弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「新日鉄住金室蘭製鉄所」大型クレーンが持ち上げた重さおよそ5トンの鉄くず入りの容器と地面に置かれていた容器の間に挟まれて死亡

積み荷に挟まれ男性死亡 新日鉄住金室蘭 01/03 22:19
 【室蘭】3日午後4時5分ごろ、室蘭市仲町の新日鉄住金室蘭製鉄所内の製鋼工場で、作業中の伊達市舟岡町、同社関連会社社員大野琢郎さん(41)が積み荷に挟まれた。大野さんは同5時10分ごろ、搬送先の病院で死亡した。死因は胸部の圧迫とみられる。
 室蘭署によると、鉄くずの入った約5トンの積み荷をクレーンで運搬する作業中、大野さんは積み荷をつなぐワイヤの緩みを直そうとクレーンに近づいた。その際、クレーンが揺れて、クレーンでつった積み荷と近くに置いてあった積み荷との間に挟まれたという。

NHK→工場でクレーン作業中に死亡事故

北海道 NEWS WEB
工場でクレーン作業中に死亡事故 01月04日 06時22分
3日午後、室蘭市内の工場で41歳の社員の男性が大型クレーンが持ち上げた鉄くず入りの容器と地面に置かれていた容器の間に挟まれて死亡しました。
3日午後4時すぎ、室蘭市仲町の「新日鉄住金室蘭製鉄所」で社員の大野琢郎さんが(41歳)大型クレーンが持ち上げた重さおよそ5トンの鉄くず入りの容器と地面に置かれていた容器の間に挟まれました。 大野さんは胸などを強く圧迫され、搬送先の病院でその後、死亡が確認されました。 現場では当時、クレーンのメンテナンス作業が行われていて、警察によりますと別の作業員がクレーンを操作し容器を持ち上げたところ、何らかの理由で容器が左右に揺れてそばにいた大野さんが挟まれたということです。 警察は事故の経緯とともに現場の安全管理に問題がなかったか詳しく調べています。

昨年9月は地震が原因で火災が起きているw。これずっと続くの?

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。