弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

西川善文が911に死去w update8

元三井住友銀頭取、西川善文氏死去
経済 金融機関 2020/9/12 0:45 (2020/9/12 4:42更新)日本経済新聞 電子版
大手銀行の再編を主導し、三井住友銀行の初代頭取や日本郵政の社長を務めた西川善文氏が11日死去したことが分かった。関係者が明らかにした。82歳だった。
1961年に大阪大を卒業し、住友銀行(現三井住友銀行)に入行。経営難に陥った総合商社の安宅産業や専門商社のイトマンの処理などで頭角を現した。金融危機の1997年6月に頭取に就任した後も不良債権の処理で手腕を発揮し、2001年のさくら銀行との合併、三…

wikipedia.org→西川 善文(にしかわ よしふみ)

「2013年4月に妻が死去したが、西川個人の思いから、通例と異なり三井住友銀行等には知らせることはなく、密葬で弔った。妻の葬儀からほどなく、アルツハイマー型認知症が進行し、意思能力を失った状態となった[8]。」

2013年に廃人にされてる…

西川晴子さんが死去 西川善文元三井住友銀行頭取の妻 2013/4/8付
西川 晴子さん(にしかわ・はるこ=西川善文元三井住友銀行頭取の妻)5日死去、72歳。告別式は近親者のみで行った。

中国でCIA情報源20人の回りくどい殺害がはじまり最後にヒラリーが脳震盪を起こし国務長官を退任する。放射能を一服盛られて被曝したのか。日本たばこ産業(JT)の土人がJFKと同じ暗殺を試みてる(2013年4月30日)

facta.co.jp→旧住友銀行「西川・国重」の寂しい幕切れ

旧住友銀行「西川・国重」の寂しい幕切れ
2014年6月号 BUSINESS
静かに一つの時代が終わろうとしている。「ラストバンカー」の異名を取った辣腕金融マンで、三井住友銀行頭取や日本郵政社長を歴任した西川善文が、アルツハイマー病による認知症に冒された。1938(昭和13)年生まれでまだ70代半ばだが、異変のきっかけとなったのは昨年4月、長年連れ添った妻晴子を亡くしたことだった。異様とも思えたのは、その情報を一切外に漏らさなかったことだ。西川が愛してやまなかった古巣、旧住友銀行の多くの関係者さえも後日知らされて慌てふためいたほどだ。本誌が知るところでは、西川は住友銀行の最前線に立ち続け家庭では苦労をかけた妻を「バンカー西川の妻」ではなく「西川個人の妻」として見送りたかったという。異変が起きたのは妻の葬儀を終えたあたりからだったようだ。昨年夏、西川が懇意にしている外資系証券会社の幹部らが彼を囲むゴルフコンペを開催した。長 ………

トップダウンで駆け抜けた金融難局 西川善文さん死去
会員記事 真海喬生 2020年9月12日 1時29分
写真・図版 郵政持ち株会社初代社長に内定し、記者会見する西川善文・前三井住友銀行頭取(右)=2005年11月、都内
 三井住友銀行の初代頭取を務めた西川善文さんが亡くなった。不良債権処理や経営統合など金融難局の時代を乗り切り、「最後のバンカー」と呼ばれた。一方で、日本郵政社長時代には「かんぽの宿売却問題」などで政治問題に巻き込まれ、辞任に追い込まれた。下からの積み上げではなく、トップダウンでの判断を重視し、時に波風を立てながら金融激動の時代を駆け抜けた人生だった。
西川善文さんが死去 元三井住友頭取「最後のバンカー」
 住友銀行では、総合商社の安宅産業、イトマンなど不良債権処理で頭角をあらわし、1997年に頭取に就任。大和証券との提携やさくら銀行との経営統合を実現し、三井住友銀初代頭取に就いた。記者会見など公の場でも事務局の作った資料に頼らず、常に自分の言葉で語る姿勢を貫いた。
 2004年には、経営危機に陥ったUFJホールディングスをめぐり、三菱東京フィナンシャル・グループとの争奪戦に。結局、UFJは三菱東京との経営統合を選び、統合は実現できなかった。この争奪戦を著書「ザ・ラストバンカー」の中で振り返り、「大魚を逃した」と表現して悔しさをにじませた。
 銀行を退任後の06年、小泉純…

