弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

橿考研(かしこうけん)と死海文書とアウシュビッツと杉原千畝を奈良バーガーで読み解くw update3

AFP→死海文書の由来 「羊皮紙」のDNA調査で謎深まる
死海文書の由来 「羊皮紙」のDNA調査で謎深まる 2020年6月4日 11:40 発信地:エルサレム/中東・アフリカ [ 中東・北アフリカ ]
死海文書の断片を取り扱うイスラエル考古学庁職員。エルサレムで(2020年6月2日撮影)。(c)MENAHEM KAHANA / AFP
【6月4日 AFP】死海(Dead Sea)周辺で発見された古代の聖書写本群「死海文書(Dead Sea Scrolls)」のDNA調査で、死海文書の一部については、発見された砂漠の地域に由来するものではないことが判明した。研究結果が2日、発表された。
 約900の写本群から成る死海文書は、1947年から56年にかけて死海北岸にあるクムラン(Qumran)洞窟で発見された。最初の発見者は遊牧民ベドウィン(Bedouin)の羊飼いだった。クムラン洞窟は現在、パレスチナ自治区ヨルダン川西岸(West Bank)のイスラエル占領地内に位置している。
 死海文書の調査は数十年前から続けられていて、羊皮紙とパピルスの巻物はヘブライ語、ギリシャ語、アラム語で書かれており、世界最古の「十戒」の写本をはじめ、最古級の聖書写本が含まれていることなどが分かっている。 
 イスラエル考古学庁(IAA)の死海文書調査プロジェクトを統括する研究者のプニナ・ショル(Pnina Shor)氏は、「死海文書はすべてヤギの皮に書かれているとこれまで考えられていたが、今回の研究では羊皮紙の断片の分析を通じて、一部の文書がウシやヒツジの皮に書かれていたことが明らかになった」と説明する。
 ショル氏は、AFPの取材に「この研究結果により、ウシやヒツジの皮に書かれた写本は、発見地の砂漠に由来するものではないことが分かる」と語った。
 IAAとイスラエル・テルアビブ大学(Tel Aviv University)の研究チームは、13の文書を対象に調査を7年かけて実施した。だが、ウシやヒツジの皮の写本断片がどこに由来するかを突き止めることはできなかった。
 死海文書は紀元前3世紀から紀元1世紀ごろに、ユダヤ教エッセネ派の人々によって書かれたと多くの専門家は考えている。反体制のエッセネ派は、ユダヤ砂漠(Judean Desert)のクムラン地方と周辺の洞窟群に引きこもって暮らしていた。文書の一部については、ローマ人の侵攻から逃れてきたユダヤ人が隠したと主張する専門家もいる。
 ショル氏は、「今回の研究で得られた初期成果は、第2神殿(Second Temple)時代に暮らしていたユダヤ人の生活に関する研究に影響を与えるに違いない」と述べる。第2神殿とは、エルサレム(Jerusalem)にあった神殿で、紀元70年にローマ人によって破壊された。
 イスラエルおよびパレスチナ自治区周辺では、こうした考古学的調査の取り扱いが極めて難しい。紛争中の土地に対する自らの主張を正当化する目的で、考古学的調査の結果が特定の組織や政党によって利用される場合があるためだ。(c)AFP
「死海文書はすべてヤギの皮に書かれているとこれまで考えられていたが、今回の研究では羊皮紙の断片の分析を通じて、一部の文書がウシやヒツジの皮に書かれていた…写本は、発見地の砂漠に由来するものではないことが分かる」w

羊皮紙の由来がインチキ臭いw、時代背景と噛み合わないw

ぐはは、死海文書と杉原千畝て両方とも外務省のファブリックだったのでは?w

1938年橿原遺跡の調査が行われ、この日が橿原考古学研究所の創立記念日
1940年杉原千畝「命のビザ」w
1940年-1945年アウシュビッツ収容所
1946年末から1947年初め死海文書発見w
1951年奈良県立橿原考古学研究所が設置された

橿考研と杉原千畝とアウシュビッツをつないでいるのは奈良バーガー(カニバリズム)だな、杉原千畝カニバリズムノーベル賞街道w

「死海文書」の断片5点、偽物と判明 米首都の聖書博物館 2018年10月23日 11:17 発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ドイツ ヨーロッパ ]
「死海文書」の断片5点、偽物と判明 米首都の聖書博物館‹ › ❮ 1/3 ❯
米首都ワシントンにある聖書博物館に展示されている「死海文書」の断片(2017年11月14日撮影)。(c)SAUL LOEB / AFP 画像作成中
【10月23日 AFP】米首都ワシントンにある聖書博物館(Museum of the Bible)は22日、所有する最古級の聖書写本群「死海文書(Dead Sea Scrolls)」の断片のうち、5点について偽物だったことが判明したため、展示から取り下げると発表した。
【あわせて読みたい】死海文書をセロハンテープから救出、女性4人が奮闘
 同博物館は死海文書の断片16点を所有。うち5点について調査で真正性が疑われたことから、昨年4月にドイツの連邦材料試験研究所(BAM)に送って詳しい調査を依頼していた。
 5点は2017年11月の開館時から展示されていたが、本物かどうかについて調査中という説明が付されていた。
 博物館の発表によると、BAMが5点は成立年代が新しすぎると結論づけたという。
 死海文書は紀元前3世紀から紀元後1世紀に成立し、ヘブライ語で書かれた最古の聖書写本が含まれる。1947年から1956年にかけておよそ900点の羊皮紙片が死海(Dead Sea)周辺に点在するクムラン(Qumran)の洞窟群内で発見された。
 聖書博物館は、キリスト教福音派の富豪から財政支援を受けたことでも物議を醸していた。(c)AFP

