弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

プーケットのポニーフィッシュが水質汚染が原因ではなく大量死した…update1

三重点温度の高いトリチウム水の海水のブロブには酸素がないのでサンマは生きてられない…

タイ南部リゾート、ビーチに大量の魚の死骸が散乱 2019年10月27日 18:08 発信地:バンコク/タイ [ タイ アジア・オセアニア ]
タイ南部リゾート、ビーチに大量の魚の死骸が散乱❮ 1/2 ❯‹ ›
タイ南部沖ナカヤイ島のビーチに散乱したポニーフィッシュの死骸。プーケット県水産局提供(2019年10月24日撮影、同26日提供)。(c)AFP PHOTO / PHUKET FISHERIES OFFICE
【10月27日 AFP】タイ南部沖の高級リゾート、ナカヤイ(Naka Yai)島のビーチに、魚の死骸が大量に打ち上げられているのが見つかった。プーケット(Phuket)県の水産当局者が26日、AFPに語ったところによると、白い砂浜が続くビーチにポニーフィッシュと呼ばれる魚の死骸が延々と300メートルにわたって散乱しており、腐臭が一面に漂っているという。
 魚の死因については現在、調査中だが、当局者は「水質を検査したところ、魚の大量死の原因になり得ないことが分かった」と述べ、水質汚染が死因である可能性を排除。死骸は地元の漁師らが投棄したものとの見方を示した。
 生きたポニーフィッシュは家畜の飼料の原料として売れるが、死んだものには商品価値がない。(c)AFP

【当局者は「水質を検査したところ、魚の大量死の原因になり得ないことが分かった」と述べ、水質汚染が死因である可能性を排除。】

水質汚染はなかったのに大量死かぁ…
トリチウム水のブロブ…



口封じにタイ人のノーベル賞受賞者がでてくるほうに2000ギルダw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。