西川善文さん死去 82歳 三井住友銀行初代頭取、日本郵政の初代社長
毎日新聞2020年9月12日 00時47分(最終更新 9月12日 00時54分)
西川善文氏=2009年、平田明浩撮影
 三井住友銀行の初代頭取で、郵政民営化で誕生した日本郵政の初代社長を務めた西川善文(にしかわ・よしふみ)さんが11日、死去した。82歳。関係者が明らかにした。
 奈良県出身。大阪大法学部卒業後の1961年、旧住友銀行に入行。海外融資の焦げ付きで経営が悪化した商社・安宅(あたか)産業や、不動産や絵画などの不明朗な取引で経営が傾いた中堅商社・旧イトマンの破綻処理などを手がけ、名を上げた。
 97年、頭取に就任。大和証券と法人向け証券会社を設立したほか、旧さくら銀行との合併を主導し、三井住友銀行の初代頭取、三井住友フィナンシャルグループ(FG)の初代社長に就いた。2005年の退任後、小泉純一郎首相(当時)に要請され、郵政民営化を前に発足した日本郵政の社長に就任。07年の民営化後、「かんぽの宿」の売却手法が問題だと批判され売却を撤回したこともあった。09年の政権交代で誕生した旧民主党政権により民営化方針も見直され、社長を辞任した。

「三井住友銀行」初代頭取 西川善文氏死去 「日本郵政」社長も 2020年9月12日 5時36分
旧財閥の枠を越えた大手銀行の合併を主導して「三井住友銀行」の初代頭取を務め、郵政民営化で発足した「日本郵政」では、初代社長を務めた西川善文氏が亡くなりました。82歳でした。
西川氏は、昭和36年に当時の住友銀行に入り、企業の経営再建などで手腕を発揮し、不明朗な資金取り引きが事件化した商社「イトマン」の処理も手がけました。
そして平成9年に住友銀行の頭取に就任。三井銀行などを母体とする「さくら銀行」との旧財閥の枠を越えた合併を推し進め、平成13年に誕生した「三井住友銀行」の初代の頭取に就任しました。
その後、大手スーパー、「ダイエー」の経営再建問題で産業再生機構の活用への道筋をつけたり、「三菱東京フィナンシャル・グループ」と「UFJホールディングス」の統合交渉に割って入る形で、UFJに経営統合を申し入れたりするなど、その豪腕ぶりから、「最後のバンカー」とも呼ばれました。
平成19年の郵政民営化では、グループを束ねる持ち株会社、「日本郵政」の初代社長を務めました。銀行によりますと、西川氏は、11日、亡くなりました。
82歳でした。

三井住友銀行初代頭取の西川善文氏が死去…「最後のバンカー」、日本郵政社長も務める
2020/09/12 00:51 西川善文氏
 三井住友銀行の初代頭取で、不良債権処理や金融再編の荒波を乗り越えて「最後のバンカー」と称された西川善文(にしかわ・よしふみ)氏が死去したことがわかった。82歳だった。
 西川氏は奈良県出身。1961年に大阪大法学部を卒業し、住友銀行に入行した。97年には頭取に就任し、さくら銀行との合併交渉を陣頭指揮し、旧財閥の壁を越えた合併をまとめ上げた。
 2001年4月に発足した三井住友銀行の頭取に就いた。巨額の不良債権処理に苦しんだが、銀行の健全化に力を尽くし、全国銀行協会の会長も務めた。
 その後、小泉政権の郵政民営化の方針に従って、日本郵政の社長を務めた。

ヤン・ヒューリック

3185ツイ r rr

瀬島龍三✕西川善文w

バフェットが五大商社を決めて「七大商社って知ってる?」とナンパしていた双日と豊田通商の社員の死体が発見されるw(2020年8月31日)

渡邉 韓国だね。でも日本の方からもいろいろやってきた。びっくりしたのは、韓国に着いたら、瀬島龍三がいるんだ。
佐藤 当時は伊藤忠商事ですね。
渡邉 もともと大本営参謀だから利権にい込むのもうまいんだよ。

ナベツネがギフハフ団の由来は国情院(KCIA)だと佐藤優に語るw(2020年1月14日)

伊藤忠商事社員が2018年2月末から1年間も国家安全省にスパイ容疑で拘束されていた(過去形)w(2019年2月14日)

【稲盛財団✕瀬島龍三のカニバリズム・ビジネス】カトリック長崎大司教区の2013年ごろの2億5千万円海外事業投資て東京五輪招致の賄賂だなw(2020年8月22日)

ハゲイは「墓場まで持って行った」秘密を容易に推察できるようにして死去したのだw(2019年11月30日)

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。