弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

ナルコレプシー(居眠り病)は神経伝達物質システムの障害で起きる。カザフはBN-350が原因だったのか。 update14

「ナルコレプシー(居眠り病)はマリファナの使用と混同される可能性がある。」w

地下鉄オーバーラン、運転士「眠気でウトウト」名古屋

2015年7月12日12時09分
12日午前7時15分ごろ、名古屋市中区大井町の同市営地下鉄・名城線東別院駅で、名古屋港発大曽根行き列車が、停車位置を約61メートル越えて停車した。市交通局によると、男性運転士(43)のブレーキ操作が遅れたためで、「前の駅を発車した後、眠気がきてウトウトした」と話しているという。

 6両編成の列車は、前方の4両分がホームを行き過ぎてトンネル内で停車。運転士は列車を後退させて、3分遅れて東別院を発車した。乗客約400人にけがはなかったという。

2015.7.13 21:34更新
運転士が一時居眠り? 「頭がカクカク」乗客がメールで指摘 JR九州
 JR九州は13日、直方発博多行き普通列車(5両編成、乗客約380人)の男性運転士(24)が、運転中に居眠りをしているようだったと乗客から指摘を受けたと明らかにした。運行に支障はなかった。JR九州は「乗客に不安感を与えたことをおわびする」とコメントした。

 JR九州によると、運転士は列車を運転中の11日午前7時45分ごろから約10分間にわたり「強い眠気に襲われた」と説明しているが、居眠りは否定している。乗客から「運転士の頭が何度もカクカクしていた」とのメールがあり発覚した。

2003年6月29日原発の操作パネル前の操作員が6:15から6:30までの約30分間眠ってしまい格納容器の操作員からの連絡に答えられなかったとか。そのときの健康チェックにnarcolepsy(居眠り病)の言葉がある。

all medical records for the SRO maintained by the Institutes’ medical infirmary staff physicians to determine evidence of narcolepsy or petitmal seizure
SRO=Senior Reactor Operator
ML032901191
原発の操作員なんて日常的に被曝してるのだから居眠り病を疑うわけですな。

ナルコレプシー(Narcolepsy/居眠り病)を調査。


ヒポクレチン受容体にH1N1ワクチンの物質が入り込み居眠り病や不眠症を起こす。
あ、たぶんインフルワクチンではなくストロンチウム90なんじゃね。


ML14091A091 2/4ページ
1999年ケネディ(基金)がストラトフォードの病院に睡眠センターを開設。 睡眠時無呼吸症候群、居眠り病、不眠症とその治療計画の処方を開始。

ML14091A091に残っているが、 現在のページ では削除されてる。


ML13172A052 149/259ページ。

Saper et al. (2005a,b,c) have proposed a conceptual model in which the sleep- and wake-active neuronal populations have mutually inhibitory connections. Oscillations in the activity of these neuronal populations function as a “flip-flop switch” that governs the transitions between sleep and wakefulness. In the proposed interaction, an increase in activity within one neuronal population inhibits the other, thus creating a positive feedback (i.e., enabling further increase in activity). Hypocretin, a neurotransmitter, stabilizes this process. Malfunction of the hypocretin system is the cause of narcolepsy (Saper et al. 2005c; Sakuri 2007).
神経伝達物質(neurotransmitter)のヒポクレチン(Hypocretin)がこのプロセスを安定化させる。ヒポクレチンシステムの故障がナルコレプシー(居眠り病)の原因になる。 (Saper et al. 2005c; Sakuri 2007).

なんだよ。またストロンチウム90かよ。

「スリーピーホローに戻るカザフの住民たち。 」
カザフスタンの二つの町で2013年3月から眠気(sleepiness)、吐き気(nausea)、幻覚(hallucinations)を10人に1人が発症。医者にも原因がわからない。カザフの副首相は閉山したウラン鉱山の一酸化炭素中毒と主張。元鉱夫はラドンガスと言ってる。原因がわからないとーか。

あ、記事から元鉱夫のラドンガスの下りが削除されーたw

原因はフクイチに決まってるだろ。しかしカザフの口は露とIAEAの核燃料銀行の話でふさいである。なのでカザフ政府は一酸化炭素とかラドンガスとかフクイチのフォールアウトとは無関係なとこに必死にスピンして揉みけそうとしてる。

2015年9月8日 6:30pm ET
“Rapid, stunning and complete” die-off of animals near nuclear site — 150,000+ antelopes bleeding from internal organs, pits brimming with corpses — Experts completely baffled: “It’s really unheard of… 100% mortality, I know of no example in history like it… Doesn’t make any sense” (PHOTOS)

カザフスタンの核実験場近郊で15万頭以上のレイヨウ(羊?)が内出血で死亡。

Kazakhstan saiga antelope(カザフスタン・サイガ・レイヨウ)は通常は無害なバクテリアによって大量死したとか。うーむ。これってスウェーデンから来日したボーイスカウトが髄膜炎を起こしたのと同じじゃね。集団で免疫力低下。

レイヨウの大量死が発覚したのが9月2日。カザフといえばIAEAの核燃料バンクを天野が作ったばかり。9月14日のIAEA総会では西海岸絶滅の話もカザフのレイヨウ大量死の話もガン無視して原発推進を唱えるという。まさに狂気。総会では米中を含め各国からの言及は少なかった。

