弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「武蔵陵墓地」のボウガンの矢が刺さった男性の遺体が自殺として処理される…update15

イースター祝祭日に使徒・長谷川薫(かおる)がロンギヌスの槍を秋篠宮悠仁(ひさひと)の元に届ける…w

ロンギヌスの槍の次はボウガン?…なぞなぞは続くw





体に矢?武蔵陵墓地内に男性遺体…現場に遺書も
2019-05-01T13:56:04+09:00

 1日午前7時過ぎ、昭和天皇や大正天皇が埋葬されている東京都八王子市の武蔵陵墓地の敷地内で人が倒れていると、宮内庁職員から警視庁高尾署に通報があった。駆けつけた同署員が敷地内でうつぶせに倒れている男性を発見。その場で死亡が確認された。現場から遺書が見つかっており、同署は自殺とみて死因や身元を確認している。
 高尾署幹部によると、男性が倒れていたのは、大正天皇が埋葬されている「多摩陵」西側の造成地で、参拝者は立ち入ることができない。男性は30~50歳代ぐらいで、雨がっぱ姿。体に矢のようなものが刺さっていた。
 武蔵陵墓地には4月23日、退位の報告のため上皇ご夫妻が訪れていた。
遺書があったのでボウガン不審死を自殺認定w。つか遺書を書いてボウガンで自殺するか?そんな輩ならふつう切腹だろ。

武蔵陵墓地に男性遺体、自殺か 宮内庁職員が発見 2019年5月1日11時21分
 1日午前7時20分ごろ、昭和天皇の武蔵野陵(むさしののみささぎ)がある武蔵陵墓地(東京都八王子市)で「人が倒れている」と警視庁高尾署に連絡があった。署によると、巡回中の宮内庁職員が、造成中の立ち入り禁止区域内で雨がっぱ姿で血を流して倒れている男性の遺体を発見した。男性は30~50歳くらいとみられ、近くにボーガンが落ちていたという。署は身元確認を進めるとともに現場の状況などから自殺の可能性があるとみて調べている。
「巡回中の宮内庁職員が、造成中の立ち入り禁止区域内で雨がっぱ姿で血を流して倒れている男性の遺体を発見した。男性は30~50歳くらいとみられ、近くにボーガンが落ちていたという。」w

雨がっぱ姿w

雨がっぱを着てたのは午前3時ごろ雨が降っていたから。 午前6時には雨は上がっていたので発見した宮内庁の職員がボウガンで男を処刑してはいないことに…w


昭和天皇や大正天皇を埋葬の武蔵陵墓地で男性死亡 自殺か 2019年5月1日 10時52分
昭和天皇や大正天皇が埋葬されている陵がある東京 八王子市の「武蔵陵墓地」で、男性が死亡しているのが見つかりました。近くにはボーガンが落ちていて、警視庁は自殺を図ったとみて、詳しいいきさつを調べています。
1日午前7時ごろ、昭和天皇や大正天皇が埋葬されている陵がある東京 八王子市の「武蔵陵墓地」の敷地内で、巡回中の宮内庁の職員が男性が倒れているのを見つけたということです。
警視庁によりますと、男性はすでに死亡していて、近くにはボーガンが落ちていたということです。
「武蔵陵墓地」には、昭和天皇が埋葬されている「武蔵野陵」や大正天皇が埋葬されている「多摩陵」があり、男性が倒れていたのは「多摩陵」の西側にある工事中のエリアだったということです。
警視庁は遺体や現場の状況などから自殺を図ったとみて、身元の確認を進めるとともに詳しいいきさつを調べています。
「武蔵陵墓地」は午前9時から午後4時までは誰でも訪れることができ、先月23日には退位に関する儀式の1つとして、上皇ご夫妻が「武蔵野陵」を参拝されました。
午前9時から午後4時までしか訪れることができない「武蔵陵墓地」で、令和元年5月1日午前7時20分ごろ、宮内庁の職員がボウガンで処刑された男の遺体を発見するw


まだみんな元気に生きてるのに、まとめて増設ちうの武蔵稜墓地…?