「調査チームは、皮革自体は古代のもので、おそらくどこかの砂漠に埋もれていた靴かサンダルの切れ端ではないかと推測した。断片のひとつには、人工的に開けたと思われる小さな穴が並んでいた。ローマ時代の靴にも、似たような穴が開けられている。」

本物の死海文書は…羊皮紙に書かれているが、聖書博物館のものは少なくとも15点が、皮をなめした皮革で作られていた。…皮革自体は古代のもので、おそらくどこかの砂漠に埋もれていた靴かサンダルの切れ端ではないか

砂漠で古代のサンダルを拾ってくるスキルと、そのサンダルの切れ端から死海文書を変造するスキルw、 あまりにも組織的な特殊スキルなので犯人グループが絞り込まれてしまうw

wikipedia.org→死海文書
「1946年の終わりから1947年の初めのいずれかの時期に、…ヒベルト・クムランと呼ばれる遺跡(遺跡自体は19世紀から知られていた)の近くの洞窟の中で、古代の巻物の入った壷を発見した。」w

死海文書もユダヤの血脈も遺伝子解析で完全否定され、その末裔がサウジだと判明する…
いったい誰が、どんな部隊が、何を目的にして、こんな捏造とデマを流しているのか?w

その答えが「奈良バーガー」w

樹齢1300年の大湫(おおくて)神明神社の大杉が倒れた神のお告げの解読w(2020年7月12日)

国宝ケース内から有毒ガスw、6世紀の藤ノ木古墳(斑鳩町)から出土したはずの国宝・金銅製品から腐食系の有毒ガスが出る。つまり有毒ガスの発生は金属を腐食させてねつ造したファブリックであるの証拠なのだw

榛原(はいばら)町の橿考研(かしこうけん)のファブリックのスキルをデジタル・フォレンジックの世界でゴリ押ししたのは致命的?w

宇陀市立病院、旧榛原(はいばら)町立榛原総合病院が電子カルテがバックアップが取れてない状態でランサムウエア(GandCrab)に感染したことにしてデータを削除、事務局職員を室生ダムで始末するまで…

文化庁長官w

奈良)「橿考研をリード」「気配りの人」菅谷さん悼む声 田中祐也、加治隼人
2019年6月20日 3時00分
写真・図版 2016年に橿考研を訪れた天皇、皇后両陛下(現・上皇ご夫妻)に土器の復元作業について説明する菅谷文則さん(左)=橿考研提供
 奈良県榛原町(現・宇陀市)出身で、県立橿原考古学研究所(橿考研)の前所長の菅谷文則さんが18日に亡くなった。飛鳥地域の古墳や遺跡の発掘、シルクロード研究や東アジア考古学など、常に奈良の考古学を引っ張ってきた。ゆかりの人たちから悼む声が上がった。
 橿考研の後輩で、奈良芸術短大教授(考古学)の前園実知雄(みちお)さん(72)は、学生時代に出会ってから約50年の付き合い。「若いころ、発掘現場の近くに2人で泊まり込んで調査にあたったことを思い出す」と話した。
 春先に見舞いに行ったときも橿考研時代の思い出話に花が咲いた。その途中に菅谷さんが一言、「感謝」とつぶやいた。最後に会ったのは5月、すでに会話は難しくなっていた。それでも前園さんの手のひらに文字を書いて言葉を伝えようとしてきた。「自分がそんなに長くはないと分かっていたのでしょう。所長として10年間、橿考研をリードしてくれました」
 橿考研の調査部長の岡林孝作さん(56)は新人のころ、菅谷さんが直属の上司だった。「細かいところに気配りができる人。厳しいところもあったが、かわいがってもらった」と語る。
 岡林さんが中国に留学したとき、現地の研究機関や博物館を訪れると、必ず留学生第1号だった菅谷さんの話が出たという。「橿考研が東アジアで評価されるきっかけを作ってくれた」
 岡林さんらは昨年、約20年かけて黒塚古墳(天理市)の報告書を発行した。「菅谷さんが一番喜んでくれた。少しは恩返しできました」と語った。
 奈良文化財研究所の前所長の田辺征夫(いくお)さん(74)は「同じ時期に所長を務め、切磋琢磨(せっさたくま)してきた。お互い長生きしようと話していただけに、本当に寂しい」と話した。
 最近まで飛鳥宮跡の活用検討委員会で定期的に顔を合わせていた。「宮殿の復元案を考えるときも、菅谷さんの柔軟な意見が参考になった。整備された飛鳥宮跡を一緒に見たかったです」
 荒井正吾知事は19日、「橿考研の所長として、教育、学術、文化の発展のために調査研究を一貫して進められてきた。ご冥福をお祈り申し上げます」とコメントを発表した。
 菅谷さんの通夜は20日午後7時、葬儀は21日午後1時から宇陀市榛原萩原2596の宗祐寺で営まれる。(田中祐也、加治隼人)

奈良県立橿原考古学研究所(橿考研)と飛鳥地域の古墳や遺跡の発掘、シルクロード研究や東アジア考古学…、これが奈良バーガー。ビジネスの起源…

イスラム国™が破壊したパルミラ遺跡w、ファブリックに都合の悪い本物を破壊してしまう文化庁w、復元するときに何か日本の歴史の痕跡をファブリックのスキルで練り込むのかすら?きっとそーだわw

橿考研「おい、きさまぁ!橿考研が何もかもでっちあげてると言うのか、そんな非国民は奈良バーガーにして喰っちまうぞぉ」w

奈良県っておもろいとこだなw

古代遺跡を爆破する目的…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。