弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

長崎県警が犯罪ではない122人の毒殺体を見つけるw update6

NHK→死因不明 多くの遺体から毒薬物

長崎 NEWS WEB 死因不明 多くの遺体から毒薬物 12月11日 18時54分
長崎県警察本部と長崎大学法医学教室が、死因がはっきりわからない遺体について、毒薬物の精密検査を行った結果、平成22年以降の7年間で中毒域以上の濃度の毒薬物が検出された事例が、122件にのぼることが分かりました。 警察による当初の捜査では、ほとんどのケースで毒薬物の関与が疑われておらず、長崎大学法医学教室は、死因の究明に向けた体制の強化を図る必要があるとしています。
長崎県警察本部と長崎大学法医学教室は、目立った外傷などがなく、死因がはっきりわからない遺体について、医師による解剖を行わなかった場合でも、その後におよそ300種類の毒物や薬物の分析を行う取り組みなどを進めています。
こうした精密検査の結果、平成22年以降の7年間で、通常の処方量より多い中毒域や致死域の毒薬物が検出された事例が122件にのぼることが、NHKの取材で分かりました。
警察による当初の捜査で毒薬物の関与が疑われた事例はこのうちの9件に限られ、残りの113件については、その後に行った精密検査で毒薬物の関与が明らかになっています。
長崎県警捜査1課は「検査結果を受けて追加捜査を行ったものの、犯罪が疑われる事例はなかった。引き続き法医学教室と協力し、犯罪の見逃し防止を図りたい」とコメントしています。
一方、長崎大学法医学教室の池松和哉教授は「毒薬物の関与は遺体を見ただけではほとんど分からない。犯罪の見逃しを防ぐために、捜査の初期段階で精密検査を行えるよう、体制の維持・強化を図る必要がある」と話しています。
長崎県警捜査1課は「検査結果を受けて追加捜査を行ったものの、犯罪が疑われる事例はなかった。引き続き法医学教室と協力し、犯罪の見逃し防止を図りたい」w

長崎県警捜査1課「犯罪ではない122人の毒殺体」w、…ふつうに黒薔薇だわw

黒薔薇が検視官の臓器狩り体制を暴露した後に一般男性との結婚を報告w

県、HD廃棄を厳格化 マニュアル改定検討 2019年12月10日 07:55
 神奈川県の行政文書を保存したハードディスク(HD)が不正に転売されたことを受け、岐阜県は9日までに、HDの廃棄マニュアルの改定に向けた検討を始めた。これまでも物理的な破壊などを示してきたが、より厳格な取り扱いとする方向で検討している。
 県情報企画課によると、県の行政データは、職員の業務用パソコン、共有文書を管理するHD、税や財務など業務システムごとのHD―の三つの保存先がある。神奈川県の問題を受けた総務省の通知により、改定マニュアルはいずれのHDも対象とする。
 岐阜県はこれまで、業務用パソコンに関してはHDの廃棄を業者に委託してきた。その際は、物理的に破壊した後にシリアルナンバーが分かる状態で撮影した写真の提出などを求めてきたという。個別に県職員が廃棄する場合も、物理的破壊に加え、完全にデータを消去するソフトウエアや磁気による破壊も推奨してきた。
 担当者は神奈川県の事件を受け「行政にとっては許されない事案であり、衝撃だった。岐阜県も、マニュアルの見直しをする必要がある」と示す。破壊する際に県職員が立ち会うなどの対策が検討項目となる。
 同課によると、神奈川県のHD廃棄を委託されていたブロードリンク(東京都)と岐阜県の取り引きはなかった。委託元の富士通リース(同)とは取引実績はあったが、情報管理関係の契約はないという。

「岐阜県はこれまで、業務用パソコンに関してはHDの廃棄を業者に委託してきた。その際は、物理的に破壊した後にシリアルナンバーが分かる状態で撮影した写真の提出などを求めてきたという。」w

