弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

英FTは日産で土人(経産省幹部、豊田正和/とよだまさかず)によるクーデターが起きたと指摘w update19

「有価証券報告書の虚偽記載は形式犯ではなく、金融商品取引法の中でも最も重い犯罪類型だ」 「犯罪の疑いがもたらされ、証拠があり、起訴に値するかを判断して粛々と捜査を行うもので、何かを狙ってすることはない」w

「だからー、土人のクーデターじゃないの、信じてくれ世界の皆さん。経産省幹部がキヤノンを経由して日産に天下ってたのも偶然なの。Canon's Courtも無関係。」w

日仏大臣が会談 “ルノー・日産提携関係を強力に支援” 2018年11月23日 2時00分
フランスを訪問中の世耕経済産業大臣は、22日、フランスのルメール経済相と会談し、日産自動車のゴーン前会長が臨時取締役会で解任されたことなどを踏まえて、両政府が、日産とルノーの提携関係を強力に支援していくことを改めて確認しました。
万博の開催地を決める会合に出席するためにパリを訪れている世耕経済産業大臣は、22日、フランスのルメール経済相と会談しました。
会談では、フランス政府の要請を受ける形で日産とルノーの提携関係が議題になり、日産のゴーン前会長が臨時取締役会で解任されたことなどを踏まえて、両政府が両社の提携関係を強力に支援していくことを改めて確認しました。
世耕大臣とルメール経済相は、20日にも電話で会談し、日産とルノーとの協力関係の維持に向け、両政府が支援することを確認する声明を発表していました。
会談の後、世耕大臣は、記者団に対し、「今後の日産とルノーの提携関係の在り方については、関係者が合意、納得したうえで進めることが重要だ」と述べました。

ターゲットが経産省と東京地検特捜部だと気付いたディープステイトは カルロスゴーンの弁護士に元東京地検特捜部をハケンw。 どこに転がって逝っても東京地検特捜部が解体されないようにストーリー化。

グローバル企業から土人ローカル企業を目指す日産w

たしかにカルロス・ゴーンのコストカットとリストラは厳しかったのだろうけど、だからといってディープステイトによる土人クーデターが許されるのか?というと別次元の問題だろう。ニュー・スピークやダブルシンク政策の限界が来ている。

日本の刑事手続きに疑問の声=ゴーン容疑者勾留「家族と面会できず」-仏メディア
日産自動車会長カルロス・ゴーン容疑者(AFP時事)
 【パリ時事】金融商品取引法違反容疑で逮捕された日産自動車会長カルロス・ゴーン容疑者の30日までの勾留を認める決定が出たことに関連し、同容疑者が会長を兼務する自動車大手ルノーの本拠地フランスのメディアは21日、「弁護士が事情聴取に立ち会えず、(当面は)家族との面会もままならない」と一斉に報じた。同メディアからは、フランスと異なる日本の刑事手続きに疑問の声が出ている。
 仏紙フィガロは、刑事事件に詳しい日本の弁護士に取材するなどし、「家族が面会できる可能性は低く、できたとしても15分程度。面会での会話は日本語しか認められない」と報道。仏紙ルポワンは「日本語を話さないゴーン容疑者夫妻にとって非常に厳しい勾留条件だ」と伝えた。
 仏首相府によると、フランスでは勾留中の取り調べへの弁護士同席が認められる。捜査妨害にならないと判断された場合には家族とも面会可能だという。その際には原則として当局者が理解できる言語を使うよう定められているが、外国人の人権保護を求める仏NGO団体によれば、実際には好きな言語で話すことができる場合が多い。(2018/11/22-09:10)
土人の司法制度に疑問の声w。冤罪で司法取引するとか人喰い土人独特な風習もバレていくw

