弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

大衆を受け身で従順にする賢い方法 update8

Twitterに流れてたチョムスキーの言葉。

The smart way to keep people passive and obedient is to strictly limit the spectrum of acceptable opnion, but allow very lively debate within that spectrum.

Noam Chomsky

「大衆を受け身で従順にする賢い方法。受け入れさせる意見の範囲を厳密に狭め、その範囲内で非常に生々しく議論を戦わせる。」
ノーム・チョムスキー

これ The Common Good by Noam Chomsky Odonian Press, 1998

p17
The big transnationals want to reduce freedom by undermining the democratic functioning of the states in which they're based, while at the same time ensuring the government will be powerful enough to protect and support them.
「巨大な多国籍企業は彼らが拠点にする国の民主主義が機能するのを阻害することで自由を束縛したがる。 それと同時に政府に多国籍企業を保護しサポートするように約束させる。」

p19
... it's ridiculous to talk about freedom in a society dominated by huge corporations. What kind of freedom is there inside a corporation? They're totalitarian institutions - you take orders from above and maybe give them to people below you. There's about as much freedom as under Stalinism.
「巨大企業に支配された社会で自由について議論するのは馬鹿げている。 企業内部にどんな類の自由があるのか? 彼らは全体主義制度だ。上から命令を受けて下に命令する。 スターリン体制下の方がもっと自由があった。」

p29
The goal is a society in which the basic social unit is you and your television set. If the kid next door is hungry, it's not your problem. If the retired couple next door invested their assets badly and are now starving, that's not your problem either.
「あなたとテレビが基本単位になる社会にするのが目標だ。 隣人の子供が腹を空かせていてもあなたには無関係。 隣に住む老夫婦が投資に失敗して今は飢えていても、あなたには無関係。」

p29
Boards of directors are allowed to work together, so are banks and investors and corporations in alliances with one another and with powerful states. That's just fine. It's just the poor who aren't supposed to cooperate.
「役員会のメンバーと銀行と投資家、互いに提携してる企業と強力な国家と一緒に働いている。 すばらしい。仲に入れないのは貧乏人だ。」

p34
Business wants the popular aspects of government, the ones that actually serve the population, beaten down, but it also wants a very powerful state, one that works for it and is removed from public control.
「ビジネスは政府の大衆的局面を欲している。大衆に仕え統治している政府ではなくビジネスの為の非常に強力で大衆のコントロールを排除する政府だ。」

p35
There's a very committed effort to convert the US into something resembling a Third World society, where a few people have enormous wealth and a lot of others have no security ...
「合衆国を一部の人々が巨大な富を持ち、他の多くには何の保証もない 何か第3世界の社会に変換しようと傾倒した努力が存在する。」

p35
Now that ... workers are superfluous, what do you do with them? First of all, you have to make sure they don't notice that society is unfair and try to change that, and the best way to distract them is to get them to hate and fear one another.
「今や労働者は不必要になった。彼らをどうするか? まず何よりも第一に 彼らが社会的不平等に気付いてそれを変えようとしない事を確認すること。 そして、いちばんの方法はそこから注意を剃らせる為に彼らをお互い憎しみ合わせることだ。」

p37
Both prisons and inner-city schools target a kind of superfluous population that there's no point educating because there's nothing for them to do. Because we're a civilized people, we put them in prison, rather than sending death squads out to murder them.
「刑務所も都市部の学校も教育の余地のない不必要な大衆をターゲットにしてる。なぜならどうしようもないから。 なぜなら我々は文明化した人々なので彼らに部隊を送り込んで殺害するのではなく監獄に入れるのだ。」

p41
You need something to frighten people with, to prevent them from paying attention to what’s really happening to them. You have to somehow engender fear and hatred, to channel the kind of rage - or even just discontent - that's being aroused by social and economlc conditions.
「何が本当に起きているのか大衆に気付かれないようにする為には、何か使って大衆を怖がらせなければならないのだ。 社会と経済状況が起こした、怒りや不満につながるものを使って、何か恐怖や憎悪を助長しなければならなくなったのだ。」

p43
The smart way to keep people passive and obedient is to strictly limit the spectrum of acceptable opinion, but allow very lively debate within that spectrum - even encourage the more critical and dissident views. That gives people the sense that there's free thinking going on, while all the time the presuppositions of the system are being reinforced by the limits put on the range of the debate.
「大衆を受け身で従順にする賢い方法。受け入れさせる意見の範囲を厳密に狭め、その範囲内で たとえそれが危険で反社会的なものでも非常に生々しく議論を戦わせる。 そうすることで討論の範囲が強制的に制限された常に前提条件があるにも関わらず 大衆に自由な思考が行われている錯覚を与えることができる。」

p44
So you're allowed to discuss whether the Mideast “peace process" should be implemented immediately or should be delayed, and whether Israel Is sacrificing too much or just the right amount, But you‘re not allowed to discuss the fact - it certainly is a fact - that this so-called "peace process" wiped out a 25-year, internationally supported diplomatic effort recognizing the national rights of both contending parties, and rammed home the US position that denies these rights to the Palestinians.
「中東の和平プロセスをすぐに開始すべきとか延期すべきとか、イスラエルは犠牲を出しすぎとか、欲張りとか議論することは(メディアに)許されている。 しかし、ある事実、本当に事実であるが、両者の国民の権利を承認する国際的な外交努力によって、そしてパレスチナ人の権利を認めない米の立場を反復徹底することで和平プロセスが25年もの間(1999年当時)かき消されて来た事について議論することは許されてない。」