え?情企はウソぶっこいてるなw

公文書のコピーが外部に流出したときの致命的な問題は、それを根拠に改ざんを指摘されてしまうことだ。公文書と財務データは過去との辻褄を合わせるため、毎日のように改ざんされている。公文書改ざんの延長線上にサイバー兵器や不正選挙での得票数改ざんが存在する。 )J企

予算が足りなければ、今年は何人中学生を自殺に追い込むのか副知事が決めて教育長に指令をだす。高いとこから飛び降り自殺するのはAMPA受容体拮抗剤だろう。検視官が霊安室で遺体から臓器を摘出して香港ルートで出荷する。

売り上げはRCBCだのHSBCだの自動車税などを使ってマネロンされてどこかの予算項目を水増して補填するw。こんなことをやってしまうと公文書を毎日のように改ざんすることになるw。

岐阜市教育長「いじめと自殺の防止一緒に」 中3転落死問題 2019年12月11日 08:16
 岐阜市の市立中学校3年の男子生徒(14)がマンションから転落死し、自宅からいじめを示唆するメモが見つかった問題で、10日開かれた市議会文教委員会で早川三根夫教育長は「今回の教訓として、いじめ防止と自殺防止の教育を一緒に考える必要がある」と述べ、各学校でいじめと自殺の防止教育を展開する方針を示した。
 同委員会の所管事務調査で、須田眞委員長が問題を受けて市教育委員会の自殺防止の取り組みを質問し、早川教育長が答えた。
 また、市教委は、第三者組織の「市教育委員会いじめ問題対策委員会」が、男子生徒へのいじめに関する聞き取り調査した同校の生徒57人の中に、複数の加害生徒が含まれていたことも明かした。委員から調査に加害生徒が含まれるか問われ、市教委が「一部入っている」と説明した。
 聞き取り調査は、同校の全生徒対象のアンケートで、いじめを見聞きしたとみられる89人のうち、8月末から9月初旬に協力を得られた53人に実施。11月23~24日に4人を追加して行った。

3人の教育長事件とかAMPA受容体拮抗剤とか、いろいろ表面化しているw。

県防災ヘリ問題、別の整備士2人退職 県がパワハラ調査 2019年12月11日 08:10
 岐阜県防災航空センターの男性整備士(48)が部下にパワハラを繰り返し、停職1カ月の懲戒処分を受けた問題で、県は10日、2014年と16年にそれぞれ退職した整備士の男性2人も、処分された整備士からパワハラを受けた可能性があるとして、調査する方針を明らかにした。
 2人は14年4月に採用されたが、男性(30)は半年後の9月末、別の男性(33)は16年3月末に依願退職した。県は今年10月、パワハラをされた部下の20代の整備士と在職期間の重なる男性(33)に聞き取りしたところ、自身も被害に遭ったことを話したという。県人事課は当時の状況を「『(処分された整備士)個人や県の責任を問うつもりはなく、忘れたい』などという男性の意向を尊重し、深くは聞かなかった」と釈明しながらも「あらためて調査する」としている。
 県によると、処分された整備士は15年4月から17年7月までの間に、少なくとも7回にわたって暴行したほか暴言を吐いた。20代の整備士は16年4月以降、センター長らに複数回相談しセンター側は処分された整備士を指導したが、パワハラは続いた。20代の整備士が18年12月に精神疾患で病気休暇を取る際に県人事課に被害を訴え、表面化した。
「県は10日、2014年と16年にそれぞれ退職した整備士の男性2人も、処分された整備士からパワハラを受けた可能性があるとして、調査する方針を明らかにした。」w

香港ルートw

ホテル侵入見つかり、冬の川にドボン 容疑者を逮捕 12/12(木) 8:31配信 朝日新聞デジタル
岐阜県警本部
 岐阜市内のホテルの事務所に侵入したとして、岐阜中署は12日、男(54)を建造物侵入容疑で現行犯逮捕した。男はホテルの男性従業員に見つかり逃走。ホテル前の長良川に飛び込み、鵜飼(うか)いの観覧船で身を隠すように、真冬の川に10分間ほど「潜伏」していたという。
 同署によると、自称無職の男は同日午前2時5分ごろ、ホテルの事務所に侵入。事務所横の仮眠室にいた60代の男性従業員に見つかったが、すきをついて逃げ、ホテル前の長良川に飛び込んだという。川には鵜飼いの観覧船が係留されており、船に隠れるように水中に身を沈めていたが、従業員は川に入るのを目撃しており、駆けつけた同署員が逮捕した。男は「窃盗目的で侵入した」と話しているという。
 岐阜地方気象台によると、当時の岐阜市内の気温は7度ほどだった。
朝日新聞社

