弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

オータコイドとは脳の自己治癒に作用するホルモン物質。トランプが何か知っている。モンサントも動く。update6

あ、これだわ。局所的なホルモンかぁ。しかも脳の一部に作用するホルモン。 ストロンチウム90が神経伝達物質の代わりに入り込む話があったなぁ。


Definition: Auto = self(自己) Coids = Remedy(治癒)
or some times called Local Hormones
脳の自己治癒に関する物質かぁ。うわ、たしかにこれは人類滅亡を回避する為のキーテクノロジですな。

マリファナの効能を大手製薬会社は解析済みなのかすら?
タミフルは向精神薬だったわけで、いろいろ種明かしがはじまるのかすら?

2017.1.11 23:59更新 「福島から来た子は汚い」「病気ですぐ死ぬ」 原発避難、いじめ被害証言 東電賠償訴訟で母親
 福島第1原発事故で被災した住民が国と東京電力に損害賠償を求めた集団訴訟の第21回口頭弁論が11日、東京地裁(水野有子裁判長)であり、福島県から東京都に避難した原告の女性が、子供が避難先の学校で受けたいじめについて本人尋問で明らかにした。
 女性の子供は千代田区立中で同学年の3人から菓子などをおごらされていたことが分かり、区教育委員会が調査するとしている。
 尋問で女性は、避難当初に通った都内の小学校で「福島から来た子は汚い」などと言われたり、「病気ですぐに死んでしまうのだから」と階段から突き落とされたりし、別の小学校に転校したと話した。
 女性は2人の子供とともに避難。それまでの仕事を辞めざるを得なくなったほか、福島県の自宅のローン支払いが続く中、いじめについて教師らが真剣に取り合ってくれず、精神的な負担も大きいと訴えた。

バイスタンダー効果とは放射線照射された組織周辺への効果?

放射線の直接照射とバイスタンダー効果による過酸化ストレスで細胞が瀕死になってオータコイドを分泌する。 オータコイドはホルモンと同じ化学物質なので種を超えて周辺に影響を与える。つまり感染するという仮説。

ぐげ。なにそれ。これがいじめの原因だって?

【電子版】米医薬品株が急落、トランプ氏が薬価で入札強制の可能性示唆 (2017/1/12 09:30)
記者会見するトランプ次期大統領(ブルームバーグ)
(ブルームバーグ)11日の米株式市場で薬品株やバイオテクノロジー株が急落した。トランプ次期米大統領が医薬品業界に対し、政府関連ビジネスでは入札を強制する考えを示したのが嫌気された。
トランプ氏はニューヨークで開いた記者会見で、「医薬品業界は多くのロビイストを抱え、大きな力を持つ。入札は実に少ない。われわれは世界最大の医薬品購入者だが、適切に値を付けていない。多額の節約を行うつもりだ」と述べた。
医薬品業界はツイッターを介して企業と交渉してきたトランプ氏から最新の標的とされた。
ナスダック・バイオテクノロジー株指数は3%下落し、S&P500種医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス株指数は1.7%安と、いずれも昨年10月以来の下落率を記録した。
トランプ氏の大統領就任は医薬品業界にプラスとの見方から、医薬品株とバイオテクノロジー株は選挙後に上昇していたが、ここにきて同氏は民主党が大統領選で取り上げた医薬品価格を米国民の家計に打撃を与える問題として取り組む可能性を示した。
原題: Drug Stocks Plunge as Trump Threatens to Force Price Bidding (3)(抜粋)
(2017/1/12 09:30)

米の製薬業界は向精神薬で回転ドア状態になっていたからな。

なぜかサンダースがトランプの製薬業界の改革を称賛w

ぐはは。

やっぱモンサントかぁ。被曝と製薬業界ですな。トランプは何か知ってるな。

製薬業界が巨大な資金でオータコイドの情報を買っている?
文科省が被曝した児童にいじめでストレスを与え、オータコイド効果をモルモット実験で検証してるのか。

慢性被曝症の患者の中にオータコイド効果が高く回復力が高い患者がいる。 放射能につおい土人のメカニズムの情報を米露は喉から手が出るほど欲しいらしい。

で、この話は、以前に書いた「数万人分の低線量被曝データを何に使うのか」に関連していく。

これに露も加わってる。要するに核保有国ですな。

この情報は人類にとってプライスレスだ。なので法外な大金が動く。
ヒラリーのパーキンソン病の進行を止めて回復させることができるかもしれないw
そしてその莫大なカネで大量の工作員や組織が動いていくというわけ。

2017年 6月 27日 3:35 PM JST
カリフォルニア州、モンサント除草剤を発がん性認定へ  6月26日、米カリフォルニア州は、米農薬・種子大手モンサントの人気商品である除草剤「ラウンドアップ」に含まれる有効成分グリホサートについて、7月7日から発がん性物質のリストに加えると発表した。写真はカリフォルニア州で販売されている同製品(2017年 ロイター/Mike Blake)
[26日 ロイター] - 米カリフォルニア州は26日、米農薬・種子大手モンサント(MON.N)の人気商品である除草剤「ラウンドアップ」に含まれる有効成分グリホサートについて、7月7日から発がん性物質のリストに加えると発表した。
同州の環境健康危険評価局の説明によると、モンサントは裁判所にリスト掲載の差し止めを申し立てたが認められず、同州は掲載の手続きを進めることになった。
モンサントは既に控訴しており、リスト掲載について「科学および法律に基づき正当化できない」と抗議した。
世界戦略担当バイスプレジデントのスコット・パートリッジ氏は電子メールの声明で「これは手続きの最終段階ではなく、訴訟とは無関係だ。当社はこの不当な決定に対して果敢に抗議し続ける」と表明した。
環境健康危険評価局は、モンサントは執行停止の権限を与えられていないため、来月にはリスト掲載を実行すると説明した。
リストに掲載されると、企業はカリフォルニア州内で販売する化学製品のパッケージに警告表示を義務付けられる。当局が危険とみなす量のグリホサートを散布する場合にも警告を出す義務が生じる。
モンサントのラウンドアップw
オートクライン(autocrine)とオータコイド(autocoids)。午後2時半に散歩中に犬が踏切内で座り込み岐阜薬科大学准教授が列車にはねられて死亡。

ヒトのニューロンはホルモンを分泌して免疫システムを制御してる。 そこにラウンドアップが残留農薬となり食べ物を経由して人体に侵入。血液中でホルモン様物質として働き、免疫システムを誤動作させる。 これが発がん性の原因。 つまりベトナム戦争で使われた除草剤や、抗がん剤は回りくどい化学物質テロなのだ。 わかりる?

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。