p45
Treetops propaganda is the kind of thing that Ed Herman and l are mostly commenting on. It’s the elite media, aimed at educated sectors of the population that are more involved in decisionmaking and setting a general framework and agenda for others to adhere to. Grassroots propaganda is aimed at the vulgar masses, to keep them distracted and out of our hair, and to make sure they don’t interfere in the public arena, where they don't belong.
「梢(Treetops)プロパガンダはエド・ハーマンと私がいちばんコメントしてるものだ。 エリート・メディアのこと教育を受けて意思決定を行う者が多く含まれている層を対象にしている。 その人たちが従うような一般的な枠組みと議題を設定する。 草の根(Grassroots)プロパガンダは下品な大衆が対象。彼らが所属してない公の議論に干渉しないように 注意を逸らし考えないようにさせる。」
p53

What’s happening with TV is part of something much broader. Elites always regard democracy as a major threat, something to be defended against. It's been well understood for a long time that the best defense against democracy is to distract people. That’s why 19th-century businessmen sponsored evangelical religion, people talking in tongues, etc.

Kids are watching TV forty hours a week. It's a form of pacification.

It is a kind of pacificalion program.

「…民主主義に対する最も効果的な防衛策は人々の注意をそらすことだ。」

テレビで起きてることはもっと大きなことの一部だ。 エリートは常に民主主義を防がないといけない脅威と見なしている。 民主主義に対する最も効果的な防衛策は人々の注意をそらすことだと長い間理解されてきた。 人々が舌を使って話してた19世紀のビジネスマンのスポンサーが福音協会だった理由。

子供達はテレビを週に40時間見てる。これは反乱を防ぐために政府によってとられてる行動(鎮撫/pacification)の1つの形態だ。

鎮撫政策の一種だ。

p56
Maybe something else is needed in the hightech workplace - “flexibility,” which is a fancy way of saying that when you go to sleep at night, you don’t know if you’ll have a job in the morning (but you do know you won’t have benefits). “Flexibility” is terrific for profits, but it destroys human beings.
ハイテク業界で必要になってる「柔軟性(flexibility)」は 想像して言ってみると、夜寝て朝起きた時に仕事があるかどうかわからないてこと。 (判ってると思うけどあなたに利益はない。) 「柔軟性」は利益に対してすばらしいが、人間を破壊する。

p129からチョムスキーがイルミナティに破門になった理由が述べてある。

p133
He also says I use Orwellisms. That refers to my quoting a few sentences of an unpublished article of Orwell’s that was supposed to be an introduction to Animal Farm. Orwell pointed out that in a very free society (he was talking about England), there are all sorts of ways to keep unpopular ideas from being expressed.

One factor is that the press is owned by wealthy men who have every reason not to have certain ideas expressed. He identified education as another factor. When you go through Oxford or Cambridge, you learn that threre are certain things it "wouldn't do to say." if you don't learn that, you're not in the system.

イルミナティの嘘を指摘したのはジョージ・オーウェルだ。 Animal Farmの導入部分に 自由な意見を少数派にするためのありとあらゆる手段が用意されている、非常に自由な社会(英のこと)が書いてある。

メディアは金持ちが所有してる。そして金持ちには世間に広まって欲しくない意見が沢山ある。 そこで教育に目をつけた。オックスフォードやケンブリッジには「口にしてはいけない言葉」がある。 それを学ばないとその社会にはいられなくなると教育されるのだ。 これがイルミナティの始まり。

わはは。これはわかりやすいね。フリーメイソンとかロータリークラブとか、何やら怪しい秘密結社のような儀式は何のためなのか。どうしてそんな事始めたのか。上流階級と秘密結社の組み合わせとゆーのは、自由な発言を封じて体制を守る為の心理的なツールだったのかー。目からウロコー。

犬山のメッセージ」のノータリアンはまさにこの仕掛けといまどきのIT技術を使って核武装極右集団に洗脳されていった訳ですな。

草の根プロパガンダの成れの果てだから。

CIAは原爆を投下した国に原発を建てるなんてのは過去のプロパガンダテクニックを駆使しなければ不可能だと判断した。だからポダムに初代原子力委員長をやらせ、その後読売テレビに着手した。これ

読売ジャイアンツは草の根プロパガンダを徹底するためにあったのだ。テレビに報道と芸能があり、報道が梢を担当し、芸能が草の根を担当する。CNNが不治の病と称したのは梢側が草の根側を蔑すむセリフだ。

311以降日本から梢プロパガンダは消えた。草の根だけになった。もはやエリート向けのメディアなどない。ニュースをネットを使って調べることが可能になり、オープンソースインテリジェンスが登場し、梢側の芸能メディアは今迄以上の下衆な凶暴性を発揮しないと大衆をコントロールできなくなった。

311でオレもそうだけどみんながネットで情報収集を開始。梢プロパガンダは御用学者と呼ばれはじめた。ウソがバレた瞬間。オープンソースインテリジェンスが大衆に知恵をつけ世界中でデモが多発。

シリアもウクライナもキッシンジャーのベトナム時代の頃からの米の大衆統治手法で戦争屋のビシネスだ。

チョムスキー「君は基本的に2つの選択肢がある。希望を諦め、絶望し最悪が起きるのを確信するか、それとも希望を持ち、希望の実現を試みるかだ。すると好転のチャンスが来る。」

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。