「経産省に言われてやりますた。社員は悪くありません。」w

法人の日産も刑事責任追及へ 西川社長を任意で聴取も 2018年11月21日 12時06分
日産自動車のカルロス・ゴーン会長がみずからの報酬を有価証券報告書に少なく記載したとして逮捕された事件で、東京地検特捜部は、巨額のうその記載が長年にわたって行われていたとして、法人としての日産についても刑事責任を問う方向で検討していることが、関係者への取材で分かりました。特捜部は今後、西川廣人社長からも任意で事情を聴き、実態解明を進めるものとみられます。
日産自動車の会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)は、平成27年までの5年間に有価証券報告書にみずからの報酬を実際より50億円余り少なく記載していたとして、金融商品取引法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。
関係者によりますと、巨額のうその記載は共に逮捕された代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)がほかの執行役員に指示するなどして行われた疑いがあるということで、特捜部は経営トップの報酬のうその記載が長年にわたって行われていたとして、法人としての日産についても刑事責任を問う方向で検討しているということです。
金融商品取引法では、有価証券報告書にうその記載をした場合、法人についても処罰する規定があり、規定が適用されれば7億円以下の罰金が科されます。
特捜部は今後、日産の西川廣人社長からも任意で事情を聴き、不透明な資金の流れの実態解明を進めるものとみられます。

日産「現時点ではコメントできない」
東京地検特捜部が法人としての日産自動車についても刑事責任を追及する方向で検討していることについて、日産は「現時点ではコメントできない」としています。

豊田 正和 とよだまさかず
1949年6月 生

学歴
1973年 3月 東京大学法学部 卒
1979年 6月 米国プリンストン大学WWS行政大学院修士 (MPA)

職歴
1973年 4月 通商産業省入省
2003年 8月 経済産業省 商務情報政策局長
2006年 7月 同省 通商政策局長
2007年 7月 同省 経済産業審議官
2008年 8月 内閣官房宇宙開発戦略本部 事務局長
2008年 11月 内閣官房参与
2010年 7月 一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 理事長
2011年 6月 日東電工株式会社 社外監査役
2015年 3月 キヤノン電子株式会社 社外取締役
2016年 6月 株式会社村田製作所 社外取締役
2018年 6月 日産自動車株式会社 社外取締役

2018年6月26日現在
「2015年 3月 キヤノン電子株式会社 社外取締役」

わはは。こいつが土人ディープステイトのターゲットだw。このタイミングを見計らっていたのかw。
すばらしい。誰の作戦だったの?世耕?w

eneken.ieej.or.jp→PDF

経 歴 書
氏名 : 豊田 正和(とよだ まさかず)
現職 : 一般財団法人日本エネルギー経済研究所 理事長
生年月日 : 1949 年 6 月 28 日生
本籍 : 東京都大田区
教育 :
1973 年 3 月 東京大学法学部卒
1979 年 6 月 米国プリンストン大学 WWS 行政大学院修士 (MPA)
経歴
: 1973 年 4 月 通商産業省入省
: 1975 年 5 月 資源エネルギー庁石油部計画課
: 1977 年 9 月 米国プリンストン大学 WWS 行政大学院入学
: 1981 年 5 月 資源エネルギー庁石油代替エネルギー課
Action Nissan, Inc.(1981年)とRegal Nissan(1981年)
: 1983 年 7 月 OECD/IEA、石油市場課長
Kirkland Nissan Subaru(1986年)
: 1987 年 4 月 通商政策局通商企画官
: 1990 年 8 月 大臣秘書官事務取扱
: 1991 年 3 月 通商政策局国際経済部通商関税課長
: 1992 年 6 月 機械情報産業局航空機武器課長
: 1993 年 7 月 通商政策局米州課長
Saeilo Portfolio Investments Limited Partnership(1994年)←文鮮明四男w、統一教会のフィクションに経産省が絡んでいる?w
1994-May-04 (81021976)[1-932-2 Nissan Omiya/Japan/Paradise Papers - Appleby]
United Nissan(1995年)
c/o Rosenthal Nissan Mazda(1995年)
: 1996 年 7 月 環境立地局総務課長
: 1998 年 6 月 大臣官房総務課長
: 1999 年 8 月 通商政策局国際経済部長
Riser Nissan(1999年)
: 2001 年 1 月 経済産業省通商政策局通商機構部長
: 2002 年 1 月 製造産業局次長
: 2003 年 8 月 商務情報政策局長
: 2006 年 7 月 通商政策局長
: 2007 年 7 月 経済産業審議官
: 2008 年 7 月 31 日 退官
: 2008 年 8 月 経済産業省顧問
: 2008 年 8 月 内閣官房宇宙開発戦略本部事務局長
: 2008 年 11 月 内閣官房参与
: 2010 年 7 月 1 日 財団法人日本エネルギー経済研究所 理事長
: 2011 年 2 月 KAPSARC, International Advisory Board Member
: 2011 年 2 月 Accenture Global Energy Board (GEB)
: 2012 年 11 月 Oxford Institute for Energy Studies, Board Member
: 2012 年 11 月 Oxford University (London), Oxford Energy Policy Club Member
: 2012 年 12 月 太平洋ハイテクセンター(Pacific International Center For High Technology Center)理事
Nissan - Limor(2012年)
: 2013 年 2 月 International Advisory Board of Brunei National Energy Research Institute (BNERI)
以上

