弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

長富祐一郎(ながとみゆういちろう)研究 update4

長富祐一郎←ウィキ
「岳父 清宮博(電気工学者、元富士通社長)」

清宮博(せいみやひろし)←ウィキ

  • 1955年清宮博(せいみやひろし)電電公社理事となるが[1]同年、富士通信機製造(現・富士通)第一技術部長に転出[1]。
  • 1958年清宮博(せいみやひろし)コード会参加。
  • 1960年清宮博(せいみやひろし)富士電機常務、
  • 1971年清宮博(せいみやひろし)富士通副社長経て
  • 1974年11月清宮博(せいみやひろし)同社社長に就任、
  • 1976年清宮博(せいみやひろし)会長となった。社長在任時は電算機(計算機)の輸出に力をいれた[9]。
  • 長富祐一郎(ながとみゆういちろう)大臣官房文書課 課長補佐
  • 長富祐一郎(ながとみゆういちろう)大臣官房広報室長
  • 1978年1月:長富祐一郎(ながとみゆういちろう)内閣審議官(兼任、~2月)(牛場信彦対外経済大臣付)
  • 1978年12月:長富祐一郎(ながとみゆういちろう)大臣官房付参事官兼内閣審議官(大平研究会)
  • 1980年7月:長富祐一郎(ながとみゆういちろう)大臣官房参事官
  • 1981年7月:長富祐一郎(ながとみゆういちろう)関税局企画課長
  • 1982年6月:長富祐一郎(ながとみゆういちろう)大臣官房調査企画課長
  • 1983年6月:長富祐一郎(ながとみゆういちろう)大臣官房審議官
  • 1987年6月:長富祐一郎(ながとみゆういちろう)日本銀行政策委員
  • 1988年6月:長富祐一郎(ながとみゆういちろう)関税局長
museum.ipsj.or.jp→日本のコンピュータパイオニア > 清宮 博
1949年電気通信省電気通信研究所設置とともに,清宮は器材実用化部長に任命された. 1955年1月清宮は理事として電電公社を辞し,富士通信機製造(現 富士通)に入社.同年11月取締役.常務,専務を経て1971年4月副社長. 1974年11月社長.1976年3月会長.同年4月27日没.

1971年9月頃から通産省による「新製品系列開発」補助金(計算機の輸入自由化の見返りとして,国産機のメーカに輸入機に対抗できる新製品系列を開発させるための補助金)の計画が始まった.通産省の意向は国産6社では多すぎるので,2, 3社にまとめようということであった.最初にまとまったのが富士通・日立グループであったが,清宮が当時日立製作所副社長であった久保俊彦と一高時代に同期であったことがこの提携を促進する大きな要因であったことはよく知られている.

池田敏雄のよき碁仇であった清宮は,計算機の担当役員として池田の活動を終始支援した.通常はなんでも若い人に任せるようであったが,アムダールの製品がなかなかものにならず,見通しに意見が別れた時には,清宮は果敢に介入を決意した.

清宮は社長就任後,時を経ずして病魔におかされ,清宮社長の時期は短かかった.当時シーメンスにメインフレームの技術を供与する話が進行していた.清宮には自分が社長であるうちに提携をやり遂げたいとの執念があり,晩年の病床で自らシーメンスあてのレターを書いた.それは鬼気迫る光景であったという.この提携契約は清宮の没後2年して実現した.

富士通というよりケケ中と南部w

178 :名無しさん@0新周年@転載は禁止[]:2014/06/04(水) 13:56:44.86 ID:B49Shji60
┏━━┓ 
┃宮内┃ 
┗┳━┛    投資 
┏┻━━━━┓  ┏━━┓ 
┃村上ファンド┃←┃竹中┃ 
┗━━━━━┛  ┗━━┛ 
↑   ↑      河野太郎 
│  岡田克也     茂木敏充 
│  浅尾慶一郎   塩川正十郎 
│  松井孝治    伊藤達也 
木村剛        西村康稔 
重田康光      斉藤健 
南部靖之      片山さつき 
三木谷浩史     林芳正 
折口雅博 
冨山和彦(産業再生機構専務) 

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。