Scientists probe mysterious wave of antelope deaths
「群れが2週間で全滅する理由がわからない。」

数時間のうちに症状が進行して死んでしまう。元気がなくなり下痢をして口から泡を吹いて死んでいく。 「呼吸器系の障害だ。彼らは呼吸困難になってる。食べることができなくなり元気がなくなる。」

2015年5月10日から発生したのか。これってカザフのスリーピーホローの症状と関連してるのだろうな。

カザフスタンのセミパリャチンスク核実験場の近くで1989年まで498回核実験が行われたとか。もともと汚染されてたとこにフクイチがトドメを刺したパターンだな。

ストロンチウム90が脳幹部の迷走神経を破壊してしまったよーな。群れ全体の生命活動を停止させた。と、医者でもないプログラマーのオレが診断できてしまいますけど。
あ?
髄膜炎を起こしてるのって免疫力低下とバクテリアではなく、ストロンチウム90そのものの症状なのかすら?などと医者ではないプログラマーのオレは考えてしまいますなぁ。
もうこうなると、この惑星の脊椎動物は紙一重で毎日生きてるのかもしれませんな。

2000年4月30日 日米が「ロシアの核兵器解体プルトニウムを燃やすための高速炉BN-600の炉心改造などへの協力」を発表。


2000年5月18日「日米両政府 二国間協力強化へ 共同声明で確認 次世代炉にも関心」
「旧ソ連炉の安全性の改善、」「カザフスタンのBN-350炉の安全な廃炉措置

あ。カザフのナルコレプシー(居眠り病)とレイヨウの大量死の原因てBN-350だわ。やっぱりかぁ。

「インフルエンザワクチンがナルコレプシーの原因」

インフルエンザのワクチンが居眠り病(ナルコレプシー)の原因だと、 モンサントの遺伝子組み換え反対デモみたいなスピンが既にはじまってる。やるなー。

トナカイ、落雷で大量死 ノルウェー 2016/8/30 13:348/30 13:49updated
ノルウェーで見つかったトナカイの死骸(ロイター=共同) 【ロンドン共同】ノルウェー当局者は29日、同国のハルダンゲル高原でトナカイ約320頭が落雷で死んだと明らかにした。ロイター通信などが同日、報じた。
 トナカイは26日の雷雨の後、重なり合うようにして死んでいるのが発見された。トナカイは危険を感じると1カ所にまとまる習性があるが、1度の落雷で死んだのか、数回の雷に遭ったのかは不明という。当局者は「こうした例は見たことがない」と話している。
もちろん落雷ではないでしょーな。

テキサスでも起きたか。

落雷時にサリンガスみたいなのが発生するよーな。
カザフでは近郊でナルコレプシーも起きてた。
中枢神経つか神経伝達物質を分解してしまうサリンガスが落雷で発生する??

あ、これ。高圧線の近く(Electromagnetic Field/EMF)で子供の脳腫瘍と小児がんが発生するメカニズムと同じだ。
ML073510363

6. Ross W. Gundersen, Ph.D.
Life Sciences
University of Wisconsin-Parkside
Kenosha, Wisconsin
"Effects of 60-Hz Electromagnetic Fields on Calcium Efflux and Neurotransmitter Release"
Term: 7/1/82 - 6/30/85
Funding Awarded: $159,757

カルシウムの代わりにストロンチウム90が神経伝達物質(Neurotransmitter)として入りこんでると 落雷や高圧線の強い磁界で三叉神経を破壊され即死するのか。←オレ仮説。

イオン化した放射性の希ガスかぁ。アルト・ラウリを思い出した。

For example the changing of the atmosphere in to a iron nail due to ionization radiation turns air lethal.
例えば大気を鉄の爪に変えてしまうことだ。イオン化した放射能は空気を致死性に変えてしまう。

It burns your lungs.
肺が焼けるのだ。

I've seen in Olkiluoto a flock of birds flying over the omission chimney dropping down smoking and dead.
オルキルオト原発で手抜かりの煙突の上を飛んでいた鳥の群れが吸引して死に墜落していくのを見たことがある。

Then the guards come and pick up the birds saying: "Don't touch them, they are radioactive!"
そして警備員が来て「放射能だから触るな!」と言いながら回収して行った。

まさにこれですな。落雷が放射能をイオン化して雰囲気を致死性に変えてしまったから。

なぜか旧約聖書の出エジプト記のモーゼを思い出すw

まさに2016年の今起きてるのは出エジプト記の「十の災い」ですなぁ。
Plagues of Egypt

興味深いのは旧約聖書の出エジプト記「十の災い」がイスラム教のコーランにもでてくるとこ。

1つ目のナイル川が血の色(Water into blood)なって魚が全滅する災い。
4つ目のFlies or wild animalsは混血になった昆虫か動物がヒトと家畜を襲う。ジカ熱の蚊かもw
5つ目の家畜が病気になる災い。
6つ目のおでき(出来物)が身体じゅうにできる災い。
7つ目の災いの雹と火事を伴った雷嵐(Thunderstorm of hail and fire)。
10番目の災い、最初の子供を破壊の天使が炎と雹(Angels of Destruction who were fashioned of hail and of fire)で殺しにくる災いですなぁ。

まさに預言。前回滅びた前世代の人類がキリスト教とイスラム教の聖書に託したよーな。

現実で起きてるニュースがオカルトの薄っぺらいストーリーを凌駕する瞬間。

川が赤くなる災い(Plagues)が現実に起きるw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。