世耕経産相と仏経済・財務相が電話会談
 日産自動車の会長であるカルロス・ゴーン容疑者の逮捕を受け、世耕経済産業大臣とフランスのル・メール経済・財務大臣は20日、電話会談を行い、「日産とルノーの提携を支援していく」との共同声明を発表しました。
 声明では、「日本とフランスの産業協力の成功の象徴の一つである日産とルノーの提携を支援することを再確認した」としています。また、「協力関係を維持していくという日産とルノーの共通の意志も支援する」としています。
 ゴーン容疑者の逮捕を受け、日産とルノー、三菱自動車の三者連合の先行きを不安視する見方もありますが、日産の西川社長は、20日、報道陣の問いに対し「安定させて進めていく」としています。
 また、菅官房長官も会見で「関係者が納得いく形で議論が進むことが大事だ。国際的な問題があるので、そうした中で、お手伝いすることがあれば」と支援する姿勢を示しました。
日産とディープステイトが完全にハマったw。日産で起きてるのは新日鉄と三菱重工の徴用工問題戦略的放置作戦と同じだw。

【3社の経営統合問題が騒ぎとなった2018年初めの経済産業省幹部の言葉である。同幹部は「どんな手を使ってでも阻止する」と語った。】w


ルノーがゴーン逮捕で暫定経営チームを指名
“Mr Ghosn, temporarily incapacitated, remains chairman and chief executive officer.”
「一時的に無力化したゴーン氏は議長とCEOに留まる。」とルノーの暫定CEO Thierry Bolloré が発言w

Five key questions in arrest of Ghosn Conspiracy theories swirl around markets as silence of car boss lengthens

The particular corporate and legal landscape of Japan has fuelled speculation around Carlos Ghosn's arrest and his impending removal from Nissan

Kana Inagaki and Leo Lewis in Tokyo NOVEMBER 20, 2018 Print this page

There is still no word from Carlos Ghosn, a day after the head of the Renault-Nissan-Mitsubishi Alliance was arrested for allegedly misleading investors about his remuneration.

The circumstances surrounding the impending removal of one of the global car industry’s most powerful figures remains opaque as conspiracy theories swirl around the markets.

Here are the answers to some of the key questions investors are asking.

WHY HAVE WE NOT HEARD FROM MR GHOSN?
Under Japanese law, Mr Ghosn can be detained without bail for 48 hours and prosecutors can begin their initial questioning before he has an opportunity to see a lawyer. Following that initial period, Mr Ghosn can be detained for up to 20 days before he can be released or charged. If found guilty of violating Japan’s Financial Instruments and Exchange Act, Mr Ghosn could face a penalty of up to 10 years in prison, a fine of up to ¥10m ($89,000), or both.

WHY GO FOR PAY ABOVE EMBEZZLEMENT?
At the moment, prosecutors have allegedly arrested Mr Ghosn for under-reporting his pay. This fits, say legal experts, with the traditional approach of the Japanese prosecutors who will prioritise the charges that they think will be easiest to make stick. It is worth remembering that Japan is a country known for its 99 per cent criminal conviction rate.

Nissan has also ordered the allegations against Mr Ghosn with the overstatement of pay in financial statements above the potentially much more serious criminal act of embezzlement.

“However complicated a case is, prosecutors will pursue charges only on the assumption that it will definitely win the case,” said Tatsuo Uemura, professor in securities regulation and corporation law at Waseda University.