妻涙声で「刑を軽くしてください」元次官息子刺殺 [2019年12月11日23時8分]
東京都練馬区の自宅で長男熊沢英一郎さん(当時44)を刺殺したとして、殺人罪に問われた元農林水産事務次官熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判の初公判が11日、東京地裁(中山大行裁判長)で開かれた。被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は長男の家庭内暴力から殺害に至ったと指摘。妻宛てに書いた「これしか他に方法はないと思います」と長男殺害をほのめかしていた手紙も読み上げられた。
  ◇  ◇  ◇

熊沢被告は黒いスーツに青色のネクタイ姿で出廷。罪状認否ははっきり応じたが、やつれた様子だった。
冒頭陳述によると、長男は中学時代にいじめを受け、母親に家庭内暴力を振るった。大学進学後は1人暮らしを始めたが、事件1週間前に実家に戻った。1人暮らししていた家のゴミをめぐり立腹し、被告に暴力を振るった。被告は長男を恐れ、妻と2階の寝室にこもった。検察側は事件直前、被告がインターネットで「殺人罪」や「量刑」を何度も検索した履歴があったとし、計画性を主張した。凶器の包丁は農水省の治水事業の記念品だった。
弁護側は長男が統合失調症やアスペルガー症候群と診断されていたと明かし「長年、必死で長男を支えていたが、暴行を受けて殺されると思い、とっさにやむを得ず刺してしまった」と主張した。
検察側は被告が事件前、原稿用紙に書いた妻宛ての手紙を読み上げた。「これしか他に方法はないと思います。死に場所を探します。見つかったら散骨してください。英一郎も散骨してください」。
証人尋問では弁護側証人として被告の妻が長男が中学2年~大学時代の7年間にわたり家庭内暴力を受けたと証言。被告が長男が住む家のゴミ出しをしたり、持病の薬を届けていたが、事件1週間前、被告が長男から激しい暴行を受けた。「(息子は)『殺すぞ』以外は言葉を発しなかった。本当に殺されると思いました」。
妻は、長男の妹は兄が原因で縁談が破談となり、数年前に自殺したと証言。妻も昨年12月に自殺を試みたが未遂だった。事件前に自殺未遂について被告に伝えると、原稿用紙の手紙を渡された。「長男のことを本当に一生懸命やってくれた。刑を軽くしてください。お願いします」。被告はギュッと目をつぶっていたが、妻が涙声で減刑を訴えると、思わず顔を伏せた。
事件後、被告が川崎市の私立カリタス小の児童ら20人殺傷事件に触れ「事件を知り、長男が人に危害を加えるかもしれないと思った」と供述したと報じられたが、公判では言及はなかった。【近藤由美子】
◆元農水次官息子刺殺事件 6月1日午後3時15分ごろ、熊沢被告は自宅で英一郎さんの首などを包丁で多数回突き刺し、失血死させた。英一郎さんは、いじめをきっかけに中学2年から不登校となり、家庭内暴力を始めた。10年以上前に実家を出たが、5月下旬から再び同居すると暴力が再開。熊沢被告は5月26日ごろ、妻に英一郎さんへの殺意を打ち明けていた。
◆8050問題 高齢の親が無収入の引きこもり中高年の面倒を見続ける中、親が要介護者となったり、経済的に苦しくなるなどの社会的問題。「8050」は双方の年代を意味し、大阪府豊中市社会福祉協議会福祉推進室長の勝部麗子氏が名付けた。