会田誠が武蔵陵墓地参拝の報道写真の佳子さまの黒服とテントの白を安っぽさと高貴さの親和性と指摘…w

青いクジラをMomoで解読できるよーな日本製ストーリーw

2013年11月14日ごろ、インドからなにか致命的なことを指摘されたなw。たろうのカレーみたいにw

スリランカ連続爆破テロの解読の鍵はたろうのカレーだ。イスラム国™の犯行声明じゃないw

土地が不足してるからと明仁天皇の求めで火葬にするはずだったのに大規模な地盤改良工事がはじまってる…。

武蔵陵墓地を3年ぶりに参拝

毎年のイースターの日取り

2013年2月13日灰の水曜日
2013年3月24日枝の主日
2013年3月28日主の晩餐
2013年3月29日主の受難
2013年3月30日復活Eve
2013年3月31日復活祭
2013年5月5日(正教)
2013年5月12日主の昇天
2013年5月19日聖霊降臨
2013年5月26日三位一体
2013年6月2日キリストの聖体
2013年6月7日イエスの御心

2015年2月28日灰の水曜日
2015年3月29日枝の主日
2015年4月2日主の晩餐
2015年4月3日主の受難
2015年4月4日復活Eve
2015年4月5日復活祭
2015年4月12日(正教)
2015年5月17日主の昇天
2015年5月24日聖霊降臨
2015年5月31日三位一体
2015年6月7日キリストの聖体
2015年6月12日イエスの御心

2017年3月1日灰の水曜日
2017年4月9日枝の主日
2017年4月13日主の晩餐
2017年4月14日主の受難
2017年4月15日復活Eve
2017年4月16日復活祭
2017年4月16日(正教)
2017年5月28日主の昇天
2017年6月4日聖霊降臨
2017年6月11日三位一体
2017年6月18日キリストの聖体
2017年6月23日イエスの御心

宮内庁の狩りの仕事を「武蔵陵墓地」で処刑することで世間にアピール?w
このあと公邸料理人の出番になるのか?

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』w

令和B級ホラーが始まる。

ドイツで謎の死を遂げた5人、中世愛好家の心中か ホテルで死亡の3人は心臓などに矢 2019年5月15日 9:31 発信地:ミュンヘン/ドイツ [ ドイツ ヨーロッパ ]
女性2人の遺体が見つかったドイツ北西部ニーダーザクセン州ウィッテンゲンの住宅(2019年5月13日撮影)。(c)Christophe Gateau / dpa / AFP
女性2人の遺体が見つかったドイツ北西部ニーダーザクセン州ウィッテンゲンの住宅に入る警察の鑑識職員(2019年5月13日撮影)。(c)Christophe Gateau / dpa / AFP
【5月15日 AFP】ドイツで5人が謎の死を遂げているのが見つかり、そのうち3人がクロスボウ(洋弓銃)で射られていた事件で、捜査当局は14日、5人が心中を図った可能性があるという線で捜査を進めた。ドイツの報道によると、5人は中世の伝説や武器の愛好家だった。
 最初にドイツ南東部バイエルン(Bavaria)州パッサウ(Passau)のホテルで遺体が発見された3人について警察は、ホテルの部屋から2人の遺書が見つかり、争った跡や他の人物の関与を示す痕跡はなかったと明らかにした。
 独の日刊紙ビルト(Bild)は、死亡した5人全員が騎士や馬上やり試合、武器、錬金術などを含め、中世時代の愛好家だったと伝えた。
 検視報告書によると、パッサウのホテルの部屋で見つかった3人の遺体のうちトルステン・W(Torsten W.)という名の男性(53)と、ケルスティン・E(Kerstin E.)という名の女性(33)は手をつなぎ、ベッド上に横たわった状態で発見された。検視の結果、2人は頭と心臓にクロスボウの矢が刺さったことで死亡したことが分かった。この部屋から2人の遺書も見つかった。2人はドイツ西部ラインラント・プファルツ(Rhineland-Palatinate)州在住だった。
 同じ部屋で床に横たわった状態の遺体で見つかったファリーナ・C(Farina C.)という名の女性(30)は、当初胸に矢が刺さっていたと報じられていたが、実際はのどに1本の矢が刺さっていた。
 地元検察当局はこの事件を「嘱託殺人と自殺」として扱っていると表明。ファリーナ・Cという名の女性がまず男女2人に矢を放ち、その後自身を矢で射ったとの見方を示している。(c)AFP/Ralf ISERMANN with Frank ZELLER in Berlin
ボウガンてどんな意味があるの?w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。