The same approach was taken to arrest executives when accounting scandals broke at Livedoor and Olympus, while prosecutors did not pursue criminal charges against former executives of Toshiba over a $1.3bn accounting scandal in 2015.
検察は2015年東芝の13億ドル不正会計スキャンダルのとき前経営者を罪に問わなかったのに、 ライブドアとオリンパスでスキャンダルが起きたときには幹部を逮捕する同じアプローチを取った。

Over the next few days, say the lawyers of corporate leaders who have faced similar situations, prosecutors will probably attempt to find evidence or admission of more serious wrongdoing by Mr Ghosn.

WHAT IS UNPRECEDENTED ABOUT THIS CASE?
In some scandals in the past, executives have been arrested for inflating revenue or profit figures in financial statements. But it is virtually unheard of to apply the breach of Japan’s Financial Instruments and Exchange Act to discrepancies in pay figures.

But more importantly, Mr Ghosn’s case is likely to be only the second time that Tokyo prosecutors used Japan’s new plea-bargaining system, which began in June. According to state broadcaster NHK, a non-Japanese Nissan executive in the legal department struck a plea bargain with Tokyo prosecutors. Nissan declined to comment.

The new system will mean companies with operations in Japan are at greater risk of prosecution in accounting fraud, cartel and bribery cases because their staff will have an incentive to co-operate with investigators to avoid charges or get a reduced sentence.

HOW HAS JAPAN INC REACTED?
There are widespread suggestions in the financial markets that the downfall of Mr Ghosn suits the inward-looking side of corporate Japan that had never been comfortable with Mr Ghosn’s profile and the praise heaped on him as the Franco-Lebanese-Brazilian saviour of Nissan. Jesper Koll, head of the asset management firm Wisdom Tree Japan, said that the Tokyo public prosecutors’ arrest of Carlos Ghosn “underscores a key principle of Japanese Corporate Governance — greed and manipulation for personal gain will not be tolerated”.

DID GHOSN DESERVE TO HAVE HIS LEGACY LACERATED IN PUBLIC?
During the Monday night press conference Nissan’s chief executive, Hiroto Saikawa, repeatedly criticised Mr Ghosn’s legacy and the negative effects of his 19-year “regime”.

In particular, Mr Saikawa attempted to divert praise for Nissan’s recovery from the brink of bankruptcy in 2000 to the broad sweep of company employees, rather than to its charismatic corporate leader. He was especially critical of the way in which Mr Ghosn had too heavily concentrated power upon himself. This ignores the fact that, over the past 18 months, Mr Ghosn has been decisively stepping away from operational control of Nissan, with much of that power being transferred to his chosen successor, Mr Saikawa.

“We see relatively little impact on the actual operations of Nissan Motor, given that the management team under CEO Hiroto Saikawa is already actively engaged in the management of the company,” Nomura analyst Masataka Kunugimoto said.

逮捕前に経営統合検討か ゴーン会長、日産・ルノー
2018/11/21 07:09 ©一般社団法人共同通信社
 【フランクフルト共同】英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は20日、日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者が逮捕前に、同社と自身が会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるフランス自動車大手ルノーの経営統合を検討していたと報じた。ある関係者によれば、数カ月内にも行われる見通しだったという。
 両社は互いに株式を持ち合い、広範な分野で連携。報道によると、統合によって提携関係を不動のものにする狙いがあった。だが日産側からは激しい反対に遭い、同社の西川広人社長とゴーン容疑者の間の対立は激しくなっていった。
FTはクーデターだと言っているw