英一郎さんは事件1週間前に実家に戻ったが、ごみの処分について注意されたことで熊沢被告に暴行。熊沢被告は妻に「他に方法がない」との手紙を書いたほか、インターネットで「殺人罪 執行猶予」と検索していたことから「殺害を考慮に入れて生活していた」と指摘した。
【インターネットで「殺人罪 執行猶予」と検索していたことから「殺害を考慮に入れて生活していた」と指摘した。】w

熊沢英昭農林水産事務次官は岐阜県出身w

総務省が全国に徹底してしまったおかげで、神奈川県で起きたことで岐阜県を説明でき、長崎県で起きたことで岐阜県で起きたことを説明できるw。

迫る教員大量退職、人材発掘積極化 2019年12月14日 07:26
県内の特色ある学校を訪問し、授業を見学する県外の教員志望学生ら=11月29日、羽島市桑原町八神、桑原学園 
   教員の大量退職を控え、岐阜県教育委員会が採用活動を積極化させている。来年度の県教員採用数は過去30年間で最多となる見込みで、今後数年は採用数が増える予測。一方、採用試験の受験者は減少傾向にあり、県外の教員志望学生向けに説明会を開いたり、50代にまで受験資格の年齢拡大を進めたりと、より優れた人材の確保に動いている。
 大量退職が見込まれるのは、第2次ベビーブーム世代(1971~74年生まれ)を教えるために大量に雇用された世代が順次定年を迎えるため。教員採用試験の競争率は99年度の20・2倍をピークにおおむね下落傾向にあり、近年は4・3倍前後で推移。今夏の試験は過去30年間で最多の693人の定員に対し受験は2310人どまりで、3・3倍。特に小学校は2・1倍で、全国平均2・8倍を下回った。県教委の担当者は「働き方改革が求められる仕事のイメージに加え、売り手市場で企業への就職に流れている」と分析する。一般には競争率が3倍を切ると優秀な人材だけで採用定員を満たすのが困難だと言われており、教育関係者からは教員の質の低下を憂慮する声も聞かれる。
 地元の岐阜大キャリアセンター就職支援室によると、同大教育学部卒業生の4割が一般企業などへ就職(17年3月末調べ)。教育学部生が受験予備軍として期待できなくなっている。
 県教委が先月29日に実施した、県外の教員志望学生を対象にした小中学校見学のバスツアー。兵庫、大阪など6府県からの約50人が羽島市内の小中一貫の義務教育学校や海津市の中学校で授業を見学、特色ある学校運営に理解を深め、岐阜県の教員となるイメージを膨らませた。兵庫県の甲南大4年の男子学生(21)は「こうした機会があると、県外大学生でも歓迎されていると感じ、出願を考えることができる」と話した。
 ツアーは2013年から毎年実施。交通アクセスが良い名古屋駅発着の日程とし、Iターン希望の学生に参加しやすくするなど工夫を重ねる。今年は理工学部、経済学部などの学生が多く、年々、参加県や学部の広がりを見せている。ツアーを企画する県教委教職員課は「岐阜の学校で働く良さ、暮らしやすい岐阜をアピールし、受験者数に反映させたい」と意気込む。
 県教委は長年の講師経験で、指導力が備わっているベテラン勢の獲得にも乗り出している。09年から、志願資格を40歳以下から45歳以下に改めた。14年には59歳以下に緩和し、年齢制限を事実上撤廃。対象年齢の引き上げで、15年度採用の志願者は前年度比164人増の2695人となり、「一定の効果があった」(教職員課)と見ている。年齢制限撤廃について、西濃地区の中学校で音楽を指導する茨城県出身の男性講師(50)は「茨城は45歳以下という条件があり、正規採用はない。岐阜でなら、と意欲が高まり、講師を続ける目標ができた」と受け止める。
 積極採用の動きが情熱ある人材の開拓につながり、受験者増加や教員の質向上という効果をもたらすかが注目される。
「大量退職が見込まれる」ということは、中学生のいじめ自殺や過労死や不審死が増えるということ…
教育長のテロ指令が飛ぶ…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。