for years that the plant is unsafe. But in the end it was costs that caused Vermont Yankee to be shut down, with Entergy CEO Leo Denault saying "The plant was no longer financially viable."

Edison International's San Onofre Nuclear Plant in California was shut down for a year due to a radioactive leak before the company decided to shut it down altogether . A Kewaunee nuclear power plant in Wisconsin was shut down earlier this year and will be decommissioned by Dominion, the first time a non-regulated power provider will shut down such a project. Duke also announced the closure of its Crystal River nuclear plant earlier this year .

Since the last new nuclear plant built in the U.S. broke ground in 1977 it's easy to see that more closures will be coming. Nuclear plants aren't expected to last forever and slowly the aging fleet will shut down like the plants above have.

New reactors are costing a fortune
One project that is going forward is Southern Company's (NYSE: SO  ) Vogtle 3 & 4 expansion. The project got a conditional $8.33 billion loan guarantee from the Department of Energy in 2010 but since then has been a disaster of delays and cost overruns.

Georgia Power, Southern Company's subsidiary, is building the project and originally was budgeted for $14 billion. But it has run into delays and lawsuits as designs have changed and last month asked for another $737 million in overrun budget that could be passed on to ratepayers.

The great thing about building nuclear power in many states is that you can pass project costs on to ratepayers years before a power plant generates any power. If the plant is never finished it's no skin off the utility's back and ratepayers have hundreds of million of costs that went nowhere. That's exactly what Georgia Power is doing to its customers and with Wall Street downgrading Southern Company's debt and stock, the loan guarantee's final agreement at an impasse, and realistic expectations now for a $20 billion budget I doubt the project will ever be completed.

What if it is completed? A standard 10% return on capital of $20 billion would yield costs of $0.104 per kW-hr before buying fuel or paying a penny to operate the plant. Just capital costs alone are not competitive with natural gas or even large-scale solar plants at today's costs. Nuclear power has proven to be uneconomical today in energy. That's why it will continue to die here in the U.S.

Natural gas, not nuclear is the future
Nuclear power was a key for energy in the 20th century but the future in the U.S. lies with natural gas. For this reason, the Motley Fool is offering a comprehensive look at three energy companies set to soar during this transformation in the energy industry. To find out which three companies are spreading their wings, check out the special free report, "3 Stocks for the American Energy Bonanza." Don't miss out on this timely opportunity; click here to access your report -- it's absolutely free.

フクイチは世界の原発の建設コストをロケットのように増加させてしまった。逆に今までどおりの安い原発は安全対策がなくフクイチのようになることを意味してる。

いつも思うのは、日本の電力会社はどんなからくりで原発のコストを「安く」してるのか?やっぱ特別会計か?それとも安全対策費用を東大話法と口先だけで誤魔化すから安いのか。

最後に建設されたのは1977年。サウスキャロライナ州 Virgil C. Summer原発2号機の建設開始は30年ぶり。 AP1000を2基増設中。

Vogtle reactor vessel slips between Savannah, Burke County

The steel vessel, which weighs more than the Statue of Liberty, was built in South Korea and took three years to complete. It left aboard a transport ship that took the component to the Port of Savannah.
ボーグル原発AP1000の圧力容器は韓国製w
東芝w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。