株価連動報酬40億円分記載せず ゴーン容疑者の不正で新事実
2018年11月21日 水曜 午前6:25
報酬の過少記載で逮捕された日産自動車のカルロス・ゴーン会長が、株価に連動した報酬のおよそ40億円分を有価証券報告書に記載していなかったことがわかった。
日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)は、代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)と2015年3月期までの5年間に、有価証券報告書に自らの報酬をおよそ50億円少なく記載した疑いが持たれている。
関係者によると、日産は役員報酬として、ストックアプリシエーション権(SAR)と呼ばれる、株価に連動した報酬を得る制度を導入していたが、ゴーン容疑者が、およそ40億円分のSARを得ながら、有価証券報告書に記載していなかったことがわかった。
2011年3月期の有価証券報告書には、SARで報酬を受け取った役員が記載されていたが、ゴーン容疑者の記載は0円だった。
また、ゴーン容疑者とともに逮捕された代表取締役のケリー容疑者が、執行役員らに有価証券報告書にうその記載をするよう、指示していたことがわかった。
東京地検特捜部は、この執行役員らとの司法取引に合意していて、虚偽記載の経緯を調べている。
「ゴーン容疑者とともに逮捕された代表取締役のケリー容疑者が、執行役員らに有価証券報告書にうその記載をするよう、指示していた」w
はぁ?ゴーン社長就任は2000年6月。それから10年経ってそんなすぐにバレることやるか?w

テンパった日産とディープステイト(財務省、検察庁、経産省)がなんかやらかしたなw。

【アカウントは本田技研とは資本関係のない販売店の「Honda Cars大阪東」が個別に管理しているという。】w
ゲラゲラ…ホンダ鈴鹿工場の部隊か?w

仏で不明の邦人留学生、絞殺された可能性 検察が示唆
2018年11月20日 4:57 発信地:ブザンソン/フランス [ フランス ヨーロッパ 日本 アジア・オセアニア チリ 中南米 ]
【11月20日 AFP】フランス東部ブザンソン(Besancon)で2016年、日本人留学生の黒崎愛海(Narumi Kurosaki)さん(当時21)が行方不明になった事件で、仏検察当局は19日、黒崎さんが大学寮の自室で元交際相手のチリ人の男によって絞殺された可能性が高いとの見解を示した。
 黒崎さんは2016年12月4日夜、元交際相手のニコラス・セペダ・コントレラス(Nicolas Zepeda Contreras)容疑者と夕食を共にした後、消息を絶った。
 ブザンソンで記者会見したエティエンヌ・マントー(Etienne Manteaux)検事は、黒崎さんは殺害されたとみられるものの、近郊の森林地帯の広範囲を対象として行われた捜索にもかかわらず遺体は発見されておらず、死因の特定は困難だと説明。一方で、黒崎さんの部屋には血痕がなかったことから、絞殺された可能性が高いとの見解を示した。
 また同検事は、セペダ容疑者が当時、黒崎さんが別の男性と交際を始めたことに嫉妬していたと指摘し、同容疑者は「これまで以上に、この殺人事件での主要容疑者であると考えられている」と説明。さらに、黒崎さんが行方不明となる数日前、同容疑者がスーパーで可燃性液体5リットルとマッチを購入していた他、利用したレンタカーが返却時に泥で覆われていたことを明らかにした。
 フランス当局はチリに帰国したセペダ容疑者に対し国際逮捕状を出したものの、チリ当局は身柄拘束を拒否している。仏当局は、容疑者の取り調べのため予審判事をチリに派遣すべく、「今後数週間」以内にチリ当局に対し協力を要請する予定だ。
 マントー検事は「われわれは遺体の発見のために手を尽くしたが成果が出なかった。これを受け入れ、外交段階に移る必要がある」と言明。さらにフランスはチリに対し容疑者引き渡しの正式要請は行っていないとし、国外での裁判のために自国民の引き渡しに応じる国は少ないと説明した。(c)AFP

豊田正和(とよだまさかず)研究w

「天才豊田」w

BWRでもPWRでも軽水炉はダメw

軽水炉を燃やしても完全燃焼しない。使用済み燃料が残ってしまい核燃料サイクルがフィクションだった。

「原子力ゼロで国富流出24兆円」フィクション。まぁ、これは結局のところ原発や核兵器での被曝に関連するボコハラム臓器狩り利権だった。

電気料金が高くなるフィクションw

「東京電力の帝王・勝俣恒久の飼い犬」w

DNSブロッキングみたいな?w

JAXAと豊田正和宇宙開発戦略本部事務局長w、核ミサイル・フィクションw

天才的なフィクションを連発して経産省で原発を推進してきた豊田正和(とよだまさかず)が日産に天下った時に後ろから刺されてしまうw
まぁいろいろバレてしまったからな。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。